プレナイト・無意味なこだわりを捨てよう/審判/リバース

2017年4月28日 プレナイト・無意味なこだわりを捨てよう/審判/リバース

またまた要注意、またはアドバイスの意味としてのカードです。

過去の淀みが清算される日!

罪の意識や後悔の念に押しつぶされるか?
気持ちも新たに反省点を見つけ、今後の改善につなげられるか?

どちらかを選ばねばなりません。もちろん選ぶのは後者しかありませんよね。

しかしそれでもトラブルは避けられないかもしれません。しかしそれに向き合って乗り切るしかないのです。

無意味なこだわりや執着を捨てるとき。これができるようになることが最重要です。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「正しい選択」。思考回路を明瞭にし、自分の願望達成のために「必要な情報」だけを選び出す能力を強化してくれるストーンです。しかしながら真実に向き合うのはなかなか難しいもの。実際にはそのことができないから難儀していることが多いのでしょう。他のストーンを加えてのサポートがおすすめです。

罪と動機の連鎖を復習

4月26日に辞任することになった今村復興相のことです。

度重なる失言でとうとう辞任なのですが、なぜここまで失言を繰り返すかといえば、それは単に「罪と動機の連鎖」の標本みたいな状態です。このコラムでかなりのページを割いてその仕組みを書いてきたものです。

犯した罪を認めたくないために動機を語って正当化し、それが正当たらんとするためにまた罪を犯すことの繰り返しです。

まあ、単純に一回めの失言で実際には何も反省していないという証拠でもありますけれど。

さて、これ標本として、失敗や罪を繰り返す人をよく観察しましょう(自分自身も含めてね)。

この繰り返しを止めるには、最初の間違いや失敗を見つけ、それに向き合うのが先決。

ここでの秘訣は、本当に連鎖の「最初のミス」と思われることにきっちりと遡ることです。ことによってはかなり違う分野にまで及ぶ可能性もあり。人によっては幼い頃にまで記憶を遡る必要あり。とにかく、連鎖している最初を発掘しましょう。

また、普通に「前世の記憶がありますよ」という人ならその前世の記憶にまで遡る必要ありです。(不思議な話ですが、そうしかありません)

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月27日 最終更新日:2017年4月27日