プラチナルチルクオーツ・自分に価値を見出そう/ペンタクルの2

プラチナルチルクオーツ(Platina-rutile-quartz)
プラチナルチルクオーツ(Platina-rutile-quartz)

2017年1月12日 プラチナルチルクオーツ・自分に価値を見出そう/ペンタクルの2

おや、三日連続でペンタクルが正位置で出ていますね。

今回のカードは昨日のペンタクルの4と非常に密接に関連がありげです。似ています。

それはある意味の「守りの態勢」。

自分自身の才能は「これ」ではないか、と気づいているといった状態です。そこでそれを大切に守りつつも発展させる道を選ぼうという暗示です。

目の前にあるたくさんの選択肢を前に、冒険の道を選ぼうとせず、今あるものを育んでいくことに重点を置こうとしているようですよ。それもひとつの道でしょう。

少なくとも、今あるものに価値を見出すのは大切なこと。それができてこそ眠った能力も発揮されることでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはプラチナルチルクオーツ

プラチナルチルクオーツに求めるのは「自分が本来あるべき姿を自覚すること」。このストーンは強制的に「主人が心に持つ弱点」を明白にさせ「現在の自分像」を自覚させる働きを持ちます。

決定力の強化法

今回のストーン、プラチナルチルクオーツですが「主人が心に持つ弱点を明白にさせる」があります。

わぉ!なんと恐ろしいことでしょう。

これ、誰でも「認めたくない」ことではないでしょうか。
この「弱点」を消す唯一の方法は・・・

その弱点を完全に認めること

これに尽きます。中途半端な認め方ではダメですよ。完全に認めます。そするとその弱点は消えてなくなります。本当ですよ。魔法みたいですが本当です。

物事が存続できる唯一のエネルギー源は「そこにある嘘」です。嘘がある限り、その弱点は存続します。

さて、昨日までに決定と努力、エネルギーの関係について触れました。

さてそこで、皆さんの疑問は「それではどうやって決定する力を強化できるのか?」ということでしょう。

この「決定」に関してはこれまでの「教育」ということに大きく左右されます。多くの場合、自分では決定できない方向へ教育されています。

幼い頃、まだ自立できないときには親や先生が何でも決定していました。これからうまく脱却して自分で決定する能力を十分に得ていることが必要です。

さて、この決定できない教育から脱却して自分で決定する能力を高めるには、様々な方法があります。

その一つは少なくとも「モックアップの力」を養うトレーニングです。モックアップできないことは実現できませんから。

何でも良いでから頭に描いてみてください。この「描く何か」は現実にあった物や状態でなく、あなた自身がでっち上げた物や状態である必要があります。ただ思い出すのではダメですよ。

例えば、「車が欲しい」と思っているのでその車を思い描くのでは、単に記憶の掘り起こしになります。ですからここでは自分がその車を運転しているところを想像します。

「私はあの車を所有して運転している」が決定であり、するべきモックアップです。

どんな有り得ないモックアップでも何の問題もありません。

私たちの多くがされた教育では、有り得ないようなことを想像できなくする方向へ働いていたことでしょう。常識の範囲でしか物事を想像できないようにです。

ここいらでそれを挽回せねばなりません。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月11日 最終更新日:2017年1月12日