ペリドット・受け取る日が来た!/ペンタクルの王

ペリドット(Peridot)
ペリドット(Peridot)

2015年11月20日 ペリドット・受け取る日が来た!/ペンタクルの王

昨日と打って変わって「ペタクルの王」。

急転直下で運気が変わっているような感じです。前回の死神のカードで「捨てること」の実行で、今回の「ペンタクルの王」が効いているということでしょうか。

どうやら、今までの取り組みが功を奏して実りを刈り取る時のようです。地位の向上や経済的状況の改善を暗示していますよ。

また、自分自身がわだかまりを感じていたことに関しては、それを追求しない限りは何も影響をしなくなるでしょう。

大きな豊かさが実る日です。多少の不安やマイナス要素も重く考えないで自分が本当に望むものを受け取れます。

人にも親切にして、幸せのおすそ分けを。

こんなときにオススメのパワーストーンはペリドット

成果物を受け取る時にはマイナス要素があってはいけません。ペリドットでマイナス思考を取り去ってください。また、自分を信じる勇気を持てるようになるパワーストーンでもあります。

受け取れない理由・所有に関する話題

昨日は「死神」のカードについて「捨てられない理由」について書きましたが、本日は「ペンタクルの王」で「もらってください」というカードです。

さて、「もらってください」というのに「受け取れない」という性質の人がいます。

これは実のところ、昨日の「捨てれられない」と同義で「所有性」が低い状態そのものです。

端的に言って「捨てられない人」は同時に「受け取れない人」でもあります。

おっと、ここで「受け取れる」とか「受け取れない」とかって一体何のことかとお思いでしょうか?これは文字通りの理解でOKです。

「受け取れない」という人は、報酬やチャンスを文字通り受け取れない人ですよ。

「受け取れない」という人は、昨日の「捨てられない人」よりも構造的には簡単でそのものズバリですよね。(中身は一緒で所有性が低いわけです)

さて、この「受け取れない」状態も、実のところ幼い頃に「責任を剥奪された」ということが現在に響いていることが多いです。

まあ、幼い頃は自分で何もかも管理できませんから、親からかなりな部分で責任を剥奪され、すなわち所有性がほとんどない状態に追いやられます。

そして成長するにしたがって徐々に責任や所有性の回復が図られれば良いですが、実際にはそれがうまく行きません。

実際には、その子供が成長してその家から離れて独立してしまった方が明らかに所有性や責任が増大します。

逆に、独立できていない世に言う「ヒッキー」達はどうでしょう。彼らの部屋の多くが半ば「ゴミ屋敷」化しているのを見たことがありませんか?

彼らの部屋がなぜゴミ屋敷化するかといえば、教育で責任を剥奪されたままであるため、所有性がゼロ。そのために捨てられない状態になりゴミ屋敷化しています。

二日続けてちょっと堅苦しい話になりました。

さて、それでは「受け取れるようになる」にはどうすれば良いか?

あなたの人生の中で、「あなたは受け取れない」と言った人が特定しましょう。多くの場合、両親とか身内にいる可能性が高いです。

もし思い出せたら、どのようなシチュエーションでそれを言われたか?それを思い出してみてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年11月19日 最終更新日:2015年11月22日