ペリドット・受け取ろう!/ペンタクルのエース・ 2017年12月20日

ペリドット(Peridot)
ペリドット(Peridot)

ペリドット・受け取ろう!/ペンタクルのエース・ 2017年12月20日

うひゃぁ!すごく良いカード。ほとんど最上クラスです!

(どうもウチのページでは良いのが出すぎな気も)

とにかく・・・

「成果を受け取る日」またその前兆。

これまでに力をそそいできたことが実を結びそうですよ。直接的にではなくても、大きなチャンスにつながる縁ができたり、評価が上がったりということがあるはず。

特にビジネス系、財、繁栄に絡むことで予想外のビッグチャンスが到来!

また、これからまさに始めようとしているプロジェクトがあるなら、それは大きく発展する可能性を秘めているようです。(将来のことですから、すぐには成果が見えないにせよ)

臆せずトライし受け取るべし!!

こんなときのパワーストーンはペリドットをおすすめ。この意味合いとしては「自信と受け取りの許可」。

ペリドットと「受け取り許可」の考察

意味辞典のペリドットの欄ではあまり触れられてはいませんが、このストーンの根本的な意味は「自己肯定」ですね。

一般的にはコミュニケーションのサポート的な効果として書くことが多いのですが、その根本にあるのは「自己肯定」です。

だって自己肯定がないと「嘘をつかねばならない場面」が多くなりますよ。

それから今回のカードにあるビッグチャンス到来に関して言えば、そのチャンスを受け取ることができなければなりません。

そこには必ず「自己肯定」が欲しいです。

だって「私なんか・・・」と遠慮しているいるうちにはチャンスをものにできないですよね。

さてさて、このコラムでも何度か触れていますが「受け取る」ことに関しては「所有性」が大きく関連します。

「所有性」とは、簡単に言って「何かを持てる能力」のこと。

しかしそれは物理的なことだけではありません。

例えば「今日から君が社長だよ!」と言われた平社員は・・

「えぇーーーーーっ!そりゃないっすわ!」

と言うでしょう。要するにキャパがないのです。能力もそうですが、責任もです。

さらに平たくして言えば「引き受ける能力」です。

で、「自己肯定」がないと引き受けられませんよね。

引き受け力は、そのまま自己肯定のことです。

ある人がおっさんになって、年相応に「ハゲてきた」としましょう。

いえ、ハゲるには少し早かったかもしれません。

このときそのおっさんはそのハゲを引き受けられるかどうか、それは自己肯定にかかっています。

「ハゲは嫌だ、引き受けられない」と思うなら、それは自己否定です。

ハゲていることに責任を負いたくないために、カツラを使います。

で、先の方に書いた「嘘をつかなければならない場面」が出てきましたね。

そうです、自己肯定がないと、嘘をつかねばならなくなりますよ。嘘は人生にとって重荷。

そしてペリドットは、この自己肯定を促してくれるパワーストーンなんですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月19日 最終更新日:2017年12月19日