モスアゲート・問題は解消しそう・2020年8月19日

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

モスアゲート・問題は解消しそう・2020年8月19日

モスアゲートが出ています。

モスアゲートに求めるのは「誠意」「直感」。

自己反省のストーンではありますが、同時に精神安定ももたらしてくれるのは確か。

不要なこだわりを持たずに周囲の人の話に耳を傾ける余裕が生まれます。

その余裕で人々から話しかけられやすくなり、円滑なコミュニケーションにもつながります。

それから、全く別の働きとして、心のアンテナを敏感にすることができます。これは直感力の強化ということができるでしょう。

モスアゲートと相性が良いストーン

ムーンストーン

ムーンストーンは自己との対話、精神安定などシンプルにモスアゲートと似た作用を持っています。

カード:ソードの9/リバース

このカードは正位置でも厳しいです。

また選者によって特にリバースの受け取りようが様々。セレニティアスではこのリバースを良い方に取ります。

あなたを悩ませていた問題があったなら、それが解決する方向へ向かいそうです。

まずい状況に落ち込んでいると思っていた人は、それが思い過ごしだったかもしれないと気づくとき。

このとき、問題のきっかけになったような些細なことが多くあるでしょうが、どれもないがしろにしないで誠意を持って当たることが大切。

これを正しく行うことによってより一層の人間的成長が望めます。

もうすぐ安堵と幸運なときが訪れるはず。

シターキって何?(英語と日本語の話題)

今回は気分転換にネットで拾った小さな話題から。

スーパーで金髪のおばさんが店員さんに尋ねたのが「シターキはどこ?」。

シターキってなんだろうと思ったが、もしかしたらシラタキかと思ってそれを紹介する。

するとおばさんは「マッシュルーム!」と叫んだそうな。

そこで気づいた店員さん「シターキ」とは「しいたけ」のことではと。そうです、しいたけが正解でした。

さて、ここから考察が始まります。

英語では・・・

cake(ケイク)
take(テイク)
stake(ステイク)

語尾の”ke” を「ケ」とは発音しませんね。

そして「しいたけ」を書いてみると・・・

shitake(シテイク)

これがシターキに聞こえたのではと。

次に、筆者の知り合い(大阪在住)がその昔に外人さんに尋ねられました。

「サノマイヤーへはどう行けばいいですか?」
「サノマイヤー??」

さてさて、お分かりでしょうか?

サノマイヤーとはローマ字表記で “Sannomiya”

日本人なら「さんのみや(三ノ宮)」と読みますよね。(神戸の三ノ宮です)

しかし英語圏の発音では「サノマイヤー」になるわなあ。

ローマ字表記そのものが、日本人の英語発音をおかしくしているんですよね。こんなところでも日本はガラパゴスになってしまっていそうです。

明日が良い日になりますように。

3 thoughts on “モスアゲート・問題は解消しそう・2020年8月19日

  1. まりえさんがメリー、さちえさんがサティ、いわいさんがアイワイ、ゆみさんがヤミィ(私は食べても美味しくない、とこぼしていました)。-ie系は全滅です(笑
    はじめは皆正しい発音に直すのですが、直に間違った発音で呼ばれてもYes, I’m here!と答えるようになります。海外在住者あるあるです(笑

    1. 連投すみません。
      ちなみに私自身もお店の人に、Where is シターキ mushroom? と聞きます。アクセントは「タ」です。しぃたぁあきぃ、でしょうか。
      英単語だと思って生活しています(笑

      1. 日本人の英語発音が苦手な理由のひとつとして、ローマ字表記を50音に当てはめること以外に、アルファベット個別それぞれの英語発音を習っていない、ということがありげ。「A」の発音は「ア」じゃないですよね。「U」も「ウ」ではない。

コメントは停止中です。