モスアゲート・気をつけて反省/ワンドの女王/リバース

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2017年3月1日 モスアゲート・気をつけて反省/ワンドの女王/リバース

久々に「普通に」要注意なカードです。

独りよがりにならないように自己点検してください。

また同時に「策に溺れる」という暗示もあり、思いもよらないところで失敗する可能性があります。

自信過剰は禁物ですよ。落ち着いて自分を振り返り、人を思いやることを忘れてはいけません。

自分がしていることに「?」とか「!」と感じることが頻発しなたら周囲の人々への対応を要チェック。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート。

モスアゲートに求めるのはシンプルに「自己反省」すること。またそれだけでなく感情の乱れを防いで不合理な判断を予防する働きもあります。自己反省としてそこそこ手厳しい働きがありますが、フォローアップもしてくれるという優秀なストーンですね。

本日のカードを深読みしよう

ワンドの女王のリバースは端的に言って「利己的」になりやすい傾向を示しています。これは「生存の多重円」で言えば中心にある「自分」しか見ていないということです。

これだと確かにサバイバルに失敗します。

生存の包含関係
生存の包含系(多重円)

昨日のコラムでは人との相性について「倫理観」という側面から書きましたが「倫理観」とはすなわち生存の多重円にある輪のどこまでのレベルまでに責任を負おうとしているか?ということに尽きます。

端的な例えで言えば、犯罪者というのはこの多重円のうちの少ない範囲でしか「生存」を考えることができません。

多重円の中心にある「自分」しか考えられないとか、「グループ」しか考えられないという状態では全体のサバイバルがうまく行きません。

ここで、「自分しか考えられない」というのはシンプルで判りやすい例ですが、「グループしか考えられない」という例がわかるでしょうか?

それは例えば国家間の「戦争」ということが挙げられます。「国」というグループの存続を願うばかりに、その中に含まれる「家族」や「自分」がないがしろにされている状態ですね。国を守るために国民が死んでは何もなりません。最後の一人まで戦っていれば、必ずその国は滅ぶでしょう。戦争をすることにゴーサインを出す人物はどのような理由であれ倫理観が低いとしか言えないのです。

そして「倫理観が高い」状態といのは、これらの多重円のそれぞれのレベルにおいて現状でできるだけ最大限に益をもたらそうとすることです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月28日 最終更新日:2017年2月28日