ムーンストーン・無限の可能性/愚者

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

2017年5月16日 ムーンストーン・無限の可能性/愚者

昨日と同じ!(ライター泣かせ)

いやでも、これは良いカードですよ。

昨日のことに追加するとすれば、素直に自分の思う方向へ行こうということです。

常識にとらわれた誰かのアドバイスが一体どれほど役に立つというのでしょうか?

アドバイスをくれているその人は、あなたがやりたい分野のことをどれほど知っているというのでしょうか。

人生で一度くらいは好きなことをしても良いのではないですか?

中島みゆき宙舟(そらふね)の歌詞を思い出します。

その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ
お前が消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな

このようなときにオススメのパワーストーンはムーンストーン

ムーンストーンに求めるのは「直感の強化」。「感性」を刺激する作用が強いストーンの一種ですが、感性が敏感になると同時に起こりがちな「精神的な不安定さ」を決して起こさないように「感情をコントロールする作用」にも優れている便利なストーンです。

自分自身とのコミュニケーション

このコラムでは「コミュニケーション」について再三にわたって触れています。それはコミュニケーションが人生全般に渡って非常に大切な要素であるからに他なりません。

さて、愚者のカードは自分の声に正直になって好きなことをしてみたらどうかというアドバイスになります。

ところがなかなか自分の心に正直になれないものです。

そうなってしまう理由は幾つかあるにせよ、まずは自分自身が自分自身とコミュニケーションを取れていないということがあります。これはーーー、問題です。

実のところ、コミュニケーションがあるべきところでコミュニケーションが遮断されると、そこには必ず問題が発生します。

例えば指先に怪我をしたとして、その怪我とあなた自身のコミュニケーションが悪いと怪我の治りが遅いのです。なかなか治らない病気も同じです。

車の運転がなかなか上達しないなら、それはあなたと車のコミュニケーションが悪いです。

誰かと仲がたいするのなら、それはその人とのコミュニケーションが悪いです。

何か問題があるところには必ずコミュニケーションの不全がありますから、それを正すと問題は解消することになります。

それでは、そのコミュニケーションの不全を解消するにはどうするか・・・

まずは物体を相手にしている場合を例にあげます。例えば車の運転がうまくなりたい場合・・・以下のようにしてみてください。

まずはその車のところに行き、車に「こんにちは!」と言わせます。

実際に車は喋ったりしませんが、「こんにちは!」と言っている気持ちになってください。もしもあなたが車を嫌っているのなら、それはかなり難しいことかもしれません。

もう一度、車に「こんにちは!」と言わせてください。これをできるようになるまで続けます。

これができたら、あなたは車に向かって「OK!」と言います。(これは返事ですね)

そう言ったらまた車に「こんにちは!」と言わせます。
そうしたらあなたが車に「OK!」。
車に「こんにちは!」と言わせます。
あなたは「OK!」と返事。

これを繰り返します。車とコミュニケーションを取れていると思えたら終了です。

バカみたいなおまじないだと思いますか。これは効きますよ。本当です。

「こんにちは!」と言わせる対象を自分の怪我とか、心に置き換えてみてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月15日 最終更新日:2017年5月15日