レピドライト・こもらず外向せよ・ 2018年1月24日

 

レピドライト(Lepidolite)
レピドライト(Lepidolite)

レピドライト・こもらず外向せよ・ 2018年1月24日

うひゃあっ!

今回は「隠者のリバース」。前回は正位置で出ていたカード。

そのまんま裏返りました。

このカード、実は裏表が紙ひとえな気がします。

希望の光が見えていて、その受け取り様によって裏表があるような。

しかしどちらにしても「変革」は同じことです。ただそれを「間違った方向へ行かないように」というアドバイスが「裏」にあるような。

それに対応するパワーストーンとしてはレピドライト(Lepidolite)を紹介しましよう。

レピドライトに期待するのは「視野の拡大・考え方の大転換」。ひと口に言って「変革の石」。

賢者のカードはとにかく内省的になってしまうことがあるために、内向きになりすぎず、視野を大きくして外交的になろうというアドバイスですね。

そのためにはレピドライトの意味・効果をおすすめできます。

考えてばかりでは変革できない・レピドライトの考察

ひとりで部屋にこもって考えているだけでは、自分の考えを変革するのは難しいですよね。

そりゃそーでしょう。

ひとりで考え込めば、まあ大体はもっと過去にとらわれるのがオチです。

言ってみれば「精神が心にとらわれる」という状況。

そうなってしまうと考えてもムダ。自分の中だけの考えではそれ以上には進みません。(いや、大概はまずくなる)

こんなときには思い切って外向するのが得策、というかほとんどそうすべしです。

  • とにかく外の物を見る
  • 読んだことのないジャンルの本を読む
  • 誰かと話す
  • 行ったことのない所へ行く
  • 食べたことがない物を食べる

これらのようにとにかく外向しましょう。

と言うのは・・・

このコラムで書いていますが・・・

「データが価値を持つにはそれが評価されることが必要」

・・・です。そしてデータを評価するためには「他のデータ」が必要でしょ。

そして新しいデータというのは、常に自分の外にあります。

「外のことに目を向けてみよう」

これ、隠者のリバースが出なくたっていつでもその心づもりしていましょう。

それから、心と精神のことで書き添えることがあるとすれば・・・

どうやら心はデータを溜め込む性質があり、しかし評価することはできず。

そして評価は精神がしている、こんな仕組みになっているようです。

感情の表現として「ふつふつと怒りが蘇ってくる」といった言い方は、まさに心が溜め込んだ「怒りのデータ」を取り出しているという雰囲気があります。

で、「いや、今は怒っちゃいけない」という精神による制御は、他のデータを並べて評価した結果でしょう。(今は大切な商談中とかいうデータね)

ほら、パワーストーンのレピドライトはどこに働いているかといえば、精神に、ですよね。

レピドライトはもっと大きな視野で、すなわちもっと他からデータを得よと働きかけてくれるわけです。

心は単に「メモリー」です(他に何かできるとすれば単なる反応)。メモリーそのものに良し悪しの判断機能はそもそもありません。(ですからパワーストーンもそれに対して働きようがありません)

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年1月23日 最終更新日:2018年1月23日