カイヤナイト・決断しよう・ 2018年4月24日

カイヤナイト(kyanite)
カイヤナイト(kyanite)

カイヤナイト・決断しよう・ 2018年4月24日

カイヤナイトが出ています。

カイヤナイトを取り上げる理由として「新しい自分への生まれ変わり・強い意志を作る」があります。

これらの働きはカイヤナイトが持っている「記憶の整理」から来るもので、過去の出来事に付随するマイナス感情を取り去ることに主眼を置いています。

さて、カードは「ソードの2」。

迷いの状態を象徴しているようです。でも本当は内心としては決定があるのに、答えのアクションを遅らせているだけなのかもしれません。

こんなときには誰かからの「ひと押し」があれば結論を下せそうに思ってそれを待っているという状況にあることも考えられます。

また、せっかくなら方々が円満に解決されるように願っていることも決断を遅らせているかもです。

いずれにせよ、決断に躊躇(ちゅうちょ)があるようですが、もうすぐに問題のうちのひとつが解決されようとしているようです。

「責任」について少し深掘り

このコラムではことあるごとに「責任」について取り上げています。今回もまたです。

カードは「ソードの2」で、端的に言って「さっさと決めろや!」ですから、これは「決断の責任を負え」ということなんです。

で、パワーストーンのカイヤナイトはそれに対応して「自分に責任を負う」という能力アップのために選択しています。

さて、「責任」と言えば何かどこか重苦しく「責め」を負っている感じがしますが、そんなことはありません。

ここで、責任について「美しく」定義しておきます。

自分自身と、自分という存在、そして考え、物質、エネルギー、空間、時間、形態との間に介入する権利を否認および拒否し、それに対して決定を下す完全な権利を引き受けること。完全な責任とは「罪」ではなく「起因」であるという認識。

ちょっと難しく見えますが、要するに、介在物を入れずに自分が決めて自分が処理する権利を引き受けること。です。

そしてこのコラムでは使うパワーストーンの働きの中で「過去の出来事」とか「過去に得た悪感情」を処理するといったことがよく出てきますよね。

実はこれって自分が持っている過去の出来事について「責任を持て」ということです。

責任を持てないから向き合えず、いつまでもズルズルと過去の悪感情や後悔を引きずってしまうわけです。

ただし、責任を持つ能力が減退している人に、無理に過去に向き合えと言っているわけではありません。(これをすると状態が悪化することあり)

ただ、メカニズムをわかってしまうと「気が楽になる」ということはありますよ。

さてさて、カイヤナイトの働きに「記憶の整理」がありますが、これが「過去に直面する能力をアップする」ことに他なりません。

それはすなわち、自分自身の記憶に対して責任を持つ、すなわち処理してやろうではないか!と起因に立てることを意味しているわけです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年4月23日 最終更新日:2018年4月23日