ホークスアイで自分を知ろう

ホークスアイ(Hawkseye)
ホークスアイ(Hawkseye)

2014年10月31日ホークスアイで自分を知ろう/力のリバース

力のリバースは良い暗示ではありません。「力」の使い方を間違っている状態、または権威を笠に着て我がままを通すような態度が見えます。最近の風潮で言えば「パワハラ」まがいなことをしかねない状態と言えるでしょう。

これらは実のところ実力不足と、本能的にそれを知っている自分がいて権威を使ってその場を乗り切ろうという心の働きもあります。理性というコントロールを離れた力の使われ方はロクなことにはなりません。

このようなときにはホークスアイを使って理性の部分で自分自身を知ることがお勧めです。特にこのパワーストーンは自分自身を知るために他にはない働きをしてくれます。本能的に使ってしまう間違った力の行使をホークスアイでセーブできます。自分自身を知ることが事態の好転のカギとなるでしょう。

力と力がぶつかるところに淀みができます

何かを推し進めようとするときには必ず相対する力が発生します。それら二つの力は方向が全く逆になり、そこには力の淀みができて固定されてしまいがちです。世の中の膠着(こうちゃく)状態とはまさにこのことでしょう。

これを解消するにはどちらか一方の力の大きさか方向を変えるしかありません。このとき、相手の方を変えることはかなり困難なのですが、自分の方を変えるのは実は簡単なのです。

さて、ホークスアイは決断と前進をサポートする働きもあり、物事の真意を見抜ける洞察力を与えてくれます。先に書きました「力と力による淀み」は、実はお互いにどうでも良いことに関する不要なこだわりが元になっている可能性も大きいです。自分が本当に大切で譲れないことはなんなのか、ホークスアイの力を借りて探ってみてはどうでしょう。つまらない枝葉の部分ではりあうのではなく、本質部分で勝負しましょう。

不要な力で淀んでいるヒマはないはずです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2014年10月30日 最終更新日:2014年10月30日