デュモルチェライト・人生のハンドルを自分の手に取り戻そう

2015年2月18日 デュモルチェライト・人生のハンドルを自分の手に取り戻そう/月

心の問題を解決するためのきっかけが暗示されています。

というのはちょっと逆説的かもしれませんね。今あなたは何かの不安にかられていたり、解決できない問題があると感じてはいませんか?しかし、月のカードは「それは心の問題であるから、まずは心を立て直すべし」という道標を与えてくれているようです。

不合理な不安を抱いたり「できない理由」をでっちあげてはいけません。不合理な心の反応に打ち勝つには、それは理性しかありえません。「苦手な何か」があるのなら、自分自身の反応をつまびらかに観察してみましょう。それがトラウマのような反応であったとしても、いったい何が起こったのか、客観的に見る以外に道はないと思いましょう。

理性を働かせて過去を乗り越えるときが来ています。人生のハンドルを自分の手に取り戻しましょう。

このようなときにお勧めのパワーストーンはデュモルチェライト(意味辞典に未記載)。精神を良好に保つにはもってこいのストーンです。「不安、悲しみ、怒りなど」のマイナス感情を取り除く事が得意ですよ。

また、物事を静かに深く考えらえるようになりますから、常に決断を迫られるポジションにいる人にはうってつけでしょう。

混乱を応用する・その例の続き

昨日までは「混乱を収めるための方策」を逆に利用して人を混乱させる方法がある、といいうことを書きました。

「人を混乱させることができる」という部分をしっかりと覚えて、対人関係に応用したいところです。(もちろん、人を混乱させないためにはどうするべきかを考えましょう)

さて、人を混乱させた後は、その人の混乱を取り去ってあげましょう。そのためにすることは、その人が「つかめるような」「つかんで混乱を収めることができそうな」情報を与えることです。

実はこのことはビジネス分野では多く使われていますよ。

これが為政者やマスコミが人を洗脳するのによく使っている方法であることは書きましたが、ビジネス分野、特にプロモーションの世界では普通に行われています。

明日はそのことについて書こうと思います。

「混乱に陥れ、そしてその混乱を納めてあげる」この威力はすごいですよ。

騙されないようにしましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年2月17日 最終更新日:2015年2月17日