アメジスト・バランス感覚・ 2018年6月28日

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

アメジスト・バランス感覚・ 2018年6月28日

アメジストが出ています。

アメジストに求めるのは「冷静さと慎重さ」。

もうすでにお馴染みのパワーストーンで、このページでもレギュラーです。どなたにも使いやすく、アメジストそれ自体が自己浄化作用を持っていることも特徴。

その浄化作用からセレニティアスでは細石状のアメジストをメンテナンスキットに使っています。

アメジストは一般的にはときとして恋愛系に使うこともあるようですが、なにせ元が「冷静になる」パワーストーンですから、その恋愛にぷっつりと終止符を打つこともあり得ます。その意味では使い方に注意です。

さて、今回のカードは「節制」。まずまずでしょう。

現状でそこそこに節度ある状態が作られており、環境的にはまずまず整っているようです。

ある意味これは満足している状態と言えるでしょう。現在はバランス感覚も大変優れています。問題を解決するにあたっては良いチャンスと言えそうです。

なお、この「節度を保つ」という状態は、良い状況を作るために基本的に抑えておきたいことのひとつ。このカードはそれを教えてもいるようですよ。

許容と相性

アメジストが出たところで、今回は人と人との相性について思い当たりました。

さて、人は様々な形でパートナーになることが多いです。恋愛や仕事、友達付き合いなどですね。

ここで自然発生的にできたパートナーは問題ないのですが、都合上でその相手とやっていくことになった、ということがあります。

これは「相性」ということで語られることで問題になることがあり、相性の良し悪しからそのパートナーの成否が決まる部分があります。

さて、相性というと「なんとかくムシが好かない」というように、これといった理由を特定できないことは多いです。

しかしわかっていることのひとつに「許容性」があります。

これを簡単に言えば「どれくらいのことに耐えられるか?」です。

二者間での「耐えられる何か?」には例えば以下のようなことがあります。

相手が話す速さ
返答のレスポンス
倫理観

もちろん他に様々にあるでしょうが、上の三つは大きいです。

例えば恋愛として入った交際が途中でうまくいかないか、相手のことを認められなくなるのは上の三つが自分にとって許容不能な時に起こります。

ですから、恋愛に限らず何かでパートーナーを組まなければならないというとき、上の三点であなたが許容できない状況にあれば将来的には関係が悪化する可能性ありです。

ちなみに、許容できる幅を広く持っている方が人付き合いは楽ではあります。が、あるとき「幅が広い人」は「幅が狭い人」を見限る可能性はありですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月27日 最終更新日:2018年6月27日