アメジスト・冷静にスタートしよう/愚者

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2016年12月6日 アメジスト・冷静にスタートしよう/愚者

ひと口には良し悪しを語れないカードです。

愚者は番号で言えば「0」。トランプにおけるジョーカーの元になったとも伝えられ、良い方にも悪い方にも転がります。そして本質的には「未知数」ということになり、とにかく自分次第と言えるでしょう。

ただ、いかようにも可能性を秘めていることは確かです。

ですから、ここは自分自身の心の声に素直に従って進むべきときでしょう。

注意点があるとすれば、心がフワフワしていて足元をよく確かめずに動いてしまいやすいところもあり。

自由と責任はセットになっていることを忘れずにいきましょう。

あなたがスタートを切ろうと思うならそれができるときでもあります。

筆者としては、「愚者」は無限の可能性があるカードとして好きですね。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アマジストに求めるのは「冷静さ」です。古来から「酔い止め」のパワーストーンとされていましたが、これは多分「冷静さ」を取り戻すことができるからなのでしょう。また、愛情関係に問題がある場合、アメジストで冷静を取り戻すことで混乱が収まることもあります。ただし、そのときには「別れ」の可能性もあることを押さえていてください。

感情のレベルの話題、いろいろ

昨日までのコラムで、決断と責任、そして感情のレベルは関連していること、そして責任を負えることが多いほど自由度が広がることを書いてきました。

これを、自由度と感情のレベルの観点で再び見てみましょう。

  • 陽気      合理的
  • 強い興味     ↑
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

感情のレベルにおいて、上へ行くほど自由度が高いことは簡単にわかりますよね。

そして感情のレベルが上の方にある方が責任を負えることが多いわけです。無気力や悲しみにいる人が何かの責任を負えることはないでしょうし、もちろん自由度も少ないです。

ここで再び復習ですが、上の感情のレベルはその人の社会的な立場や役割において表面的に見えている状態でなく、本質的にその人がいる感情のレベルとして考えてください。

社会的な振る舞いでなく、その人の本質的なこととして恒常的にいる感情のレベルというのがあるのです。

会社では明るくとりつくろっていても、本当は敵対心とか怒りにいる人は少なくありませんよ。

その人の決断、責任の負い方を見れば、その人が本当はどの感情のレベルにいるのかがわかります。

そして実は、感情のレベルがそのままその人の倫理観とも関係し、感情のレベルが上にあるほど高い倫理を持っているのも明らかです。

試しに犯罪者を見ると、彼らは本質的に敵対心や怒りにいることは明白です。犯罪者が笑っていたとしても、それは陽気なのではありません。彼らは敵対心や怒りにいるのです。ですから責任を負えません。もちろん自由度は低いです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年12月5日 最終更新日:2016年12月5日