アマゾナイト・好機・ 2018年7月30日

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・好機・ 2018年7月30日

アマゾナイトが出ています。

アマゾナイトに期待するのは「行動」。

アマゾナイトの働きについて「行動系」は直接的には意味辞典では触れられていません。

実はアマゾナイトは結果的に目的実現のために行動を起こすことにかなり重要な役割があります。

というのは、何をどのような順序で実行するべきか?これをアマゾナイトはサポートしてくれるのでです。

もともとアマゾナイトが得意とする心身のバランス調整というのは、コンディションを最適に整える意味において有用です。思考と行動のバランスが物事を行うにあたっては大切な要素でしょう。

さてさて、カードは大変良い「運命の輪」。

と言っても「良い」のは今までどん底にいたり、報われないなぁと感じていた低迷期にあった人にとっての話です。

今現在がそこそこ以上に満足な状態であれば、それが急転してもどうにか過ごせるように準備を怠ってはなりません。

一方、今が苦難な人達ににはその運命がガラリと変わるという暗示です。

運命の輪というその名の通り、全く予期せぬ状況変化が訪れそうです。

運命の輪で考える「良いことと悪いこと」

運命とか吉凶について古今東西で様々な考えがあります。

そのひとつには人生に良いことと悪いことはバランスしている説。

普通の会話では「そりゃ人生には良いときも悪いときもあるさ」です。

これは非常に簡単に「運命の輪」を言い表しているかもです。

しかしながら、その良し悪しは捉え方ひとつでどのようにもなります・・・というのはよく言われる話。

同じことが起こっても、人によって受け取りようは様々。
(これはその人の感情にレベルによってかなり左右されるのはわかりますよね)

ならば、その捉えようを積極的に変えてしまえば、運命の輪が回転したことにならないでしょうか。

ということは、運命の輪は「自分で回せる」ということになります。

ところで、その「捉え方」なのですが、筆者が強く提案したいのは、まず第一に「自分の人生を生きる」こと。

これを「捉え方」の観点で言い換えると「自分の捉え方で捉えよう」です。

自分以外の誰かの「捉え方」で自分の人生にある良し悪しを捉えると、自分の人生を生きられません。

ここでよーく観察してみてください。その判断(捉え方)が、本当に自分の心から出ているのか、実は誰かさんがそう言っているのをそのまま借りたのか?

さらに、良し悪しについて、自分と他の誰かとを比較しての判断があるなら、それも基準は他の誰かさんが持っているのと同じです。

運命の輪、これは実は自分で回せる!?

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年7月29日 最終更新日:2018年7月29日