タグ別アーカイブ: シトリン

シトリン・実りと平和・2019年4月30日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・実りと平和・2019年4月30日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「実り」「平和」。

黄色いストーンのシトリンはその色からした金運系として扱われることが多いですよね。

ま、確かに金運系としてまったく使えないことはありません。

ただし・・・

それは無駄遣い防止用。

単にケチケチすることではありません。正しくお金を使おうという意味ですね。

で、これができるようになるのは「所有性」のアップです。

所有性のアップとは・・・

「私は何でも持とうと思ったものほは持てる」と思えるようになること。

カード:ペンタクルの10

わぉ!

平成最後の日、最上級クラスに良いカード!
(正直、本当かよ?!と思えるほど)

これまでに続けて来た頑がんばりが実を結びます。

これは将来に向けても非常に発展的です。

一時的な成功ではなく、根本的な部分で確実性を持って築かれる繁栄と安定があります。

また、物質的な意味としては安住の地、家などを得ることも意味します。

これまでに培ってきた知識や能力を土台とし、てその上にさらなる発展が見込まれます。

穏やかに、そして安らいだ状態で恵みを得ることになりそうです。

そこでですね・・・

こんなに良いことならそれを素直に受け取ってもらおうと、シトリンがおすすめなのです。

シトリンの「所有性アップ」、すなわち「私は持てる」パワーをアップすることなのです。

良い星回り、チャンスがあるのに、それを受け取りそびれている人がなんと多いことか!

平成から令和、ちょっと考える

現実問題として個々の人々の生活の何が変わる、ということもありませんが、大きな節目であるのは確か。

そこで今回のコラムは「天皇制」について少しは考えてみます。

これは政治的に様々な考えがあると思いますが、筆者として取り上げたいのは「天皇」もしくは天皇家の人々の人権問題。

いわゆる「象徴天皇」という立場の天皇陛下ですが、しかし、人権がありません。

日本でただ一人、人権を認められていない人なのです。

居住の自由も職業選択の自由もありません。投票権もありません。
(ま、逆に納税の義務はありませんが、いや、間接的には消費税は払っているのか?)

これ、どうでしょう?

「オレ、天皇やるのイヤ!」という自由がありません。

一体誰が何の権限で、天皇になる人から人権を奪えるのか、謎?

と思いません?

それでは令和が良い年になりますように。

公開日:2019年4月29日 最終更新日:2019年5月1日

シトリン・希望の星・2019年4月16日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・希望の星・2019年4月16日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「自分を信じること」。

シトリンは一般的に金運ストーンとして使うことがありますが、セレニティアスではこの用途に使いません。

それよりも自己実現系ですね。(それを通じて金運に結びつけることもありとして)

シトリンのポイントとなる働きは「自信・勇気・明るさ」をもたらすことです。

実のところ、これを実現するには精神安定系とともに過去のトラウマを防ぐような癒し系の要素が根本にあるのは確かです。

カード:星

おお!良いカードですね。

導きの星が輝いています。

あきらめかけていたことがあるなら再チャレンジのとき。

そして希望を叶えるために第一歩を踏み出すチャンスの到来です。

自分自身で希望を捨てない限り、この星はいつでもあなた自身を照らし続けていることを忘れないでいましょう。

アイディアがあるならそれを具体化するときでもあります。

感情のレベルを「使う」その2

さてさて、さらに具体的な感情のレベルの話を続けます。

まずは下のスケール(ものさし)を記しておきます。

  • 静穏      合理的
  • 熱狂       ↑
  • 陽気
  • 強い興味
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

題材:ブラック企業で働くと・・・

ブラック企業のエゲツない就労状況が話題になることがあります。

それを知った時に第三者の感想として「なんでそんな職場を辞めないのだろう?」と思ったことはありませんか?

しかし当事者は辞められないのですよね。

心身ともに限界なのに、自分からは辞められないのです。

とにかく日々暮らすための収入のためとか、次の就職が難しいだろうと考えてとか、理由は様々でしょう。

ところが、ブラック企業で働きすぎて命を落とすほどの人の中には、それらの条件に当てはまらない人も少なくありません。

例えば実家に帰ればとりあえず当面は食べられるとかね・・

ではなぜ辞められないのか?

それはそこで働いている人々の感情のレベルが最低の「無気力」にまで落ちてしまっているからです。

自分の命が脅かされるほど理不尽なことでも引き受けてしまい、寝食を忘れて働き続けます。

それは「こんなのおかしいだろ!」という当たり前で合理的な判断をする気力が奪われているわけですね。

「理不尽なことに抵抗しない」というのは感情のレベルの中では「無気力」ですよ。

これに近いこととしてDV被害者にも同じことが起こります。

暴力を振るわれることに対して抵抗せず「無気力」に陥っているわけです。

ここで言えることは、ブラック企業やDV加害者は、悪辣な意図によって被害者の感情のレベルをとことん下げることをしているということです。

被害者の感情のレベルをずーっと下げて下げて「無気力」にまで到達させると抵抗しなくなり、どんな理不尽なことでも引き受けるということです。

(なにせ合理性においては最低ランクですから)

実は、筆者自身が書きたくないのでこれまで書きませんでしたが、「感情のレベル」の一覧の最も下、すなわち「無気力」の下には、実は「死」があります。

また、無気力でブラックな働かせ方をさせられている人(そしてDV被害者)を救い出しにくいのは、無気力であるがために自分で声を上げないという現実もあります。

ちなみに、収入のためにやむなくそこで働いている人の場合は、そこに「自己決定」という合理性があります。(感情のレベルとしては保守あたりか)

これは「無気力」でなく、声を上げる必要があるならそうするし、辞める時には辞めるでしょう。(感情のレベルとしては保守を脱して強い興味あたり)

さらに「ブラック企業反対!」としてデモ参加や署名を集めているような人は「悲しみ」や「怒り」から始まり「強い興味」といった感情のレベルにまで到達していると言えそうです。

国全体の感情のレベルで考える

上の例では就労に重点を置いて書きましたが、「無気力になる」ということについては様々な分野にまたがります。

例えば・・・政治

政治に無関心、というのは政治に関して国民が「無気力」なこともあり得ます。

国家自体がブラック化すればそのようになります。

筆者個人としては、日本が(一部分でも)そうなっている可能性を否定できません。

よしんば「無気力」でないとすれば「無責任」でしょう。

国民が国全体に対して無責任(レベルとし退屈〜満足あたり)で良いはずはありませんが「無気力」よりもよほどマシです。

でもね、結局は多くの国民の無責任(感情のレベルとして退屈〜満足あたり)なことの結果として、最終的なしわ寄せが行く立場の弱い人々が「無気力」に落とし込められていると見ることができそうですよ。

ちなみに、排外主義的な思想は感情のレベルとして「恐れ」あたりのもの。思い当たるフシがありませんか?

そして最後に、あなた自身がどの感情のレベルにいたいかは、自分が自分で決定できます。これが自己決定です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月15日 最終更新日:2019年4月15日

シトリン・信じる心・2019年4月9日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・信じる心・2019年4月9日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「信じる心」。

シトリンは一般に金運系のパワーストーンとされていますが、セレニティアスではその扱いはありません。

シトリンの傾向として精神安定系として有用だと思います。

そして気分としては安定してプラス側に持っていくような性質を持ち、自信や明るさ、勇気をもたらします。

自分自身に低評価を与えてしまい自己卑下するといったことを防ぎ、立ち直って前に進む、といった働きに注目しましょう。

カード:カップの王子/リバース

久々にちょっとばかり注意なカード。

これくらいはたまには出てくれないと今までが良過ぎ・・・

さて、このカードが出ている時にはどっちかと言えば低めの感情のレベルにあることを意味します。

ことがうまく行かない場合に自暴自棄になったり、安易な道を探してもっとまずい状態を招きかねない状態だったり・・・

ま、単純に言えば自ら進んで責任を負おうという態度から遠ざかっています。

ここで、ちょっと踏みとどまりましょう。

(コラムに続く)

どうして良いかわからないとき

様々なことに行き詰まることは誰にでも、何にでも発生しますよね。

そうしてどうすれば良いのかわからなくなり、進捗がなく、諦めたりします。

こんなとき、ちょっと踏みとどまって少しだけ耐えると道が開けることも多いです。

そういう壁に当たる人は、そもそもが何かをしようとしているわけですから、何もしないでいる人よりもよほど生存的だと思います。

で、何をどうすれば良いのかわからない時、オススメするのは非常にシンプル・・・

「基本の見直し」です。

今うまく行かないのは、基本的に「できている」としていた部分にどこか穴があったりがよくありますよ。

文系、理系、何かのノウハウなどに関わらず、行き詰る理由のひとつには「基本の何かが間違っている」または「マスターが不十分」ということがあります。

また、文系、理系の中には過去の理論に間違いがある可能性もありますよ。(突き詰めるとより正しい新理論が生まれるかも)

そして「言葉の意味」を間違って覚えていないかも点検ですよ。(本当は、十分には理解していないという場合も)

また「何かのやり方のノウハウ系」で行き詰まっているなら、基本のマスターが不十分とか何かを間違って覚えてしまっている可能性大。

運動系、楽器の演奏など、次のステップがうまく行かないのは、それ以前にあった基本がまだマスターできていないことがほとんど。

楽器など、本当にどうして良いかわからなかったら、もうシンプルに「運指練習」。これをやってやりすぎるということはないでしょう。

それから、最後になりますが、そもそもが「基本的に必要なこと」としてそれが何であるか知らないままということもあります。

基本を見ましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月8日 最終更新日:2019年4月8日

シトリン・栄誉を得る・2019年3月18日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・栄誉を得る・2019年3月18日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「豊かさ・実り」。

シトリンは金運ストーンとして売られることが多いのですが、その本質としては「所有性の拡大」があります。(今回のコラムに少し詳しく解説)

平たく言えば、金運として「お金が転がり込む」というよりも、その器を用意する、という感じ。

シトリンにこれができる根本として、下がった感情のレベルを引き上げるということも関連しそうです。

カード:カップの王

良いカードです。

これまでの行いが正当に評価され、それなりな実り、地位を得ることになりそうです。

今現在の状況として十分に賛同が得られていないように見えても、もう少しで協力者が出てくる兆候。

ビジネス系ではビッグチャンスが巡ってきそうですからそれなりな受け取りの心づもりを。

所有性について復習

このコラムでは何度か出てくる話題の「所有性」。

所有性とは、何かを所有するための能力。何かの持ち主になることです。

言い換えれば「引き受ける能力」です。

所有とは、自分自身が維持管理して責任を持てることですね。(もちろん、それを誰かに委ねるという権限も含めましょう)

そして所有には単にある物体を自分の物として所有するという意味以外に、組織や環境に関しても言えます。

例えば社長とか監督という立場の人は、それぞれが認められた権限に置いてその組織を所有していると言えます。

この所有性に必ず伴うのが「責任」ですね。責任のないところに真の意味での「所有性」はありません。

ですから社長とか監督といったリーダーになりたくない人は、単純に言えば「責任を負いたくない」ということです。

何かを所有するための許容量は、そのまま「責任を負うことを引き受けられるか?」という自分自身の決定によります。

「あそこに見えるビル一棟を君にあげよう」と言われたとして、今現在の自分自身にビルの持ち主としての責任を負う能力があるかどうかは関係ありません。

単に「責任を負うことを引き受けられるか」それを自分で決めるかどうかなのです。

そこでシトリンは、この引き受ける能力をアップさせるわけですね。

簡単な例として、ある大きな仕事が舞い込むとします。

「わ、それはちょと引き受けられません」
「はい、それを引き受けてみましょう」

これらの違いは、前者では小さくまとまるだけのことで終わります。後者ではビジネスが拡大する可能性があります。

上の答え2つ、どちらにしたって実際には確証はないでしょう。単なる決定だけでどちらの道に進むか分岐します。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年3月17日 最終更新日:2019年3月17日