タグ別アーカイブ: ラブラドライト

ラブラドライト・耐えて待とう・2019年1月11日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・耐えて待とう・2019年1月11日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めるのは「忍耐力」。

根気や持久力を必要としそうです。その元になるのは強い信念とプラス思考ですね。

目的や問題解決のために必須のことをラブラドライトに求めます。

非常にシンプルなことですが、あきらめてしまっては何もできません。

昨日の続きのようですが、それは信念とプラス思考がないとゲームになりません。

このあたりのラブラドライトの働き、意味辞典の方ではあまり触れていませんね。

カード:ソードの女王

良いカードとしましょう。ただアドバイス色の強さもあり。

何かを成し遂げるだけの思慮や能力はあるはずです。

ただその課題がそこそこに大きなことなので立ちはだかる壁も高いのでしょう。

自分の考えが正しいこととはいえ、それが簡単に理解されないといった問題を抱えることもありますが、ここはちょっと耐えましょう。

知恵を使って物事を動かし、ゴールに向かって忍耐づよくいてください。

最初は困難があるかもしれませんが、計画を立て直したり細部を見直して遂行すれば、必ず実りが得られます。

ゲームと人生(その2)

昨日は、人のゲームを眺めているのは感情のレベルが低い状態だと書きました。

これ、端的に言えば「面白い人生」とは逆のことです。

一見は頭が良さげな「冷笑キャラ」というのもネット上には少なくありませんが、これらも人のゲームを見ているだけであって、自分は参加しない卑怯者と見て良いと思えます。

そこで、面白い人生を過ごすには、主体的にゲームに関わることです。

元々が誘われたゲームでも構いませんし、いやいや参加させられたゲームでも構いませんが、一旦参加したならば主体性を持って関わることが退屈しない秘訣です。

また、ことによってはその嫌なゲームから降りる、ということをゴールに設定するゲームもあり得ます。

こんな仕事は嫌だ!もっと良い仕事を探す!というのもゲームです。

ただしかし、前回も書きましたがゲームで負けの経験を積み重ねると、新しいゲームを設定したくなくなるでしょう。(そうして感情のレベルを下げる)

でもこればかりは他人がどうにかしてくれる問題ではありません。

過去のことを学びに変えて、新しいゲームに生かすより他はありません。

主体的にゲームに関わり、未来を思い描くことは、今現在を耐えるという努力以上にその人の能力に関係します。

思い描いたゴールに必要な努力であれば、それは本人にとっては耐えるということに値せず、楽しみですらあります。

まずは、自分のゲームを見つけましょう。

自分単独でなく、それはグループとしてのゲームもありです。

グループに参加することで自分の役割としてのゲームをプレーすることもゲームです。(家族もグループですよ)

そして過去に負けてしまったゲームの内容は、それは単なるデータとして有効活用いたしましょう。

過去に負けたゲームそのものに、現在と将来を操られてはなりません。

それから、余計なゲームをすることはマジ止めましょう。

過去に終わったゲームをまだ戦っているとか、他人の感情のレベルを押し下げるといったゲームでは自分の感情のレベルまで押し下げてしまいますよ。

感情のレベルが下がるとうことは、端的に言って「生きているのが嫌になる」ということに他なりません。

最後に書きますが、人は暇になると、本当にろくなゲームを思いつきません。

暇になる前に、自分にとって、人にとっても良いゲームを設定しましょう。

最初は小さいゲームで構わないです。

「一日一回これをする」のもゲームです。

「私はこれこれで世界制覇する」のもゲームです。

今週も最後のコラムになりました。それではまた次の日曜夜の更新になります。
違った!成人の日」が入って連休となるため、次の月曜に更新ですね!

明日が良い日でありますように。

ラブラドライト・信念を通すとき・2018年12月6日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・信念を通すとき・2018年12月6日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めるのは「信念を通す」こと。

この働きは意味辞典のラブラドライトのコーナーでは触れられていません。

ラブラドライトの基本としてインスピレーションや直感系によく働きますが、その結果として、得たアイディアをひたむきに追求していくことができるようです。

全体としてプラス思考に働くことも手伝って、信念や行動が強力になります。

さて、カードは「ワンドの女王」。

良いカードです。

と言っても条件として信念を貫いて人一倍努力してきた場合に、その成果が大きな実りを迎えようとしているようです。

今まさに、暗中模索のただ中にいる人は、決してあきらめないように!

あなたのパワーはいまだに健在なはず。自分を信じて進むのであれば、チャンスがもうすぐやってきます。

「無(何も考えない)」の話続く

良いカードなのでちょっと脱線。

少し前に、「禅」のような練習で「無」を思うことを書きました。「無」を感じることで精神衛生上で良い効果があるかもという話です。以下がそのページですね。

ターコイズ・自由にスタートできる・2018年10月23日

ルチルクオーツ・すべては好転する・2018年10月24日

レッドタイガーアイ・自分で回せ!・2018年11月7日

そこでちょっと新情報を。

「無」というのは本当になんにもない状態のことを想起するのが奥義なようです。

なんにもない、とはこの宇宙丸ごとごっそり「無い」状態で、自分自身の体もなく、そこに「何も無い」という自分の「思考」があってもいけないようです。

これってかなり究極ですね。

そんなこと言ってもまあ入門者にはできませんよね。

そこでオススメの「入り方」は・・・

単に目の前に「何も無い」をモックアップします。

これが難しいなら、自分の視界に入る物体が「無いこと」をモックアップします。

これを拡大すると、地球がない状態を想像できるようになります。

そこまで行くと、宇宙の星々がない状態は作れるでしょう。

これで宇宙は消せました。

そして最後、そんなモックアップしている自分自身を「無」にします。

で、こんな作業がなぜ精神衛生にプラスなのか?

人は一生涯に渡り、何かを得ようとし、何かに取り組み、何かになり、何かを知覚しようとしてるわけです。いつも「何か」が対象です。

これらを一切やめて、本格的に休憩することが「無」です。

10分できたらまずまずみたいですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年12月5日 最終更新日:2019年1月8日

ラブラドライト・力まかせに注意・2018年11月1日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・力まかせに注意・2018年11月1日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めることは「根気」。

これは意味辞典のラブラドライトのコーナーでは触れていない働きとして紹介します。

やりかけたことを投げ出さず、またヤケを起こして力任せなことをしないように手助けしてくれますよ。

その根底にあるのは「信念・行動力」と言った種類のことになりそうです。

ラブラドライトは持ち主が「もうダメかな?」と不安を感じても持久力と忍耐力を支えてくれることでしょう。

さて、カードは「力(ちから)」。

非常にタフな状況を切り抜けねばならない、という状態にあり、そしてそれを克服しようと力がみなぎっていることを暗示しています。

ただし、その力(ちから)は正しく使うことが肝心で、闇雲にことをねじ伏せるようなことがあってはなりません。

力を使うことは、それだけの反作用が起こることを忘れないでおきましょう。

また、自分には力があることを自覚するなら、そのコントロールが大切だということに気づくのも大切です。

力任せにするのではなく、根気強く物事に当たってみることが肝心です。

一般論に騙される(検索の罠)

前回に続き、ネットの検索について筆者が感じている「よろしくない状況」について追加で記しておきます。

あることをネットで検索した時、上位に表示される情報はそのことについてのオーソリティー( ある分野での第一人者。権威者。)が書いたことだと思いますよね。

しかし実際には、本当のオーソリティーが書いたことでなく「多くの人がそのことについてはそのように思っている」ことが書かれているにすぎません。

例えば「スパゲティ」についてのページがあるとすれば、その単語「スパゲティ」の周辺にある小麦とかイタリヤとかソースとか、そんな単語が組み合わされ、それらについて事細かくスパゲティについて解説することになります。

革新者は無視される

ところがスパゲティについての革新的なな思想を持つ人がいたとすれば、一般論論とは異なることを書くでしょう。

そういう記事は一般的でないがため、なかなか検索上位には来ないのです。みんなとは意見を異にするからです。出る杭は「無視される」です。

例えば、スパゲティは本当はサウジアラビアのが一番美味しい、という記事を真剣に書いてもなかなかヒットはしません(事実だったとしてもです)。

だから検索上位になろうとすれば、みんな同じように書きますよね。ことによれば他のページからコピペしても書きます。そして自分がオーソリティーに見せようと思うでしょう。

そうすると、検索上位にあるページはごく一般論の寄せ集めで似たり寄ったりになります。

これはある意味現在のAIの限界、または検索させるビジネスとはそれで都合が良いことなのでしょう。

ネット検索の上位にあるもの、それは均一化の結果

このように見るとネットの検索というのは、便利なようでも革新的な少数意見に関してはそれがどんなに素晴らしいものだったとしても、それを拾い出すにはあまり適していないと思います。

そしてページの作者が記事を書くとき、検索上位になろうとするなら、一般的な考えや意見を積み上げていくことになり、言うなれば上位にいるほど均一化された情報になってしまっています。コピペ&リライトも横行するのでどうしてもそうなります。結果的に特色がないのです。

その上、それは「多くの人がそう言っている」だけであって、正しいかどうかは全く別問題。(無責任な人ほどコピペ&リライトをしていますし)

ネットでの検索結果というのは、実はそのような実態があります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月31日 最終更新日:2018年11月1日

ラブラドライト・目の前に可能性・2018年10月3日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・目の前に可能性・2018年10月3日

ラブラドライトが出ています。

意味辞典のページではラブラドライトについては主に創造性についての記述
が多いですよね。ところがこのストーン、他にもまだまだ使い方があります。

そのひとつが「持久力・耐久力のアップ」。

ラブラドライトはやりかけの物事を挫折することなく最後までやり遂げるようにサポートする働きを持っています。

そのために必要となる強い信念と行動力を得られるよう、強いプラス思考をもたらす働きがあるんですよ。

これはある意味、自己啓発系のストーンと言えそうです。

さて、カードは「ペンタクルの王子」。

まあまあ良しとしましょう。

目の前には様々な可能性がありますよ、と告げているカードです。

そして自分の将来について思い巡らすタイミングにいるようです。

ただし、その可能性を現実のものとするためには、そこそこに忍耐と努力が必要になるでしょうが、それを乗り越えられるだろうという暗示です。

ここのところは、まあそりゃそうでしょう、という感じです。

そもそもが誰にだって様々な可能性はありますし、目的達成のためには努力も必要でしょう。ほとんど当たり前のことを言っている感じ。

そこでとりあえず、ラブラドライトの持久力・耐久力のアップという働きを借りようというわけですね。

この時期を過ごす秘訣として、自分の考えに固執しないこと。問題の解決には他の人の知恵が役立つことになりそうです。

そしてもちろん、自分の能力にいつも磨きをかけることを忘れないこと。今から忍耐力を養っておけば、後々にそれは財産になりそう。

それから、経済面でのうれしい展開があるかもです。

罪と動機の悪循環を復習する

罪を犯した者が声高に他者を非難する

ここのところ目にしたことに「罪と動機の悪循環」その最たる状態がありました。

このコラムではおりに触れてこの話題を取り上げていますが、それもこれも悪人どもに人生を台無しにされないよに予防するためです。

復習としてシンプルに記しておきます。

誰でも間違って悪いことをしてしまうことがある。それには過失も含まれる。

悪いことをしてしまったら謝罪して償い、二度とそれが起こらないように気をつける。

しかし、悪い人はそれができない。その代わりにすることは・・・

「自己正当化」

彼らはしてしまったことに対して「動機」を語ります。それは自分のせいではなく「何々のせいである」と。

そのためには、歴史を修正することすら始めます。

「あれをしてしまったのはこれこれしかじかだからだ」
「あれは嘘のデータである。本当はこっちだ。」

自己正当化のためなら嘘でもつきます。これによって最初の悪いことの上に更に「嘘」という新しい罪を作ります。(これが悪循環の始まりなのです)

最初の罪として「誰かを傷つけてしまった」としましょう。

そして「私は悪くない!悪いのはあいつだ」と言って動機を語り、その中には嘘さえ忍ばせるわけです。

そして自分は悪くないことを言い続けるために、更に同じ調子で相手を傷つけることを続けます。(だって、悪いのはあいつらだから)

自己正当化のために、最初に相手を傷つけた罪を認めたくないがために、その行為が正当なことだとするために、その暴力は続きます。

自分がしているイジメを悪いことだと認めたくなければ、誰がどう言おうとそのイジメがやめられなくなる、という悪循環がここにあります。

身の回りをよく観察してみてください。色々なところで起こっています。

「誰それが悪いのだ」と声高に他者を非難する人々は、明らかに、先に自分たちが何らかの罪を犯しています。

正しい行いをしている人、たとえ罪を犯してもそれを謝罪して償っている人々が他者を非難して「声高」に叫ぶことはないのです。叫んだとしてもそれは真実を語ります。

よく観察してみてくださいね。

悪循環にはまっている人は「嘘」を声高に叫んで他者を非難しています。

明日が良い日でありますように。

 

公開日:2018年10月2日 最終更新日:2018年10月2日