タグ別アーカイブ: ラブラドライト

ラブラドライト・挑戦はできる・2019年4月10日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・挑戦はできる・2019年4月10日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めるのは「挑戦」「隠れた才能を見出す」。

ラブリーな雰囲気のストーンではありますが、用途としては自分自身がもっている才能を再発見することに使えます。

基本的に、想像力や創作意欲の刺激ですね。

しかしそれでも元からその人がもっている能力を引き出す働き何ですね。

カード:ペンタクルの2

良し悪しとしては良しとしましょう。どちらかと言えばアドバイス色が強そうです。

現状では「手堅く行こう」と言いう気分があるかもですね。

が、しかしながら本当は別にやりたいことがあって、そちらも捨てがたく、もしかしたらそれをやり遂げるための準備に取り掛かろうとしていることも。

大切なことは、とりあえず現状を維持してやりくりすることには成功しているとしても、他には潜在能力がもっとある可能性も無視してはいけないと言うこと。

そして、挑戦しようと思えばできるはずなのです。

感情のレベルの応用

先頃の統一地方選挙を見ていて「感情のレベル」について考察しようと思います。(ある意味復習です)

まずは感情のレベルとは以下の通り。

  • 静穏      合理的
  • 熱狂       ↑
  • 陽気
  • 強い興味
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

人はこれらの感情のうちのどれかにいて、それはもちろん上下に動き、その人の基本的な部分と、それから社会性として表向きな部分の両方を持っています。

そして同じか近い感情のレベルにいる者同士は共鳴し合い安いのです。

逆に、レベルが違いすぎる時には話が通じません。

例えば、悲しみにくれている人に陽気な人が話しかけてもお互いに話が通じません。

しかし悲しい人に対して、悲しい人が話しかければ話が通じます。

敵対心として今にも喧嘩しそうな人に対し、保守的な人が話しかけてもどうになりません。

選挙の結果を見ると・・・

感情のレベルとして「敵対心」にあるような政党があるとします。

(実際にありますね)

彼らの訴えに反応するのは賛同者も反対者も「敵対心」にいる人々です。

退屈のレベルにいる人には賛同者も反対者も関心を呼びません。

また、退屈のレベルにいる人はそもそもが投票に行かない可能性も大。

そこで、その敵対心モリモリの政党が敵対心を煽って選挙で勝つと、敵対心を中心にした政治をする可能性が大。

だって、自分たちの言った敵対心が民意だと思いますからね。

反対者はバッサリ切られることでしょう。

最後に言いますよ「気に入らなかったら出て行け」と。

しかし民主主義の中での政治は、反対者さえもが市民国民のひとりとして、彼らにも納得がいくだけのことを行う必要ありです。

しかしながら敵対心を煽って当選した人々はそんなことには思い及ぶかどうか、それは難しい側面があります。(多分無理)

それは敵対心といいうのは理性的にもかなり下にあるからです。それに伴い、責任感もありません。(本人がわかってやっている演出だったらともかくも)

正しくは、敵対心で選挙に勝ったら、そのあとは市民、国民の感情のレベルができるだけ上がるように仕事をしなくてはならないということです。

敵対心そのままで行う政治など、これがうまく行くはずがないのです。

だって敵対心の行き着くところは戦争ですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月9日 最終更新日:2019年4月9日

ラブラドライト・耐えて待とう・2019年1月11日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・耐えて待とう・2019年1月11日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めるのは「忍耐力」。

根気や持久力を必要としそうです。その元になるのは強い信念とプラス思考ですね。

目的や問題解決のために必須のことをラブラドライトに求めます。

非常にシンプルなことですが、あきらめてしまっては何もできません。

昨日の続きのようですが、それは信念とプラス思考がないとゲームになりません。

このあたりのラブラドライトの働き、意味辞典の方ではあまり触れていませんね。

カード:ソードの女王

良いカードとしましょう。ただアドバイス色の強さもあり。

何かを成し遂げるだけの思慮や能力はあるはずです。

ただその課題がそこそこに大きなことなので立ちはだかる壁も高いのでしょう。

自分の考えが正しいこととはいえ、それが簡単に理解されないといった問題を抱えることもありますが、ここはちょっと耐えましょう。

知恵を使って物事を動かし、ゴールに向かって忍耐づよくいてください。

最初は困難があるかもしれませんが、計画を立て直したり細部を見直して遂行すれば、必ず実りが得られます。

ゲームと人生(その2)

昨日は、人のゲームを眺めているのは感情のレベルが低い状態だと書きました。

これ、端的に言えば「面白い人生」とは逆のことです。

一見は頭が良さげな「冷笑キャラ」というのもネット上には少なくありませんが、これらも人のゲームを見ているだけであって、自分は参加しない卑怯者と見て良いと思えます。

そこで、面白い人生を過ごすには、主体的にゲームに関わることです。

元々が誘われたゲームでも構いませんし、いやいや参加させられたゲームでも構いませんが、一旦参加したならば主体性を持って関わることが退屈しない秘訣です。

また、ことによってはその嫌なゲームから降りる、ということをゴールに設定するゲームもあり得ます。

こんな仕事は嫌だ!もっと良い仕事を探す!というのもゲームです。

ただしかし、前回も書きましたがゲームで負けの経験を積み重ねると、新しいゲームを設定したくなくなるでしょう。(そうして感情のレベルを下げる)

でもこればかりは他人がどうにかしてくれる問題ではありません。

過去のことを学びに変えて、新しいゲームに生かすより他はありません。

主体的にゲームに関わり、未来を思い描くことは、今現在を耐えるという努力以上にその人の能力に関係します。

思い描いたゴールに必要な努力であれば、それは本人にとっては耐えるということに値せず、楽しみですらあります。

まずは、自分のゲームを見つけましょう。

自分単独でなく、それはグループとしてのゲームもありです。

グループに参加することで自分の役割としてのゲームをプレーすることもゲームです。(家族もグループですよ)

そして過去に負けてしまったゲームの内容は、それは単なるデータとして有効活用いたしましょう。

過去に負けたゲームそのものに、現在と将来を操られてはなりません。

それから、余計なゲームをすることはマジ止めましょう。

過去に終わったゲームをまだ戦っているとか、他人の感情のレベルを押し下げるといったゲームでは自分の感情のレベルまで押し下げてしまいますよ。

感情のレベルが下がるとうことは、端的に言って「生きているのが嫌になる」ということに他なりません。

最後に書きますが、人は暇になると、本当にろくなゲームを思いつきません。

暇になる前に、自分にとって、人にとっても良いゲームを設定しましょう。

最初は小さいゲームで構わないです。

「一日一回これをする」のもゲームです。

「私はこれこれで世界制覇する」のもゲームです。

今週も最後のコラムになりました。それではまた次の日曜夜の更新になります。
違った!成人の日」が入って連休となるため、次の月曜に更新ですね!

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年1月10日 最終更新日:2019年1月12日

ラブラドライト・信念を通すとき・2018年12月6日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・信念を通すとき・2018年12月6日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めるのは「信念を通す」こと。

この働きは意味辞典のラブラドライトのコーナーでは触れられていません。

ラブラドライトの基本としてインスピレーションや直感系によく働きますが、その結果として、得たアイディアをひたむきに追求していくことができるようです。

全体としてプラス思考に働くことも手伝って、信念や行動が強力になります。

さて、カードは「ワンドの女王」。

良いカードです。

と言っても条件として信念を貫いて人一倍努力してきた場合に、その成果が大きな実りを迎えようとしているようです。

今まさに、暗中模索のただ中にいる人は、決してあきらめないように!

あなたのパワーはいまだに健在なはず。自分を信じて進むのであれば、チャンスがもうすぐやってきます。

「無(何も考えない)」の話続く

良いカードなのでちょっと脱線。

少し前に、「禅」のような練習で「無」を思うことを書きました。「無」を感じることで精神衛生上で良い効果があるかもという話です。以下がそのページですね。

ターコイズ・自由にスタートできる・2018年10月23日

ルチルクオーツ・すべては好転する・2018年10月24日

レッドタイガーアイ・自分で回せ!・2018年11月7日

そこでちょっと新情報を。

「無」というのは本当になんにもない状態のことを想起するのが奥義なようです。

なんにもない、とはこの宇宙丸ごとごっそり「無い」状態で、自分自身の体もなく、そこに「何も無い」という自分の「思考」があってもいけないようです。

これってかなり究極ですね。

そんなこと言ってもまあ入門者にはできませんよね。

そこでオススメの「入り方」は・・・

単に目の前に「何も無い」をモックアップします。

これが難しいなら、自分の視界に入る物体が「無いこと」をモックアップします。

これを拡大すると、地球がない状態を想像できるようになります。

そこまで行くと、宇宙の星々がない状態は作れるでしょう。

これで宇宙は消せました。

そして最後、そんなモックアップしている自分自身を「無」にします。

で、こんな作業がなぜ精神衛生にプラスなのか?

人は一生涯に渡り、何かを得ようとし、何かに取り組み、何かになり、何かを知覚しようとしてるわけです。いつも「何か」が対象です。

これらを一切やめて、本格的に休憩することが「無」です。

10分できたらまずまずみたいですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年12月5日 最終更新日:2019年1月8日

ラブラドライト・力まかせに注意・2018年11月1日

ラブラドライト(Labradorite)
ラブラドライト(Labradorite)

ラブラドライト・力まかせに注意・2018年11月1日

ラブラドライトが出ています。

ラブラドライトに求めることは「根気」。

これは意味辞典のラブラドライトのコーナーでは触れていない働きとして紹介します。

やりかけたことを投げ出さず、またヤケを起こして力任せなことをしないように手助けしてくれますよ。

その根底にあるのは「信念・行動力」と言った種類のことになりそうです。

ラブラドライトは持ち主が「もうダメかな?」と不安を感じても持久力と忍耐力を支えてくれることでしょう。

さて、カードは「力(ちから)」。

非常にタフな状況を切り抜けねばならない、という状態にあり、そしてそれを克服しようと力がみなぎっていることを暗示しています。

ただし、その力(ちから)は正しく使うことが肝心で、闇雲にことをねじ伏せるようなことがあってはなりません。

力を使うことは、それだけの反作用が起こることを忘れないでおきましょう。

また、自分には力があることを自覚するなら、そのコントロールが大切だということに気づくのも大切です。

力任せにするのではなく、根気強く物事に当たってみることが肝心です。

一般論に騙される(検索の罠)

前回に続き、ネットの検索について筆者が感じている「よろしくない状況」について追加で記しておきます。

あることをネットで検索した時、上位に表示される情報はそのことについてのオーソリティー( ある分野での第一人者。権威者。)が書いたことだと思いますよね。

しかし実際には、本当のオーソリティーが書いたことでなく「多くの人がそのことについてはそのように思っている」ことが書かれているにすぎません。

例えば「スパゲティ」についてのページがあるとすれば、その単語「スパゲティ」の周辺にある小麦とかイタリヤとかソースとか、そんな単語が組み合わされ、それらについて事細かくスパゲティについて解説することになります。

革新者は無視される

ところがスパゲティについての革新的なな思想を持つ人がいたとすれば、一般論論とは異なることを書くでしょう。

そういう記事は一般的でないがため、なかなか検索上位には来ないのです。みんなとは意見を異にするからです。出る杭は「無視される」です。

例えば、スパゲティは本当はサウジアラビアのが一番美味しい、という記事を真剣に書いてもなかなかヒットはしません(事実だったとしてもです)。

だから検索上位になろうとすれば、みんな同じように書きますよね。ことによれば他のページからコピペしても書きます。そして自分がオーソリティーに見せようと思うでしょう。

そうすると、検索上位にあるページはごく一般論の寄せ集めで似たり寄ったりになります。

これはある意味現在のAIの限界、または検索させるビジネスとはそれで都合が良いことなのでしょう。

ネット検索の上位にあるもの、それは均一化の結果

このように見るとネットの検索というのは、便利なようでも革新的な少数意見に関してはそれがどんなに素晴らしいものだったとしても、それを拾い出すにはあまり適していないと思います。

そしてページの作者が記事を書くとき、検索上位になろうとするなら、一般的な考えや意見を積み上げていくことになり、言うなれば上位にいるほど均一化された情報になってしまっています。コピペ&リライトも横行するのでどうしてもそうなります。結果的に特色がないのです。

その上、それは「多くの人がそう言っている」だけであって、正しいかどうかは全く別問題。(無責任な人ほどコピペ&リライトをしていますし)

ネットでの検索結果というのは、実はそのような実態があります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月31日 最終更新日:2018年11月1日