サンストーン・やっぱり方向変換だ/カップの5

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

2017年6月2日 サンストーン・やっぱり方向変換だ/カップの5

昨日の延長のようなカードです。アドバイスとしては方向変換ですね。

思ったようにはまったくうまく行かず、かなりげんなりしているかもしれません。人間関係では離別や破綻があるのかも。

今日は「リセット」の日に!

思い切りよく捨てるべき考えはすっぱりと見限ることです。

すっぱりと見限ることによってこそ余力が生まれるます。

小休止のつもりで行動を一旦止め、やり方を変える準備を。

このようなときにオススメのパワーストーンはサンストーン

サンストーンに求めるのは「方向変換のサポート」。主人が選ぶあらゆる「目的」を達成・勝利へと導いてくれます。特に主人の人生における「方向転換の時期」にそのパワーが発揮され、消極的な考えを取り除き、主人が信じる道を進んでいけるようにサポートします。

損切り(そんぎり)と所有性

皆さんは「損切り(そんぎり)」という言葉をご存知でしょうか?

損切りとは投資関連の用語で、ごく簡単に言えば「取引で損を覚悟で見切り売りすること。」となります。

簡単な例を具体的に書けば、持っている株の価格が下がったとき、それ以上の損失を出さないために損を承知でその株を売る場合が当てはまります。

株価が下がったのは損かもしれないけれど、それを売り払うことでそれ以上の損失を出さないで済むということですね。

文字通り「損を切る」です。

ですから本日のカードが示している「見限る」ことそのものズバリと言えます。

しかし損切りというのは、それを実行するのはかなりな能力、胆力が必要かもしれません。単に論理的になれば簡単なことのはずなのですが、感情的にこれができないでいるケースが多いのです。

例えば、ギャンブルでは損を取り返すためにまた賭けて負けるということを繰り返します。これって要するに損切りができないということです。

ギャンブルの場合、彼らの言い訳に「次に勝ったらもう止める」ということがありますが、ギャンブルを大きな目で見た一般論として胴元以外は平均値として必ず負けるようにできています。

またギャンブルでない一般生活の中では「今ままでの努力が水の泡になるのが怖い」といった理由で損切りができないでいることもあります。

これができない理由は、このコラムで何度か触れています「所有性」にまつわる問題だと思われます。

「私は持とうと思えば何でも持てる」と思っている人は手放すことも得ることも自由自在にできるのですが、そうでない人はゴミすらも捨てることができません。そして同時に「あのビルを一棟あなたに差し上げます」と言っても断ることでしょう。

「自分は何かを所有することができない」というのはほとんどが思い込みや植え付けられた何かであることがほとんどです。

チャンスが目の前に転がっているのに、それを手にできないという人の傾向です。

しかし遠慮なく、受け取ってください。受け取れない理由は自分が作らない限り元々は何もありません。

ただ、自分にとってあまりに大きなものを得ようとするとき、そこにはそれなりな責任が生じます。受け取れないという場合の多くは、責任を負うことができないために受け取れないということもあることを覚えておいてください。

何かを所有する、というのは、それだけの責任が生じることを意味しています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月1日 最終更新日:2017年6月1日