ルチルクオーツ全般・自分が関わる全てを良くできる日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

2015年3月19日 ルチルクオーツ全般・自分が関わる全てを良くできる日/ペンタクルの6

良いカードです。満ち足りたときが来ます。

これまで様々に苦労したかもしれませんが、それらの困難や心配から解放される兆しです。あなたの行動の多くがうまく行くことになりますから新しいプロジェクトなどがある人は、この機を逃さず力を傾けましょう。

また、あなたに援助が求められるのであれば出来る限り相談に乗りましょう。与えることによって更なる恵が帰ってきますよ。

自分自身に関わる全てのことを良い方向へ持っていくことができます。積極的に行動しましょう。

このようなときにお勧めのパワーストーンはルチルクオーツ全般。このストーンは気力を高めてくれます。特に持久力や集中力を高める働きがありますので新規事業などへの取り掛かりには強い見方になってくれるでしょう。

後悔の中身でよくあるケース(その2)

さてさて、今回のカードは「後悔」なんてまったく不要なほどに良いですね。それでも復習の意味を込めて「後悔」についておさらいです。

前回のコラムでは「しなかったこと」について後悔が多いということを書きましたが、さらにその中身として「誰かを助けられなかったこと」が挙げられます。これも「しなかったこと」に含まれるかもしれませんね。

「誰かを助けられなかった」の更にその中身としては「親の言うことを聞かなかった」などが含まれてきます。親の言うことを聞かなかったのが親不孝とすれば、親の幸福を助けることができなかったという意味になるでしょう。また同じようなこととして祖父母に関することも多いようです。他、最近ではペットに関することも多いようです。ペットの死について、もっと面倒を見ていたらとか、そのような形での後悔が多いのです。

この種の「助けられなかった」系の後悔として始末が悪い現象があります。それは「助けられなかった誰か」についてその人(またはペットなど)が死んだとき、その死んだ人(ペットなど)の人生を引き継ぐというものです。これは随分前のコラムで触れています。祖父母が亡くなると、その家族の誰かがその亡くなった祖父母に似た言動や考え方をするようになるということです。これでは自分の人生を生きられません。

おかしなことに、人間だけでなく、飼っていたペットの死で、そのペットに似る飼い主というのも存在します。

このように「助けられなかった」後悔はかなりナンセンスな現象を起こします。自分の人生を生きるためにも「助けられなかった」後悔をやめましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年3月18日 最終更新日:2016年6月13日