2017年10月13日 パープルフローライト・新しいことを始めよう/魔術師

2017年10月13日 パープルフローライト・新しいことを始めよう/魔術師

面白いカードです。

創造を意味しており、いかようにもことの始まりを作れるというわけです。

新しいことに取り組んだり、現状の環境から飛び出したいといった願望も表しており、実現不能と思えるようなことにも挑んで行こうとするかもしれません。

しかしながら、そうは思っても自分にそんな能力があるのかと、疑いの気持ちになることも。

それでも今、たくさんの選択肢が目の前にあるはず。

また自分で気づいていなくても創造のタネは心の中にあるのです。

多くの選択肢から情報を集め、今までとは異なるやり方を選んでトライしよう!

創造性豊かなこのタイミングを存分に使いましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはパープルフローライト(意味辞典に未記載)。

パープルフローライトに求めるのは「発想の転換」。直観力・洞察力・多面的に物事を判断する力を与えてくれるストーンです。多くの情報、選択肢の中から「これは」という物を選び出し、新しい感覚で考えられるよになるでしょう。魔術師のカードが出ているとき、頭を整理してパープルフローライトを使うことをお勧めいたします。

創造性、それは誰もが持っている

人間の魂が得意とする最も典型的なことは「創造すること」。

このコラムでこれまでに書いてきた「知っている」そして「知らないでおく」こと、そして「創造すること」が人の三大能力と言えるかもです。

しかし「私は創造なんてことは苦手だ」と思われる方も少なくないでしょう。

ところが実際には、何かをしない理由、できない理由などマイナス思考に囚われた人でもすごい創造力または想像力を働かせることができていますよ。

実際のところ、人はプラス側にもマイナス側にも素晴らしく創造力を発揮しています。

そしてマイナス思考に陥るときは「知らないでいる」ことができず、過去のデータを積み上げて自分にダメ出しの創造性を発揮しているように見えます。

ちなみに、子供の創造性がプラス側に多いのは、過去のデータを積み上げることができないからかもしれません。

そしてその子の成長過程で「こんなことをしたら大人に叱られる」というデータが蓄積していき、創造性が失われるのでしょう。

ここでも「知らないでいる」の能力がかなり有効なようです。

「これこれをしたら大人に叱られる」というのは過去のデータを知っており、そして未来にそれがどうなるか知っている、という状態です。

創造性は「知らないでいる」ことと密接に関係しそうです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月12日 最終更新日:2017年10月12日