プレナイト・重要な決定は後日に/ソードの王/リバース

2017年7月6日 プレナイト・重要な決定は後日に/ソードの王/リバース

おや、久々に少し注意のアドバイス的カードが出ています。

状況は不利かも。これによって予想が立たずちょっとばかり不安が頭をよぎっている感じがあるかもしれません。

これをどう切り抜けたら良いのか?これといった助言が得られずむしろ情報に振り回されやすくなっています。

大切な決断は後日に!安易な行動はいけません。

物事を力だけで解決しよとしないこと。正しい情報を見つけ出し、状況に合わせた対応が重要。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「正しいことを選ぶ能力」。迷いがあってうまく考えられないときに助けになってくれるストーンです。難しい選択を迫られているときにも良いですね。それだけでなく粘り強さを与えてくれることもあり、プロジェクトの完結に向けて走るときにもどうぞ。

理解の事例・良いコミュニケーションの例

今回もおなじみ「ライフハッカー」から記事をひとつ。

同僚とのおしゃべり」が生産性がアップの鍵だった

もうお判りですよね。同僚とのおしゃべりとはすなわちコミュニケーションのことです。

それから記事の内容によりますと、そのコミュニケーションは質よりも量が大切だということのようです。

コミュニケーションはその量によってお互いのリアリティーがアップしているのではないかと推察されます。

実は、日本の会社ではその昔から社員同士のコミュニケーションを図ることに力を入れてきたと思えます。

飲み会など仕事以外での集まりを設けてコミュニケーションを図ろうとしていましたよね。

現代ではこれが嫌いな若い人も少なくないのですが、若い人々も興味を持って参加できるような何かを考える方が良いでしょうね。別に飲み会にこだわる必要なありません。

それから以外にもクールじゃないかと思える海外の大手IT系企業でも社員同士のコミュニケーションを図ろうとすることがあります。

例えばアップルですが、実はこのままでは倒産するかもといった時期もあり、会社を立て直すために重役が集まって彼ら全員で「登山」をした、ということがありました。

とにかく何らかの絆が必要だということのようです。

この基本原理は「理解」にあり、それがこのコラムで書き続けている「理解の三角形」そのものです。

理解の三角形

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月5日 最終更新日:2017年9月19日