ジェダイト・リセット&スタートの日/カップの5 2017年11月22日

ジェダイト・リセット&スタートの日/カップの5 2017年11月22日

ううむ、ここのところ調子良かったのですが・・・

ちょっと方向変換を迫られそうです。

こんなときこそパワーストーンが必要だなぁ〜!!

ここはジェダイト(別名:硬玉翡翠)を使って立ち直りましょう。失意があったらリセットです!

さて、カップの5は正位置で出ていますが、これは正直「ダメ系」の暗示。

思い描いていたことが結果を得られずガッカリ。かなり意気消沈することがあるかもです。

かなりどうしようもない現実を目の前に、何もできない状態が辛いですね。

しかーし!

このカードは単に「ダメ系」というよりも、それによってリセットする時がきたことを告げているようですよ。

普通に言えば「もう見限れ!」です。「出直せ!」です。

失望、失意をさっさとリセットしてしまいましょう。

本日はジタバタ動くより、頭を使う日にしましょう。

まずは現実をしっかりと確認することからスタート。

それから今までと異なるやり方を探すのがベスト!!

このようなときにオススメのパワーストーンはジェダイト。翡翠(ヒスイ)の仲間です。なんと高級な響きでしょうか。

ジェダイトが持つ意味に求めるのは「人間的、精神的な成長」「機転が利く」こと(意味辞典に未記載)。

元々は中国・日本の古来より、災いや呪いから身を守る石として古来より大切に扱われてきたパワーストーンです。

なお、今回のカード、カップの5では「ガッカリ感」を処理するためにジェダイトの働き、意味として「マイナス感情を手放す」という部分でも有用なので取り上げています。

失うことと所有性

少し前のコラムで触れましたが、「失う恐怖」は未来への恐怖、いわゆるほとんど取り越し苦労のことである、と書きました。

しかし、世の中には何かを失ってもガッカリせずにどんどん次のことに取り組める人がいます。

その人たちの特徴は「大きな所有性」を持っていること。平たく言えば・・・

「私はなんでも所有することができる」と思っているわけです。そうすると、何かにしがみつくということもしません。なぜならその人は「欲しいならまた所有できる」と思っているからです。

またここで言う「所有」とは、法律上の権利のことではありませんよ。

「所有する」というのは、それを自由に扱おうと思えばそうして、かつ、それについて責任を負える立場になることをいとわないことです。

(この説明は何度か書いたと思います)

そして、人から所有性を奪うのは、多くの場合は幼い頃の教育ですね。

幼い頃にはあらゆることから管理責任を奪われます。要するにあらゆる物やことが自分のものではなくなるわけです。

どんなことがあったかを思い出してみましょう。これが自分自身の所有性をアップさせるひとつの方法、そしてきっかけにはなります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年11月21日 最終更新日:2017年11月21日