ヘマタイト・行動を起こすチャンス/ワンドの騎

2016年12月22日 ヘマタイト・行動を起こすチャンス/ワンドの騎士

おお、素直に良いカードです。

「前進」のチャンス到来。
または転機の時期にさしかかっている暗示です。

思っていることは即!行動に移しましょう。少しくらい実力をオーバーすることでも思い切って取り組むべし。その成功率はかなり高いのです。冒険する方がむしろ道が開けます。

もしも温めていることがあるのなら、それを実行に移すときです。ぐずぐずとできない言い訳をしないでするべきことを手に取ってください。今が進むべきときだと、このカードはそう言っていますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはヘマタイト(意味辞典に未記載)。

ヘマタイトに求めるのは「起爆剤」としての役割ですね。特に精神面で主人を支えることが得意なストーンですから、気が弱い人や、神経過敏傾向にある人はいつも身につけていてください。また、偶然見つけたチャンスを素早く確実に掴み取れるようにサポートするストーンでもあります。

決定の重要性

このコラムでは何度も何度も「決定」について書いてきました。

実のところ、「それができない」ということ自体が「決定」です。また「どうしたら良いかわからない」といったように「決定しかねる」ということもそういう「決定」に他なりません。

今回のカードでは「するべきことを決めてする」ということが重要で、これすなわち決定ですよね。「決めかねる」という「決定」はダメです。

とにかく、先立つものは「決定」です。すべてが決定によって実行されると思って間違いありません。(決めずにおくという決定の実行も含まれますよ)

ところで、その「決定」は一体「何が」そうしているのでしょうか?

その答えは「心」であると思う人が多いでしょう。

でもここでよく考えてみてください。「心に決める」という言葉がありますよね。でも「心が決める」という言い方はしません。

ここで薄々でも感じられるのは・・・「決して心は決定していない」ということです。

「そう心に決める」という言葉があるように、実のところ決定は心以外のところで成され、そしてそれを心に押し込むということを暗示しています。

ただし、心は決定を左右しているという現実があります。

例えば感情として「恐怖」があるとしましょう。すると「避ける」「逃げる」という決定の要素にはなるでしょう。

逆に「陽気」という心の状態があれば「気軽に引き受ける」といった決定がされやすいことでしょう。

さて、こうしてみると「決定」はどうやら心のもっと上位にある何かが成していると考えられそうです。

それが何かといえば、言うなれば、意識していることを意識している個体とでも表現できるでしょうか?

これを普通に書けば、例えば今まさに自分が悲しいとして、その自分を見ている自分は「私は悲しんでいる」と意識できますよね。そして、「それじゃあ楽しい音楽でも聞いて気分転換しようか」と考えるかもしれません。それが「心」の上位にあるものの決定に他なりません。

少しややこしい話を書きました。結論として記しますが、「心」は決定をしません。もっと上位にある何かが「決定」をしています。

難しい話です。長くなりましたのでこの辺で。この話続くかもです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年12月22日 最終更新日:2016年12月22日