ホークスアイ・選択のとき/恋人たち・ 2018年1月5日

ホークスアイ(Hawkseye)
ホークスアイ(Hawkseye)

ホークスアイ・選択のとき/恋人たち・ 2018年1月5日

あけましておめでとうございます。

早速ですが、年明け一番のカードは「恋人たち」。

まずまずですね。

なんともロマンチックな名前のカードではありますが「選択のとき」を意味しています。

選択することによって未来を切り開いていこう、カードはそう告げているようですよ。

そして恋も仕事も「純粋さ」をキーワードにこなすと上手く行くようです。

ただし、「何を選択するか」を間違うと暗転。

必要なものを見極めるシビアな判断力がものを言うでしょう。

ここで紹介したいパワーストーンはホークスアイ

その意味として「洞察力・判断力アップ」です。

ホークスアイはタイガーアイと似たところもある効果があり、そう言えば別名で「ブルータイガーアイ」とも呼ばれています。

判断力そして選択力

改めまして、明けましておめでとうございます。

今年の第一弾は恋人たちでホークスアイの組み合わせ。

悪いカードではありませんが、ちょっとお尻を叩かれ気味。まあでも念頭の決意としてふさわしいかもです。

さてこのコラムでは「人生はゲームの構造をしている」ことを書いてきました。

自分、対戦相手、ゴール、この三つが揃えばゲームです。そして自分自身は本来、ゲームのプレーヤーのはずです。

そしてほとんどの人がなんらかのゲームを欲しています。

ゲームを欲しなくなるとき、それは死んだ状態に近づいていると言えます。

しかしながら、自分が選びもしないゲームに巻き込まれていることもあります。

例えば大きなことで言えば「戦争」。

まったく望んでいないゲームに放り込まれ、駒として動かされています。

さて!!

そこで大切になるのが「選択力」です。

「自分で選択する力」

ゲームを自分で選ばねばなりません。

そのためには選択力が必要ですが、これってかなり高い能力が必要ですよ。

ただただ、AとB、どっちがいいかな、じゃあA・・・といった具合に選べれば良いですが、実際にはそうではありません。

先の例では戦争をあげました。

もしも徴兵制がしかれていたらどうでしょう?

そのゲームに巻き込まれないように、徴兵されずになんとかしようと思うと、かなりな力量が必要ですよね。

家族ごと安全な国外に逃れる、国籍を変えるといったことまでできなければならないでしょう。

これと似たことは人生に沢山あります。

会社での配置転換があります。

これ、ことによってはやりたくもないゲームをさせられる場面ですね。

もしもそのゲームをやりたくなければ道は二つ。

会社を辞めるか、または新しい部署で自分のゲームを作り出すかです。

これ、すなわち選択力です。

もしもやりたくもないゲームにとどまるのであれば、それは自分自身がゲームの駒以上のことは演じられません。(ゲームのプレーヤーでなく駒そのもの)

これでは環境にコントロールされる一方です。選択力がなければそのままです。

ね、選択力って単なる「判断力」以上に高いスキルや志が必要でしょ。

判断力で「なるほど、これじゃあどうしよもないな」と判断はできます。

しかし「選択する力」がなければ、自分がゲームのプレイヤーとして存在できません。

選択力を養うには、不断の努力と意志の力しかないようです。

「選択できない」理由を環境に求めている限り、何も選択できないままにゲームのプレーヤーではなく、駒として生涯を過ごしてしまうことになります。

でしょ!

ところで、新年1回目の投稿でしたが、本日はもう木曜日ですね。

次回更新は1月7日(日)になります。(1月8日は祝日につき、次回更新は1月8日22時頃です)

お正月明けの週末がまいります。ちょっと一服ですね。

それではまた!

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年1月4日 最終更新日:2018年1月7日