ブルーレースアゲート・成就/カップの10

ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)
ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)

2016年5月10日 ブルーレースアゲート・成就/カップの10

おや!また良いカードです!

これはタロットの中でもほとんど最上位クラスに良いと思いますよ。そして昨日の延長上にあるようにも思えます。

長い間の願いが叶ったり、大きな幸運が舞い込む兆し。

良いパートナーとの出会いとか、安住できて経済的にも充実して新しい未来を築こうとしている感じがあります。

これはとりもなおさず、あなたが注いできた愛情と良い行いが結果を結んだことによります。

大きな幸せも降って湧いたような幸せも、遠慮なく受け取ってください。そしてこの幸せは人とのつながりを大切にすればもっと大きくなりますよ。

そして社会的な貢献などにも目を向けましょう。そうすることで精神的な成長から本当の安らぎが得られるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーレースアゲート

今回のカードでは、もうほとんどパワーストーンを必要としないほどに良い暗示ですよね。それでもここでストップしてはいけません。人とのつながり、ひいては社会と繋がることで貢献しようではありませんか。こんなとき、ブルーレースアゲートは人間関係を育むのに役立ちます。あなたのコミュニケーション能力が上がり、さらなる良縁を呼ぶことができるでしょう。

願いを叶えること、考えること(その2)

昨日のコラムでは「ネガティブ系の願い方」では過去からの黒いエネルギーを受けてしまい、将来どころか現在までもがロクなことになりませんよ、というお話でした。

今回の記事ではこの辺り、さらにわかりやすく解説しておきます。

「将来に対する恐怖」は実は過去からのエネルギーだと書きました。

例えば、願いのタイプとして「支払いができますように」があったとすれば、それは「支払えないことによる罰は嫌だ」と言っているのと同じことになります。

これについて影響している「過去」にはどんなものがあるかといえば、もちろん過去に実際に起こったその種のペナルティーが挙げられますが、ことはもう少し複雑、いえ本当はシンプルです。

例えばこれはどうでしょう。

子供の頃に宿題を仕上げることができなかったときのこと。きっと、それができなかったことによるペナルティー(罰)があったでしょう。

これって支払いができないことと、かなり似たようなシチュエーションにあります。恐怖の種類は近似しています。

そして無意識というのは決して「お利口」ではなく、似たようなものは似たようなものとして同じものだとひとくくりにしているのです。早い話、潜在意識は単なる意識であって何の思考力もありません。バカです。

支払い、宿題と同様に、とにかく何かが「間に合わなかった」、そしてそのためにペナルティーが発生した、これらが同じ仲間として現在のあなたに影響していることがあるわけです。

他、これはどうでしょう?「何かを失った」というシチュエーション。

親しい人との別れ、ペットが死んだ、両親の離婚、災害などなど、これらは同じ「失う」というグループのレッテルが貼られています。潜在意識はこれらを同一化しやすく、論理的になど考えません。失うのはとにかく何でも嫌なのです。(ゴミ屋敷の住人は、ゴミを失うのも嫌なのです)

ですから、これらの例、「間に合わない」ことが起こらないように願うこと、そして「失う」ことがないように願うというパターンは、過去のエネルギーが現在のあなたを圧倒してしまうことになりやすいわけです。

もしもこれをお読みのあなたが、ご自身について思い当たるフシがある、と思われるならこれはちょっとラッキーです。

なぜなら「幽霊の正体」が少しでもわかりかけると、それは怖さが軽減しますから。

明日が良いになりますように。

公開日:2016年5月9日 最終更新日:2016年5月9日