アクアマリン・最悪に備えよ/ペンタクルの6/リバース・ 2017年12月25日

アクアマリン(Aquamarine)
アクアマリン(Aquamarine)

アクアマリン・最悪に備えよ/ペンタクルの6/リバース・ 2017年12月25日

うわっと!久々に要注意カードです。
(クリスマスだというのに)

週の最初に幸先が悪いようですが、気分を引き締めて当たりましょう!

ま、ここのところが良すぎた反動みたいな。ある意味で戒め的な。

予定通りには行かないことが起こりそう。

これで大丈夫と思っていたのが期待はずれとか不備の発生。

こんなことが各所で起こる暗示です。

ここはもうそこそこには準備をしておくしかありません。

「最悪な状態」も想定してください。

さて、このようなときにおすすめしたいパワーストーンとしてアクアマリンが良いでしょう。意味としては「心の浄化力」。

アクアマリンについて意味辞典の方ではあまり触れられていない効果に「安らぎを与え、心身のバランスを回復させる」があります。(意外に用途が広いです)

アクシデントに遭遇してウンザリしないようにアクアマリンで備えます。

最悪なことの想定と確率・アクアマリンの働き

今回は「最悪なこと」も想定して準備せよ、というカード。

と言えば、ふと「保険」を思い出しました。

保険は「保険料」を積み立てておけば、万一のときに「保険金」を受け取れるという仕組み。

現在の保険会社というのは、昔の互助会といった利益を生まない相互扶助組織とは異なり、集めたお金の一部を投資に回して利益を得ていますね。

さて、「万一のこと」を考えて保険に加入するわけですが、実際のところ、多くの人が考えるほどには「万一のこと」は起こりません。

起こるには起こりますが、確率論的には考えているほどには「万が一」は起こってないのです。

さもないと、保険会社は利益を出せません。万が一の事態がバンバン起こると、保険会社はすぐに破綻してしまいますから。当然綿密な確率を計算して保険料を計算していますよ。

さて、アクアマリンについて話を振りましょう。

アクアマリンは感情の波を治める効果を持っています。

ジタバタしないで、冷静になれるわけですね。

ですから最悪な「万が一」が起こったとしても、まともな対処が取れるというわけです。

「予期せぬことへの対処」というのは、本当にその人の能力が問われます。

動揺しないで冷静でいるには、その人がいつも「現時点」にいること。このコラムでは何度も出てくる話です。(機会があればまた日を改めて書きましょう)

それから面白いことなんですが、ファイナンシャルプランナーに言わせると、「万が一」の事態に対処可能な資産があるのなら、保険加入は無意味、という話があります。

さあ、週の初めです。引き締まって行きましょう。

どんなことにも慌てずに対処です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月24日 最終更新日:2018年1月27日