タグ別アーカイブ: アメジスト

2017年8月10日 アメジスト・選択のとき/恋人たち

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年8月10日 アメジスト・選択のとき/恋人たち

新たな始まりを予感させるカード。

ただし、これは選択も意味しています。

新しいパートナーシップが現れることもあるでしょうが、そこでしっかりと判断し、どのような縁を結ぶか決定するべきです。

この決定はしっかりと行ってください。チャンスだと思ったら心の声に従って見てください。決定がないところに何も起こりません。

まずは純粋な気持ちを大切にしましょう。

いろんな人との出会いがあったとしても、きちんと判断して交際レベルを決めることが大切。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「少し冷めた目」。冷静になることがこのストーンの基本的は働き。恋愛系で使う例をよく見ますが、これは使い方に注意です。冷静になることから予期せぬ別れが訪れることも。そうだとしてもこれはあなたのプラスになる別れにはなるでしょう。

悪いコントロール、良いコントロール

昨日までに責任とコントロールについて書いていました。今回はさらにコントロールについて続けます。

さて、コントロールにはやはり良し悪しがあるのですが、悪いコントロールは「それがコントロールされていることが知られていない」という場合です。

世の中には「知られていないコントロール」というものがあります。これだと、コントロールされる側には全く選択の余地がありません。

それがコントロールだと知られている場合には、それを是とするかはコントロールを引き受ける側に様々な判断が可能です。ことによってはコントロールを受けるのを拒絶することもできます。

逆に言えば、良いコントロールをしようとすれば、コントロールを受ける側の合意が必要ということになります。

これまでの経験上や社会の問題を見れば、隠されたコントロールがどんなまずい状況を生んでいるか、観察できると思いますよ。(隠されたコントロールには嘘が含まれている場合が多く、それを隠匿する必要もあるでしょう)

探してみてください。

明日が良い日でありますように。

アメジスト・冷静になってスルー/ソードの騎士/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年7月25日 アメジスト・冷静になってスルー/ソードの騎士/リバース

うひゃあ、前回とはうって変わって要注意なカード。

トラブルor立ちはだかる壁!

身近な人がトラブルメーカーになっている可能性も。対人的にはがっかり感があるかもです。

しかしながらこれはクリアできる壁。

今日は心を鬼にして誰に対しても(自分に対しても)心を鬼にして決然とした態度を守ってください。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「冷静さ」。これはもうアメジストの十八番という得意分野ですね。ところでアメジストを愛情系で使うときには要注意ですよ。「冷静になる」ことで結果的に「別れ」の可能性もありますから。(でもその方が良いこともあります)

存在性の具体例

少し前「存在性・行動性・所有性」について優先順位を簡単に説明しました。

ここで最も優先される「存在性」について解説しておきます。ゲームにおいても非常に重要なことになります。

「存在性」とはすなわち自分が自分自身として何者であるかをよく知っていることです。

自分が何者であるか?という問いに対しては状況別に様々にあるでしょう。

例えば、純粋に個人として、次に家族の中で、そして会社などのグループの中でといった具合にです。これらどの範疇(はんちゅう)で考えるかの参考になるのは「生存の多重円」そのままに当てはまります。

そこで、まず最初に考えられるのが純粋に個人として自分とは何かを知ることになります。

名前、身体的特徴、戸籍などを考えるかもしれませんね。しかしそれらは皆、自分の外側にあることを知りましょう。

また、勝者の人格を借りているならそれはすでに自分自身ではありませんよね。(勝者の人格はこのコラムで何度も取り上げていますね)

また、決定を誰かにゆだねるという自己決定がない状態も、自分で自分に責任を取れない状態ですから、存在性としては希薄な状態になります。

ですから、存在性とは自己決定可能で、名前とか身体的特徴など外見的な事柄を抜きにしても自分自身で居られる能力ということになります。

ここで、再びゲームの例えをしておきます。

将棋というゲームがあり、将棋盤の上で自分がひとつの「歩」だったとしましょう。この駒である「歩」が自分を「歩」だとちゃんと認識していなければゲームは成り立ちません。この駒が「歩」か「金」なのかまた他の駒なのか、それがはっきりとわからないとゲームにならないのです。間違ったことをしてゲームがめちゃくちゃになります。というか、負けますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月24日 最終更新日:2017年7月24日

アメジスト・ジタバタしない/吊られた男/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年6月7日 アメジスト・ジタバタしない/吊られた男/リバース

ううむ、端的に良くないです。

ジタバタするのを止めて落ち着きましょう。まずは状況を良く観察すること。

これはもうカードの絵そのままににっちもさっちも行かない状態。ダメなことがわかっていても成り行き上で同じことを続けるハメになっていることも。

また、考えが変えられずに人の話も聞けないような状態で現実を見られなくなっていることもあり得るでしょう。

ジタバタしても無駄にエネルギーを消費するだけです。ここは力を温存しておき、次のチャンスに生かす時。とにかく冷静に、状況を見てみましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「とにかく冷静になること」。もう超おなじみのストーンとその用途ですね。多くを語る必要もないでしょう。また、アメジストは他のストーンの浄化にも使えますから、さざれ石などで持っていると便利ですよ。セレニティアスのメンテナンスキットにも使われているわけです。

アメジストさざれ
アメジストさざれ石

自制心ということ(その2)

昨日に続いて要注意っぽいカードです。そして同じように「自制」に関わるようですね。

要点としては「ジタバタしないこと」ですから、昨日の話に取り上げた「ゴキブリを見て大騒ぎ」といったことの延長上にありそうです。

さて、吊られた男の逆位置では、現実を見る目が曇っている状態と言えます。

それでは現実を見ないで何を見ているかといえば、多くのケースでは「過去」を見ているようです。これは昨日書きました「反応」と同じです。

ダメだとわかっていてもやり方を変えられないといった場合、それはある意味「過去の成功体験」が邪魔をしていることがありえます。

また、実際には危険でも何でもないゴキブリの出現で大騒ぎするのも「過去の何か」が影響しているようです。

いずれにしても、現時点に直面しないで「過去を見ている」状態ですね。

それから脱出できる最も端的な方法は・・・

「必要性のレベルが上がること」

ゴキブリがそこに多量にいたとして、しかし家が火事だとその上をまたいで脱出することを迫られている・・・そんなシチュエーションを設定することができます。ゴキブリ恐怖症などこれで一発で克服できるでしょう。現時点で火事なので、過去など見ている余裕はありませんね。

できるだけ早くに「そんなことしている場合かよ!」と気づかねばなりません。確かに、こんな時にはアメジストの出番でしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月6日 最終更新日:2017年6月6日

アメジスト・落ち着くんだ/ペンタクルの6/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年5月8日 アメジスト・落ち着くんだ/ペンタクルの6/リバース

お久しぶりです。

この大型連休をたっぷりお休みいただきました。皆様はどうお過ごしだったでしょうか。

さて、休み明けしょっぱなのカードはううむ、ちょっと用心というか、あきらめてまたお休みモードのままが良し、といった感じです。

バランスを欠いた状態。事が思い通りに行かず、予想外のアクシデントも起こりやすいです。今日はジタバタしてもどうしようもない感じです。

しかし、同じダメなら万策の準備をしておきましょう。そのために少しでも理性を働かせることが吉。

とりあえず無難に過ごす事だけが目標となっても仕方なし。ドンマイです。もしも最悪の状態になっても受けて立とうではありませんか。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのはおなじみ「冷静さ」です。どんなに悪い事が起こっても、冷静さだけが味方になってくれるでしょう。事に当たれば状況は変化し、そしてまた次の日には異なる状況が生まれるはず。明日、またペンタクルの6/リバースが出ることはないでしょう。

インスタントラーメンの体験

今日はちょっと変わったお話。ジタバタしても仕方ないので単なるお話を書いてみます。

最近のことFacebookでの知り合いが生まれて初めて「チキンラーメン」を食べたことを報告していました。

えっ!あのえらくポピュラーな、昔からあるインスタントラーメンですよ!

その人は、プロのアウトドア系ライターで、昔から世界と飛び回って写真を撮っては単行本も何冊も出し、講演会をしている人です。

何せアウトドアですから、屋外で自炊することは年がら年中です。しかしそこにチキンラーメン」はありません。

そこでふと、その人は「本格アウトドアライター」である、ということを忘れていました。本格的な人は野外での食事もインスタント系は使わないのかもしれません。

そしてその生まれて初めての「チキンラーメン」のお味を尋ねてみましたら「思ったよりも味が濃い」と言っていました。マスコミに出ている人なのであまり細かいことはそれ以上語りませんでしたが・・・・

さて他に、チキンラーメンをご存知ないという人を知っています。

その人はいわゆる皇室に近いところから出た人で(女性)、先ほどの本格アウトドアライターの人と違う意味で「インスタント系」の物を食べたことがありません。その他にもいわゆる「袋菓子」系の物も口にしたことがないそうです。

ま、家柄としてそれは有り得るとは思いましたが、その人は自分でスーパーに買い物にも行き、様々な物を買いますよ。でもインスタント系の物は不思議に、なぜか自動的に手に取らなかったそうです。習慣がなければそんなものなのでしょうか。

しかしそれでも「インスタントのラーメン、これってどんな味?美味しいの?」という興味がわかないのでしょうか?その方が不思議でした。

で、その皇室に近いというその人、さらにそしてもう一人それ系の友人という人(女性)が私の目の前で日常会話をしていることがあったのですが、それはもう本格「ザーマス言葉」であってテレビ見るような誇張したような雰囲気を通りこし、ネイティブな実際の会話ではもう完全に意味不明に聞こえました。そして会話の最後に「ホホホホー」と本当に笑っていました。

日本の中でさえ、ほとんど異文化な何かを感じたひとこまでした。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月7日 最終更新日:2017年5月7日

アメジスト・思い切った行動は不可/ワンドのエース/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年4月10日 アメジスト・思い切った行動は不可/ワンドのエース/リバース

今日は「感情的」になるのはNGです。

先進的な考えがあったとしても、周囲にそれを理解されなかったり、それを無理に進めようとしても障害に遭うことを暗示しています。

自分の力量をわきまえ、思い切った行動を控えるのが吉。

迷ったときには周囲の人の声に耳を貸すと良いヒントが。

ただ、そもそもが先進的な考えを持つことは悪いことではありません。未来を切り開くのはいつもそのような思考ができることにつきますが、周囲の協力を得られなければなかなかことが進まず、余計なエネルギーを使って疲弊してしまいますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「冷静さ」。これはもう何度も登場しているおなじみのパワーストーンですよね。ちょっと落ち着いて状況を確認するべきときなどには思い出して活用したいストーンです。他のストーンの浄化にも使え、大変有用です。必ず持っていたいですね。

看護師の55%が超常現象体験

ここのところ少しヘビーな内容が続きましたのでちょっと一息入れましょう。

カラパイアの記事で以下のものが。

看護師の55%が超常現象を体験していると告白

これはありえそうですね。ただしカラパイアの記事では個々の詳しい例は書かれおらず、とにかく多いパーセンテージを話題にしています。

病院というところで人の生死に関わったり、不思議な力で病気が平癒したりということに関する不思議な体験をする人が多いということなのです。

さて、超常現象というのならパワーストーンを使って何かをなすことも超常現象ではありますが、セレニティアスのお客様に限っては「パワーストーンの力を借りたかもしれないけれど、お客様自身がそれを行った」と思っています。

また、超常現象を無理に現在の科学て解明しようとしてもそれは無理だと思っています。もちろん、現在の知識を持って推定や仮定をすることはでき、幾つかの現象はこれで謎が解けることもあるでしょう。

しかしながら、例えば人の生死についての謎は今の科学のやりようでは到底謎は解けないと思っています。文字どおりの「分析」ではものごとの本質はわからないと思うのです。

例えば、人間をいくら切り刻んでも「心」というのはどこにも発見できません。今の科学でわかっているのは、「心」は脳の働きによることとされ、脳は究極的には電気信号で作動しているというものです。電気信号であるなら、それはコンピュータで再現できますよ。実際に、頭脳労働はAIにとって代わられると言われていますよね。

そこにまるで人間のように思考し、心を持ったAI(すなわちコンピュータ)があったとしましょう。しかし、そのAIには冒頭に紹介したような看護師さんたちが体験したような超常現象は起こせないでしょうね。

AIに対しては、パワーストーンも何の効果もないでしょう。なぜならAIには生命はないからです。

そして現在の科学は「生命」それ自体がなんであるのか、実際には定義できていないと思えます。定義できないものは正確な研究も無理でしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月9日 最終更新日:2017年4月9日

アメジスト・正義のごり押しはしない/正義

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年3月31日 アメジスト・正義のごり押しはしない/正義

このカードは良し悪しそれ自体よりもアドバイスの色が強いですね。

自分自身が正しくあろうとしているのは決して悪いことではありませんが、「正義」そのものの定義は非常に難しいものです。

自分は正しいことをしているのに、周囲の理解が得られないといったことでイラついたりしていないでしょうか。

または自分の正当性をごり押しして余計な軋轢を生んでいないでしょうか。

ちょっと熱くなっていると思ったらすぐにクールダウンしましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「冷静さ」。これはもうおなじみの使い方ですね。アメジストは他のストーンを浄化したりと大変に重宝します。ジオードのかけらの手頃な大きさの物があれば、その上にブレスレットなどを置いてそのまま浄化できます。

またまた難しいかもな「正義」

何が正しいか知ろうとすると、それは簡単な問題ではありませんよね。

各方面で各々が正しいと思っているから対立も起こるわけです。利害の衝突もあります。

が、それでも最善策としては「生存の多重円」でどの分野も生存的でなければならないという大原則を外せないのは確かです。

参考資料ページ:生存の多重円

それから筆者が思いますに、正しくあるためには感情のレベルが高い方がよろしいでしょう。怒りとか恐怖にいる人が正しい判断をするとは思えません。ちなみに、保守的にいる人は自分の生存が維持される程度には正しくあるでしょう。

参考資料ページ:感情のレベル

さてさて、世の中を見渡すと報道番組やネットのニュースなどで思想信条を訴えている場面に出くわすことがあります。特に選挙とか政治に絡んだ場合にはこれがあります。

そこで、登場人物たちの「感情のレベル」をよく観察してみましょう。意外に低いレベルの場合がありますよ。

国会中継を見ていると政敵を倒すための「敵対心」なども大変多いです。また、その政策の根元にあるのが「恐怖」であったり、ことによると「無気力」などという低いものも存在します。

ここで簡単な判定ですが、心底本当は「陽気な人たち」の方が正しいことを言っていることが多いのです。感情のレベルが低い人や組織の方が不合理なことをしているのが普通です。そのような人や組織に会社や国を任せていると、それは当然、時間の問題で滅びます。

これは生存の多重円の性質が持つ自然は結果です。

ちなみに、「類は友を呼ぶ」状態として感情のレベルが近い人同士が集まり、そのような組織を作ります。あなたなら、どんなグループに属したいですか?

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月31日 最終更新日:2017年3月31日

アメジスト・冷静にやり過ごそう/ペンタクルの王子/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年2月23日 アメジスト・冷静にやり過ごそう/ペンタクルの王子/リバース

少しばかり要注意なカードです。

慢心があるとチャンスを失います。

また、世間体とか見栄のために本心でことに当たれなかったりで重要な人物を失ったりするかもしれません。

そのプライドは本当に自分の幸せのためになっているか?そこをよく考えて行動するべしです。

また、分析力や持久力がイマイチな今日はハイリスクな目標に手を出さないこと。

いつものことながら、この種の日にはルーチンワークや掃除などを行ってやり過ごすのは方法。ちょっと我慢して生産性を大きく落とさず現状維持できればラッキーといったスタンスも時には大事です。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「落ち着きと自分を見つめるシビアな目」を得ること。とにかく冷静になろうということですね。ことによっては過去に対するゲームを始めてしまいそうになるところを、客観的な目で現時点を見つめることです。

過去のゲームを戦わないために

ここのところのコラムではゲームと人生について触れてきましたが、今回は一旦その締めくくりとします。

人はいつも何らかのゲーム状態を欲していますが、責任のない状態を望む人には自然にゲームが少ない状態になります。例えば何らかの原因で引きこもっている人がそうなりやすいです。これでは確かにゲームできません。責任も負えません。

そのような人は過去に戦ったゲームをまた始めてしまうことを書きましたが、その「過去のゲーム」について補足します。

ゲームと書けば何か遊びとして軽々しいように聞こえますが、その実態は精神と肉体のサバイバルに他なりません。自分自身の生存を賭けたゲームです。

その人が過去に何かゲームをしていて、大敗を期したとしましょう。例えば大失恋などですね。その人は現時点においてまた新しい恋愛を始めれば良いのですが、そうはせずに「過去の恋愛」と戦います。これがすなわち「過去に戦ったゲーム」をまた戦うという意味です。

過去のゲームを戦う人は、くよくよと後悔します。「あの時こうしていたら、ああしていたら・・・」ね、過去のゲームを戦っているでしょ。

これはまだ自覚的ですが、もう無意識に戦うことがほとんででしょう。理由も気付かぬままに嫌いな何か・・・そんなことが過去の負けゲームの中に潜んでいたります。

さて、その人をとにかく現時点で「ヒマ」にしてしまうと過去のゲームを始めやすいのです。ですから現時点において忙しく新しいゲームを始めるべきなのです。

さて、特に人を過去から現時点に連れてくる方法としてオススメなのが目の前にある物体を直接に扱う作業です。

今回のカードのように「なんとか1日をやり過ごそう」というとき、いつも「掃除などして・・・」と書いていますよね。それってすなわち目の前にある物体を直接扱う作業に他なりません。(だから書いているのですよ)

感情のレベルが下がると、何せ「過去のゲーム」を戦いやすくなります。そうしない秘訣は、とにかく現時点で忙しくしていること、これに尽きます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月22日 最終更新日:2017年2月22日