タグ別アーカイブ: アマゾナイト

アマゾナイト・心を乗り越える/月

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2017年5月19日 アマゾナイト・心を乗り越える/月

これはアドバイス色が強いカードです。
現状を切り抜けることがテーマ。

不安や恐怖心にとらわれていませんか?

または予想していなかった障害が現れたりで心が乱れていないでしょうか?

しかし月のカードが出たとき、これを乗り越えろと言っています。

「心にモヤ」のような霧がかかっているなら、今は静かに「晴れ間」を待つとき。

自分の心を見つめ、ゴールの再確認を。

また心に引っかかる何かがあれば、それに影響されない自分を作るチャンスと思ってください。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトに求めるのは「夢と現実の架け橋」。アマゾナイトは目標達成のためのステップが解らない人にとってもおすすめなパワーストーンです。自分自身とのコミュニケーションというのは多くの人にとって正常でも簡単でもありません。多くのケースでここに問題があります。

心の司令塔

トラウマのようなことがあるならそれを乗り越えるときが来た、とカードは告げているようです。

これ、昨日の延長のような話ですね。

さて、昨日は「自分自身とは何なのか?」という問いを投げかけました。

少なくとも、自分自身は心の主人ではありますが、心そのものではありません。

このあたりのこと、さらに掘り下げて書いてみます。

心は、感情そのものではあるでしょう。笑ったり泣いたり、そして怒ったりです。さらに心は肉体が物理的に得た感覚から快楽や苦痛を感じ取ります。怪我をすれば痛いですし、美味しいものを食べれば喜びます。

このように、心がしているのは「反応」であることがわかるでしょうか?

心がしているのは反応ですから、決して考えたりはしません。

それでは考える「その実態」は何でしょうか?

どうやら、それが「自分自身」のようですよ。

もう少し具体例を書きましょう。

あるとき肉体が物理的にエネルギーを多量に使ったとしましょう。すると「エネルギー切れだよ」という合図を心に送ります。

すると心は「お腹が空いた」と感じることでしょう。

すると、心の司令塔である「考える主体(自分自身)」は「何か食べよう」と考えます。またはことによっては「ダイエット中だからちょっと我慢しよう」と考えます。

このように「考える主体(自分自身)」が心の司令塔として存在しているから心を統制できるのです。

それから、心が反応する対象は、現時点で起こっていることがら以外に過去の出来事にも反応します。(過去の何かを思い出して泣いたり笑ったり、怒ったりできるでしょ)

これは人間以外の動物において顕著に観察され、ある意味それが彼らの生きる術でもあります。(人間ほどには考えられないので心的反応によって生存が維持されることが多いわけです)

さて、以上の説明で考える主体である自分自身が心の司令塔であることが何となくでもおわかりになるでしょうか。

ですから、心にとげ(これはもう全く過去の出来事)があるなら、それを抜くことができるのも「考える主体」である自分自身なんです。

少し長く、難しくなったでしょうか。

それでは良い週末を。

アマゾナイト・あと一歩!/ペンタクルの7/リバース

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2017年3月13日 アマゾナイト・あと一歩!/ペンタクルの7/リバース

リバースに出ていますがメチャクチャに悪くもありません。ちょっとしたアドバイスと思いましょう。

ゴール目前の足踏み状態かも。そうです、ゴールは目前なんです。

ここで将来について思案したり不安を感じているかもしれませんね。チャンスは確かに到来しています。これを真の果実にするためにはちょっと面倒に見えることでも着々とクリアしていくことが必要そうですよ。

不安、迷いにとらわれず、「最後のひとふんばり」を。そうすれば願いは必ず叶うでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトに求めるのは「夢と現実の橋渡し」。自分が持つ可能性を十分に発揮し、秘めている能力を開花していくように働きかけてくれます。頭をスッキリとさせてくれる作用も強いですよ。自分の思考に直接アクセスさせてくれますから考えを即行動にうつしやすいです。

ゴールに到達できない病

今回のカードは「ゴール目前なのでがんばろう!」ということですね。

ところが「もう少しのところで遠慮する」という人がいます。

もし、自分がそうだと思う方がいれば、どうぞ続きをお読みください。

まず、この遠慮病というか、ゴールに到達できない病はややもすると「植え付けられた何か」である可能性があります。その理由は様々にあるでしょうが、これこそが、実は「考える能力」によってクリアできる面が多いのも確かです。

「なぜ私はゴール寸前で遠慮してしまうのだろう」と感じている人がいたとしたら、そこで今回ばかりは踏みとどまり「いや、ゴールしてみせる」と考えてください。

前回のコラムでも書きましたが、何せ「考え」は努力の上位にあって努力そのものをコントロールしていますよ。

三日坊主になる日記を見てください。始めたときには「絶対三日坊主はしないぞ!」と考えたではありませんか!そして四日目に「まあいいや」と「考えた」ではありませんか。

ね、いつもいつも「考え」が上位にあるのです。

そして実は「何かの苦手感」がある場合、これは「考え」だけでクリアできることも少なくありません。不合理な「苦手感」、またはその苦手感について様々に「不合理な」言い訳ができる場合、単に「考え」によってその全てを覆すことができる可能性が大きいですよ。

最後に、ゴールに到達できない病があるのではないか、と感じる人は、今度ばかりは「多少の図々しさ」を持ってみてください。「こんなことをしたら図々しいと思われやしないか」といった心配はご無用です。自分が思っているほど人は人のことを気にしていませんよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月12日 最終更新日:2017年3月12日

アマゾナイト・スタートに向けて準備/ワンドの3

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2017年1月13日 アマゾナイト・スタートに向けて準備/ワンドの3

おお、またまずまずのカードが出てます。

昨日見つけたであろう「今あるもの」を心に留めつつ、次のターゲットに向けて準備を始めるのに良い日です。

心にパッとアイディアがひらめきやすいタイミングが訪れています。今は信じられない夢のようなことかもしれませんが、それが実現しないという理由はありません。スタートさえ切ってしまえばことは動き出すでしょう。

また、過去の人間関係に目を向けるより、新しい出会いを求めた方が良い時期でもあります。

ことによっては現状維持がリスクになることもありますよ。歩みだしましょう!

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト。アマゾナイトに求めるのは「ゴールへの道のりを示してくれること」。夢の実現へ向けてのステップを細分化するサポートです。やりたい事がたくさんあって、どれから手をつけたらよいのか?わからない人にお勧めのストーンです。ゴチャゴチャした頭をスッキリ整理し、自己分析力がアップしますので、チャンスにも素早い対応が可能になります。

認めれば消えてなくなること

昨日のコラムでは冒頭部分に「弱点の克服」について超簡単に触れました。本日はこれをちょっと深掘りしてみます。

弱点克服の秘訣は、その弱点を完全に認めることでした。

完全に認めるということは、すなわち「完全な理解」です。

ある対象を理解すると、それは怖いものでも嫌なものでも疎ましいものでもなくなります。

目標は完全な理解ですが、それはかなり難しいでしょうから部分的な理解でもよしとしましょう。その理解の度合いに応じ、自分が弱点だと思っていたものの作用は減じることになります。

昨日は、これらの点について「嘘」で例えました。

「あるものをあるがままに見ない」ことは、すなわち「嘘」です。

これをたとえて書けば「A」を見たとき、それは「A」でなく「A’」や「B」だと見ることです。これで「嘘」の意味がお分かりでしょうか。

これをさらに例えましょう。

刑事ドラマの犯人がいます。彼は真犯人なのですが、犯行を認めません。要するに「嘘」です。ところがいつしか彼は犯行を認めまますが、そのときに諦めや安堵の表情になるわけです。それは嘘によって存続していたエネルギーがフッと消える瞬間です。

では次に、担当直入に「弱点」に関してはどうでしょう?

例えば、ある人が自分の「背が低い」ことを弱点だと思っているとしましょう。

背が低いということは物理的な比較においてのことですよね。背が低いことを弱点だと思うのは、文字通り「思うこと」であって、背が低いことそれ自体が弱点ではありません。

ですからここでの弱点というのは「背が低い」ことでなくそれが弱点だという「考え」によって弱点にされているというのが正解です。

さて、あとは読者の方にちょっと考えていただきます。

ここに「背が低いことは弱点だ」と思っている人がいて、その人は自分は比較的ではあっても背が低いことを認められないでいるとしましょう。

そして彼がとった行動は「背が高く見える靴」を履くことでした。(昔、上げ底になったシークレットブーツというのが実際にありました)。それは彼にとって弱点の克服のつもりでしょうか。

しかしそれは「嘘」です。

身長を偽る「嘘」ですよね。

その嘘のために何が存続しているでしょうか?自分の背が低いことは弱点だ、という考えです。そしてコンプレックスです。

彼は自分の背が低いことを認められず、「嘘」のエネルギーにいつも苛まれるということになります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月13日 最終更新日:2017年1月13日

アマゾナイト・うかつな行動は厳禁/愚者/リバース

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2016年12月8日 アマゾナイト・うかつな行動は厳禁/愚者/リバース

ううむ、おやおや、昨日は「世界」のカードでゴールを見て、そして今回は「愚者」のリバースで再スタートという感じでしょうか。

愚者のリバースはちょっとばかり要注意ですね。

深く考えずに無謀なことをしようとしているかもしれません。思いつきでの行動は避けましょう。

何かをする前にはよーーく考えしっかり計画を立ててください。

何かしたいようではあるのですが、これを他力本願に任せようとしている感じがあります。要するに責任は取りたくないという態度です。これは自身のなさの裏返しと言えるかもです。

ぼやっとしているとせっかくのチャンスも逃します。また、中途半端な決意ではやることなすことが中途半端に終わります。

このカードを戒めとして自分の考え方や行動を見直すことが大切です。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

とにかく何かゴールに向かおうとしているとき、同時に見るべきは現実です。アマゾナイトはゴールと現実を橋渡しし、ゴールに向かって何をすべきかバランスのとれた行動ができるように促します。

眠れないときの対処法

今回は「戒め系」カードでした。下手なことをしないで、ちょっと休憩するのが良いかもしれません。溜まってしまった未整理の何かを片付けたりということも良いですね。どちらかといえば大人しくして切り抜けるのが良いかもです。

ところで、「眠れないとき」の良い対処方法がおなじみのライフハッカーの記事に上がっていました。

真夜中に目が覚めて眠れなくなったときの対処法

これ、単純で簡単な呼吸法を取り入れています。鼻から吸って口から吐くという簡単な方法です。これだけで神経が落ち着くそうですよ。

他、ちょと不思議な方法をお教えしましょう。

このコラムで何度か触れている「自分の空間を作る」という方法です。
2016年5月23日のコラムをごらんください。
(タイトル:自分自身の空間を作る)

そうですね、できたら先に自分の空間を作り、自分がその空間の中にいる状態にして、それから前述の呼吸法を行うのが良いと思います。

それから、精神的なストレスで眠れないときはスモーキークオーツの出番です。ただし、これは仕事中や車の運転中には使用を控えるべし。本当に眠くなりますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年12月7日 最終更新日:2016年12月7日

アマゾナイト・先に立って動こう!/カップの騎士

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2016年10月26日 アマゾナイト・先に立って動こう!/カップの騎士

うわっ、昨日と同じカードです!

これは順風満帆としか言いようがありません。こうなったら昨日の復習編です。

  • ポイントしては、今取り組んでいることに注力すること。
  • プロジェクトは自分から先頭に立って進める責任感を。
  • 仲直りしたい相手がいたり、告白するなら今がチャンス。
  • これも自ら動いて成果が得られる。
  • 助けてあげられる人には積極的に手を貸そう。
  • 自分から愛情を持って接すること。

さて、昨日はローズクオーツを取り上げましたが・・・

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトは基本的に精神安定に働くパワーストーンですが、心を開いて人と交わることが得意。それがあってコミュニケーションを伴って人間関係にプラスに働きますよ。あらゆる仕事は最終的にコミュニケーションによって成り立っていますよね。アマゾナイトは人の要求を察知する能力を高め、相手にとって何が必要かを知って正しいアクションを起こせるでしょう。

たまには石の話も(その2)なくなる石の不思議

昨日は、川に石を返すという話でした。しかし実際には「なくしてしまった」ということが先にあります。(それでも探さないで自然に返したということですね)

さて、石は不思議なもので、なくなるときにはなくなります。

明らかに落としてしまったという普通のなくなり方もありますが、ちゃんとバッグにしまっていたつもりがどこにもない、というのはよくある話。

逆に滅多にあり得ないと思われますが、飛行機の手荷物に入れて預けていたら盗まれた、という例も。

こんなとき、どうやら一時期はパワーストーンがその持ち主とお別れしなければならない、といった理由がありそうです。

これについては長い間行方不明になっていた石を発見し、それをリーディングすると、なくなっていた理由がわかることもあります。

「ちょっとの間、休憩させてよ」みたいなことがあるようですよ。

個々のパワーストーンとその持ち主との関係によることがありますが、パワーストーンの使い方によってはどうしても使用の限界があります。どんなに浄化やチャージをしっかりしていても、その持ち主のためにはもう働けない、ということもあるのです。

また、持ち主がそのパワーストーンを使い始めたときと、現在の状況が大きく変化していることもあり得ます。

すでに願いが叶っていたとか、願いの内容が変わったといいうとき、そこにあったパワーストーンは雲隠れしたりするようです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月26日 最終更新日:2016年10月26日

アマゾナイト・行動の前に静観しよう/悪魔/リバース

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2016年10月6日 アマゾナイト・行動の前に静観しよう/悪魔/リバース

ううむ、要注意な、かなり要注意なカードが出ています。

どうやら現実に対しての直面力が弱っている感じがあります。

「これはちょっとどうかな?」と思うような、もしかすると良からぬアイディアに引きづらているようなことはないでしょうか?

薄々わかっていながら「悪いこと」に手を出しそうになっていたり、いい加減なことをしてしまいそうになっていませんか?

そんな考えを持ちそうになるのも、現状が停滞気味なことが理由にあるのかもしれません。

停滞から脱出するカギは「静観」にありそうです。行動する前に「この判断で正しいのか」をしっかりチェックしてみてください。

特に自分の意見、価値観を一方的に押し付けることのないように注意です。強引なことはしないこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

ポイントとしてアマゾナイトはコミュニケーションを助けることがあります。心を開いて人と接することを助けてくれるでしょう。相手が何を求めているのか、正しく判断するために最低限は必要なのがコミュニケーションです。相手が必要としていないことを押し付けることもなくなるでしょう。

悪い行いとその動機

今回のカードは、端的に言って「気をつけないと悪いことをしてしまうよ」という戒めです。

そこで今回は「してしまう悪いことと、その動機」について触れておきます。

このコラムではすでに何度か「悪いこと」について触れていますが、今回はちょっと新ネタで迫ってみます。

さて、人は時々悪いことをしてしまいます。

そしてその後にその「動機」を語ります。これは「してしまったこと」の正当化です。その正当化が一般に受け入れられなかったとしても、とにかく正当化が試みられます。

しかしながら、動機がまったくない「悪い行い」ということが実際には多いです。なぜそうなのかと言えば・・・

「魂は傷つかないから」です。

え?、魂は傷つかないって、そう言っても人は怒ったり悲しんだりするんだから魂は傷つくでしょ。と思われる方がほとんどだと思いますが、そうではありません。世の中では「プライドが傷つく」といった表現をしますが、それでもやはり・・・

「魂は傷つきません」

ここで「魂」を正確に定義することは困難ですが、とにかく「魂それ自体があなたの本体」だと思ってください。

じゃあ何が傷ついているのかと言えば、それはまあ「心」でしょう。そして「心の反応」でもって悲しんだり怒ったりしています。魂というのは多くの人が思っているほどヤワではありません。もう一度書きますが、どうやっても・・・

「魂は傷つきません」(あなたが賛同しないとしてもそうなのです)

どうやっても傷つかない魂ですから、魂が悪いことをする動機というのはありえないことになります。誰それに何々された、と言っても傷つかない魂では痛くもかゆくもありませんから。

すると魂は、動機がなくても悪いことをしてしまうことになります。(もちろん過失だってありえます)

しかしながら、その悪い行いの動機を探して正当化する必要性に迫られます。「私は悪くない・・・なぜなら・・・」を探します。いつもいつもこれをしていると言っても過言ではありません。

周囲を見渡して、不平不満が多い人、というのはまあ大体、典型的に「動機を探している魂」と思って良いですよ。これは大きな苦しみであり、自分で自分を阻害しているような状態です。

これってろくでもない悪循環にはまり込みます。動機なく起こした悪いことに関してその被害者が今度はもっともな動機を持って悪いことで応酬しますよ。

さあ、この悪循環から抜け出す方法は・・・

自分がした「動機なき悪いこと」を「しっかりありのままに見ること」です。

実際にどうやるか?

まず「あなたに対して悪いことをした誰か」を探します。当然、あなたはその人のことを良くは思っていないでしょう。あなたはその人に対して悪いことをしても良いかもしれないという「動機」を持っている状態です。(その誰かがあなたに対して本当に悪いことをしたのかどうかは問いません)

何人でも良いですからそんな誰かをどんどん探します。もしかしたら親兄弟、親戚一同、同級生、会社の同僚や上司、部下などなどピックアップできるでしょう。

そうしたら、それらの人に対してあなたが「動機なくやってしまった悪いこと」をきっちりありのままに見てください。

後付けで「動機」を作ってはいけませんよ。あなたが動機なしにした悪いことについてきっちりと思い出し、ありのままを見ます。

本当にありのままに見ることができたら・・動機を探すことをもうしなくなれます。

きっちり見ることができると・・それは消えてなくなりますから。

もしこれができたら・・・超楽々になりますよ!

PS:

「どんなことがあっても魂は傷つきません」ここだけでも覚えてくださいね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月5日 最終更新日:2016年10月5日

アマゾナイト・理想を高く掲げよう/世界

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2016年7月20日 アマゾナイト・理想を高く掲げよう/世界

「世界」。これは!すごいカードが出ています。これはほとんど最上級でしょう。

このブログページには500本以上の記事がありますが、初めて出たカードです。

カードは全部で78枚。普通の確率で言えばもっと出ていてもおかしくないわけですから、単なる偶然とは思えません。

さて「世界」のカードが意味するのは「完成、達成、願望成就、解放、調和 etc」。

今目の前にそれが現れていないとしても、あなたはその目標に突き進んでいるはずです。

様々な方面からの援助もあり、才能を発揮できる暗示でもあります。

ここしばらく取り組んでいたことがハッピーエンドの形になって訪れます。ここから先は更なる「理想の追求」を念頭に行動しましょう。

前例がないことでも臆することはありません。天が味方をしています。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトに求めるのは「理想と現実の差し渡し」です。理想は思い描けるわけですが、それを実行に移すには目の前にある何ものかを右から左へと動かす必要があります。そうして現実の宇宙に理想を出現させることができるわけです。このあたりの働きは意味辞典の方では触れられていませんね。

頭を良くする方法はあるのか?(続き)

前回のコラムでは「頭を良くする方法」について簡単に触れました。今回はその続きとして別な観点からトレーニングを紹介しましょう。

まず、IQアップにはコミュニケーションの能力アップが望まれます。

コミュニケーションと言っても、ここでは単に人と人が意思の疎通を図るだけのことではありません。

ここでいうコミュニケーションは五感(またはそれ以上)を動員して、外界にある何ものかを知ることを意味します。

例えば「触る」ことによってそれが何かを知ることがあります。指で様々なものを触れることができますが、触れた感触によってそれが何であるかを知ることができるでしょう。もちろん、見ることによってそれが何かを知ることができるでしょう。ここでいうコミュニケーションとはすなわち第一段階の認識力とも言えます。

しかしながら、これらの五感はかなりの度合いで「くもり」が入っており、思っているほども明瞭ではありません。

これらの感覚は、観察力や理解力の元になっているわけです。ですから「感覚の明瞭さ」はIQとも密接に関係します。対象となるものを正確に把握しないでは、答えが狂う、すなわち低いIQとなるわけです。

それでは以下に、対象物とのコミュニケーション能力を上げるトレーニングを説明します。

まずは、数々の「名詞」をピックアップします。

例えば、机、ノート、鉛筆、時計、車、靴、家、橋、山などなど、もうありきたりの名詞で構いません。50かそれ以上はピックアップします。紙に書いておいてください。

次に、これらのものの一つを選び、それをモックアップします。モックアップとは、このコラムに何度か出ていますね。その像を心に創造し、まるで目の前にそれがあることを意識することです。

例えば「机」。これをモックアップします。

この時のモックアップは現実に存在する机である必要は全くありません。必要なのはあなたがモックアップする机です。

次に、あなたはそのモッアップした机に「なってください」。

そうです、その机にあなた自身が「なる」ことを創造(想像)します。
(なっている振りをする、でも良いです)

それができたら次のアイテムに行って同じことを行います。

これを気分が良くなる、または楽しくなるまで行います。

次の段階ではピックアップした名詞の何かが動いている状態でモックアップし、そしてそれに「なります」。

転がっているりんご、動いている自動車などなど、山は簡単には動きませんが、「噴火している山」であれば動いていることになります。

人によってはモックアップの段階でうまくいかないこともあるでしょう。また、「それになる」というところでつまづく人も少なくはないでしょう。

「それになる」ということのヒントですが、子供の頃、自分は人間でなくて「他の何か」になる振りをする遊びをしたことがありませんか?

さらにヒント。

ロボットになる、これはできますね。ロボットの真似をして遊んだ人はいるでしょう。で、そのロボットが燃料切れて静止した状態の真似です。そうなるとロボットだろうが金属の塊にすぎません。ここであなたは金属の塊の振りをすることはできるでしょう。

だったら、ロボットの形をしていなくても、金属の塊の振りをすることはできるでしょう。ほら、だんだんと「何かになる」ことができるように思えてきませんか?

「何かになる」ことはすなわち、その対象物と完全なコミュニケーションをとることを意味します。

もしかすると、ある人は、ある名詞のものになることが大層いやだったりするかもです。多分、その人はその物とコミュニケーションは図れず、理解不能だと思います。さらには、それと似た何かについても同じ反応を示す可能性が大です。

PS:

人と人とのコミュニケーションについても触れておきます。完全にコミュニケーションをとりたければ、あなたは相手の人に「なる」ということが必要ですよ。

ほらね、嫌いな人には「なれない」(またはなりにくい)でしょうから、コミュニケーションを取れないでしょ。

こんな仕組みです。

それでは良い一日をお過ごしください。

公開日:2016年7月20日 最終更新日:2016年7月20日