カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

グリーンアベンチュリン・セルフコントロール/力

グリーンアベンチュリン
グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)

2017年6月23日 グリーンアベンチュリン・セルフコントロール/力

今回は良し悪しよりもアドバイス色が強いカードですね。

現状として難しい状態に立ち向かっているのかもしれません。それがどのようなことであるかにかかわらず、精神的な力を要求されることは間違いないようです。

単に「力」を持ってことを圧倒する形では解決は難しいのです。「力」を使うことはそれだけ反作用が起こるのは道理です。

小さな「力」で大きなことを動かせる日ですよ。

「力まかせ」ではなく、自分の力量をきちんと知った上で落ち着いてじっくり取り組むべし。忍耐は必要です。

肩の力を抜いて行きましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーンアベンチュリン

グリーンアベンチュリンに求めるのは「安定した精神」。基本的にストレスを緩和するストーンです。イライラ感を取り除き、精神的な余裕を与えてくれます。そしてさまざまな物事を「寛大な心」で受け止められるようになり、精神状態が安定してきます。

パワーと精神

今回のカードは「力」に関するアドバイスのようです。

世間では「何々パワー」とか「精神力」といった表現で「力」の存在を認めています。

とりもなおさず、何かを成そうとするとそこに「力」が必要と思うのも無理はありません。

「力」はすなわち「エネルギー」ですね。何かにつけて「エネルギー」を使うことを余儀なくされるのがこの世での生活だと思ってしまいます。

しかしながら、エネルギーを全く必要としないことも沢山あります。

例えば「モックアップ」です。

モックアップはこのコラムでも再三取り上げていますよね。ごく簡単に言えば「想像」です。

一例として「赤い車を思い浮かべる」ということをすると、それは「赤い車をモックアップする」と言います。

そこで!赤い車をモックアップするときにエネルギーは必要でしょうか?

必要ありません。

「そうかなあ、本当かなあ?」と思われたでしょうか?

それでは試しに、その赤い車を100台モックアップしたら・・・

できる人にはわかると思いますが、1台だろうが100台だろうが元からエネルギーは使っていませんから疲れることも何もなく100台の車をモックアップできます。

これが工場だとか紙に絵を描くといった作業だと100倍のエネルギーは必要でしょうが、モックアップはもとよりエネルギー不要です。

このことを少し一般化して言いますと、「精神活動にエネルギーは必要ない」ということになります。

実のところ「何かことを成すには必ずエネルギーが必要だ」と思うのは、ある意味で「罠にかかった」状態です。

「これこれをするためには何々がない、だからできない」これって何かができないときに必ず出てくる話です。

「何々をしようにも、エネルギーがない」こう言っているわけです。そしてこれはこういう「思考」ですよね。

ところが思考それ自体はモックアップと同様にエネルギーが必要ありません。(モックアップはほとんど思考とイコールです)

何かを成そうとするとき、元はと言えばエネルギーが全く必要ない「思考」からスタートしています。確かに最初の一歩はエネルギーは不要なのです。

ここまでのお話、飲み込めるでしょうか?

じゃあ、「エネルギーをモックアップする」ことはできるでしょうか?

答えを書いてしまいますが、「エネルギーがない」ということの「罠」に落ちないでいる人は、エネルギーをモックアップできます。

明日が良い日でありますように。

マンガンカルサイト・発展と前進・解決/カップの3

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年6月20日 マンガンカルサイト・発展と前進・解決/カップの3

おお!昨日の延長上にあるような、これまた良いカードですね。

問題があるならそれが解決しそうです。それだけでなく、周囲からの応援もあってあなた自身の社会的地位の向上といったこともあり得るでしょう。

まさに喜ばしいことが起こる予感です。

本当にそうなったときには正直に喜びましょう。そして周囲の人にも感謝の気持ちを伝えてくださいね。

そしてあなた自身が誰かを支援するように心がけてください。そうすることで得られる人間的な成長もあります。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「愛と喜びを周囲にも伝えること」。いつも愛用していると「愛すると言う事は、あるがままを受け入れるという事」という教えが、心に刻まれるようになります。「愛」には、思いが報われるか?などの「見返りを求める愛」だけではなく、ただ「与えるだけの愛」という形もある事を教えてくれるストーンです。

錯覚と思いこみの体験を語る

今回も手放しで良いカード。ですのでこのコラムもまた脱線とします。

筆者はたまに「ノンアルコールビール」を飲みます。アルコールが入っていませんから、酔うわけはないですよね。

しかし、なぜかアルコールが入ったように気分になります。これは本当に錯覚としか思えません。ビール的な味の飲み物を飲むと、アルコールがなくても酔っている気分になってしまうようなのです。

皆さんはこれと似たような体験がないでしょうか?

次、思い込みの体験を書きます。

昔、仕事で時折は飛行機での移動がありました。機内サービスでソフトドリンクの提供があり、私は紅茶を頼んでいました。

そしてある日の飛行機でもこのソフトドリンクのサービスが始まります。するとなぜか「おべんとのお汁がこぼれた」ような匂いが・・なだろうなあ、飛行機の中でこの匂いは?と思えました。

で、私のところにサービスが回ってきてカップに入った透明褐色の湯気が出る液体。「紅茶」だと思いました。(なぜかコーヒーなどの選択問い合わせなし)

そしてそれをひと口飲んで思わず吹き出しそうに。その紅茶、塩辛いのです。

そして隣の人に「ねえ、この紅茶、何でしょうね?」と聞いてみると「え、紅茶なんですか?、私のはコンソメスープですが・・・」

あ、コンソメスープ・・・あ、そうか、そうですね。

最初に匂ってきたお弁当臭は、コンソメスープだったんですね。

勝手に紅茶と決めつけていたのでコンソメスープの味がまったくわかりませんでした。いや、確かに、普通にコンソメスープなのです。私が勝手に紅茶だと決めつけていました。

いやー思い込みと錯覚は怖いですね。

ん、もしかしたら、人生は全てこういうことで出来上がっているのではないかと思うとぞっとしますよ。

明日が良い日でありますように。

モルガナイト・そのこだわりが役に立つのか?/死神

2017年6月16日 モルガナイト・そのこだわりが役に立つのか?/死神

はい、出ました死神。

なんとも不吉な響きですが、悪いことが起きるといった意味に取るのは間違いですね。

ガラリと自分自身が変わるべきときであることを暗示しています。

「ある一つの関係に、自分でピリオドを打つ日」と思ってください。

ダメ、ムリを承知でやり続けても良い結果にはなりません。これまでのやり方、考え方ではもう行き詰まっているのがわかっていませんか?

自分のために「バッサリとリセット」することを考えてください。

新たな気分でスタートしましょう。

リセットするためにはまず自分自身の執着に目を向けましょう。一度こだわりを捨てて全く別な観点から物事を見ることをしてみましょう。

現状のままで何とかしようとするとそればかりにエネルギーを浪費するばかりで全く進展は望めないことになるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはモルガナイト(意味辞典に未記載)。

モルガナイトに求めるのは「執着心を手放すこと」。根本原理にあるのは「自己との対話」と言えるでしょう。自分は何にこだわっているのか?それには意味があることなのか?それが本心なのか、自分の心に対面する能力を上げましょう。

執着心を考える

今回のカードはとにかく手放せということですね。

これはもう仏教上の教えとしては「執着すること」が苦しみの元であるのは明らかです。

それから思いますに、キリスト教の教えとしても「神に委ねる」ということが挙げられます。これもある意味、自分自身の執着心を捨てることではなかったでしょうか。

ま、そうは言っても簡単にはできないかもですよね。

また、この執着はまったく無意識に働いていることも多いでしょう。ほとんど催眠術です。幼い頃の教育とかも関係するかもしれません。厄介なのは自分の考えでなく、誰かに植え付けられた何かに執着していることでしょう。

または、ある欲求を満足させるためにしている「人の人格を借りること」です。これは大概は身近な家族が多いです。多くの場合、両親や祖父母、兄弟の人格を借りていることが多いです。

人によってはそれに気づいていて、「この変な執着は自分自身のものでない、とにかく何か嫌だなあ」感じていることもあるものです。

そこで、モルガナイトなど「自分の心と対話する」系のストーンが役立ちます。また、ストーンがなくとも自分の心に素直になってみることはおすすめです。

まずは、自分の中にある「不合理」と思われる執着にスポットライトを当ててみましょう。「正直言って嫌なのに、どうしてもそれをするように突き動かされる」といったことが発見されることがありえますよ。

さてそして、この執着を捨ててみるかと思いつつ、それができない・・・という場合もあるでしょう。ま、これがいわゆる「所有性」の問題につながりますが・・・

でもちょっと思い出してみましょう。

かつてはあんなに熱狂していた「これこれ」なのに、今はもう飽きてしまってもう忘れている何かが・・・そんなことってありませんか?

実際には、多くの人が執着やこだわりを知らず知らずに捨てていることってありますよ。

明日が良い日でありますように。

ブラウントルマリン・バランスによって成り立つこと/節制

2017年6月15日 ブラウントルマリン・バランスによって成り立つこと/節制

ちょっと昨日の延長という感じのカード。

調和して穏やかな状態の日。

自分の幸せ、喜びを周囲にも分けよう。そうして全体的なバランスに気を配るともっと良い状態になれます。これは現在安定している人に対しては大変大切なことですよ。

また、現状として安定と節度が保たれた考えができることもあり、かつての問題が解消に向かう暗示があります。

このようなときにオススメのパワーストーンはブラウントルマリン(意味辞典に未記載)。

ブラウントルマリンに求めるのは「バランス感覚」。様々な物事に対する「バランス感覚」を強化し、かたよった考え方を改善し「何をどうしたいのか?」をキチンと考えさせるようにサポートするストーンです。このことは自身の健康をも左右する大切なことですよ。

バランスの良い決定をすること

何せ、この宇宙全体がバランスによって成り立っていますよね。

そしてこのコラムに何度も出てくる「生存の多重円」としてどこのレベルにも突出しないで全体としてサバイバルできることを念頭に置いた選択だけが、この惑星全体を生存させることができます。

生存の多重円(生存の包含関係)

そして、この多重円のどこか一つだけに益をなし、他の円に害をなすことを「罪」と呼びます。

文明と自然科学、人文科学が発達するに従って、判断の仕方はより的確になっていくことが期待されます。かつて滅びた文明にいた人々よりも現状の私たちの方がきっと知識が多いことでしょう。

さて、途方もない話になっていますが、多くの人は多重円の中で自分、家族、グループといったレベルでしか考えられないことが多いです。どのレベルの円が貴重ということはありません。どのレベルも同じだけ大切です。

それだけに、現実には非常に難しい判断を迫られることにはなっていると思います。

知識がある分、それだけ責任は大きいということです。

「責任なんて嫌だなあ」と思いますか?

いえいえ、責任が大きいほどに自由も大きいのです。

日本で、多くの人が責任を放棄してしまっているがために、選挙の結果何が起こっていて、私たちの自由が狭められてきていることにお気づきでしょうか。

明日が良い日でありますように。

ブルーフローライト・自分の心に聞いてみよう/ペンタクルの4

2017年6月14日 ブルーフローライト・自分の心に聞いてみよう/ペンタクルの4

おお、久しぶりに良いカードですね。

物事は順調に推移しそうです。そしてあなた自身は今までに築いてきたことを守ろうとする気持ちが強くなっている状態を暗示しています。

ところがその一方、何か大きな話が舞い込んでくる可能性も。この話に乗るべきかどうか?判断に迫られることがあるかもです。

今の場合、周囲の人がどんな発言をしようとも、「自分の気持ち・考え」を優先すべし。カードはそのように告げています。

これは言わば責任を負うことを示唆しています。どんなことも最終的に自分で決定すること。これが責任です。そうすればどんな場合にも悔いが残らない決定になります。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーフローライト(意味辞典に未記載)。

ブルーフローライトに求めるのは「自分の本心との対話を助けること」。ブルーフローライトは基本的にコミュニケーションを助けるパワーストーン。コミュニケーションというのは人対人だけでなく、自分自身の心に対することもあり、もちろん、自分と外の世界全般にも関わっています。すべての回答は良いコミュニケーションの結果にあります。例えば、ある機械がうまく扱えないとき、その機械とあなたのコミュニケーションがまずいというわけです。

ちょっとした運動が幸せを呼ぶ

おなじみ、ライフハッカーよりちょっとした記事です。

「ほんのちょっとの運動」でも幸福度は上がる:調査結果

なるほど、ささいな運動、例えば座り仕事をしている人がオフィスの周りを5分歩くだけでも健康への悪影響を緩和できるそうです。

わざわざ、「運動だ!」と言ってジョギングしてみたり、ジムに通うほどのことをするまでもなく、本当にちょっとしたことで効果テキメンなようですね。

それで思い出したのが「ラジオ体操」。

この運動、実は年配者が日常的に怪我をしないことに一役買っているそうです。

それは、ラジオ体操というのは日常的にあまりしないような動きが多彩に存在するため、いざ転んだ時にとっさに動けるような筋肉とその反射を鍛えておくことになっているそうな。そして実際、毎朝ラジオ体操をしているグループの年配者では怪我が少ないそうです。

確かに、子供の頃にしていたラジオ体操について、なぜこんな「日常でしないような動きなんだ、意味あるのかな?」と不思議に思っていました。

ラジオ体操が開発された当時、そんなことを考えながら作ったとは思いにくいのですが、思わぬところで役立っているようですね。

セレニティアスの仕事では、本当に座ったきりのことが多いです。気をつけて率先して散歩などするようにしていますが、これで良かったのですね。

明日が良い日でありますように。

アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年6月13日 アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

ううむ、ちょっと注意なカードですね。

もっとも良いと思える考えでも、他人にとっては理解しがたいこともあります。

これを無理に推し進めようとしても大きな壁が立ちはだかることでしょう。

本当に自分が正しかったとしても、自分だけで突き進むのはかなり困難です。

今日は「感情的になったら負け」。

周囲の人たちの声に耳を傾け、ムチャな行動はしないこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を正しく理解すること」。情報を正確にキャッチすることができるようになります。この働きは人間関係の改善にも役立つことになります。また特定の人に対する苦手意識を正すことにも使えるでしょう。

理解を得られる方法を考えよう

本日のカードは「人に理解されないことは実行が難しい」とアドバイスしていますね。

これ、すでにこのコラムで幾度となく触れている「理解の三角形」の知識を持って改善できる部分があります。(というか、多岐に渡って応用可能)

理解の三角形

わかりやすくするため、ちょっと極端な例をあげましょう。

アポロ計画によって人は月に立つことができました。しかしこの計画の最初には多くの人が「そんなアホなことできるのか!?」と思ったことでしょう。これを「人に理解されない」という状況のサンプルとします。

次に、新しく「火星に人を送る」という計画が持ち上がります。これについてある程度の人は「ううむ、月に行けたのだからなんとかなるかも」と思うかもしれません。

後者の場合、アポロ計画で実証された「宇宙旅行」についてある程度のリアリティがあり、「理解」が進むわけです。

「愛情」「リアリティ」「コミュニケーション」これら三つのどれかを大きくすることで「理解」は向上します。

そしてまず「コミュニケーション」が最も大きな要素にはなります。

相手とどのようにコミュニケーションを図るか、相手に対して愛情を持ち、愛情を持ってもらい、そしてどうやればリアリティを得てもらえるか、これを考えましょう。

前例がなかった時代のアポロ計画は、かなり大変だったと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・挑戦の覚悟を/戦車

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年6月12日 ソーダライト・挑戦の覚悟/戦車

うわっ!週の初めとして十分に挑戦的なカードが出ました。

これまでに抱いてきた夢に挑戦する日。

やりたいことがあるのに、あれやこれやとできない理由を挙げて躊躇するのはもう終わりにしましょう。

自信のなさを嘆くより、小さなチャンスでもモノにする!という覚悟を持ってください。

想像による不安に負けず、立ち向かうべし。

そもそもが簡単にできることなら何も挑戦など必要ないのです。困難があるからそれは「挑戦」と呼ぶのです。

このカードは「自分に負けるな、突き進め」と言っていますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「恐怖心の克服」。不安感・恐怖心などを取り除き、精神的な混乱状態を安定させます。と同時に冷静な思考回路と判断力を強化し、今やるべき事にだけ神経を集中し、力を注ぐように促してくれるストーンです。

恐怖と反応の再考

人が恐怖を感じるというのは、かなりのケースで反応的です。例えば「ヘビ」を見てぎょっとして警戒する、といったことは典型例ですね。

それから、過日このコラムで書きました「ゴキブリ」に対する反応です。

ゴキブリに対して恐怖を感じるのはあくまでもナンセンスなことではありますが、恐怖は基本的に自分の身の危険に関して起こる感情でしょう。

そして恐怖の中に「反応」と論理的な場合との二種類があるようです。

前述の「ヘビ」に関してはまあ「反応的」。一方、例えば飛行機に搭乗していてエンジンから出火したとしましょう。この場合はまあ「論理的」な恐怖ですね。そして同じ飛行機の例として、とにかく飛行機に乗るのは怖い、と思う人もいるでしょう。こちらは「反応」です。ヘビ出現の恐怖に似ています。とにかくヘビはイヤ、というのと同じ種類になります。

ここで、論理的な恐怖を感じる場合、元が論理ですから考え方を変えるだけで恐怖を克服することが可能な場合があります。

逆に意外に手強そうに思われるのが反応タイプの恐怖でしょう。ヘビが怖いとか、ゴキブリが嫌いとか、飛行機に乗りたくないというのは論理を超えてしまっています。まるでDNAが持っていそうな根源的な性質といった感じさえします。

さてところが、非常に非常識なことを書かいてしまいますが「反応タイプの恐怖」についても、実はこれを克服することは可能です。

きっと見たことがある人がいらっしゃると思いますが、例えば「ヘビ恐怖症」を催眠術で抑えるといったことができます。(たとえ一時的にでもですが)

ただしここで決して催眠術を推奨しているのはありません。(実際に存在する現象として書いているだけですので。)

催眠術で「自分を騙せる」のであれば、どこかにコントロール可能なメカニズムがある、ということになります。

さて、細かいことを書いているとボリュームが増えすぎますので、結論を書いて終わろうと思います。

「どうしようもないと思っている反応的恐怖心も、実際にはコントロール可能」

そしてそれは催眠術など使う必要はありません。

逆に、きっちりと目が覚めた状態でいることによって反応はしなくなります。

反応的な恐怖を克服できないと言って嘆くことはりません。こんなとき、ソーダライトは確かに役に立ちますよ。

明日が良い日でありますように。