カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

モスアゲート・今日は小休止/吊られた男/リバース

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2017年3月24日 モスアゲート・今日は小休止/吊られた男/リバース

はいはいはい、久しぶりに本格「おやすみ系」。ジタバタしてはいけません。

ま、正直言って苦境です。うまくいきません。

しかしながら、これに逆らってみてもますます状況は悪化しますよ。戦う方向を間違いやすく、正しい標的を見失いがちです。

ここは一度、行動や思考を止めてリセットしてみましょう。ちょっと冷静になって抵抗を止める余裕を持ちましょう。

下手にもがかず「流れ」に身を任せる方が吉。

この際ですから、小休止してみましょう。何か楽しいことでもして気分転換をしましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート

モスアゲートに求めるのは「自分の本心の声を聞く」。基本的に自問自答を迫ることになりますが、これは他のストーンにはあまり見かけない性質ですよね。ことによっては自己反省を迫られるわけですが、単に自己否定することなく、素直に自分を見つめてくださいね。

誰かを悪し様に言う人のメカニズム

本日は国会で少しばかり特殊な証人喚問(しょうにんかんもん)ということをしておりました。その証人になった人、尋問に当たった国会議員にかなり悪し様に言われていました。偽証していると糾弾している勢いです。

ところで、このコラムでは何度か書いている以下のことを思い出してください。

「誰か(何か)を悪し様に言う人は、その人自身が先に罪を犯している」

身の回りや社会を見てこの現象が起こっていないか探してみてください。

まずは、誰かや何かをとにかく悪し様に言う、という状況を見つけましょう。

単純に言えば「ヘイトスピーチ」などがこれに当たります。

で、何でその人は誰かや何かについて悪し様に言わなければならないのか?それは自分が犯した罪の動機を探さねばならないからです。

めちゃくちゃにシンプルなメカニズムです。

これをヘイトスピーチを例に挙げて説明します。

まず、ある人がある日「いわれなき差別」をしてしまいます。
その人は、「わ、いけないかも、差別をしてしまった」と思います。
そして「その差別を何とか正当化しなれば」と思います。
(この正当化で自分の罪を消そうと思う)
その結果、その人は「奴らが悪い」と叫んで回ることになります。

簡単ですよね。

身の回りで「誰それが悪い」と叫んで回っている人を見たら、まずはその人自身が先に犯したであろう罪を推測することができます。

明日が良い日でありますように。

ガーネット・心配無用そのまま続行!/ワンドの3/リバース

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年3月23日 ガーネット・心配無用そのまま続行!/ワンドの3/リバース

リバースで出ていますが心配ご無用。(良いカード続きですよ)

現状に不安を感じる部分があるかもしれませんが、心配は不要ですよ。

「あなたは正しい」です。自信を持ってしていることを続けてください。後になって必ず「あれは間違っていなかった」と気づきます。

これはある意味、自分自身への信頼を試されているようなところがあります。悪魔のささやきに耳を傾けてはいけません。

信念に基づいて行動していれば、問題は解消されることを暗示しているカードです。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「持久力」。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

このあたりのこと、意味辞典の方には触れていませんね。

科学が実証する、子どもを「幸福感の強い人間」に育てる方法

今回はおなじみのライフハッカーより役立つ記事を取り上げます。

参照記事:科学が実証する、子どもを「幸福感の強い人間」に育てる方法

記事内容におおむね賛成です。

これは親としてどう子供に接するかだけの問題ではなく、人間同士の一般論にも当てはまる部分が多いのではないでしょうか。

子育てに近い状況としては上司として部下を育てるということにはそのまま応用できる部分もあります。

もちろん、パートナー、友人どうしにも役立つ情報だと思います。

それから付け加えることがあるとすれば、このコラムで何度も書いています「コミュニケーション」の法則を確実に取り入れて欲しいと思います。

その人と「理解の三角形」を大きくしようと思うなら、コミュニケーションは正常に保つ必要があります。親とか上司としての立場であれば、相手からの問いかけには「必ず」答えることが大切であって、宙ぶらりんで放置は厳禁です。

理解の三角形

逆に、子供として親とうまくやっていこうと思う時も同じ、相手の問いかけに対して必ずやレスポンスしましょう。

理解の三角形を随所に適用し、そしてコミュニケーションを図りましょう。それだけでも問題のかなりな部分は解消します。

ちなみに、「民事裁判」というのは、理解の三角形が最小になり、コミュニケーションが破綻した時に起こります。

参考記事:2017年3月6日のコラム(コミュニケーションの法則)

明日が良い日でありますように。

プレナイト・うまい話に要注意/星/リバース

2017年3月17日 プレナイト・うまい話に要注意/星/リバース

うん、ちょっと注意なカードです。

それでも心配には及びません。普通の感覚でいさえすれば災難に遭うこともないでしょう。

あまりにも「美味しい話」には用心です。

相手の口車に乗せられないよう、得た情報を十分に吟味しましょう。

また、あなたの目標がそもそも「自分自身のものでない」ということはありませんか?

誰かが敷いたレールに完全に載っているとしたら軌道修正のチャンスと思ってください。

誰かの言いなりになって自分自信の判断が不要であれば、それは確かに「責任」のない状態ですが、それは同時に「自由」のない状態なのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「真実を探す能力」。思考回路を明瞭にし、自分の願望達成のために「必要な情報」だけを選び出す能力を強化してくれるストーンです。「真実を見抜く目」を養うサポートもしてくれるので「何が正しくて、何が違うのか?」を知るための手助けになるでしょう。

怪我をした時に忘れずにすることは・・・その2

前回のコラムでは「怪我の回復を助ける方法」を書きました。

これがどういう意味なのかを解説しておきましょう。

まず、人が怪我をすると、それが小さな怪我であってもごく短時間には「無意識」状態になりやすいのです。

小さい火傷などで「熱っ!」と手を引っ込めて水で冷やそうと思いつくまでの瞬間、この短時間にも無意識が発生しています。

この「無意識」状態だと五感で感じているすべてが「イコール」の状態で記憶されます。

火傷の痛み、目の前の熱いナベ、ガズコンロ、テレビ番組のアナウンサーの声、「おっちょこちょいだなあ」というパートナーの台詞。

これらのことが一気にごちゃまぜに記憶入って未整理状態となります。

こうなりますと、あなたの中では「おっちょこちょいだなあ」という台詞と火傷の痛みが結びつき、「おっちょこちょいだなあ」と言われるたびに治ったはずの火傷が痛むという刷り込みが発生します。たとえ痛みが発生しなくても、嫌な感じがするという程度のことは起こりやすいのです。もちろん、ナベも嫌いになり、ガスコンロも嫌いになるといったことになります。

そこで、その火傷をしたシーンを再現するということは、この場面を客観視することに他なりません。一緒くたになった記憶をきっちりと整理することです。

そして怪我というのは誰も嫌なので、その痛む部分とのコミュニケーションを遮断する傾向にあり、それがなおさら怪我の治りを遅くする原因になります。

そこで怪我のシーンの再現によって体の痛む部所とのコミュニケーションの回復も図れるということです。

さて、上の記憶のごちゃごちゃは程度の差こそあれ、多くのケースで発生します。

そして本当に長い時間の無意識状態になるような大怪我とか麻酔による手術など、その期間は無意識状態のはずなのに記憶されていることがいっぱいあることがわかります。

できれば、その無意識状態に周囲で何が起こっていたのか、そのごちゃごちゃな記憶を整理することは大変有用です。

明日が良い日でありますように。

ブルーカルセドニー・チャンスは無限/カップの王子

ブルーカルセドニー(Blue-chalcedony)
ブルーカルセドニー(Blue-chalcedony)

2017年3月14日 ブルーカルセドニー・チャンスは無限/カップの王子

おや、これも良いカードでしょう。

ただし、未来に対しては未知数であることも理解しておきましょう。

希望に満ち溢れたスタート地点にいます。想像力や直感が働きやすい時期ということもあり、特に芸術性やアイディアが重要な分野では才能が大きく花開く可能性が大。

愛と豊かさを得るために「スタート」する日。自分が手にするものを周囲の人にも分かち合うように行動することが大切。

そして望む未来を得るためには真剣な取り組みが大切ですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーカルセドニー(意味辞典に未記載)。

ブルーカルセドニーに求めるのは「心の柔軟性」。物事に対しての「許容範囲」のレベルを最大値まで引き上げる作用を持つストーンです。その作用は「自他」を問わず発揮されます。極端に相対するモノまでも受け止められる能力は大きければ、大きいほど、その身に吸収できるモノが無限に増えてきます。

カルセドニーグループの一般論はこちら

誰にもある考えの柔軟性そして決定の大切さ

前回までのコラムで「考え」が持っている性質について書いてきました。「考え」は努力やパワーの上にあり、それらを完全に支配しているものでした。

たとえ話としては三日坊主の日記のことを書きました。あんなに固く日記の続行を誓ったのに、四日目になると「まあいいか」と「考え」を変えてしまってそれを即実行できるわけです。

ね、こうしてみても「考え」というのは恐ろしく柔軟であることがわかります。

しかしながら、再び日記の例を挙げますと、四日目もやはりきっちりと日記をつけようと思うのも「考え」です。接待の飲み会で帰りが遅くなってそのまま眠りたいと思っても、「とにかく日記は書く!」と意志を貫くのも「考え」に他なりません。

「考え」は本当にあらゆることの上位にありますよ。

ちなみに、人間から「考え」を取り去ると何が残るでしょうか?それは多分、反応のみで行動を決定しているロボットと変わらないでしょう。

しかしながら、「考え」で堂々巡りをして行動ができないという状態も避けたいところ。「考え」のさらに上位にあるのは「決定」です。

ある年の初め、今年の日記は三日坊主にならないように続けようと「決定」しますよね。

「考え」というのはデータの評価を伴いますが、「決定」はそうではありません。単に「決定」です。

「決定」がないところでは「考え」がうまく働きません。さらには「考え」によって決定を覆すということも起きます。

実際のところ、強力な「決定」に勝ることはありません。まずはこれです。

明日が良い日でありますように。

ガーネット・可能性の扉/ペンタクルの王子

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年3月10日 ガーネット・可能性の扉/ペンタクルの王子

うひゃひゃっ!また良いカード。そして少しのアドバイスといった感じ。

今年に入ってから不思議に良いカードが多いですね。

さてペンタクルの王子は様々な「可能性の扉」が目の前に!という暗示。

なたは今、将来のためのビジョンを描いている最中かもしれません。そんな気力が充実する時期が到来します。

また、暗礁に乗り上げていた案件も思わぬ助っ人の登場で改善に向かいそう。あなたを助ける専門家が出てきそうですよ。

しかし日々の努力の積み重ねを怠らず、常に準備をしておくことが大切。これによってさらに可能性の扉が開きます。

それから、物事を柔軟にとらえましょう。無意味なこだわりは捨てることです。そうする方が恵みを得られる率が高まりますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「努力するための持久力」を得ること。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

努力を怠るな・・・というけれど

今回のカードも、そしてそこで選ばれたストーンも、いわゆる「努力系」の大切さを語っています。

しかしこのコラムでは、努力よりもっと上の感覚について何度か書いてきましたね。「努力は質量、エネルギー、空間、時間に関する事柄」であって精神はその外側にあるということです。

さて、しかしこの宇宙で生きている限りは最終的には何らかの努力は必要です。単に歩くのだって重力に抵抗する努力です。

でもここでのお話はそういう物理的な何かよりも「つとめ」として何かをやり通すといったことを取り上げましょう。

いやしかし、これが自分で決めても三日坊主。「決める」のは考えや精神ですから、それは努力よりも上。なのになぁ〜という感じですね。

そこで、毎日続けたい何かがある時、これを習慣化してしまう以外にはありません。(これは前にも書いたなあ)

これこそが、信じられない「根性論」のようですが、とにかく「うむを言わずにそれをする」以外にはなさそうです。うまく習慣化してしまえばそれはもう根性や努力など不要ですよ。まあ、いわば朝のハミガキみたいなものです。

そして「決めたことが実行できない」というのは、「考えを変える」という考えをした時に起こることですよね。本当はこれをしなきゃいけないけど、今日だけさぼろう、と考えを変えたわけです。

ねえ、人は努力よりも考えが優先なんです。

ならば、考えをちゃんとしていれば、様々なことが習慣化できるはず・・・なんだけどなあ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月9日 最終更新日:2017年3月9日

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

2017年3月8日 アメトリン・愛情いっぱい受け取ろう/カップのエース

おお!愛情系として非常に良いカードが出ています。

大きな愛情に満たされます。近いうちに愛情としての出会いがあるかもしれません。

生きる喜びや人生の手ごたえの訪れを表すこのカードは運命が大きく変わることを示しています。

また思わしくはかどっていなかったことや人間関係に問題を抱えていたとしても、ようやくこれらが氷解するようですよ。

「大きな幸せ、大きなチャンス」の訪れを暗示しています。運命が変化するときです。

その幸せを素直に喜び、それをかみしめてください。その幸せをあなたの周りにもどんどんわけてあげましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメトリン

アメトリンに求めるのは「心の許容量アップ」。アメトリンの基本的な性質として「相反する事柄」に対して調和をもたらすという作用があります。例えば「良いこと、悪いこと」に関してその幅を広げることができ、結果として許容量が増えます。

許容量と相性

愛情系として良いカードが出ています。

今回のコラムではまた人間関係として相性のことを取り上げましょう。過日は「倫理観のレベルが近い」ほうが相性が良いということを書きました。

さて、今回は「許容量の相性」についてです。

許容量とは様々なことについて言えますね。

例えば気温の暑さや寒さについて、心理的な面ではストレス耐性とか、騒音に対する耐性とか、金欠状態に対する許容とか様々です。他には社会的なこととして「こんな状況は許せる/許せない」といった意見の相違もあり得るでしょう。

これら様々な分野、状況における許容量ですが、その二人が同じ状況で似かよった許容量を持っている方が圧倒的に相性が良いです。

かつて書きました「お互いの倫理観」とか今回の「許容量」にしても、相手と自分がどれくらい近く、どれくらい離れた感覚なのかはある程度の時間を使ったお付き合いによってしかわからない部分があります。

ですから、あまり早急な結婚の判断などはオススメできないですね。結論までにある程度の時間が必要でしょう。

この点、結婚相談所のような所でのカップリングでは、事前にアンケート調査などがありますから、倫理観や許容量がある程度分析され、照合された結果として、将来うまく行く率が高いようですよ。

なお、片方の人の許容量さえ大きければ、相手の人が許容量小さくても問題ないように思えるかもしれませんが、そうではありません。許容量の大きな人から見れば、許容量の小さい人は「何をつまらないことでワーワー騒いでいるんだ」となってしまうからです。また許容量の小さい人が大きい人を見れば「あなた、こんなでよく平気でいられるわね!」となりますから。ね、合わないでしょ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月7日 最終更新日:2017年3月7日

モスアゲート・気をつけて反省/ワンドの女王/リバース

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2017年3月1日 モスアゲート・気をつけて反省/ワンドの女王/リバース

久々に「普通に」要注意なカードです。

独りよがりにならないように自己点検してください。

また同時に「策に溺れる」という暗示もあり、思いもよらないところで失敗する可能性があります。

自信過剰は禁物ですよ。落ち着いて自分を振り返り、人を思いやることを忘れてはいけません。

自分がしていることに「?」とか「!」と感じることが頻発しなたら周囲の人々への対応を要チェック。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート。

モスアゲートに求めるのはシンプルに「自己反省」すること。またそれだけでなく感情の乱れを防いで不合理な判断を予防する働きもあります。自己反省としてそこそこ手厳しい働きがありますが、フォローアップもしてくれるという優秀なストーンですね。

本日のカードを深読みしよう

ワンドの女王のリバースは端的に言って「利己的」になりやすい傾向を示しています。これは「生存の多重円」で言えば中心にある「自分」しか見ていないということです。

これだと確かにサバイバルに失敗します。

生存の包含関係
生存の包含系(多重円)

昨日のコラムでは人との相性について「倫理観」という側面から書きましたが「倫理観」とはすなわち生存の多重円にある輪のどこまでのレベルまでに責任を負おうとしているか?ということに尽きます。

端的な例えで言えば、犯罪者というのはこの多重円のうちの少ない範囲でしか「生存」を考えることができません。

多重円の中心にある「自分」しか考えられないとか、「グループ」しか考えられないという状態では全体のサバイバルがうまく行きません。

ここで、「自分しか考えられない」というのはシンプルで判りやすい例ですが、「グループしか考えられない」という例がわかるでしょうか?

それは例えば国家間の「戦争」ということが挙げられます。「国」というグループの存続を願うばかりに、その中に含まれる「家族」や「自分」がないがしろにされている状態ですね。国を守るために国民が死んでは何もなりません。最後の一人まで戦っていれば、必ずその国は滅ぶでしょう。戦争をすることにゴーサインを出す人物はどのような理由であれ倫理観が低いとしか言えないのです。

そして「倫理観が高い」状態といのは、これらの多重円のそれぞれのレベルにおいて現状でできるだけ最大限に益をもたらそうとすることです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月28日 最終更新日:2017年2月28日