カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

プレナイト・無意味なこだわりを捨てよう/審判/リバース

2017年4月28日 プレナイト・無意味なこだわりを捨てよう/審判/リバース

またまた要注意、またはアドバイスの意味としてのカードです。

過去の淀みが清算される日!

罪の意識や後悔の念に押しつぶされるか?
気持ちも新たに反省点を見つけ、今後の改善につなげられるか?

どちらかを選ばねばなりません。もちろん選ぶのは後者しかありませんよね。

しかしそれでもトラブルは避けられないかもしれません。しかしそれに向き合って乗り切るしかないのです。

無意味なこだわりや執着を捨てるとき。これができるようになることが最重要です。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「正しい選択」。思考回路を明瞭にし、自分の願望達成のために「必要な情報」だけを選び出す能力を強化してくれるストーンです。しかしながら真実に向き合うのはなかなか難しいもの。実際にはそのことができないから難儀していることが多いのでしょう。他のストーンを加えてのサポートがおすすめです。

罪と動機の連鎖を復習

4月26日に辞任することになった今村復興相のことです。

度重なる失言でとうとう辞任なのですが、なぜここまで失言を繰り返すかといえば、それは単に「罪と動機の連鎖」の標本みたいな状態です。このコラムでかなりのページを割いてその仕組みを書いてきたものです。

犯した罪を認めたくないために動機を語って正当化し、それが正当たらんとするためにまた罪を犯すことの繰り返しです。

まあ、単純に一回めの失言で実際には何も反省していないという証拠でもありますけれど。

さて、これ標本として、失敗や罪を繰り返す人をよく観察しましょう(自分自身も含めてね)。

この繰り返しを止めるには、最初の間違いや失敗を見つけ、それに向き合うのが先決。

ここでの秘訣は、本当に連鎖の「最初のミス」と思われることにきっちりと遡ることです。ことによってはかなり違う分野にまで及ぶ可能性もあり。人によっては幼い頃にまで記憶を遡る必要あり。とにかく、連鎖している最初を発掘しましょう。

また、普通に「前世の記憶がありますよ」という人ならその前世の記憶にまで遡る必要ありです。(不思議な話ですが、そうしかありません)

明日が良い日でありますように。

アメトリン・人の意見に耳を傾けよう/隠者/リバース

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

2017年4月27日 アメトリン・人の意見に耳を傾けよう/隠者/リバース

要注意なカードです。

現実逃避的に内に閉じこもり気味な暗示です。

または何か単純な思い込みによっても「これでいいんだ」という間違った判断をしている可能性も。

ここはひとつ、視野を広くして大きく物事を受け取ることが大切。

思考を柔軟にし、他人の意見も採用する必要あり。

このままだと身動きできなくなる兆候。自分の世界に閉じこもらず人ととの会話を。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメトリン

アメトリンに求めるのは「心の柔軟性」。相反するものに対する心のキャパシティを大きくし、どんなことでもありのまま受け止められるようになるということ。またそのためにはリラックスすることが大切で、アメトリンにはその働きもあります。

現代版・家訓

本日のカードではどうやら閉じこもり気味になっていることへの留意点ですよね。これはどうして良いかわからない時の「混乱」がある様子。こんな時には「とにかく何かを取り上げる」です。

そこでちょっとした判断材料になると思われる家訓を紹介しておきましょう。以下の二点は我が家の比較的新しい家訓です。(他の家族に同意が得られているかどうかは別)

先生・社長にろくな者なし

これは先生や社長と呼ばれる人をバカいしているのではありません。その人の肩書きに騙されてはいけないという戒めです。どんな人でも先生や社長にはなれるのです。その人の人間性と肩書きは関係ありません。

また、逆に自分自身が先生とか社長と呼ばれるようになったとしたら、その時にはその肩書きに頼って尊大になってはいけないということも含んでいます。

店員にものを尋ねるな

店で物を選ぶとき、店員さんにどれが良いか尋ねることがあります。昔はそれでよかったのですが、特に量販店などでは正社員の店員さんはいません。するとどうしても売り方が一過性のことになり、ユーザーとの長いおつきあいや信用を大切にするということがなくなっている場合が多いようです。

また、大きなショップになると品数は膨大になり、一人の店員さんがそれぞれの製品について良し悪しを判断することは不可能でしょう。それもあって店員さんに何かを尋ねても正しい答えが返ってくるという保証はありません。

今やネットの時代ですから、少し値のはる物は評価記事などを参考に自分で目星をつけておくのが良いでしょう。また、物を買う時には自己責任という意味も含んでいます。むしろ「店員に勧められたのに!」と後悔しないためです。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・挑戦のときがきた!/戦車

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年4月26日 ソーダライト・挑戦のときがきた!/戦車

うわっ!明るい未来の予感!
追い風が吹いています。

昨日の「審判」から繋がっている感じがありますよね。

まさに、挑戦するときが来ています。ここでちゅうちょしてはなりません。やりたかったことにすぐに取りかかるべし!

このカードは「とにかく困難を乗り越えろ!」と言っています。

「しかし、でも・・・」といった想像によるブレーキを乗り越えチャレンジ精神を全開に!

今日は積極的に行動を。どんなチャンスも見逃してはなりません!

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「想像による不安を乗り越えること」。ソーダライトの働きを更に書けば、冷静さを与え、思考能力を強化し、好奇心を刺激し「なぜ?、なんだろう?」と様々なものに興味を持たせ、自ら学んでいくように促すことになります。

2分間で人生を変える技

本日のカードは「戦車」。これが象徴するのは「とにかくすぐやる」です。

さて、あるページの記事に「人生が激変する「2分ルール」とは? 先延ばしグセや心理的不安も完全克服!」というのがありました。

要約しますと、まずは今身の回りを見渡して「2分でできることはとにかくすぐに手をつける」ということです。2分でできることですから、まあこれはすべて簡単なことですよね。

返信できるメールに返信
必要な電話の連絡
デスク周りのちょっとした掃除
etc.

2分でできることですからまあそんなレベルです。これは心理的な負担がほとんどありません。手をつけてさえしまえばなんとかなるようなことばかりです。

そしてこの「2分でできるリスト」をどんどん増やすということです。

それでは2分以上かかる作業はどうするのか?

答えは簡単でその作業を2分単位に区切るのです。

実際のところ、自分が手をつけられないようなことというのは、その案件がすぐにわ終わらない大きなことなんです。しかしなが2分のステップに区切ってみるとほとんどができることばかり。

これの応用としては「読書習慣をつけよう」と思ったらなら、すぐに2分間は読書してみる、ということです。

なかなか良いアイディア、考え方だと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

ブラックスピネル・目覚めがあるかも/審判

2017年4月25日 ブラックスピネル・目覚めがあるかも/審判

少し難しいカードかもしれませんが、良い兆候と考えられます。

ひと口に言えば「再生」を意味し、そこには「覚醒」といったことが含まれます。

これまでに散々な目にあって様々なことをあきらめざるを得なかったという人には朗報になるでしょう。

今まさにどうしようもない絶望に苛まれているとしてもこれが逆転する暗示です。

また、やり残していること、途中になったままだったことに再チャレンジするチャンス!

逆転のカギは「やる!」と決める意思。

このようなときにオススメのパワーストーンはブラックスピネル(意味辞典に未記載)。

ブラックスピネルに求めるのは「チャレンジする気力と情熱」。保留や棚上げにしようが、突き進もうが、止めようが、とにかくどうするかを決定する必要がありますよね。ならば自分の心の核心に触れてみるべし。ブラックスピネルは自分の心に入っていくパワーストーンです。け与えることを念頭に置いてください。誰にもでも公平に愛情を注ぐことが大切です。

成長を可能にするヒント(当たり前のことですが)

今回もライフハッカーネタです。

知的な不快感を乗り越える方法

これは、うんざりするような知的生産をする必要性に迫られているときの話です。

ううむ、この記事では結論としてアスリートがするようにとにかくトレーニングして乗り越えなければならないということになります。

初めのうちには適度に休憩を挟みながらも、そのインターバルを伸ばしていくということですね。

最終的にそれができるようになることが、成長につながるということです。

まあ、そりゃまあそうでしょう。簡単にできてしまうことばかりをしていては成長はありません。壁を乗り越えるからこそ成長があるのです。

さて記事の中で筆者として普通に「おお、その通り」と思った部分もあります。

それは・・

集中力を削ぐものと雑多な決断を排除することが大事

そしてそのためには「選択肢を狭めておくこと」。

その通り、1日の中で必ずするような「生活ルーチン」に選択肢が多すぎるほど無駄なことはありません。

例えば、着るものを選ぶ、履く靴を選ぶ、何を食べるか選ぶ、そんなことに意識を持って行けるほどの余裕があるなら集中すべきことに集中する方が良いです。

(もちろん、趣味でそれを楽しむならそれも良いでしょうが)

まあ、ここで言わんとすることは集中するべきことに優先順位をつけなければならないということです。

どうでも良いことにこだわって集中力を奪われないように注意です。乗り越えるべき壁は他にあるはずです。

それから、アスリートに限らず、その道の一流人たちは、その課題への取り組みが半端ないです。単に1日の中での時間配分からして凡人とは異なります。

何かをものにしようとするなら、それに集中するしかありません。具体的には時間配分を変えるしかありません。ことによっては睡眠時間を削るしかないでしょう。

明日が良い日でありますように。

シトリン・気力充実のチャンス/ソードの騎士

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

2017年4月19日 シトリン・気力充実のチャンス/ソードの騎士

おわっ!これは勇ましいカードが出ています。

なんだかここのところ、カードにお尻を叩かれている感じがしますね。

やる気満々になっている最中ではないですか?または何か難問があってそれを突破しようと奮い立っているとか。

このカードが巡っているということは、ある意味チャンスです。挑戦することを楽しみと捉えられるだけの高揚感が得られる時期ですよ。

気力、体力、集中力が高い志を総動員。ゴールを目指して全力投球!

とにかく「自分を信じる」ことが成功のカギ。

このようなときにオススメのパワーストーンはシトリン

シトリンに求めるのは「自信」。自分への自信と自尊心を高め、自分を貶めるような(卑下するような)または自分を犠牲にしがちな考え方の癖を改善する事をサポートするストーンです。誰かに拒否・批判される事に対する恐怖心を和らげ、少しずつ耐性をつけさせ、素直に自分を表現していけるように働きかけます。

勉強の方法を勉強しよう

おなじみライフハッカーより興味深い記事です。

優れた効果が証明された「自分を相手に議論する学習法」

ひと口に言って課題に取り組むときにはその内容について一人で「脳内議論」をすることだそうです。

ま、これを少し具体的に書きますと・・・

「A+B=Cである」ということを学習するとき、一人二役で脳内議論するなら以下のような感じでしょうか。

「A+B=Cってなんでそんなことになるんだよ」
「よく見てみなよ、だってこれがAでこれがBとする、それをいっしょにしたらどうなる?ね、Cになるだろ。な、いつもCじゃないか。他のものになるか?」

こんな具合でしょう。

これって一人芝居ですね。子供のとき多くの人が体験したのではないでしょうか。誰かに何かを教えているシーンを一人二役で演じている感じ。

それから、この学習法を自動的にやれる人もいると思います。そんな人の中では勝手に一人二役の芝居が始まります。

「A+B=Cだって?ん?なんでそうなるかなあ・・それはだから・・」

多分こんな感じに理解しようとしているでしょう。

これはさておき、学習についてさらに重要なことを記しておきます。このコラムではもう取り上げていますが復習です。

意味を知らない単語を読み飛ばさない

これ最重要ポイントです。

ある文章を読んでいて、それが理解できないとき、文章全体がわからないのではなく、実はたった一つの意味を知らない単語か、意味を間違って覚えてしまっている単語がその文章に混ざっています。これを見つけて解決してください。

ちなみに、どうしても苦手な科目があるとすれば、そこに意味を理解していない単語がたった一つあったがために、それ以降の学習がストップしてしまったということが多いのです。

明日が良い日でありますように。

ユーディアライト・自分の声を聞く/ペンタクルの4

2017年4月13日 ユーディアライト・自分の声を聞く/ペンタクルの4

今回のカードは良し悪しよりもアドバイス重視です。

守りに入っている感じがありますね。ということはすなわちそこそこな成功と安定を得ている状態を表しているようです。

また、現在がそうでなくとも近い将来には地位や経済的なこととして順調に推移することは間違いないようです。

ところが、今の「それなりに安定した状態」に一石を投じるような冒険話が舞い込むことも。これをどうするべきか考えあぐねることになるかも。

そして実際には安定欲しさに発展を妨げていることがるかもしれませんよ。

「永遠なる安定」はありません。今は心の声に従うのがベストのようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはユーディアライト(意味辞典に未記載)。

ユーディアライトに求めるのは「心の声を聞くこと」。とても力強いエネルギーを持つクリスタルの一種です。自分が何者であるかを自分で肯定させ、その自信を支えてくれるストーンでもあります。自信、それはすなわち自分の声を聞けることです。

映画「ヒア・アフター」について

ここのところ重い話題が多いのでちょっと息抜きを。

Amazonのプライム会員だと無料で見られる映画がたくさんありますよね。

そんな中で昨日は「ヒア・アフター」という映画を見ました。

非常に静かな進行で語られるのですが、その内容は臨死体験した人、そして臨死体験後に死者とコミュニケーションできるようになった人が主人公です。

死者とコミュニケーションできる、というのは日本で言えば「イタコ」です。

しかし主人公の彼はこの能力を使うことについて否定的になります。この能力があると、一般社会では非常に「生きづらい」ということがあるようです。

それでも彼の才能を頼りに依頼者が訪れます・・・・

映画の内容はこのへんにしておきましょう。

ところで、肉親や親しい人が亡くなった後、残ったひとたちは、亡くなった人ともう一度話をしたいと思うことが多いようです。

ところで、死んだ人が何かを語ったとしてもですよ、もうそれは「超無責任」で何でも言えます。聞いた方も「死んだひとの戯言」ですから、これも超無責任で構いません。お互いに何の制約も受けないのです。涙をボロボロこぼしながら聞いたとしても、お互いが無責任でいられます。

いやー、だったらお互いに、死ぬ前に十分にコミュニケーションをとるべきなんだと思いますよ。(しかし生きているうちには責任が伴いますが)

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月12日 最終更新日:2017年4月12日

ムーンストーン・静かに待つ/吊られた男

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

2017年4月12日 ムーンストーン・静かに待つ/吊られた男

何かと不自由さを感じているかもしれません。

しかしこのカードは良し悪しそれ自体よりも状況に対するアドバイス色が強いですね。

吊られている状態ですから、身動きは取れないでしょう。これが象徴するのは「ジタバタするな」ということのようです。

一見は具合の悪い状況のようですが、カードの絵にある男の表情は落ち着いて
いるようですよ。

このような状況の中でも静かに自分の心の声を聞いてみましょう。答えはその中にあり、それが新しいアイディアとなって突破口を開くことになりそうです。

今日はいつも以上に落ち着いて静かに待つことを意識しましょう。

そして感情の波をおさめ、状況をよく観察してください。

このようなときにオススメのパワーストーンはムーンストーン

ムーンストーンに求めるのは「感情のコントロール」。自分で自分の事がよくわかるようになる様サポートする働きを持っています。問題が発生した時の「心身の過剰な反応」を緩和し、理性でモノを考えるように導きます。人間は誰も男女両方のエネルギーを持っていますが、このストーンは男性性のエネルギーと女性性のエネルギーのバランスをコントロールしてくれます。このあたりのこと意味辞典にはあまり触れられていませんね。

罪と動機・その連鎖の実例

またまたふと気付いたので「罪」シリーズです。

以下に少し復習です。

  • 「罪」を犯すにはまず先に何らかの混乱がある。
  • その混乱を解決しようとしたアクションが間違っている。

これが罪ですね。

このとき、自分を正当化しようとする場合に「動機」を語りだす。よって「誰かが悪いのだ」と声高に叫んで回る人は「先に罪を犯している」。

自分の罪を正当化しようとすれば、動機を語り、自分は「正しいことをしているのだ」とアピールするためにまた同じ罪を犯す。それをまた正当化する。このシーケンス(繰り返し)にはまり込みます。

さて、これを現実の世界で観察してみましょう。

まあ、単純な例ではヘイト・スピーチはまさにこれに当たっています。

なぜ彼らがそうしなければ「ならなくなった」のか?その理由は簡単、彼らはかつてとにかく先に「差別をしてしまった」からです。これを正当化しようとすればヘイト・スピーチして回り、そして差別を続ける以外にありません。

他に簡単に見えるのは「いじめ」ということですね。

「いじめ」を論ずるとき、加害者側の論理として「いじめられる方にも何らかの責任がある」という台詞が必ず出てきます。

「いじめられる方にも何らかの責任がある」
↑これってまさに、「いじめた動機」のことですよね。

「彼はいじめられるような何かをしたのさ。だから僕は彼をいじめた。」

そう言っているわけです。他にいじめ関連として・・・

「自分も一緒になっていじめに加わらないと、今度は自分がいじめられるから、だから僕もいじめた」

↑これも「いじめた動機」を語っています。

以上の二点はどちらも「嘘」です。後から作った動機です。そして自分を正当化するため、間違いなくその動機は正しいとするためにいじめを続けます。

ピンとこないかもしれませんが、「動機」というのは全部後付けと覚えてください。

最初には単に「混乱」があり、それを収めるために取った行動が間違っていた場合、それが罪なのです。単なる間違いなんです。誰にもあるんです。

もしもあなたが、なんらかの罪の意識を感じているとしたら、それが少しでも楽になる方法は、その罪の直前にあった「混乱」を探し出すことです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月11日 最終更新日:2017年4月11日