ブルーカルセドニー・チャンスは無限/カップの王子

ブルーカルセドニー(Blue-chalcedony)
ブルーカルセドニー(Blue-chalcedony)

2017年3月14日 ブルーカルセドニー・チャンスは無限/カップの王子

おや、これも良いカードでしょう。

ただし、未来に対しては未知数であることも理解しておきましょう。

希望に満ち溢れたスタート地点にいます。想像力や直感が働きやすい時期ということもあり、特に芸術性やアイディアが重要な分野では才能が大きく花開く可能性が大。

愛と豊かさを得るために「スタート」する日。自分が手にするものを周囲の人にも分かち合うように行動することが大切。

そして望む未来を得るためには真剣な取り組みが大切ですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーカルセドニー(意味辞典に未記載)。

ブルーカルセドニーに求めるのは「心の柔軟性」。物事に対しての「許容範囲」のレベルを最大値まで引き上げる作用を持つストーンです。その作用は「自他」を問わず発揮されます。極端に相対するモノまでも受け止められる能力は大きければ、大きいほど、その身に吸収できるモノが無限に増えてきます。

カルセドニーグループの一般論はこちら

誰にもある考えの柔軟性そして決定の大切さ

前回までのコラムで「考え」が持っている性質について書いてきました。「考え」は努力やパワーの上にあり、それらを完全に支配しているものでした。

たとえ話としては三日坊主の日記のことを書きました。あんなに固く日記の続行を誓ったのに、四日目になると「まあいいか」と「考え」を変えてしまってそれを即実行できるわけです。

ね、こうしてみても「考え」というのは恐ろしく柔軟であることがわかります。

しかしながら、再び日記の例を挙げますと、四日目もやはりきっちりと日記をつけようと思うのも「考え」です。接待の飲み会で帰りが遅くなってそのまま眠りたいと思っても、「とにかく日記は書く!」と意志を貫くのも「考え」に他なりません。

「考え」は本当にあらゆることの上位にありますよ。

ちなみに、人間から「考え」を取り去ると何が残るでしょうか?それは多分、反応のみで行動を決定しているロボットと変わらないでしょう。

しかしながら、「考え」で堂々巡りをして行動ができないという状態も避けたいところ。「考え」のさらに上位にあるのは「決定」です。

ある年の初め、今年の日記は三日坊主にならないように続けようと「決定」しますよね。

「考え」というのはデータの評価を伴いますが、「決定」はそうではありません。単に「決定」です。

「決定」がないところでは「考え」がうまく働きません。さらには「考え」によって決定を覆すということも起きます。

実際のところ、強力な「決定」に勝ることはありません。まずはこれです。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年3月13日 最終更新日:2017年3月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です