タグ別アーカイブ: レッドジャスパー

レッドジャスパー・使い方を間違うな/力

わわっ!前回と同じカードです。局面に変化なしといったところでしょうか。

今は力を使ったり、その力を制御するときであるという暗示です。

人生には時として「力」を使う必要が随所に現れます。

さて、「力」については「使い方」が重要なのは間違いありません。それと同時に「力」を怖がる必要はありません。

要するにコントロールが大切だということです。人生でつまづくのは、多くの場合、「コントロール」を失っていることが問題なのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーに求めるのは「広い視野と客観的な判断」。「力」を使うとき、それができる限り正しい方向へ使えるように広い視野と持ちたいものです。また独りよがりにならないように客観的な判断が必要となります。レッドジャスパーはどちらかと言えば癒し系の要素が強いのですが、ここでの使い道はリラックス効果と、ネガティブな発想を抑えることによってゆったりと視野を広げ、焦って間違った判断を下さないようにするものです。

勝利と敗北についての考察

「力」を使うときというのは、何か大きな「勝敗」に関わることに取り組んでいることでしょう。何かを「勝ち取る」必要があるときです。

さてここで、「勝利」と「敗北」の本質を見ますと、「意図と逆転した意図」ということができます。

ここで問題になるのは「逆転した意図」のことです。

「逆転した意図」というのは、「何々だと思っていたのに何々でなかった」という状態です。

例えば・・・

1.勝つと思っていたのに負けた(これは単に敗北です)
2.負けると思っていたのに勝った(実はこれも敗北です)

2のパターンの場合、これは「ラッキー!」と思って喜ばしいと思えるでしょうが、ことは簡単ではありません。なぜなら、実際には負けると思っている意図が逆転した「敗北」だからです。

しかしながら、この2の場合の表面的な「勝ち」は実際には彼の実力でそうなったのかもしれませんが、重要なのは「彼がそう思っていなかった」ということです。

ですので実際には2.のパターンは1と同じくらいに彼に衝撃を与えます。

ですから2.は彼の内心では「負けた・・・」が大きくきっちり潜んでいます。

しかしながら世間では表面的な勝利を賞賛しますからことをややこしくしています。2.のパターンの勝利者が後々何かで苦しくなるのはこのあたりの事情が含まれています。

彼は表面的に勝っているのに、内心では負けたことに苛まれています。結構うまくいかない人生を歩んだりします。

本当ですよ。

それから最後に、「敗者は勝者のふりをする」ことがあります。機会があれば書きましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月17日 最終更新日:2017年7月18日

レッドジャスパー・過去へのこだわりを捨てよう/ペンタクルの10/リバース

2016年11月17日 レッドジャスパー・過去へのこだわりを捨てよう/ペンタクルの10/リバース

アドバイス系カードですね。

過去の思い出にどっぷり捕まりやすいという暗示。

昔は良かったなあとか、もうダメだよねえ、といった感覚に浸って無意味に時間を過ごすといった状態に陥りやすいかもです。また通り過ぎてしまったことへの後悔などもしやすいです。

しかし、ここで現状の不満にきっちりと向き合うことが大切。

古い体験は「学び」だけ残してすぐにでも心の整理をして再スタートを!

自分の願いを思い出してください!

そうすることで気になっている問題は必ず解消されるはず。

このようなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーに求めるのは「執着心から逃れること」。心の新陳代謝をアップさせ「マイナス思考」「余計な執着心」を身体の外へ押し出し、憂鬱な気分からの脱出を出助けしてくれるパワーストーンです。ブルーになりがちな心を明るくし、感情のコントロールをサポートしてくれる役割もあります。

自分に従えば楽になる(その2)

さてさて、今回のカードでは無意味に過去にこだわり悔恨することへの注意となっています。

このあたり、昨日書いています「心の働き」に他なりません。

やはり厄介者ですよ。

もしも後悔や昔は良かったのにという現在に対する「残念感」を感じたら、すぐにやることがあります。

「後悔を感じている自分を見ている自分」をすぐに用意しましょう。

言い換えれば、心の働きを客観視している意識になる、ということです。

いわば、これが「心を見ているところの、魂」ということができるかもしれません。

そして、できるならそもそも「自分自身」というのは心を超越している「魂」の部分がその本体だと思いましょう。

「思いましょう」といえば、その「思っている」本体が自分自身です。

一方、心は「反応的な何か」をしているということです。

心の働きの大きな仕事の一部として「過去のデータを参照する」ということがあります。これは半ば自動的に行われ、文字通りの「反応」です。

方や、「思考する本体」であるあなた自身(魂)は、反応ではなく、文字通り「思考」します。

ここで「心の反応」の例を記しておきましょう。

例えば、ある交差点で交通事故に遭うとしましょう。これが心にデータとして残ります。

すると、交通事故の怪我が治ったとしても、その交差点には足が向きません。できることならそこを通らずに済ませたいと感じます。要するに過去のデータの参照です。「あそこは危ない」です。無条件にそうしてしまいます。

しかし人は「確かにあそこで交通事故に遭ったけれど、ちゃんと安全確認の上に慎重に道を渡れば問題はない」と判断を下せます。これが理性であり、思考のなせるところです。

ここで、心はずっとずっと上記のような「反応」を溜め込んでいます。これはある意味では「生き延びるためのオートマチックな安全装置」と言えるかもしれませんが、同時に人生の可能性を大変狭くすることになります。

ですから、「心に従う」よりも「魂」に従うのが絶対に吉です。

事故があった交差点を怖がっている自分を、魂(あなた自身)が上からその様子を見て、「ああ、馬鹿だなあ」ときっと思うことでしょう。「注意して渡ればなんでもないのに、ほら、小学生だってお婆ちゃんだって渡っていく」

「自分に従えば楽になる」

これは心に従うのでなく、魂に従うという意味です。

それから追記として、どうやら魂は現在しか見ていないようですよ。過去には縛られません。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年11月16日 最終更新日:2016年11月16日

レッドジャスパー・自分を信じて良い日/法王

2016年10月17日 レッドジャスパー・自分を信じて良い日/法王

もしかすると何かの選択を迫られるかもです。

また、これまで自分が進んできた道が誤りでなかったかと多少の不安を感じていたり。

しかし心配には及びません。これからの選択も、今まで歩んできた道も、きっと正しいです。むしろ自分を疑うことがマイナスになるでしょう。

とにかく、自分が選ぶ道と、これまでにしてきたことは他人に責任を負わせることはできません。いつも自分が正しいと信じた道を行くしかないのです。

なお、このカードが出た時には突飛な行動や無謀なチャレンジは避けましょう。むしろあなたに常識を教えてくれる年長者の言葉に耳を傾ける方が何かと吉ですよ。

自分の行動を客観的に見ると様々なヒントを見つけられます。仲間を信頼することも大切。

このようなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーは自分や人を信じることに関しての助けになるストーンです。身につけていると、何があっても揺るがない「自分への絶対的な自信」が育まれ、ふらふらとゆれ動く心に潜む「迷いの鎖」を断ち切ります。

時間の不思議(その2)

前回のコラムでは「多くの人が時間というものについて逸脱している可能性がる」ということに触れています。

今回も時間の続きで、ちょっとした奥義に触れておきます。(難しいです)

さてさて、このコラムでは何度か「嫌な過去があるならそれをありのままに見る」ことで、その過去の影響から抜け出すことを説明しています。これは「ありのままに見る」ことができればそれが「消えて無くなる」という基本原理に則っています。

そして時間の不思議に関して言えば、過去の出来事が現在に影響しているわけですから、過去と現在がごちゃまぜになっているようなことにもなるというわけでした。

しかしながら、人はもうそれはたくさんの過去の出来事を持っています。もうこれらの個々の出来事を取り上げて「ありのまま」に見るにも限度がありますよ。

また、人によって「前世の記憶」があるとすれば、もう取り上げるべき過去の出来事は星の数ほどあって手がつけられないでしょう。

それじゃあどうするか??

答えは簡単、過去などほおっておいて「現在の問題」に取り組みます。現在の問題がどんな過去に影響を受けているのか、そんなことは知ったことではない、という取り組み方です。

これは10月7日のコラムでも触れました「病気と医師の話」そのものです。

その話の中では「現状の症状」に焦点が当たっていて、過去に関しては関心がありません。とにかく、現在の状況をよく見て、そしてありのままに「近づき」、そして部分的にでもそれを消してしまおうということです。

まあ、しかし、これは確かに「奥義」なんですよ。

例えば、身体的に辛い場所があったとして、その症状をありのままに見ようとしても、実のところ無意識に「痛いところ」を避けるものです。(実はそれで、本来ならばとおに治るはずの怪我や病気が治りにくいのですが。)

ですから「その痛いところをよく見る」「できるだけ完全に見る」というのはかなりな達人であって冷静な人でなければ難しいということがあります。

もちろん、これは心理的なストレスなどにおいても同じ。「現状のこの気分を客観的に完全に見る」なんてことはかなりな達人であって、高等な技が必要でしょう。

しかしこれは再びお伝えしておきましょう。

「魂は絶対に傷つきません」

とするなら、心のストレスとか、体のどこかが不調であっても魂はなんともありません。

じゃあ、あなたの本体が魂であるとするなら、いつでも客観的に体と心を見ることができるはずです。

「私の本体は魂だ。それじゃあ心と体をよく見てみよう」これは奥義です。

医学的にするだけのことはして、しかしながら原因がよく分からないところで慢性化している痛みなどは、これだけのことで改善を見ることがあります。

追伸:
魂は絶対に傷つかないかもしれませんが、うっかり騙されて能力が低下していることはありますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月16日 最終更新日:2016年10月16日

レッドジャスパー・分岐点で自分を信じる/法王

レッドジャスパー(Red-jasper)
レッドジャスパー(Red-jasper)

2016年8月24日 レッドジャスパー・分岐点で自分を信じる/法王

あなた自身が分岐点にいるのでしょうか?

または今までの選択が正しかったのかと悩んでいる時期かもしれません。

しかし「自分の判断は正しい」と信じる心が幸運を呼び込むでしょう。

ただし、この時期はあまり無謀な行動は慎むべき。どちらかといえば常識に従った方が良さげ。

屋外にいる方が良いヒントをもらえるチャンスが多いかも。誰か道筋を示してくれる人が登場する可能性もありです。

このようなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーはどちらかといえば癒し系に属しますが、ネガティブな感情が取り除かれることから自己信頼が高まります。しっかりと安定した精神状態を保ち、会う人からも信頼を得られることでしょう。

過去に影響を受ける典型例(続き)

昨日は交通事故の例から過去が現在に影響するシンプルな話を書きました。

これに付け加えますと、事故で怪我をするといったことは大変わかりやすく、記憶にも残っているでしょうが、実際にはすでに忘れてしまった出来事に現在が操られていることの方が多いです。

事故による怪我や、それから病気といった身体的なトラブルは大変わかりやすい例ですが、他に心理的に影響することとして「離別」といったことが挙げられます。親族や大切にしている人の「死」などがこれに含まれます。されにこれを一般化していえば「喪失」ということになります。ですから、ことによってはペットの死も大きく、今風に言えば「ペット・ロス」の心理状態もこの典型例です。

さてさて、こうやって人生における様々な出来事がその後の人生を彩ります。

これらの出来事の中で、どこかの時点で理性的に処理されているならば、それは人生の糧になることもあるでしょう。

しかし問題になるのは、理性的に処理されず、原因もわからずにに残っている部分です。

例えば、昨日書きました交通事故を例にとると、自分をはねた車を運転していたのがオバサンで、それ以来とにかくオバサンをみると「イラっ」としてしまい、その感情を自分では制御できず、理由もわからないといった状況です。(世の中にはオバサンは多いですから、これから先、生きるのが厳しいですよ)

ところが、世の中にはそのような「刺激-反応」といった後から植え込まれてしまったようなメカニズムまでも「ありのままの自分」として受け入れよ・・という風潮が一部に存在します。

「受け入れれば楽になる」まるでそれが正しい道であるかのように言われていることがありますよね。

制御できない嫌な自分がそこにある、しかしそれは受け入れよと言われている。なんというジレンマでしょうか。いいえ、これはうまく行きません。

ことによっては「受け入れて楽になっているように演じようとしている自分」をそこに発見することもあります。

不合理な反応をしている自分を「おかしいなあ、嫌だなあ」と思うのは自然なことです。

「もともと私はそうじゃないよ」ということは自身の魂が知っていますよ。

自分に対してだけは嘘が通用しません。

「ありのままの自分を受け入れる」ことと「現実に直面しない」ということを混同してはいけません。現実に直面しないということは、すなわちその人は現時点におらず、視点が過去に飛んでいます。

そうなると本来のその人の人格でなく、意味もわからず過去の影響をもろに受けて単に反応している状態なのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年8月23日 最終更新日:2016年8月23日

レッドジャスパー・流れを変えよう/死神/リバース

2016年1月6日 レッドジャスパー・流れを変えよう/死神/リバース

停滞していた流れを変えなければいけません。

今まさに変化のときが訪れようとしていますよ。ところが現状は閉塞的で、もうこのまま何もしないで変わらずにいよう、と思っていませんか?

過去の時間に引っかかっている場合ではありませんよ。

現実を直視することから始まって、この停滞感を断ち切ることができます。多少の時間がかかるとしても、恐怖に打ち勝って流れを変えるときなのです。

そう、安住の地から離れるときです!

時の移ろい、状況の変化をしっかり受け止めるときが来ました。不安・恐怖と正面から向き合うことで新しい波に乗れるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーは感情の乱れを抑えるのが得意です。不安や恐怖を抑えて安らぎをもたらします。また、絶対的な自信を育む作用があり、あれやこれやと迷うときには強い味方になるでしょう。

深刻にならないでいよう

何だかちょっと深刻そうなカードが出ていますが、いやいや、深刻にならないでおきましょう。

閉塞状態であるのにそこから抜け出せず、いや、もしかすると自分自身でそこに安住してしまっている・・・・

これは人生の中で結構訪れる瞬間です。誰でも経験済みのはず。

さてさて、物事がうまくいく秘訣の第一は「深刻にならないこと」ですよ。

なぜ深刻がいけないかというと、感情のレベルがグーンと下がるからなんです。

感情のレベルが下がると良いアイディアは出てきません。

ただし「深刻にならない」ということを「いつもふざけている」というふうに受け取るのは間違いです。

陽気でいても構いませんが、ふざけてはいけません。

といえば、昨日はアメリカの話をしましたが、今ハリウッド映画のことを思い出しました。

ハリウッド映画によくあるシーンなのですが、かなり深刻なシーンでも主人公たちが冗談を言い合っているのを見たことがないでしょうか?(アクション物ん多いですね)

これはむしろよくあるでしょう。命からがら追っ手から逃れようとしているとき、これは明らかに深刻な状態なのですが、主人公たちは冗談を言っています。一歩間違うと死んでしまうような状態にもかかわらずです。

アメリカ人たちが現実生活でこのような状態だとは思いませんが、少なくとも、映画を見ているお客さんはあれがきっと好きなのでしょう。

憎めない人たちです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2016年1月5日 最終更新日:2016年1月5日

レッドジャスパー・未来を見よう/ペンタクルの10/リバース

2015年12月18日 レッドジャスパー・未来を見よう/ペンタクルの10/リバース

またもやあまり良くない感じ。そしてアドバイスを。

「昔は良かったなあ・・」こんなことを感じていませんか?

裏返して言えば「今はダメだなあ」ということです。

その上、昔を振り返るばかりで現状の打開には手をこまねいてしまっていないでしょうか。

良かった頃の過去にしがみついていても未来は変わりませんよ。気持ちを新たに一歩を踏み出せば目の前が開けるはず。

  • 過去を見る人
  • 現在を見る人
  • 未来を見る人

願わくば未来を見る人でいてください。過去と現在ばかりを見ている限り、ロクなことは起こりませんよ。

こんなときオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーはいわゆる癒し系で使います。心の新陳代謝をアップさせ憂鬱な気分・怒り・心配などの「マイナス感情」を身体の外へ押し出す手助けしてくれますよ。また身辺守護の作用も持っていますから「何かツイてないな〜」と思うようなときに持っていると吉。

ダメなときのよもやま話

また嫌なカードですね。

でもね、人生の瞬間には誰でもこんなときもありますって!

カードのコーナーでも書きましたが「過去と現在」に囚われている状態は大変良くないです。精神的にダメージがくるのは過去と現在に意識が集中している場合です。

また、このコラムで時々触れますが「もしも過去世の記憶があったなら」という話題(過去世とは人が輪廻転生するとした場合の過去の人生のこと)。

その過去世って一回こっきりなわけはないでしょうから、とんでもなく古い記憶まであって、そうするとですよ、その記憶は膨大なことになり、過去の何かに囚われていたんではもう一歩も先へ進めませんよ。

3800年前のあそこに暮らしていたときは良かったなあ、とか、794年に平安京ができたときはバタバタしたよねーとか、いやいや、1868年に明治政府ができたときのほうがもっと大変だったよー、とか・・・

過去世の記憶があることは、大変ですよ。

過去世がもし本当にあったとしら・・・

もしその記憶が思い出せないとしても、「反応」するためのネタの宝庫にはなってしまいそうですよ。

例えば、あなたがなぜか理由もわからないままに苦手なタイプとする人が、実は何千年も過去の出来事の中での「仇(かたき)」とそっくりさんだった・・・といったことが起こりがちです。(忘れていても反応できます)

こんなことは長い歴史の中に膨大にありますから、だからいちいち「反応」してはいけませんよ・・・と口を酸っぱくしてこのコラムを書いているわけです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年12月17日 最終更新日:2017年9月11日

レッドジャスパー・捨てる、そして再生する/死神

2015年11月19日 レッドジャスパー・捨てる、そして再生する/死神

なんとまあ、死神のカードです。

とは言っても悪く考える必要はありません。これはある意味ターニングポイント。再生ありきです。

再生するために出直しが必須。あれやこれやと悩み、死守してきたことがこれで本当に良かったのかどうか、自分自身の中では結論が出ているのではないでしょうか?

これまで本当にギリギリの状態で頑張ってきましたよね。しかしこれ以上背負う必要はありません。

これまでの頑張りで少しお疲れモードかも。これを必死でつかんでおくものか?手放すべきものか?の判断のとき。(いいえ、判断はもうできていますよね)

良い未来のためには多少の痛みを伴っても手放すべきときがあるものです。

こんなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーを使う目的は「執着心の洗い流し」これに尽きます。またマイナス思考や鬱な気分から抜け出す作用もあり、細かいことに目くじらを立てないようになりますよ。再生&スタートにはうってつけですね。

色々と捨てられない理由・所有に関する話題

単純にはその人の「所有性」が低い場合には物を捨てられないケースが多いです。所有性とは、その人が何かを所有できる可能性のことです。

「自分は何かを所有できる」と思っている人は物を得ることと手放すことが自由なのですが「自分は所有できない」と思っている人は一度得た物を捨てることができません。その上に不要な物までを得てしまう傾向にあります。

世に言う「ゴミ屋敷」というのがありますが、これは典型的に所有性が低い状態です。ゴミでさえが捨てられません。誰かがその家の明らかなゴミを処分しようとすると血相を変えて抵抗します。

全く不思議なことですが、何も所有できないと思っている人こそが物を溜め込むわけです。(それがたとえゴミでもです)

さて、面白いことには所有性の低い人は目に見える物体だけでなく、思い出の一部を捨てることもできません。過去に囚われまくっていますよ。

記憶というのは単なる「記録」とそれに伴う「感情」が合わさった状態にありますが、捨てられない人にとっては「悪感情」を捨てることもできません。何千、何万年でもそれを保持しようとするでしょう。これは心の中にゴミ屋敷があるような状態です。

実のところ「執着心」というのも所有性の低さが原因となっていることがあります。

それではなぜ所有性が低くなるのか?

これは難しい問題ですが、ひとつ言えることは、誰かがその人を「何も持てない」と教育してしまったということがありえます。(まあ大体は育ての親だったりです)

またはその人が教育以外でも「自分は何も持てない」と信じ込んでしまっているという状態です。

「何も持てない」ということは、その人から物に対するコントロールを奪うことです。これはうっかりした教育でなされてしまう可能性があります。

コントロールを奪う、ということはすなわち、その人が「責任」を剥奪された状態です。

さてさて、よく観察してみてください。

ゴミ屋敷ほどでないにせよ、そのような状態(所有性が低い状態)にある人は、その所有物に対して意外に責任を持っていないということがわかるでしょうか?使いもしないそれらの物は、未整理状態で放置されているでしょう。無責任にも放置していることを、実は所有していることと錯覚しているのです。

このような状態は実のところ最終的に生存性の低い状態を招きます。以下の三角形の示す通りです。

生存の三角形
生存の三角形

そして、その人がゴミ屋敷からゴミを撤去して復帰するには「所有性のアップ」しかありません。物を捨てるにはそれしかありません。

ではどうやって所有性をアップするのか?

ひとつの方法はその人に「持てない」教育をされてしまった出来事を記憶の中から発見することです。

まあ、それにしたって所有性が低いですから、「自分は持てない」ということを捨てることすらが困難です。

けっこう難しい作業です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年11月18日 最終更新日:2015年11月18日