タグ別アーカイブ: プレナイト

プレナイト・選択のために見る・2019年1月15日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択のために見る・2019年1月15日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「正しい情報を選ぶ」こと。

ちょっと前にも出たストーン・・・

ポイントになるのは「見ること」。

また、他の作用として持久力アップがあり、取り組みに関してそれをやり遂げる手伝いをしてくれます。

カード:ワンドの6

良いカードです。

目標達成のチャンスが訪れそうです。そして賞賛を浴びることになりそうです。

これまでには結構厳しいことを通り過ぎ、じっと我慢の時を過ごしていたかも知れませんね。

負けたゲームも多数あるのでしょうが、なんとか乗り越えてきた感じ。

ここで気を抜かずにもうひと押しすることが大切です。

今足を引っ張る出来事が起こったとしても、これをなんとか処理して進む心構えで行きましょう。慎重に注意深くです。

見ることと考えること

何かを解決しようとするとき、見ることよりも考えることをして先に進まないことが多々あります。

なぜ、見るよりも考えてしまうのかと言えば「見る」のは怖いと思ってしまっていることがあります。

考えることならば、自分が許容できる範囲内のことで治ります。

「フタを開けて見る」というのは、中から何が飛び出すかわからないという恐怖があります。

さて、復習として以下に何かを「知る」ことに関する段階を記します。(下に行くほど物事がわからないまま)

  1. 知っている
  2. 見ている
  3. 感じている
  4. 努力
  5. 考えている

何かを知ったり、知ることによって問題を解決しようとするなら、現時点においてそれを「知っている」必要があります。

ここで「考えている〜努力」というのは未来のことであって現時点のことではありません。

もちろん、将来のことを考えるのは大切なのですが、それが本当にできるのは現時点において「見て、知っている」人だけです。

そして現時点で見て、知っている人が問題を解決する主役たりえます。

例えば・・・

突然パソコンが動かなくなったとします。(問題です)

画面が真っ暗、そしてキー入力を受け付けません。

あれやこれやと考えます、考えて考えて・・・

原因はなんだろう?

しかし考えるのをやめて「見ること」をしてみます。

すると、そのパソコンが動かない理由を知ることになります。

「あ、コンセントが抜けている」

非常にシンプルですが、これ、笑い話ではありませんよ。家電修理のサービスマンのお話ではこのレベルのことが本当にあるのです。

パソコンの調子が悪いとか、画面が真っ暗なんて、この理由を見て知るなんて怖いと思うでしょ。

わーお手上げだー!と思うでしょ。

(これは考えですよ)

だから見られないのです。

しかし実際に見ると、コンセントが抜けているだけなんです。

非常にシンプルな例ではありますが、これが考えることと見ることの違いです。

正しい選択をしたいなら、考えの中よりも、見て知ったことから選ぶのが吉。

そのためには恐怖を乗り越える必要があるでしょう。

が、その恐怖はそもそもが自分で作ったものであることがほとんどなんですけどね。(またはわざわざ取り上げる恐怖)

プレナイトの断捨離作用をもってこの「作った恐怖」を捨てたいものです。

「わからなかったら、考える前に見てみよう」です。

正しい情報は考えの中ではなく、見たことの中にありそうですよ。

また、情報を選択ができないでウロウロしている人は、見ないで考えているからなんです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年1月14日 最終更新日:2019年1月14日

プレナイト・選択と責任・2019年1月9日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択と責任・2019年1月9日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「正しい選択」。

プレナイトには自分にとって必要な情報だけをフィルターにかけるように選りすぐってくれる作用がありますね。

この働きの根底にあるのは、実のところちょっとばかり「頭を冷やす」ということにありげ。

緊張があったり、うわついてのぼせ気味になっている心を鎮めてまともな判断をしようということになります。

カード:恋人たち

良いカードです。

ただしそれは「良い選択」ができていれば・・・

という条件をつけたほうが良いかもです。

新しいことが生まれる予感があるカードです。

例えば出会いがあるかもしれません。

それは恋愛系であったり、ビジネスの上でのことかもです。

そして将来の期待に胸おどるようなことがあるかもです。

ここで重要なのはなんと言っても「選択」。

そして「選択しなければならない時期にある」ということも言えそうなのです。

選択することと責任

選択するには責任を伴います。

で、優柔不断で決断することができずに選択が不能という人は、実のところ責任を負えないのではないか、という不安を抱えているわけです。

選択不能、優柔不断の正体はこれだけのことです。

で、そのような人は大切なことを他人に決めさせようとします。

そうすればその選択において自分が責任を負うことはありません。

これ、もしかしたら日本に昔から根付いている「空気を読む」とかと言う習わし、組織内での「立ち居振る舞い」の仕方と関係ありはしないかと思えてなりません。

これらの習わし、行動規範はもしかすると「個々が責任を問われずに済むかも」というセコイ損得勘定が働いてやしないかと。

で、一方「自己判断」で行動して失敗した人を見ては「自己責任だ」と声高に叫んでいるのではないかと。

でもね、元々が人の集まりというのは失敗した人でも助けなければならない「責任」があると思うのです。そうでなかったら「人々」ってなんでしょう?

それはグループとしての責任です。元々が助けあわねばこの地球上で生きていけないのが人間です。

そしてそのグループとしての責任回避をしたいがために、個々の人の失敗を「自己責任だ」と言って突き放すことをしているように見えます。

ど〜も、日本の風土には責任を負うことを回避するための圧力がずっとあるように思えてなりません。言うなれば責任回避文化です。

自分(とそのグループ)の責任を回避したいがために、個々の人には「自己責任」を押し付けていやしないでしょうか?

そんなところに、個々の真の自由や自立はないように思えます。

その選択が正しいか?プレナイトに聞いてみよう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年1月8日 最終更新日:2019年1月14日

プレナイト・モヤモヤをとっぱらおう・2018年10月25日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・モヤモヤをとっぱらおう・2018年10月25日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「頭の回転力・キレの改善」。

意味辞典にあるように、プレナイトは頭にかかったモヤモヤを解消する働きがあります。

なんだかぐじゃぐじゃな雑念が入って大事なことを考えられないと言う時にも使えますよ。

それから断捨離に使ってもOKということですが、これって実は考えの中から余計なものを捨てる作業に他なりません。ね、頭もすっきりしてキレが良くなるでしょう。

さて、カードは「法王/リバース」。

少しばかり注意なカードです。

問題を解決しようとしても、良い策が見つからなかったり、間違った情報を得て判断ミスをしてしいやすい傾向にありです。

これらの障害を乗り越えられるだろうかと多少の不安を感じているかもしれません。

そしてこれらの解決が今までに自分が持っていた価値観が通用せず、先に進めないことも。

しかし!

こんなことは常に起こります。そしていつもどうにかして乗り越えるかやり過ごすかをして進むしかありません。

「そこから抜け出る道は通り抜ける道」

これです。

なお、現状がうまく行かないことで倫理観の欠如が起こる側面があります。

これはダメです。

目先のことに囚われてモラルを失うと、結局は自分の首を絞めることになります。これは法則です。

例えて言えば「貧すれば鈍する」。

モラルの低下は理性で防ぐことができます。と言うか、そもそもそうしかありません。

ね、プレナイトで頭をスッキリさせて物事を正しく考えましょう。

解放されたジャーナリスト・自己責任のバッシングについて

3年もの間、シリアの武装組織に囚われていたジャーナリストの安田純平さんが解放されました。

早速「自己責任論」を持ってしてのバッシングがあるようです。

そしていつも私はこの「自己責任」について考えさせられます。

自己責任と言うなら、生まれた瞬間からもう全部が自己責任と言えばそうなります。

都合の悪いことの全部、世界中の不幸の全部を自己責任にしてしまえばそこで思考を止めることができます。

自分たちができなかった援助を自己責任を持って話を終わりにするわけにはいきません。

これくらいまでなら自己責任じゃないよねー、と線を引くことはできません。

「○○は助けるに値しない」という線を引くことはできません。

確かに、紛争地帯へ取材に入るわけですから元々が自己責任でしょう。

かと言って解放されたジャーナリストを叩く必要がどこにあるのか私にはわかりません。

道義的に助けるべき何かを助け損なったとしても、それを当人の自己責任で済ませることもできてしまいます。

シリアに入れたジャーナリストは世界でただ一人、安田純平さんだけです。あの地で何が起こっていたのか、世界の人がそれを知ることができます。

文明の歴史の目撃者として、出されるであろうレポートは大いに価値があるものです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月24日 最終更新日:2018年10月24日

プレナイト・正しいことを知っている・ 2018年9月12日

 

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・正しいことを知っている・ 2018年9月12日

プレナイトが出ています。(意味辞典に未記載)

プレナイトに期待するのは「正しい答え」。

プレナイトは頭脳を明晰にするパワーストーン。

何が正しく、何がまずいか、これを的確に見分けられる能力を与えてくれるでしょう。

その根底にあるのは理性と感情のコントロールや良いバランス感覚を得ることです。

さて、カードは「ソードの2」が出ています。

これ、結構微妙なカードです。良し悪しよりもアドバイス色が強いでしょう。

現在、何か結論を出さねばならない問題に当たっているのかも知れません。

表面的にはその結論を考えあぐねているように見えますが、実際には心の奥底では自分なりの回答を得ている可能性大。

そこで、自分自身でその答えを導き出していても、それを表に出すことに躊躇(ちゅうしょ)し、誰かに背中を押して欲しいという状態のように見えます。

しかしし、ばらくしたら自ずと結論が下ることの暗示があります。

そこで真実を見ることになるでしょう。

実際には、あなたは正しいことを知っていたようです。

自己反省のヒケツ

前回のコラムでは、まずいことをしてしまったとしても自己嫌悪に陥る必要はないことを書きました。

でも自己正当化するのではなく、やはり自己反省は必要です。

自己反省と言って、ただただ自分を責めてもなんの実りもありません。すぐにやめましょう。

しかし、上手に自己反省できれば自己嫌悪に陥ることなく、償いを終われば晴れ晴れとした気分になりますよ。

1)間違った行動の根源、それは「混乱」

間違ったことをするとき、そこに先にあったのは「混乱」です。

必ずそこには「混乱」があります。

2)混乱を収めるために選択したこと

そしてその混乱を収めようとすると、必ずなんらかの「選択」をします。

もちろん、手をこまねいて何もしなかった、という選択もあり得ます。

3)その選択の結果・・・

その選択が正しければ良い結果に、そして悪い結果だと「間違い」とか「罪」になります。

ですから、自己反省するときはまず最初に、その選択の瞬間の前にあった「混乱」が一体何であったかを明確にします。

必ず、先にあった混乱を見つけてください。

次に、その混乱を収めようとして取った行動を思い出します。
(ま、それが失敗したわけですが、今自分を責める必要はありません)

そこで、他に良い選択肢がなかったか、これをよく考えます。

ことによっては、その混乱についての知識がないために何も思いつかないかもしれません。ならば、その混乱と解決についての勉強をする必要があるかもです。(いえ、勉強しましょう)

以上のようなアクションを通じて、自分が度々してしまう間違いとその根元にある「混乱」の正体がわかるかもしれません。

そうなると、目の前が明るくなることをうけあいます。間違ったアクションを取ってしまった自分を愛おしくさえ感じることでしょう。

もちろん、できる償いはしてください。すごく気分が良くなりますよ。

そして同じ間違いはしなくなる可能性大。

そうそう、上の作業って、かなり明晰な頭脳が必要でしょう。感情が優先していてできる作業ではありませんよ。

そのようなとき、ですからプレナイトのような働きをするストーンが有用です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年9月11日 最終更新日:2018年9月11日