タグ別アーカイブ: プレナイト

プレナイト・選択のとき・2019年6月13日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択のとき・2019年6月13日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「選択力」。

プレナイトは基本的に癒し系ではありますが、今回は「断捨離系」としての使い方になります。これは意味辞典のページの方にある通り。

この、プレナイトが癒し系でありながら断捨離に使える理由は、頭をスキリさせる働きによるところが多いようです。

さて、断捨離にはとにかく「選択」が必須ですよね。

選択とは即ち決断のことです。優柔不断と真逆です。

しかし、何かを選択しようにもどれを選ぶべきかわからない・・・

という人も多いはず。今回はこのことについてコラムで少し掘り下げます。

カード:恋人たち

良いカードとしましょう。そしてちょっとアドバイス。

新しい出会いに関する選択の時を意味しています。

この「選択」ということをしない限り、どんなことにも「すれ違い」が生じます。

通り過ぎて行ったことは、それが一体自分にとって何であったかも知ることができません。

選択しなかったことは体験でいないですからね。

さてさて、この「選択」ということに関してそこに求められることは何か・・・

ちょっと復習っぽいですがコラムで触れることにします。

「選択」を深掘りする

まずは「選択できない理由」を考えます。

だいたい、そこにあるのは「混乱」です。

「Aがいいか、Bがいいか、いやいやCもあるぞ・・・正解はどれだ?」

だいたいこんな感じでしょうか。これっていわゆる混乱です。

上記のA、B、Cそれぞれを同時に試せるなら問題はありませんよね。

また、同時でなくとも順番に試せればそれでも良いでしょう。

しかし、どれかひとつを選ばなければならない時に人は躊躇(ちゅうちょ)するわけです。

「どれかひとつしか選べない・・・」

これを少し深く考えてみます。

どれかひとつしか選べない、ということは、選ばなかった残りの物については手も足も出ない、即ち自分にはどうすることもできない何かです。

過去に戻ってやり直しできないですからね。

で、今は「先のことなど全くわからない」のですよね。

そうです「わからない」のです。

わからないのですから、AでもBでもCでもかまわないということですよ。

AでもBでもCでも、とにかく選んだことに対して対処する・・・これしか道はありません。

そして、とにかく、AでもBでもCでも取り上げてください。

そうすれば最初にあった「混乱」はその時点で消滅します。

混乱を収める秘訣、というか取るべき態度は「わからないのだからとにかくどれでも取り上げろ!」これしかありません。

どれでも取り上げてしまえば、それまで目の前になかった道がとにかく出来上がります。そしてその道を進みながら、新しい選択に進んで行きましょう。

そして選択に求められること

さてさて、じゃあその選択としてどれでも「えいや!」と選べるようになる資質は何か???

それは「自分の運命を引き受ける能力」です。

自分の運命を引き受けられない人があらゆることを人のせいにしていますよ。

自分の運命を人に委ねたり、また気に入らないことだけを人のせいにするよりも、自分の運命を自分が引き受ける方がよほど「楽」で、そして高い感情のレベルを維持できますよ。

不平不満、自分が選択しないで人に選ばせ、結果が気に入らないとそれは人のせいにする・・・

責任逃れをしようとするほどに、余計に人生が辛くなります。

あたりを見渡して、自分の運命を引き受けている人、そうでない人を探してみてください。

明日が良い日になりますように。

プレナイト・マジ方向転換・2019年5月21日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・マジ方向転換・2019年5月21日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「方向転換」「手放す」。

(わっ、前日のサンストーンも方向転換でした!)

プレナイトは方向転換のために「手放す」ことをうながすストーンです。これがサンストーンとの違いになります。

この手放し作用は物理的にも精神的にも働きますよ。

と言っても、物理的に手放すにはそもそもが精神面での作用が必要ですけどね。

さて、プレナイトの手放し系の働きの根底にあるのは「必要な情報だけ選び出す能力」のこと。

で、不要なものを手放せるようになるわけです。

カード:カップの騎士/リバース

おやおや、昨日のカードの延長上、そして良くない系。

物事が思う通りに進みません。

熱意を傾けるほどにそれが空回りする感あり。

空回りするどころか悪い方へ転がることも。

また、頑張って得た結果が思っていたようなことでなかったりと散々ですね。

ここではもう、思い切った方向転換が必要ですよ!

断捨離以前

不要なものを手放す話なのですが、逆に言えば本当に必要なものを手に入れているのか?という問題があります。

多くの場合、すでにここで間違っているかもです。

あたりを見回して、本当に必要なものって何だろうと考えてみたら、実はほとんどのものが不要であったりします。

物質的なものでは衣食以外にどうしても必要と思えるものは少ないかもです。

身の回りの物質は精神的に満足するために手に入れたのかもしれませんが、それらの多くはかなり虚しい何物かであったり。

逆に、精神的に豊かでさえあれば、人は何物かを作り出す能力がありますから、物質それ自体にとらわれることも少ないかもです。

それにしても、身の回りには取るに足りないものばかり。

本当に必要なものだけを持ちたいものです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年5月20日 最終更新日:2019年5月20日

プレナイト・自分の中を見てみよう・2019年4月25日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・自分の中を見てみよう・2019年4月25日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「内観」「真実を選ぶ」。

内観(ないかん):自己の内面を見つめ,そこにあるものを探求すること。

プレナイト自分にとって必要な情報を選び出す能力をサポートします。

そのためにはまず、真実を見極める目を持つことですよね。

これをさらに砕いて言えば・・・

Aということと、Bということがどう違うのかを見極める能力のことです。

かな〜り、理性的になるということです。

そして、面倒がらずにひとつのことに取り組める粘り強さももたらしてくれる、自己実現系のストーンと言えます。

カード:隠者

よしとしましょう。

最終的に何かを見出す前夜にいる感じ。

自分の中や過去を見つめて何らかの結論を見つけようとしています。

あれは自分にとって一体何だったのか?

進んでいる道は正しいのだろうか・・・

様々な疑問に自分で応えようとしています。

精神的な成長の時であるとも言えそうです。

もうじき明るい結論が導き出せそうですよ。

罪の理由をずっと引きずること

今回の話題も最終段階に近いです。

今回はちょっと不思議領域へ入ります。

このコラムでは時折「もしも輪廻転生があるとすれば」ということで話をすることがあります。

で、今話題の「罪」についても触れておくことになります。

過去の罪が現在の生活に影響するのは確かです。

自分の罪を責め続けて現在の生活に縛りを加えている場合、そして無反省のために同じ間違いを何度でも繰り返す場合があります。

端的に言って「分析と償いのない過去の罪は現在に影響する」です。

そこで、もしも人が輪廻転生するとなると・・・

これはエライことになりますよ!

だって過去の何世代もの罪が現在の「生」に影響することがあり得そうじゃないですか!?

輪廻があったとして、人の肉体が滅ぶ(死です)と同時に、その人の罪がすっかり整理されるとは思えません。

罪というは肉体でなく、その人の精神自体に刻み込まれることですよきっと。(もしかしたらこれが真の原罪かもですよ)

で、輪廻転生して何回も「生」を受けていれば、どうしても罪の回数ってハンパないことになります。

罪が繰り返されるのは?

さて、ある罪を犯したとして、そこにある「混乱」と取ったアクションを明らかにしないことには、また同じ混乱が起こると同じ間違いをします。

また、ことによっては上のような分析をしないと「正当化」が始まり、むしろそれが正しいことのようにして同じ間違いを率先して行うことになります。

ということは・・・

ひとつの罪は原因を分析して自分で理解しない限り連鎖する可能性があるわけです。

ということは、ひとりの人の中で、何度もしてしまう同じような種類の過ちには、発端になったただひとつの罪があるということです。

となると・・・

輪廻転生で何度も生きている人でも、繰り返される罪の発端を探し出すことができるということです。

むしろ、連鎖のお尻の方を解決しても根本的な解決にはならない可能性があり、できる限りは発端に近いところを見つけ出す必要ありです。

同じような失敗を繰り返す、という人は、是非とも発端になった最初の出来事、そこにある「混乱」を発見して整理してみてください。

ことによっては罪だと思っていたことがそうでないこともあり得ます。

これを発見すると随分気が楽になりますよ。

やり方のポイントは簡単、できるだけ古い記憶に触ります。

そうだ、そう言えばプレナイトです。

このような内観を行うにはもってこいです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月24日 最終更新日:2019年4月24日

プレナイト・扉が開く・2019年4月5日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・扉が開く・2019年4月5日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「正しい情報を得る」こと。

プレナイトは思考回路にあるゴミ掃除的な役割があります。

余計なものを取り去ることが情報整理になるわけです。

そのためには感情を安定させることも働きの中に入ってきます。

もちろん感情が動くことそれ自体は正常ですが「反応的なもの」「不合理なもの」は避けたいところ。

カード:カップの7/リバース

これはリバースに出て良いカード!

それにしても良いのが続く・・・

チャンスが舞い込む系の良い兆候。

無理じゃないか、と思っていことにでも挑戦できる突破口が見つかる、そんな傾向があります。

それから、自分がやろうと思っていたことに対する助け舟が現れたり。

経済面での向上や発展も含まれます。

まずは自分の可能性を信じること!

プレナイトを使って頭脳を明晰にしてこのチャンスを生かしてください!

エネルギー依存の考察(その2)

意図をしっかり持つ前にエネルギーに依存しようとすると、余計なものを抱える傾向にあります。

例えば・・・肥満

普通に食べ過ぎというエネルギー取り入れ過多は肥満の原因なのは当然ですよね。

ところが、食べなくても太る要因として「過去の映像の記録」を抱えることがあります。

この映像はエネルギーの塊です。その上、これは体重計で測れるような重さまで持っています。信じ難いかもしれませんが本当です。

この過去の映像の記録は、ストレスフルな状態の時に抱え込みます。

このとき抱え込む過去の映像というのは「悪い記憶」ですね。

現在のストレスの元になっていることと、どこか似たような過去の出来事の映像です。これをいくつも取り出して抱え込むことをします。

人によっては、そういった過去の出来事に関して後悔してみたり、今はどうしようもないのに恨みつらみを言ってみたりを繰り返します。

心にそのような「反応」を呼び起こせる過去の映像の記憶は、確かにエネルギーを持っているわけです。(さもないと心に反応を呼びおこせないでしょう)

さて、この人が誰かと会って色々話したり楽しく過ごせたとすると、ストレスがある程度は軽減されるかもしれません。

こうなると、本人が気づかないでも過去の出来事の映像をある程度手放しており、本当に体重が軽くなります。

ところで、この悪い思い出にまつわるような、過去の出来事の映像をなぜ抱え込みたいのか?

これってやはりエネルギーを欲しがっていることがあります。

エネルギーに依存すると、それがどんなものでも「ないよりかある方がまし」と思っているようです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月4日 最終更新日:2019年4月4日