スギライト・直感を信じよう・ 2018年7月13日

スギライト(Sugilite)
スギライト(Sugilite)

スギライト・直感を信じよう・ 2018年7月13日

スギライトが出ています。

スギライトに求めるのは「神経質にならないこと」。

もうお馴染みの三大癒やしストーンのひとつですね。

ただし今回は癒し系に加えて「センスを豊かにする」ことにも関連して使いたいところ。

そこでまずはカードとして「女教皇」が出ています。

このカードが示唆するのは「直感やインスピレーションに従え」です。

現状では問題の解決や、方向性の決定で迷いがあるなら、考えるよりも直感に従う方が良さげ。

そうして見た時、もしかしたらあまり思い通りに進まないことがあるかもしれませんが、それでもどうやら最終的にはあなたが願っている方向に終着しそうですよ。

で、その間に「あれはこれで良かったのだろうか」とか「このインスピレーションは正解か?」とか考え、悩むことは良くありません。

なのでここでスギライトの癒し系の働きの出番となるわけです。言われのない不安など吸い取ってもらいます。

その上にスギライトは、傾向として第六のセンス刺激系ですから、インスピレーションといった、五感を超えたところの感覚をちょっと鋭くすることに期待したいのです。

やっぱり見ること

ここしばらくのコラムの内容を極度に集約しますと・・・

「考える前にとにかく見ろや!」です。

これを他に色々と言い換えると以下のようになるかもです。

「見てから考えろ」
「見てないなら単なる想像じゃん」

でまあ、見られない理由は感情のレベルとして「恐怖」あたりにある場合ですね。

怖いから見られません。

ところが・・・

今回のスギライトのように第六感刺激系が好きな人がいます。

五感以外のセンスを持ちたいわけですね。

でも普通「それはやめときなさい」と言いたいです。

というのは、第六感が欲しい人のいくらかは、先にある五感を使って見ることが「できない」(すなわち怖い)ので第六感を欲しがる傾向にあるように思われるからです。

「五感の方でしっかり見られない人が、六番目の感覚で何を見るん?」です。

そして今回のカード「女教皇」ですが、直感やインスピレーションに従うべき、と言っても、それが怖くてできないケースも多々あります。

直感的にそう感じた(要するに見ることと同義)としてもそれが怖いこと、嫌なことなら、それをなかったことにしたいでしょう。

そこでスギライトで少しでも和らげましょうということです。

でも元々の最大な要点は「しっかり見ること」に他なりません。

そして、ややこしいゴリ押しをしておきますと、「見ること」はすなわち対象に対するコミュニケーションです。

で、見た何かが大層に衝撃的で受け入れられないとき、人は卒倒して気を失ったり。これコミュニケーションの断絶。

さて、あっという間に今週最後のアップになりました。

次回はまた次の日曜の夜になります。

↑間違い!

あ、16日(月)は休日ですね。次の更新は16日((月)となります。

それでは良い週末を!

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年7月12日 最終更新日:2018年7月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください