シトリン・栄誉を得る・2019年3月18日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・栄誉を得る・2019年3月18日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「豊かさ・実り」。

シトリンは金運ストーンとして売られることが多いのですが、その本質としては「所有性の拡大」があります。(今回のコラムに少し詳しく解説)

平たく言えば、金運として「お金が転がり込む」というよりも、その器を用意する、という感じ。

シトリンにこれができる根本として、下がった感情のレベルを引き上げるということも関連しそうです。

カード:カップの王

良いカードです。

これまでの行いが正当に評価され、それなりな実り、地位を得ることになりそうです。

今現在の状況として十分に賛同が得られていないように見えても、もう少しで協力者が出てくる兆候。

ビジネス系ではビッグチャンスが巡ってきそうですからそれなりな受け取りの心づもりを。

所有性について復習

このコラムでは何度か出てくる話題の「所有性」。

所有性とは、何かを所有するための能力。何かの持ち主になることです。

言い換えれば「引き受ける能力」です。

所有とは、自分自身が維持管理して責任を持てることですね。(もちろん、それを誰かに委ねるという権限も含めましょう)

そして所有には単にある物体を自分の物として所有するという意味以外に、組織や環境に関しても言えます。

例えば社長とか監督という立場の人は、それぞれが認められた権限に置いてその組織を所有していると言えます。

この所有性に必ず伴うのが「責任」ですね。責任のないところに真の意味での「所有性」はありません。

ですから社長とか監督といったリーダーになりたくない人は、単純に言えば「責任を負いたくない」ということです。

何かを所有するための許容量は、そのまま「責任を負うことを引き受けられるか?」という自分自身の決定によります。

「あそこに見えるビル一棟を君にあげよう」と言われたとして、今現在の自分自身にビルの持ち主としての責任を負う能力があるかどうかは関係ありません。

単に「責任を負うことを引き受けられるか」それを自分で決めるかどうかなのです。

そこでシトリンは、この引き受ける能力をアップさせるわけですね。

簡単な例として、ある大きな仕事が舞い込むとします。

「わ、それはちょと引き受けられません」
「はい、それを引き受けてみましょう」

これらの違いは、前者では小さくまとまるだけのことで終わります。後者ではビジネスが拡大する可能性があります。

上の答え2つ、どちらにしたって実際には確証はないでしょう。単なる決定だけでどちらの道に進むか分岐します。

明日が良い日でありますように。

ブルーフローライト・一歩引いてみよう・2019年3月15日

 

ブルーフローライト(Blue-fluorite)
ブルーフローライト(Blue-fluorite)

ブルーフローライト・一歩引いてみよう・2019年3月15日

ブルーフローライトが出ています。(意味辞典に未記載)

ブルーフローライトの働きはは端的に言って「落ち着いて内面を見る」です。

ちょっと落ち着いて、本当はどうしたいのか、何がしたかったのかを明らかにする手伝いをしてくれます。

このストーンの面白いところとして、沈静化と活性化のどちらにも有用であること。

浮ついて考えがまとまらない時には沈静化を、気分が沈んでいる時には活性化に役立ちます。

カード:ペンタクルの9/リバース

ううむ、これはいかんです。

が、悪く考えるよりアドバイスとして受け取りましょう。

目的達成のために思っていた以上に犠牲を強いられることあり。

また、その目的をゲットしてみたものの、思っていたようなことでなかったり。

しかしそれで「こんなはずでは!」と思って同じ方向に頑張り過ぎてもさらに大きな損失があるかもです。

ですので、ここは「引く時には引く」という考えを持ってみましょう。

そうして少しの間、落ち着いて自分自身の内面を見てみましょう。

一歩引いて見てみよう

はい、上手く行かないことは人生につきもの。

今回のカードでは、目的を達成したとしても払う代償が大きすぎるかもといったことですね。

ここで、自分にとって何が大切なのか見直してみるのは、実際には大きな収穫になるかもですよ。

例えば、喧嘩が始まったとして、理詰めで相手をやっつけたとしても、そこには何も残らないか、ことによってはマイナスの歴史を刻むことさえあります。

もしかしたら、相手を力でねじ伏せるのではなく、説得して仲間になってもらった方が本来の目的にかなうということもありますよ。

大きな例えをすると、世界平和のためにしていることなら、その反対者を全滅させてしまっても構わない・・・とこんなことになっては元も子もないですよね。

少し大きい目で見て、自分が元々望んでいたことを再発見するには良いきっかけの時期かもです。

明日が良い日でありますように。

アメジスト・今はじっくり・2019年3月14日

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

アメジスト・今はじっくり・2019年3月14日

アメジストが出ています。

今回アメジストに求めるのは「今はじっくり考える」こと。

もうお馴染みのアメジスト。「冷静になる」パワーストーンですね。

とにかくちょっと頭を冷やしたいときにはうってつけです。

他のパワーストーンへの浄化力もあって重宝し、大変使いやすいです。

ただし、今回の「じっくり考える」については下のコラムでちょっと考察を加えておきますね。

カード:ソードの2

ちょっとばかり考えあぐねたり、迷ったりしていることがあるかもです。

どっちかと言えば膠着(こうちゃく)状態ですね。

(実は本心ではどうするべきか気づいていることも)

もしかしたら、誰かが都合の良い助言をくれるか背中を押してくれるのを待っている・・・という受け身の状態かも。

しかし、いずれ近い将来、なんらかの答えが出てきます。

慌てることはありません。

考え・悩み・評価

だいたい考え過ぎてもロクなことにはなりません。

これ、本当ですよ。

実は、考えているようで単なる先送りだったりします。

または、何もしないがための言い訳だったりします。

それよりマズイのは悩んでしまうことですね。

考えたり悩むくらいなら、その対象物とコミュニケーションを取るのが早い解決になりますよ。

考え過ぎと悩みは往々にして「コミュニケーションの無さ」から始まることが多いです。

そこで、アメジストによる「じっくり考える」は、理性を刺激して「考え過ぎ」や「悩み」をまず「置いておく」ことをします。

で、冷静になって何をするかと言えば「評価」です。

考えや悩みの対象となっている事柄に関してより的確な「評価」ができるよう、改めて情報収集するなりの活動が必要でしょう。

そのためには、それらの状況とコミュニケーションする必要がありますよね。

で、コミュニケーションが「理解」の要(かなめ)にあります。

明日が良い日でありますように。

ブルーサファイア・視野を変えよう・2019年3月13日

ブルーサファイア(Blue-sapphire)
ブルーサファイア(Blue-sapphire)

ブルーサファイア・視野を変えよう・2019年3月13日

ブルーサファイアが出ています。(意味辞典に未記載)

ブルーサファイアに求めるのは「視野を変える」こと。

あれやこれやとしなければならないことがあり、とにかくそれをこなしながらも「これはなんとかならないか」と思うことがありませんか?

そんなときにはブルーサファイアがおすすめ。

押し寄せる仕事に翻弄され、合理的な判断が鈍っているとき、視野を変えて眺めるのがヒケツです。

思考回路を柔軟にして、改めて判断力を取り戻します。

カード:ワンドの10

ちょっとばかりお疲れ気味かもですよ。

とりあえず、必要なことはこなしているか、目的をゲットしてみたものの、ズンと重荷を背負った状態なのかもです。

でもね、とにかく「やれている自分」を褒めることをしてみましょう。

「とりあえずよくやった」と。

でね、よーく考えてみたら「こんなことまでしなくてイイ」ということも沢山あるかもですよ。

それに「だから、結局、これが何?」ということを一生懸命していたかもです。

自分にとって本当に意味のあることを改めて探し、新しく決定しみることも必要かもです。

また、同じ状態を見たとしても「見方を変える」ことで感じ方が変わることも。

視野を変える話

見方を変えると感じ方が変わります。

これはわかりますよね。

同じ状況でも見方が変わると・・・

「残りがあと半分しかない」
「まだ半分残っている」

こんな感じ。

ここまではよくある話・・・

一歩進めてみましょう。

「 その人は真実の創造者でおり、真実に同意する人ではありません。」

人がもっとも調子が良いとき(感情のレベルが高いとき)には「真実の創造者」です。

普通以下の状態にいるなら「同意する人」です。

何かに同意する状態から、真実を作る側に立つとき、完全に視野が変わりますね。

そうだよね、仕方ない、どうしようもない、だってコレコレだから・・・

これらが同意の台詞です。

そして・・

「ノーということを学べ。ラテン語が読めることよりずっと役に立つはずだ」
(チャールズ・パッドン・スポルジョン)

そして・・・

「人間にとっての主な仕事は自分自身を創造することである」
(エーリッヒ・フロム)

ノーと言えば、それは実は創造の始まりかもです。

明日が良い日でありますように。