2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

アドバイス色の強いカードです。

個人的にはけっこう好きですね。

男が逆さまに吊られている絵ですが、単にまずい状況を示しているわけでもありません。

ひと言でいえば「ジタバタするな」ですね。

状況を受け入れることは苦痛がともなうかも知れませんが、そうしてこそ解決策が見つかります。

まずい状態のときこそ自分自身の真価が問われます。ゲームを放棄するか、一発大逆転する力を信じるか、これはその人次第です。

今のあなたには「試練」をクリアできる力があるはずです。

辛抱強く耐え、時を待ちましょう。

元から持っているひらめきを種として、状況は一変し、人生が変わる可能性もあるのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「試練をクリアする助け」。ラピスラズリは運気と密接に関係があるパワーストーンです。主人である人がより良い成長を果たすために、その人が生きている間に経験したり、学ばねばならないことなどを素早く察知し、呼び込みます。最終的にはあなたを守護するストーンになります。

あるがままに見るとそれは消えてなくなる

吊られた男がそこから脱出するには、今自分が置かれた状態をあるがままに受け入れることが条件になります。

状況が受け入れられないと言ってあがいているうちには脱出のチャンスを見失ったり、さらに状況が悪くなります。

これは実のところ「知らないでいる」から「知っている」の状況に近づくことと言えるかも知れません。

「知っている」はすなわち「あるがままに見る」です。

(ただし、完全に知っている、というわけではありませんよ)

「それは嫌だ!」と思いつつそれを見ても、それは「あるがまま」を見ていることにはなりません。だからその対象は「存続」します。

このままではあまりにも抽象的なので単純な例えを書いておきましょう。

例えば、負債を負っていたとしましょう。

「これをなんとかしなきゃ」と思うわけですが、本気でそうしようと思えばその負債の内容を明らかにしなければなりません。

返済するのか、免除される部分があるのか、返済するにしても現実問題として可能な方法があるのか・・・

このように考えられるようになるには、その負債を「あるがままに見る」のが第一歩です。あるがままに見ることができるようになってこそ、その負債を消すことができます。

負債が実際にいくらあるのか?それがわからないでは返済もできず免除のアクションも取れないでしょう。

他の例では、過去の辛い出来事はそれを忘れているつもりでも現時点の自分自身に影響を与えています。

これから脱却するにはその出来事を「あるがままに見る」のが必須です。出来事を否定し、忘れようとしている限りはその出来事はいつまでも影響力を持っています。

「あるがままに見ると、それは消えてなくなる」

これを覚えておいてください。

明日が良い日でありますように。

2017年10月11日 シトリン・信念を曲げない/ワンドの5

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

2017年10月11日 シトリン・信念を曲げない/ワンドの5

良し悪しよりもアドバイス色の強いカード。
(前回の延長っぽくありますね)

何かと「試される日」となるでしょう。

思ったようにことが進まず、つい投げ出してしまいそうになることがあるかもです。

しかし!最初の決意を思い出し、自分の信念曲げず立ち止まらないこと。

前進する姿勢がある限り必要な応援が得られ、ゴールに達することができます。

また、ちょっとした苦境からそれを突破するためのひらめきが得られたり、斬新はアプローチを思いついたりすることもあり。

いずれにせよ、後から賛同者や援助者が現れて大きな富につながる可能性あり。

このようなときにオススメのパワーストーンはシトリン

シトリンに求めるのは「自分を信じる力」。シトリンは主人に「自信・勇気・明るさ」を与えます。どちらかといえば癒し系の要素を持っており、今回のカードのように「挫折しかかる」と言った困難に折れそうになる心を助けます。セレニティアスではシトリンを金運系で使うことはまずありません。

なお、ページトップにあるシトリンの画像はあまり黄色く発色していませんが、天然状態ではこのような色が多いです。ショップにある物ですごく綺麗な黄色をしたシトリンは色加工していると思って良いです。

完璧を求めない方が楽でうまく行く(その2)

前回は「完璧さを求めるよりとにかくスタートしよう」ということを書きました。

それに関連して「知らないでおく」ことの重要性について復習します。

まず、結果を知っているとゲームが始まりません。そして「完璧である」ことは全てを知っていることに他なりません。

本当に完璧であれば、もうそのゲームを始める必要がありません。

実際のところ、すべてのゲームは「知らないでおく」ことから始まっています。

ただし・・・ろくでもないゲームを始めてしまってはダメですよ。

これまでに書いてきた「知らないでおく」のパターンの中には「知らないでおいている」がために始める意味のないゲームの数々がありました。

良いゲームも悪いゲーム(害があるゲーム、嫉妬など)も「知らないでいる」ことによって成り立っていることを思い出してください。

どちらかというと、人間の魂は「知らないでおく」ことが非常に得意なようです。

そして、「知らないでおくこと」によって何かをスタートさせると、それはどこかで「知ること」を得ることになるでしょう。

ことによっては、まずい結果を「知ることになるかも」という恐怖によってスタートを切れないという場合もあるでしょう。

人は、知らないでおくことは得意なのに、知ることの方は不得意なのかもしれませんね。

なにせ、「知ること」はそこでゲームが終わりになりますから。

人はいつでもゲームを欲しています。

明日が良い日でありますように。

2017年10月10日 インペリアルジャスパー・少し耐えよう/ワンドの8/リバース

インペリアルジャスパー(Imperial-jasper)
インペリアルジャスパー(Imperial-jasper)

2017年10月10日 インペリアルジャスパー・少し耐えよう/ワンドの8/リバース

連休明けの初日となります。

少しばかり注意のカードですが、アドバイスに従って乗り切りましょう。

急速な変化に心がついていけないかもです。

また、人間関係においても疎外感があったりでコミュニケーションの不全が起こることが考えられます。

ここしばらくはことがうまく行かずに苛立ってしまいそうになるでしょうが、ここはぐっと耐えてください。

ゴールを見失わず、冷静さをキープしていれば早くに正しい軌道に戻れます。

このようなときにオススメのパワーストーンはインペリアルジャスパー

インペリアルジャスパーに求めるのは「客観的な判断、意志の強さ」。自信を持って行動できるように後押ししてくれるストーンです。また、今回のカードのアドバイスにある「人間関係」についてもより良い状態を作れるように手伝います。

完璧を求めない方が楽でうまく行く

久しぶりにライフハッカーの記事を紹介いたしましょう。

最初から完璧を求めないほうが、結果的に生産性は高まる

まあ、生産性とかと固いことは言わないまでも、完璧を求めようとするとなにせスタートさえ切れないことが多々あります。

大事なのはまず「スタート」することだ、と思いましょう。

完璧主義者の人がつまづくのはまずスタートです。

完璧主義であることは、なにせスタートするための準備自体が完璧でないとスタートを切れないわけですから。

むしろ「今できることから手をつける」が正解です。

「今できることから手をつける」とは、どこかで見たことがありませんか?

それはすなわち「混乱を治める方法」に他なりません。このコラムで何度となく取り上げた話題です。

「わっ!どこから手をつけて良いかわからないぞ!」

というとき、これを解決する処方箋は「どれが最善かわからないでもとにかく手をつける」です。

そしてスタートを切ってしまえば、想定されるゴールに対してどれくらいの労力や資源が必要そうかの見積もりができるようになってくるものです。

そして本日できることのうちの20%もできたとしたら、それはかなり上出来。後の80%は半ば自動的にでもできてしまうだろうということを覚えておいてください。

たった20%できるとかなり見通しは明るいのです。

どうですか?

何かを始めるにあたって、または始めた途中でも少し気が楽になりませんか?

じゃあ早速、手をつけてしまいましょう!

明日が良い日でありますように。

2017年10月6日 ガーネット・復活と再生/審判

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年10月6日 ガーネット・復活と再生/審判

「リセットの力」を得られる日。

まるで新しく人生を始められるような転機を迎えようとしている暗示です。

それもまるで生まれ変わったように。

一度はあきらめたことに再トライできます!

または全く新しいことを始めるにも良い日となるでしょう。

ただし、中途半端にしていることには何らかの審判が下る日になります。

特に、現状の自分自身に影響を与えている過去の体験を手放すよう努めてください。そうすることで状況は好転するはずです。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのはとにかく「あきらめない根性」。

ガーネットは主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

手放すことで復活できる

今回のカードは「再生」「復活」「覚醒」といったワードで例えられます。

そしてアドバイスとして「過去を手放す」とあります。

実のところ、過去を手放すことができればいつだって復活や再生、覚醒ができますよ。本当はそうなんです。

このコラムで何度も書きますが、さらに復習として書きます。

手放すためにはそれを忘れようとするのでなく、一度は「よく見る」ことが必要なのです。

十分に見てもいないものをどうやって忘れることができるでしょうか。

嫌だから見られない。見られないから「それが何だったのか」理解できない。

理解できないものはミステリーとなり、現時点の自分自身に影響を及ぼすことになります。

手放す、すなわち忘れるためには、そもそもがそれをよく見て納得しなければなりません。

その対象を嫌だと思う前に、納得いくまでよく見てやろう・・・こういったノリになってください。

何度もそれを見ているうちに感情が動き出すでしょう。そして退屈になり、どうでもよくなり、バカバカしくなって、最後には笑ってしまえたらOKです。

これはどなたにも少なからず経験があるのではないでしょうか。

過去の大失敗があったとして、そのときには必死であがいているのですが、何年か後にはそれが笑い話になっているとか。そして日常的にはそんなことはもう忘れているということがありませんか?

これは自分自身でよく見た出来事であり、ミステリーが含まれない、完全に手放せる過去そのものです。

気になることはこのメカニズムに従って消去してしまえたら幸せです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月5日 最終更新日:2017年10月5日

017年10月5日 グリーンフローライト・初心に戻ろう/ワンドの10/リバース

2017年10月5日 グリーンフローライト・初心に戻ろう/ワンドの10/リバース

ちょっとばかり注意なカード。

あらぬことで努力がフイにとか、かなりきわどい状態にはまり込む暗示です。

その上に、ダメとわかっていてそれを続けざるを得ないという状況の発生とか・・

いやでもねえ、人生にはそんな状況は時折は起きますよ。誰だにだってあります。

全部が全部、順風満帆とは行きません。

ハプニングで心が折れそうなときには、「初心」を思い出しましょう。

そして落ち込むヒマがあったら「どう切り抜けようか?」と考えるのです。

そして「初心に帰る」はかなり良いお薬ですよ。迷ったらそうするべき。

また、どうしても落ち込んでしまったなら、ルーチンワークや部屋の掃除で切り抜けてしまいましょう!

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーンフローライト(意味辞典に未記載)。

グリーンフローライトに求めるのはとにかく「発想、思考の転換」。このストーンは多面的な物の見方や判断ができるようにサポートします。この働きは結果的に冷静さをアップさせることにもなります。あることで冷静さを欠いて感情がたかぶったとしたら、それは物の見方が偏っている可能性がありますよね。

どうして良いかわからない、という混乱を治める

今回のカードは、本文にも書きましたが誰にも起こり得る、まったく普通のこと。とにかく乗り切ってしまうこと以外にありません。

そして、ゲームにはハプニングがつきもので、そうでなければすぐに退屈してやめてしまいます。

退屈なゲームは誰にとってもつまらないのです。

さて、今回のカードの処方では「初心に帰る」がありました。

具体的には、基礎的なことを見直すとか、そもそも今持っている情報が正しいのか?といったことを洗ってみましょう。

混乱を治める唯一の方法とは、すでに何度も書きましたが「とにかく何かひとつ取り上げる」です。

そして今回、どうして良いかわからないなら「初心に帰る」を取り上げて混乱を治めるわけです。

今思い出しましたが、夜の地震や火事でのとき、家から逃げだす人がなぜか「枕」持って出てきている、という話を聞いたことはないでしょうか?

これは実際にあることで、枕だけでなく、とにかくまったく大切そうでない適当なものを持って逃げ出しています。

実はこれが「混乱を治めるためにとにかく何かを取り上げる」というアクションの典型例です。

その人は、すぐそばにあった枕を取り上げることでとにかくその場の混乱を治め、逃げ出すということができているわけです。脱出それ自体に成功していますから、持ち出す物が枕でも良いのです。

慌てていたから枕を持って出たのではありません。枕をとにかく取り上げたので、逃げ出すことができたのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月4日 最終更新日:2017年10月9日

2017年10月4日 タイチンルチルクオーツ・チャレンジすべし/ワンドの騎士

2017年10月4日 タイチンルチルクオーツ・チャレンジすべし/ワンドの騎士

迷いがあるならここで吹っ切りましょう。

このカードはあなたに「さあやれ!」と告げています。そして転機がやってきているという暗示もあり。

あなた自身でも動きたくてウズウズしていませんか?

目標があるのなら、自分で退路を絶ってでも前進するべき日。

優柔不断を切り捨て、すぐに実行!すぐに行動あるのみ!

さあ、ものおじせずに冒険に踏み出してください!

今チャレンジしなかったことを後から後悔しないように。

このようなときにオススメのパワーストーンはタイチンルチルクオーツ(意味辞典に未記載)。

タイチンルチルクオーツに求めるのはとにかく「パワー、行動力、底力」。働きはルチルクオーツに準じますが、それをさらにパワーアップした感じです(ヘマタイトも近い部分あり)。別名で太陽ルチルとも呼ばれていますね。とにかく持ち主のエネルギー活性化の役割を持ちます。

ゲームの実例・何と対戦しているのか?

このコラムで何度に分けてゲームのことを書いてきました。
そうです、人生はゲームでなりっています。

そして人はゲームなしには生きていられません。

しかしながら、うっかりすると始めるゲームを間違います。そのゲームが生存の多重円でどこかのエリアをくじくようなゲームはダメなわけです。この多重円で、どこかのエリアをくじくことをすると、巡り巡って自分自身が生きられなくなるのです。

それでは、以下に最近目にしやすい「間違っている」と思われたゲームをあげてみます。

かなり大きな視野で見たとき「政治」というゲームがあります。

政治本来の目的は「国民が幸せになること」ですよね。これがこのゲームのゴールです。

これはかなり難しいゲームです。

そして政治家は「対戦者」を間違ってしまうことが「多々」あります。それは例えば、自分の意見に反対する国民を対戦者にしてしまうことがあります。

元々このゲームのゴールは「国民の幸せ」ですから、国民を対戦者にしてはなりません。反対者の幸せも実現していくという難しいゲームではあります。

しかしながらある国の総理大臣は、一部の反対派の国民に対し「こんな人たちに負けるわけにはまいりません!」と言っていました。これは対戦者を間違っている典型的なケースです。

反対党の政治家と論戦して意見を戦わすのは良いでしょう。これはまともなゲームです。しかし国民の一人一人を対戦者にするのは大きな間違いと言わざるを得ません。

この例にある通り、元のゲームと違う戦いをしてしまうことがあります。

ゲームのゴールを正しく認識しているか?
そしてその対戦者は正しく選んでいるか?

これを自分自身でいつも確認することが大切です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月3日 最終更新日:2017年10月3日

2017年10月3日 アメジスト・決定ごとは持ち越しに/正義/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年10月3日 アメジスト・決定ごとは持ち越しに/正義/リバース

ちょっと要注意なカードですね。

冷静さを失い易い状態を暗示しています。

また、いわれのないことで損害を受けたりといった可能性も。

そして自分自身でも倫理観の下がった考え方に囚われて間違った判断を下し易い傾向が出ていますよ。

でも心配しないでください。落ち着いていれば切り抜けられます。

決定ごとは先送りが吉。

できる限り冷静に、感情をセーブしてことに当たりましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのはとにかく「冷静さ」。もうこのページではお馴染み、冷静になることに関する定番のストーンですね。アメジストは他のストーンを浄化したりとか大変有用ですから、必ず持っていたいストーンのひとつと言えます。

誰かを助けるときの秘訣

少し前にこのコラムで、誰かを助けようとするときはその人が持っている問題を代わりに解決してはいけないことを書きました。

その人に成り代わって問題を解決しても、その人はゲームを失い、すぐに新しい問題(ゲーム)を得てしまうという説明をしましたね。

さて、それではその人が持っている問題を解決する「手助け」をするにはどうすれば良いのかを説明しておきます。

問題を持っている人を助けるときにに使って良いのは以下の問いかけです。

「それについてどんな手が打てるでしょう?何ができますか?」

そう簡単には答えが浮かばないかもしれません。しかしこれを相手に考えさせます。馬鹿馬鹿しい答えでも構いません。とにかくどんどん案を出してもらいます。まったくうまく行きそうにない案でも構いません。

ここで、そもそもが何も手立てがないから悩んでいるのではないかと思われるかもしれません。

しかし、「何か案はないか?」と誰かに問われるのと、自問自動で悶々とするのとではまったく違った状況です。

そうして無理にでも何か手立てを考えているうちに、その人は感情のレベルとしてジワジワと上に上がってくるのが期待できます。

ことによっては「こんな問題はもうどうでもいいや」と思えてしまえるかもしれません。そうなると、そもそもがどうでもいいゲームだったということです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月2日 最終更新日:2017年10月3日