カテゴリー別アーカイブ: その他

ムーンストーン・痛手がある・2019年3月6日

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

ムーンストーン・痛手がある・2019年3月6日

ムンストーンが出ています。

ムンストーンに求めるのは「不要なものを手放す」。

この「不要なもの」には自分の中にある「不要なもの」も含まれます。むしろこの方が大事でしょう。

この働きの基本として「自分自身のことをよく知る」があります。

さらに、この根本を説明しますと「無意識部分のフタを開ける」ことがあるかもです。

日常的は本人が気づいていないことがたくさんあります。

実際にはまったく不要な考えに囚われて操られていることがあるわけです。

そのようなことから自分自身を解放するということですね。

この辺りのこと、意味辞典のムーンストーンのコーナーでは触れていません。(難しすぎますよね)

カード:ソードの3/リバース

ううむ、ちょっと厳しいカード。

中途半端な結末や「しこり」が残るような結論が待っているかもです。

これって「とらわれていること」なんですよね。

「引きずらず、前を向こう」です。

実は、これができることで思わぬ展開があることも示唆していますよ。

ソードの3は表裏共にあまり良くはないのですが、裏の場合は逆手にとって「不要なもの」を捨てるチャンス。

この際、今回の痛手は捨てるべきことを発見して捨てる、ためのことと思いましょう。

コミュニケーションをはばむもの

ここのところ「理解」すること、してもらうことについてコラムで復習していました。

で、今回は中でも「コミュニケーション」に関して集中的に復習。

知らない言葉、間違って覚えた言葉

コミュニケーションが破綻するもっとも大きな理由は、会話の中に「知らない単語」「意味を取り違えて覚えている単語」が含まれる場合です。

六法全書を読んで眠くなる理由はまさにこれです。

ですので、会話ややり取りの相手がわかる言葉を使わねばなりません。

単純な例では子供に何かを教えるときです。

その子供たちの語彙力(ボキャブラリー)の中で話さねばなりません。

このように大人対子供で言えば、大人が注意すればほとんど問題ないのですが、大人対大人は結構注意が必要です。

大人の場合、人それぞれ、専門分野以外の単語はもちろん知りませんが、うっかりすると自分がいる専門分野でしか通じない単語を使ってしまいがちです。

で、大人は子供ほど素直ではない場合が多く、知らない単語を聞いても「知ったかぶり」をしてしまいます。

これだと、実は相手の言うことが頭に入りません。表面上でわかったふりをしていても、実はコミュニケーションは破綻しています。

で、実は、その人が何か苦手な学科があったとすれば、その学科の中で意味を取り違えて覚えてしまった、または十分に意味をわかっていない単語がそこにあった可能性大です。

それから、大問題なのは、専門分野の言葉でなく、一般日常にある言葉の意味を間違えて覚えている場合もありますから、これはかなり危険な状態にさえなりますよ。(すべての学科でダメになります)

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年3月5日 最終更新日:2019年3月5日

回る回る運命の輪・2019年1月28日

回る回る運命の輪・2019年1月28日

先に書きますが、また運命の輪が出ました。1月23、24日に続きます。

とりあえず、このカードに対応するパワーストーンをざっと以下に挙げてみます。

  • アメトリン
  • ターコイズ
  • ローズクオーツ
  • ヘマタイト
  • カーネリアン
  • ラピスラズリ
  • ピンクオーラクオーツ
  • ホワイトオパール
  • タイチンルチル
  • グレームーンストーン
  • アンバー
  • モスアゲート
  • レインボーオブシディアン
  • ホークスアイ
  • レッドタイガーアイ

これらのパワーストーンの多くは、運命の輪に任せるだけでなく、自分で積極的に運命を回せ、受け取るものは素直に受け取れ、というニュアンスがあるように思います。

未来を予測するもっとも確実な方法は、自分で未来を作ること、これに限ります。

カード:運命の輪

もう単純に吉兆です。これまでに書いた通り。

これまでの苦労や問題が嘘のように溶解、霧散しビッグチャンスが巡ります。

しかしながら、この輪は回っています。

このチャンスを掴み取れる人にとってだけ吉兆だとしましょう。

大坂なおみさんに思う「知っている」

TV、新聞で大きく報じられている通り、大坂なおみさんが全豪オープン(テニス)という大きなタイトルで優勝し、世界ランキング1位に輝きました。

筆者もTV中継で試合を見ていました。

印象に残ったのは大坂さんと、対戦者クビトバ選手、両方の表情です。

両者とも、超一流の試合をしている人の表情に見えました。

後のインタビューで大坂選手は以下のように語っています。

「ロボットのように空っぽになり、これまで練習してきたことや自分の命令をただただ実行する感じだった」

多分、大坂選手だけでなく、対戦者のクビトバ選手も同じだったのではないでしょうか。

「空っぽになり、ただただ自分の命令を実行する」

このレベルが「知っている」だと思います。テニスをないしは「自分のテニスを知っている」です。

このコラムで何度か書きました以下のスケールを取り上げます。

  1. 知っている
  2. 見ている
  3. 感じている
  4. 努力
  5. 考えている

また「空っぽになり、ただただ自分の命令を実行する」は、過去も未来も、そして自我さえもない状態のように思います。

上のスケールで「考えている」は過去のことに囚われており、そして「努力」は未来のことに囚われていることだと書きました。

(ちなみに、「考えている」は努力しないで済むためにすること)

超一流選手がしていることは「知っている〜見ている」の間にありそうです。

試合ですることは、現時点において「見る」「知る」しかありません。

一方、負けた選手の多くが「感じている〜考えている」にある時間が多いように思えます。

それから、細かいことを書きますと、大坂選手は試合の途中で「感じている」に落ちる瞬間があります。これは対戦者のクビトバ選手よりも回数が多いかもです。

しかし大坂選手は自分で自分を持ち直すことができるようで、それができるのが不思議に自分がかなり形勢不利なときなのです。

今回の試合、テニスのことだけでなく、一流選手特有の「悟った時間」の話題です。あの最終試合、両者ともに悟った顔をしていました。

ちなみに、一流選手の試合中の「感情のレベル」はもちろん、最高位の「静穏」です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年1月27日 最終更新日:2019年1月27日