ブラッドストーン・計画の立て直しで打開しよう

2015年3月11日 ブラッドストーン・計画の立て直しで打開しよう/魔術師のリバース

予想通りに運ばないことがありませんか?

思ったように行かないことがあってちょっと焦り気味。

打開策としてはプランの変更です。遠回りのように見えますが、今の方法を捨ててみることで状態は変わるでしょう。

このようなときにお勧めしたいのはブラッドストーン(意味辞典に未記載)。このパワーストーンは逆境や困難に遭遇したとき、目標を簡単に諦めることがないように精神的な強さをサポートしてくれます。特にプレッシャーに弱い人には強い味方になるでしょう。

なかなか手に入らないものは一度アプローチ方法を変えてみましょう。気分を変えて気分の立て直しを。

混乱を利用してスキルアップしよう

思うように運ばない何か。これって混乱ですよね。

このコラムで何度も書いていますが、混乱はチャンスです。この混乱を収めることができれば、そのときには確実にスキルアップしていますよ。

ある目標に到達するために、あれやこれや、さまざまな経路があるはず、ときには奇想天外な発想がなければクリアできないこともあるでしょう。

あるひとつの方法だけにこだわっていては変化に対応できません。これではただただ沈んでいくことでしょう。

人の心が得意なこと

人の心が最も得意なことは「考えを変えること」です。

例えば三日坊主の日記帳はどうでしょう。三日前には「必ず毎日書くぞ!」と思っていなかったでしょうか?

しかし三日も経てばその考えをあっさりと変えてしまっています。このような心変わりは書き出せばきりがありませんよね。

このように、人の心は簡単に変わってしいます。

それではここで「日記をさぼってしまおう」と思ったとき、「いや今日も日記を書こう」と思い直すようにするためにどうするかを説明します。

その方法は、始めに「日記を毎日書こう」と思ったときのことを振り返ることです。

振り返ってみて、「いやあ、あれはつまらない思い込みだった」と思うのならばもう日記を止めてしまっても仕方ないですよね。

ある習慣を続行するか、しないか?これを決定するための要因は「最初の動機」を振り返ることです。

そうすると、実は捨て去ってしまって構わないことも多いでしょう。

過去を捨てられないで困っている人は、まず「人の心は変わりやすい 」ということを念頭に置いて、「捨てれらない」と思い込んでいる最初アクション、その動機を探ってみてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年3月10日 最終更新日:2015年3月10日