カテゴリー別アーカイブ: 未分類

サンストーン・未来は明るい!・2019年5月27日

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

サンストーン・未来は明るい!・2019年5月27日

サンストーンが出ています。

サンストーンに求めるのは「やる気!」。

名前の通り「太陽のエネルギー」を持つストーンですね。

とにかく「勝ちに行きたい」ときにおすすめ。

ただしそのじゃじゃ馬ぶりに注意することは意味辞典のページの方で紹介済みですね。

ところで、実際にはサンストーンは「癒し系」の働きも持っているんですよ。

「ここは勝負だ!」というとき、その集中力を邪魔する古傷があったりするでしょう。

サンストーンはそのあたりの傷を直すという働きもあって「勝負ストーン」たるとも言えそうです。

カード:太陽

かなり良いカード!

これは喜べます。未来の展望がひらけています。

これまでに様々な苦悩があったかもしれませんが、心身共に喜びに溢れた時間を取り戻すでしょう。

あらゆることの好転を意味し、情熱を傾けてするべきことに取りかかれるでしょう。

そこで、このチャンスを逃す手はありません。なのでサンストーンの「やる気」」をお勧めするわえkです。

全力を傾ける時が来ていますよ!

そしてあなたがつかんだ太陽の明るさを周囲の人にも分けてください。

喜びが何倍になりますよ!

SNSで安否確認

今回は筆者の本当に身近な話題を。

最近は疎遠になって会うこともなかった幼なじみがいるのですが、その人のFacebookの書き込みを見て「元気にやっているんだな」ということがわかっていました。

その人は週に一度くらいは時々の食事内容など、他愛ないことをFacebookにアップしていたんですね。

ところが、この一ヶ月ほどまったく更新がありません。

そこでFacebookのアカウントに直接メールしても返事なし。

携帯電話を鳴らしてみても出ません。

もしかしたら、何かあったのかも?

そこで、かれこれ35年ぶりくらいに家を訪ねてみたんです。(これが本日のこと)

そうしてみたら案の定、幼なじみは入院していることがわかりました。

脳出血で倒れ、そのまま病院へ担ぎ込まれていたそうです。

もしもSNS上での異変を察知できなかったら、お見舞いにも行けずというところでした。

なんらかのSNS、これは使っておくと役立つことがあるものです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年5月26日 最終更新日:2019年5月26日

ガーネット・旅立ちとチャレンジ・2019年4月4日

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

ガーネット・旅立ちとチャレンジ・2019年4月4日

ガーネットが出ています。

ガーネットに求めるのは「旅立ち・チャレンジ」。

今回のガーネットは「勇気をもらう」と言った意味で使います。

スタートする勇気、チャレンジする勇気ですね。

飛行機が飛び立つとき、もっともパワーが必要なように、何かをスタートさせる時には人もエネルギー(後述します)が必要です。

それからガーネットに求めることができるのは「努力に成果をもたらすこと」。

せっかくスタートしたことが成果に繋がるようにサポートしてもらいます。

カード:ワンドの3

ううむ、ずーっと良いカードが続きますね。

何かを見つけてスタート地点に立つことを意味してます。

そのために固定観念や常識に囚われないことが大切。

そして、このカードはその冒険の旅立ちが結果として実ることを表します。

このスタートのためには、新しい関係を求めたりと、古いしがらみを断ち切る必要性もあり。

なお、このカードが出ているときに何もしないのは、それはむしろリスクと思って良いでしょう。

エネルギー依存の考察

「飛び立つ時には大きなエネルギーが必要」と書きましたが、これは一応、一般常識としてわかりやすくするためなんです。

それは確かに、旅の準備と出発には物質的なエネルギーが必要でしょう。

単純に、エネルギー補給のためにご飯も食べなければなりません。

が・・・

あなたが大変好きなことをしているとき、時間もご飯も忘れてそれに打ち込んだことがないでしょうか?

または、好きなことでなくても締め切りが迫っていてその責任を果たそうとご飯も睡眠も忘れて仕事をしたことがあるでしょう。

実は何かを遂行する能力の元の元は、物質的なエネルギーの有無とは関係がありません。

先にあるのが「これをしよう!」という明確な「意図」です。

本当に楽しいことをしていて時間もご飯も忘れている時の感情のレベルは、最上位の「静穏」か「熱狂」あたりにあります。

このへんのレベルでは、エネルギーの有無に関係なしに意図が最優先されています。

で、感情のレベルがずっと下がって「退屈」あたりになると「そうだ、お腹空いた、これはt後回しにして何か食べよう」ということになります。

さて、時間、空間、エネルギーに対して起因に立っているのが「意図」です。

新しい旅に出発できない人は、元の「意図」が薄く、その代わりにエネルギーを探したり、蓄えようとしていつまでもそのままの状態にあります。

チャレンジしよう!と思えるのは、エネルギーが溢れているからではありません。明確な意図があるからです。

そして意図は「静穏」のレベルで最大限に発揮されます。

ところでガーネットにかかわらずパワーストーンのほとんどは、エネルギーよりも「意図」の部分に働くように思えます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月3日 最終更新日:2019年4月3日

サンストーン・抜け出る道は・2018年10月4日

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

サンストーン・抜け出る道は・2018年10月4日

サンストーンが出ています。

今回サンストーンに求めるのは「明確な態度」。

意味辞典の方ではサンストーンについて「勝負事に勝つ石」と紹介されていますが、実際にはその根底にあるが「明確な態度」なんです。

「絶対に勝つ」。これって何を隠そう「明確な態度」ですよね。

そのためにサンストーンがしているのは「消極的な思い」を取り去ること。マイナス要素を取り去りながら、プラス側へは行動を促進するといいう働き方です。

ただし、サンストーンは持ち主にフルパワーを使わせようとするために、使い方としてちょっと注意が必要。これは意味辞典でも触れていますね。

さて、カードは「ソードの騎士/リバース」。

少しばかりの注意とアドバイスといった感じ。

トラブル有りかもです。

無理やり推し進めているようなこと、そして推し進めていることが他の人に理解されないがために無理が生じるということがあるかも。

それで困難な状況を招いている部分が有りかもです。

しかしながら、ここは決然とした態度で通り抜けることの方が良さそうです。

「そこから抜け出る道は通り抜ける道」

問題を避けて通ってはいけません。サンストーンを胸にきっぱりと心を決めましょう。

持ち主以上にサンストーンが頑張ります。(ついて来れますか)

やりたいこととゴミ、他の話題

サンストーンが厳しいストーンなる秘密

今回のパワーストーン、サンストーンの働きとして「明確な態度」。

これ簡単そうでなかなかできないのですよね。

明確な態度、というのは第三者から見て単に「はっきり、きっぱりしているなあ」ということのみには収まりません。

見た目の態度として明確でなく、むしろ温和であったとしても、その人の内心では「きっぱりしたものがある」ということは多々あります。

さて、いずれにせよ、態度以前に「きっぱりした思い」があってのことになります。

実際には見た目の態度でなく「思い」が重要であって、態度はむしろ温和な方が良好な人間関係のためには無難なこともありでしょう。

そこで、このきっぱりした「思い」ですが、それを邪魔するものが沢山あります。

沢山hありますが、それは大きく分けて二種類になります。

  1. 考え
  2. 失敗の経験

まずは「考え」が邪魔します。

  • あ、いや、やっぱり無理か・・・
  • こんなことになったら恥ずかしいしな。
  • これをするのにいったいいくらかかるのだろう?
  • 誰も賛成してくれそうもないな。

次に失敗の経験ですね。

これは過去にした失敗の中で、シチュエーションの一部が似ているものが取り上げられてしまいます。

これらは理由がわからない「苦手意識」のようなことになって心に巣食っています。

で、もしも前世や輪廻転生を信じると、過去の失敗経験なんて途方もない数になってしまって救いようありません。いくつもの前世の失敗が積み重なっていますから。

それからもう一つ、オマケをつけておけば、「教育」が大きく足を引っ張ってくれますよ。

あれもダメ、これもダメ、ここにいてはいけない、これに触るな、あなたには無理。

こんなことを言われ続けていたら「自分がやろう」としていることに真正面から向き合えません。

これらはみんな「ゴミ」です。

しかしゴミなしに率直に素直に「思う」ことを多くの人が忘れてしまっています。

ゴミのない状態の「思い」とはどんなだったか?・・・

子供の頃、綺麗な花を見つけたら一直線にそこに駆け寄って行くことがなかったでしょうか?

例えるならそんな場面になるかもしれません。

そしてこの文章ではとりあえず「思い」と書きましたが、それはすなわち「意図」のことです。

そしてこの意図を持つために、考えること以前に、ゴミに絡め取られる以前に、「決定力」がものをいいます。

その「決定」とは、実のところ結果に「責任を負います」ということに他なりません。

小さな決定は誰でもしますが、大きな決定ができないのです。なぜならそこには大きな責任が伴いますから。

意図や決定を邪魔する「考え」というのは、何を隠そう責任を負いたくない度合いのバロメーターとも言えるほど。

そして負える責任がゴミに勝るとき、元の意図が明確になることでしょう。

ここまで読んだ方はお気づきと思いますが、サンストーンが働けば、そこに必ず責任が発生することを意味します。

ね、サンストーンを使うのは大変なことなんですよ。ですので様々な方面の、様々なサポートをする他のストーンが必要なんですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月3日 最終更新日:2018年10月4日

次回更新のお知らせ

次の更新は1月8日22時頃となります。

前回の記事の最後で1月7日更新と書きましたが、8日が成人の日で祝日でした。改めましてお知らせいたします。

公開日:2018年1月7日 最終更新日:2018年1月7日