カテゴリー別アーカイブ: 未分類

サンストーン・抜け出る道は・2018年10月4日

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

サンストーン・抜け出る道は・2018年10月4日

サンストーンが出ています。

今回サンストーンに求めるのは「明確な態度」。

意味辞典の方ではサンストーンについて「勝負事に勝つ石」と紹介されていますが、実際にはその根底にあるが「明確な態度」なんです。

「絶対に勝つ」。これって何を隠そう「明確な態度」ですよね。

そのためにサンストーンがしているのは「消極的な思い」を取り去ること。マイナス要素を取り去りながら、プラス側へは行動を促進するといいう働き方です。

ただし、サンストーンは持ち主にフルパワーを使わせようとするために、使い方としてちょっと注意が必要。これは意味辞典でも触れていますね。

さて、カードは「ソードの騎士/リバース」。

少しばかりの注意とアドバイスといった感じ。

トラブル有りかもです。

無理やり推し進めているようなこと、そして推し進めていることが他の人に理解されないがために無理が生じるということがあるかも。

それで困難な状況を招いている部分が有りかもです。

しかしながら、ここは決然とした態度で通り抜けることの方が良さそうです。

「そこから抜け出る道は通り抜ける道」

問題を避けて通ってはいけません。サンストーンを胸にきっぱりと心を決めましょう。

持ち主以上にサンストーンが頑張ります。(ついて来れますか)

やりたいこととゴミ、他の話題

サンストーンが厳しいストーンなる秘密

今回のパワーストーン、サンストーンの働きとして「明確な態度」。

これ簡単そうでなかなかできないのですよね。

明確な態度、というのは第三者から見て単に「はっきり、きっぱりしているなあ」ということのみには収まりません。

見た目の態度として明確でなく、むしろ温和であったとしても、その人の内心では「きっぱりしたものがある」ということは多々あります。

さて、いずれにせよ、態度以前に「きっぱりした思い」があってのことになります。

実際には見た目の態度でなく「思い」が重要であって、態度はむしろ温和な方が良好な人間関係のためには無難なこともありでしょう。

そこで、このきっぱりした「思い」ですが、それを邪魔するものが沢山あります。

沢山hありますが、それは大きく分けて二種類になります。

  1. 考え
  2. 失敗の経験

まずは「考え」が邪魔します。

  • あ、いや、やっぱり無理か・・・
  • こんなことになったら恥ずかしいしな。
  • これをするのにいったいいくらかかるのだろう?
  • 誰も賛成してくれそうもないな。

次に失敗の経験ですね。

これは過去にした失敗の中で、シチュエーションの一部が似ているものが取り上げられてしまいます。

これらは理由がわからない「苦手意識」のようなことになって心に巣食っています。

で、もしも前世や輪廻転生を信じると、過去の失敗経験なんて途方もない数になってしまって救いようありません。いくつもの前世の失敗が積み重なっていますから。

それからもう一つ、オマケをつけておけば、「教育」が大きく足を引っ張ってくれますよ。

あれもダメ、これもダメ、ここにいてはいけない、これに触るな、あなたには無理。

こんなことを言われ続けていたら「自分がやろう」としていることに真正面から向き合えません。

これらはみんな「ゴミ」です。

しかしゴミなしに率直に素直に「思う」ことを多くの人が忘れてしまっています。

ゴミのない状態の「思い」とはどんなだったか?・・・

子供の頃、綺麗な花を見つけたら一直線にそこに駆け寄って行くことがなかったでしょうか?

例えるならそんな場面になるかもしれません。

そしてこの文章ではとりあえず「思い」と書きましたが、それはすなわち「意図」のことです。

そしてこの意図を持つために、考えること以前に、ゴミに絡め取られる以前に、「決定力」がものをいいます。

その「決定」とは、実のところ結果に「責任を負います」ということに他なりません。

小さな決定は誰でもしますが、大きな決定ができないのです。なぜならそこには大きな責任が伴いますから。

意図や決定を邪魔する「考え」というのは、何を隠そう責任を負いたくない度合いのバロメーターとも言えるほど。

そして負える責任がゴミに勝るとき、元の意図が明確になることでしょう。

ここまで読んだ方はお気づきと思いますが、サンストーンが働けば、そこに必ず責任が発生することを意味します。

ね、サンストーンを使うのは大変なことなんですよ。ですので様々な方面の、様々なサポートをする他のストーンが必要なんですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月3日 最終更新日:2018年10月4日

次回更新のお知らせ

次の更新は1月8日22時頃となります。

前回の記事の最後で1月7日更新と書きましたが、8日が成人の日で祝日でした。改めましてお知らせいたします。

公開日:2018年1月7日 最終更新日:2018年1月7日

クリソコーラ・新しい視野を持とう/隠者/リバース・ 2017年12月21日

クリソコーラ(Chrysocolla)
クリソコーラ(Chrysocolla)

クリソコーラ・新しい視野を持とう/隠者/リバース・ 2017年12月21日

隠者(いんじゃ)のリバース。

これ、筆者は意外に好きなカードですが、裏返しです。

これはちょっとばかり要注意。いくつかのアドバイスが含まれます。

ここはパワーストーンとしてクリソコーラがお助けです。意味としては「新しい視野」。

さて、このカードの裏返しでは、真実を求めて探求しながらも、なぜか閉じこもって行き詰まる暗示。

何かを探しているつもりが、社会からかけ離れて引きこもり、真実が見えなくなっている様子を表します。

間違ったデータを得てしまっているか、都合の良いことだけを信じてしまうという姿勢があるかも知れません。

また、社会に背を向けたり、現実逃避する目的でそうなっている可能性も。

今の思考については「ストップ」をかけた方が吉。

もっと大きな視野で考える必要ありでしょう。積極的に外に出る方が事態は好転しますよ。

クリソコーラと隠者について

クリソコーラの基礎として「自分とのコミュニケーション」をサポートする働きが挙げられます。

「自分が追い求めていたもの」が本当にこれなのか?と自問するのにはピッタリですね。それで隠者のリバースに向いているわけです。

だいたい、物事に対してかたくなな態度になってしまうときは「それに至る前に」コミュニケーション不全が起きていることが多いです。

それは自分自身に対しても、外の世界に対してもです。

シンプルな例は身の回りにたくさんありますよ。

世の中にある民事裁判というのは、往々にしてどちらか、または両方のかたくなな態度が原因になっています。

コミュニケーションの不全が、裁判沙汰やもめ事の前には必ずあるはず。

また、自分でコミュニケーションを絶ってかたくなになることもありますが、データを与えないようにしてその人をかたくなにさせることもできます。

さて、自分の考えが正しいのか間違っているのか、データを評価する必要があります。

前にも書きましたが、データは評価されて初めて価値を持ちます。一つのデータを評価するためには、もうひとつ別なデータが必要です。

ところが、かたくなであってはデータを取り入れることができません。

平たく言えば、外部と接して、人と話す、何か他の物を読む、知るなどする必要があるわけです。

それはコミュニケーションです。外とのやりとりが必須です。

そうすれば、隠者のリバースに必要な「新しい視野」が開けるというものです。

さて、クリソコーラはコミュニケーションに関して非常に役立つパワーストーンですよ。

どちらかと言えばクリソコーラの効果はリラックス系も含み、緊張からコミュニケーション不全を起こしやすい人にもおすすめです。

他に、クリソコーラは他のパワーストーンにはない特徴があります。意味辞典でご覧ください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月20日 最終更新日:2018年3月9日

2017年9月28日 スギライト・ちょっと休もう/ソードの4

スギライト(Sugilite)
スギライト(Sugilite)

2017年9月28日 スギライト・ちょっと休もう/ソードの4

まあ、良いとは言えないまでも、アドバイス色の強いカードです。

休憩タイム!

ちょっと疲れているかもしれません。

思うようにはかどらないことがあり、それをなとかしたいところでしょう。しかし、今はちょっと休憩。

このまま進むのは無理がないかなぁと思えるなら、ここはリフレッシュと行きましょう。

人間関係に悩んでいたなら、少し冷却期間をおくのが吉。頭を冷やし、冷静になってから考え直しましょう。

肉体目んでは気になることがあるなら早めに診察を。こちらも休養といきましょう。

自分のために時間と心を使い、しっかりと整えましょう。

癒すべきところはしっかりとフォローします。

このようなときにオススメのパワーストーンはスギライト

スギライトに求めるのは「強い浄化と癒す力」。もう癒しと言えばスギライト、と言えるくらいお馴染みのストーンです。心だけでなく身体的な癒しにも良いとされています。特徴的なこととして、持ち主に合わせた癒し効果を発揮することがあります。立ち直りの早い人にはそのように、ゆっくりペースの人にはそれに合うようにですね。

ゲームについて再び

このコラムでよく出てくるゲームについてさらに考察いたします。

人生はゲームに例えられるわけですが、この戦いを過去の何かに対して行うのはかなりバカバカしいことです。

しかしながら、これは非常に多い例と言えます。

過去のゲームではそこに必ず対戦者がいるわけですが、その相手はとおにどこかにいなくなり、ゲームが成立しなくなっていることがあります。

それでもその人は、現時点に対戦者の代役を立ててゲームを続行することがあります。

そうなると、現時点で代役となっている人は言われなきゲームに付き合わされているということになります。

ここでお気づきと思いますが、理不尽にも何か戦いを挑まれているようなことってありますよね。これはもしかすると、誰かの過去のゲームに付き合わされているだけかもしれませんよ。

ゲームは過去でや未来でするものでなく、現時点で行うものです。

自分が現在しているゲームとは一体なんなのか?

振り返ってみることは確認作業として必要なことです。昔の戦いを引きずっていないでしょうか。もういなくなってしまった誰かを相手に現在に代役を立てたりしていませんか?

戦っているはずなのに成果が上がらず対戦相手とともに疲れてしまうようなゲームは、もしかすると過去に残したゲームの延長戦なのかもしれません。

それは止めておきましょう。

公開日:2017年9月27日 最終更新日:2017年9月27日