理解の三角形

 

理解の三角形
理解の三角形

何かを理解するとき、対象物に対してリアリティ、コミュニケーション、愛情が必要である。どれかが欠けると理解が進まない。誰かに話をして理解を得ようとするときも同じである。

  • あなたが誰かに何かを説明し、理解してもらおうとするとき、相手にとってリアリティのない話であると、理解が得られない。
  • コミュニケーションが不全な状態だと、そもそも話が伝わらない。
  • あなたが相手に対して愛情を持って接していないと、話が伝わらない。

理解を得ようと思うとき、上の三角形のどれかの角で手をつけられるものを探そう。どれかひとつでも大きくすれば三角形全体が大きくなり、理解が進む。


公開日:2017年1月26日 最終更新日:2017年1月26日