ストーン選択のとき何が起きているか?

ストーン選択のバナー

私が作品を作るとき・・・

「セレさん、瞳の色が変わってる。吸い込まれそう・・・」と言われることがあります。

PJ(パワーストーン・ジュエリーの略)を組み上げる時には、超感覚モードに切り替わっちゃうからかなぁ。あまり意識はしていなんだけど(汗)

表現するとしたら、水晶球透視「スクライング」をしている状態に近いなぁ。

(マニアックな人じゃないとわからない例えだ!ってピエロコに突っ込まれています)


スクライング:scrying
スクライング(またはスクライイング、英: scrying) は、何らかの物体や物理現象を見つめることにより、眼に入った物理的光に対応しない視覚イメージ、すなわち幻視を得る技法の総称である。

(Wikipediaより)

ストーンがどのような状態で見えているか?

私の目にはストーンの状態が・・・

  • 白い湯気みたいなモヤ
  • さまざまな色の光
  • ストーン越しの景色の揺らぎ

などで見えています。

ハーキマーダイヤモンド

白い湯気が吹き上がっているハーキマーダイヤモンドの例
(カメラには撮影されていません)

他にも、ストーンに手をかざすと「温度」「ピリピリ感」「空気の層を押している感じ」なんかでも感じています。

全ての作業が終わるまでは、ストーンの光り方、エネルギーの上がり方、色の彩度やくすみ具合をずっと超感覚モードで監視している状態かな。

ストーンの状態を監視する

作業マットの上にあるのは、ご依頼主に対して反応が出ているストーンばかり。
それでも、PJを制作する時には、マットの上のストーンは全て仮置き状態扱い。
反応があるストーンばかりでも、メンバー交代は頻繁です。

なぜなら・・・

ストーンの状態って、いきなり変化するから!

それはもう驚くのを通り越し、時にイラっとするくらい。

作業マットの上で、ま〜るく輪っか状態にして、エネルギーの上がり方や諸々の観察をし「よし、これで仕上げよう」と私の中では決まります。

ここから特殊ライン、特殊ゴムライン、特殊繊維ライン、金属ピン、ワイヤー、などご依頼に応じたパーツでストーンたちを繋いでいくのですが・・・

組み合わせ作業中

ストーン組み上げ中に起こること

パーツを使ってストーン同時を繋ぎ始めた途端・・・今まで機嫌よく見えていた子たちの「白い湯気みたいなモヤ」がすとーんと落ちる。

あんなに噴き上げていた白い湯気が、びっくりするくらい一瞬で消える。

ここで無理に作業続行しちゃうと、ラインを溶かすように切られたり、金属ピンを破断されたりとetc...

編み込みのPJを作っている時には、次のストーンの穴をラインが通らない!ってことまで(汗)

ひとつのPJを作るのに、ストーンの交換を数十回、編み直した回数も数えたくない、って時もあります。

急にストーンの温度が下がり冷たく感じるとか、見た目の雰囲気がよそよそしくなる・・・なんてのは可愛いレベルなんですよ。

パーツを破損されると、実損なんです(泣)
でもまぁ、私の責任なんですけど。

吸い込まれそうな瞳の色〜!なんて言われていますが、心の中では「なんでぇ?」「うそでしょ〜」「このやろう」「在庫ないよぉ〜」「だあぁ〜」なんて言葉がエンドレス。

「どうしたんですかぁ?」とスタッフから声がかかる時には、これらの嘆きのような言葉が口から出ているのでしょう(笑)

コメント


認証コード5679

コメントは管理者の承認後に表示されます。