パワーストーンの意味と効果を知る

意味と効果
トップページ / パワーストーン意味辞典 /Q&A一覧 / スタッフ / 特定商取引に関する表示 
もくじ
 コンセプト
 ハウツーシリーズ
 Q&A
 カタログページ
 あなたのカート
 お客様専用ページ
 ブログの紹介

セレニティアス製品へのQ&A

■ブレスは左右どちらの手首にするのが正しい?

ブレスレットに使われているパワーストーンの役割によって、左右の手首どちらに着ける方が良いということはあるのでしょうか?

 

答え:用途に応じて、またはフルオーダーの場合指定が  
    あります

一般論としては以下の通りの考え方があります。

(1)右につけた場合

内に秘めた気持ちや自分から行動する気持ちを出しやすくなります。他人に対してのPRが容易になるということですね。

愛しい人に会うときや、告白するときは是非とも右腕にPJをつけましょう。

(2)左につけた場合

ストーンの力を自分に取り込みたいときには左です。たとえば、心身の疲れやマイナスのイメージを追い出す癒しとしての役割や、ストーンのパワーを借りて「○○○な自分になりたい」などのときですね。

この、腕の左右による役割の違いはごく一般論として覚えていてください。中には例外もあります。

セレニティアスが作るPJは、願い主それぞれに合うストーンを選別し、並び順などもコントロールしています。特にフルオーダーの場合、ストーンの並び方や使う数などにより、どちらの腕につけたときにその願いを効果的にかなえることができるのか、それを指定する場合もあります。

<<もどる