パワーストーンの意味と効果を知る

意味と効果
トップページ / パワーストーン意味辞典 /Q&A一覧 / スタッフ / 特定商取引に関する表示 
もくじ
 コンセプト
 ハウツーシリーズ
 Q&A
 カタログページ
 あなたのカート
 お客様専用ページ
 ブログの紹介

パワーストーンのメンテナンス

■無料で行うチャージ

インセンスもお線香もクリスタルのプレシャスも持っていません。どうにかしてチャージできないですか?

 

答え:無料のエネルギーを使いましょう

わかりました。無料できるチャージ方法をお伝えしましょう。

それは太陽の光と月の光を使う方法があります。ここではより簡単な太陽の光を使う方法をおすすめします。他にもいろいろありますが、PJはパワーストーンばかりでなくジュエリーとしてのパーツがありますから、やたらに様々な方法が使えません。

方法は簡単。

「午前中」の太陽光にパワーストーンを当てましょう。

ただし、天然石であるパワーストーンは太陽光にあまり強くない物があります。ですので真夏の炎天下、長時間にわたって太陽光にさらすことは避けてください。強い紫外線に当てることを繰り返せば、退色したりストーン表面の色ツヤが変わることもあります。

またPJ(パワージュエリー)は構造によってテグスを使って編み込んだ物があります。これらの素材はそもそも紫外線に強いものではありません。

ですから太陽光の利用はあくまで臨時と考えた方が良いと思います。だいたい、あらゆる物は直射日光に当て続けることは良くないです。

真夏であれば、薄いカーテン越しの光でも大丈夫。

また曇りの日ならば真夏でもOKです。

とにかく、太陽光が届いているところに置いてやります。春先の良いお天気であれば、1時間も窓際に置いてあればOKです。

ところで、ブレスレットは毎朝通勤や通学時に腕に着けているという理由があれば太陽光に当たります。しかしそれでチャージはいらないということはありません。

チャージはチャージとして体から離しておくことが必要です。チャージの間、パワーストーンはお休み中。エネルギーを貯めているのです。

【チャージに太陽光を使う注意点】

確実に「午前中」だけにしてください。もしもなんらかの理由で午前から午後にかけてパワーストーンを放置したら、再び浄化してからこのチャージを行ってください。

ポイントとしては、この太陽光を使うチャージに限らず、チャージの前に必ず浄化することが必須です。

そうそう、冒頭に月の光を使うことも書きましたが、これは太陽光と違ってちょっとした知識が必要になります。他の機会で説明しましょう。

<<もどる