ブラックオニキス・誠実な態度で/ペンタクルの騎士

ブラックオニキス(Black-onyx)
ブラックオニキス(Black-onyx)

2017年7月21日 ブラックオニキス・誠実な態度で/ペンタクルの騎士

気力充実!

というか、充実せなければいけないなあと強く思っているかもしれません。仕事での昇進とかステップアップについて真剣に考えているときかもです。

ここで賛同者や仲間を得るには一貫して誠実な態度が必要です。

新しいことに挑戦したい気持ちがフツフツと湧いているとき。これは初心を貫くことで望みが叶います。

愛情関係においても良いパートナーが現れたり充実感を得ることでしょう。いずれにしても誠実な態度が大切です。

このようなときにオススメのパワーストーンはブラックオニキス

ブラックオニキスに求めるのは「意志の強さ」。用途の多いパワーストーンですが、セレニティアスでは主に「心の奥にすでに出ている決心を実行に移す」ことや「腐れ縁を切る」ことを目的として利用しています。ブラックオニキスは主人の迷いを表面に出すことで自覚し、決断を新たにする側面があります。

人生のゲーム(存在・行動・結果)の考察

何かを成すためには目標設定が大切、ということが方々で見受けられます。

確かに目標設定がないとそもそものゲームが成立しませんから、戦いようがありません。

そしてここでいう結果というのは「所有性」ということになります。文字どおり「勝利を得る」のは所有性のことに他なりません。

人生のゲームというのは所有性に向けて行動性を成し遂げるために、人が存在性を身につけることを要求されます。

しかしながら、ほとんどの場合、「存在・行動・所有」の優先順位に誤解があります。

試しに、将棋というゲームを考えてみてください。

まず、自分を盤上の駒である、としてください。これが存在性です。
次に、その駒として役割を知って動きます。これが行動性です。
そして、相手の駒を取ったとき、これが所有性になります。

これら三つを混同してはいけません。

上の将棋の例を見ればわかるように、「存在・行動・所有」の正しい優先順位は以下の通りです。

  1. 存在性
  2. 行動性
  3. 所有性

間違った考えを以下に紹介します。

とにかく「物を持つ」という所有性を先に見る人は、物さえ持っていれば「存在性が高まる」と思ってしまいます。しかしいくら物を持っても存在性は高まりません。だから所有性を先に見る人は際限なく物を欲しがります。しかし虚しさは本人が一番知っているのです。

明日が良い日でありますように。

ストロベリークオーツ・またまた来た選択のとき/恋人たち

2017年7月20日 ストロベリークオーツ・またまた来た選択のとき/恋人たち

ううむ、ここのところ不思議によく出ているカード。

ひと口に言って「出会いと選択」ですね。

確かに、考えてみますと選択しなかったがために「逃していた何か」というのが誰の人生にもたくさんありそうです。

ことに、この「恋人たち」では運命を変える可能性がある出会いやチャンスが訪れていることの暗示です。

これは出会いいばかりでなく、新しく切り開くための別れを選択することもありうることを覚えておきましょう。

そしてあなた自身が選ばないと何も変わらないよ、とカードは告げているようです。

とにかく選ばねばなりません。

このようなときにオススメのパワーストーンはストロベリークオーツ(意味辞典に未記載)。

ストロベリークオーツに求めるのは「力強い生命エネルギー」。人が持つ「生命力」を最高レベルまで引き上げるだけの「力強い生命エネルギー」にあふれたストーンです。活力と好奇心を呼び覚まし、心に元気を与えてくれます。選択して新しい世界に飛び込むための好奇心、そして元気を得てください。

問題と人生の考察

テレビを見ていたら「サマージャンボ宝くじ」の売り出しが報じられていました。

現場にいるニュースのキャスターは「一等が当たったらどうしますか?」と宝くじを買い求めに来たお客さんにインタビューしています。

そこで得られた答えの多くが「会社を辞めて悠々自適に過ごす」といったタイプのことが多いです。

さてさて、大金が手に入った後には多くの人々が「問題がない」生活を送りたいと思っているようです。確かにお金は多くのことを解決するかもしれません。

しかしながら実際には、人間やこの宇宙のどのような生命体も「問題」が好きなようです。問題は自由よりも重要なもので、問題はその人に興味を持続させています。

ですから、宝くじで大金を手にしても、多くの場合はすぐに金銭的な問題以外の問題を作り出します。

また、現在抱えている問題にどっぷりはまり込んでそれを解決できずにいる人の場合、多くの場合にその人は抱えている問題が少なすぎるということがあります。(宝くじが当たると金銭に関わる問題が全て消えてしまうのでそうなる傾向にあり)

「持っている問題が少なすぎると、一つの問題にはまり込み、身動きが取れなくなる」です。ごく簡単に言えば、暇人ほどくだらない問題にはまり込んでいる、です。

昔から言いますよね「ものを頼むなら忙しい人に頼め」です。

問題をたくさん抱えて忙しい人の方が仕事ができるのです。暇人はろくでもないことを問題だと思い、それをいじくりまわすだけで仕事ができません。

明日が良い日でありますように。

モスアゲート・自分を取り戻す/愚者/リバース

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2017年7月19日 モスアゲート・自分を取り戻す/愚者/リバース

ちょっと注意、そしてアドバイス系カード見ましょう。

何かしようと思ってはいるのですが、それと同時に無気力な雰囲気がありませんか?

これは単純に自分を含めた現実に向き合えない状況と言えるでしょう。

現実にしっかり向き合うには「自分を信じること」。

いつかきっと・・・といった成り行きまかせで今を見ない状態や、他人任まかせではなく、「自分が変わるのだ」という気持ちをしっかり持ってください。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート

モスアゲートに求めるのは「自分の内面をしっかり見ること」。基本的に「自己反省」のストーンですね。でもそれだけではなくて知性アップの働きがあります。自己反省しながらそこに知性を高めることでその人の成長を促すことができるわけですね。

「敗者は勝者のふりをする」ことの考察

さてさて、昨日の予告そのままに「敗者は勝者のふりをする」について触れておきます。

これは簡単です。言い換えれば「敗者は勝者の人格を借りる」です。

このコラムで何度か書いていますね。

例えば家庭内でDVがあると、それが子供や孫の代まで引き継がれてしまうメカニズムそのままです。(DVの加害者を争いの勝者とします。道徳的な勝者ではありません。)

例えば親から子にDVがあったとすると、DV被害受けた子が親になった時に、今度は自分の子供に対するDV加害者になる連鎖ですね。

もう非常に簡単なメカニズムなんです。

これは分かりやすい例としてDVを取り上げましたが、もっと軽いことに関しても勝者と敗者の間にはそのような関係があります。

それから以前にも書きましたが、両親の間で行われているDVを子供が見ても、その子は「勝者」の人格を借ります。

明日が良い日でありますように。

レッドジャスパー・使い方を間違うな/力

わわっ!前回と同じカードです。局面に変化なしといったところでしょうか。

今は力を使ったり、その力を制御するときであるという暗示です。

人生には時として「力」を使う必要が随所に現れます。

さて、「力」については「使い方」が重要なのは間違いありません。それと同時に「力」を怖がる必要はありません。

要するにコントロールが大切だということです。人生でつまづくのは、多くの場合、「コントロール」を失っていることが問題なのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはレッドジャスパー(意味辞典に未記載)。

レッドジャスパーに求めるのは「広い視野と客観的な判断」。「力」を使うとき、それができる限り正しい方向へ使えるように広い視野と持ちたいものです。また独りよがりにならないように客観的な判断が必要となります。レッドジャスパーはどちらかと言えば癒し系の要素が強いのですが、ここでの使い道はリラックス効果と、ネガティブな発想を抑えることによってゆったりと視野を広げ、焦って間違った判断を下さないようにするものです。

勝利と敗北についての考察

「力」を使うときというのは、何か大きな「勝敗」に関わることに取り組んでいることでしょう。何かを「勝ち取る」必要があるときです。

さてここで、「勝利」と「敗北」の本質を見ますと、「意図と逆転した意図」ということができます。

ここで問題になるのは「逆転した意図」のことです。

「逆転した意図」というのは、「何々だと思っていたのに何々でなかった」という状態です。

例えば・・・

1.勝つと思っていたのに負けた(これは単に敗北です)
2.負けると思っていたのに勝った(実はこれも敗北です)

2のパターンの場合、これは「ラッキー!」と思って喜ばしいと思えるでしょうが、ことは簡単ではありません。なぜなら、実際には負けると思っている意図が逆転した「敗北」だからです。

しかしながら、この2の場合の表面的な「勝ち」は実際には彼の実力でそうなったのかもしれませんが、重要なのは「彼がそう思っていなかった」ということです。

ですので実際には2.のパターンは1と同じくらいに彼に衝撃を与えます。

ですから2.は彼の内心では「負けた・・・」が大きくきっちり潜んでいます。

しかしながら世間では表面的な勝利を賞賛しますからことをややこしくしています。2.のパターンの勝利者が後々何かで苦しくなるのはこのあたりの事情が含まれています。

彼は表面的に勝っているのに、内心では負けたことに苛まれています。結構うまくいかない人生を歩んだりします。

本当ですよ。

それから最後に、「敗者は勝者のふりをする」ことがあります。機会があれば書きましょう。

明日が良い日でありますように。

クリソプレーズ・上手に使おう/力

クリソプレーズ(Chrysoprase)
クリソプレーズ(Chrysoprase)

2017年7月14日 クリソプレーズ・上手に使おう/力

小さな力でより大きなものを動かせるパワーが溢れる日。

それと同時にどうしても「力」が必要だという暗示のようです。

何かを成し遂げるときはもちろんですが、やり過ごすといった決断に対してじっと我慢するにも力が必要でしょう。

力まかせに強引なやり方をしなければ成功するでしょう。根気に根気を重ねるつもりで取り組んでください。

ここで力の使い方をマスターすることでワンステップ上のステージへ上がることでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはクリソプレーズ

クリソプレーズに求めるのは「根気」。自分自身で運命を切り開いていく勇気と気力を与えてくれるストーンです。緊張を和らげて、積極性をもたらし、目的を達成するまでの必要な持久力をアップさせてくれます。

力・エネルギーについて考察

このコラムで「力」をあまり肯定的に捉えてはいない書き方をしています。

それでもこの宇宙に存在する限りは「力」とか「エネルギー」は必須といえば必須ですよね。

なぜ「力」を肯定的に書かないかと言えば、「力」は物質的な罠として作用しているからです。

その罠とは「力」は何でも解決することができると思ってしまったり、自分には「力」はないので何もできないと思い込んでいたりです。

これまでこのコラムでは人間の精神は何でも生み出せることを書いてきました。もちろん「力」や「エネルギー」も生み出せます。しかしながら多くの人はこれを忘れているのですね。

また精神は「力」や「エネルギー」を使わずとも何かを生み出すことさえできるスーパーな存在だということも書いてきました。

また「力」や「エネルギー」は「考え」によって統制されて初めて有効に使われます。

「力」を使う前に「考えて」みましょう。

明日が良い日でありますように。

ガーネット・今です!/戦車

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年7月13日 ガーネット・今です!/戦車

うわ、これまた勢いのあるカード。先月の26日にも出ましたが。

いこれはもうやるときが来た!今です!という感じ。

つべこべ言っておじ気づいている場合ではないのです。

このスタートで何が起ころうと、そんなのどうにかして乗り切るまで!

このカードが言わんとするのは「自分の弱さに負けるな」です。

心配せずに力を出し切ってください。文句があるならその後で!

スタートすることでまだ知らない世界を知りましょう。好奇心や探究心をから行動を起こしてください!

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「馬力!」。ここ一番でパワーをかける必要があるときには頼りになるストーンです。否応なしにパワーを出してくれるのですが、それには手加減がありませんよ。それはある意味危険でもあり、セレニティアスがガーネットを単体で使うことがほとんどない理由はそこにあります。

手っ取り早いストレス回避について

同じみライフハッカーの少し気になる記事を紹介。

ストレスを一時的に抑えられる「アンカー効果」を使った応用術

詳しくは記事を読んでいただくとして要点をまとめますと「アンカー効果」を応用すればストレス回避ができるとのこと。

まあ、ある意味大雑把に言えば自己催眠、自己暗示に近いですね。自分で条件付けを作って自分でそれにはまり込むようにする方法です。

その方法は、まず楽しいことを思い出しながら、身体的なポーズをつく入り、楽しいこととその行為を関連づけておきます。

そしてストレスを感じた時は前述の「楽しい思い出に関連付けられたそのポーズ」をとることで楽しい時間に自分からはまりこもうという段取り。

まあ一時的にストレス緩和するにはまったくダメとは言いませんが、本当にストレスがあるときにはこのこと自体を忘れてしまうか、馬鹿馬鹿しくなって投げ出してしまいそう。

一応、ストレスに関する正攻法を書きますと、まずは何が問題なのか洗う必要あり。そのストレスがどこから来るのかをきっちりと嘘偽りなく知ることが必要でしょう。

それから問題を取り上げ、それに対面して処理します。少しでもマシになったら達成感がありますから、まだ困難が残っていたとしても気が楽になってますよ。

ストレスは、元から断たねばなりません。それだけが正攻法で確実な方法と思えます。(もちろん、逃走する・・これも方法です)

明日が良い日でありますように。

ジェダイト・また来た選択のとき!/恋人たち

2017年7月12日 ジェダイト・また来た選択のとき!/恋人たち

うわ、ちょっと前に出たカード。筆者泣かせではありますが、これが現実。

選択のときなんですよねー。

しかし人が生きている間はもうずーっと選択の連続に違いありません。

ただこのカードは「新たな始まり」を意味していることがあり、そこで何かを選び取る必要性があることを暗示しています。

ですから同じ選択ならより良い判断と決断をすることに迫られているというわけです。

このようなときにオススメのパワーストーンはジェダイト(意味辞典に未記載)。

ジェダイトに求めるのは「早く正確な判断力」。物事を冷静に正確に素早く理解・判断する能力を強化してくれるストーンです。大切な商談の時や正しい情報を要求される会話が必要な場面でお役に立つでしょう。機転が利くようになり、余計なトラブルの元を排除しつつ、ざまざまな視点から物事を冷静に見つめるようサポートしてくれるのでビジネスシーンでは大いに役に立つと思います。

決断の考察

前回の「恋人たち」のカードでは「選択」について考察していますが、今回は一歩進んで「決断」です。

決断することはすなわち「結果を引き受ける」ということに他なりません。

しかし、結果を引き受けるのが怖くて「決断できない」ということがよくあります。

すごく身近な例として、レストランでなかなか注文品を選べない、迷い続けるということがあります。どれが美味しいのか、こっちだろうかあっちだろうかと・・・

これってその人に与えられた環境下に限定された決断ですね。自分自身が納得できるかどうかというレベルです。

ところが、グループのリーダーがリーダーとして決断するときは、自分自身のことだけでなくグループ全体の将来を決める決断となります。

ですから、自分以外の誰かの将来までを引き受けられないと考えている人はリーダーになれません。

で、もう一度グループのリーダーの決断から「自分自身」に目を向けて・・・

自分のことを決断できない人は・・・自分自身の将来について自分で引き受けられないということになります。

じゃあ、誰が自分のことを引き受けてくれるのだろう?

実際には誰もいません。

自分のことを決断できなかった場合に何が起こるかといえば、自分の将来を自分以外の誰かに委ねることになりますが、実際には誰もおらず、宙ぶらりんになりつつも、結果として「決断がなかった状態」を引き受けるしかありません。これは引き受けるいうよりも、結果を当てがわれるという状態になり、そりゃ不平不満も出るでしょう。

これってかなりウンザリして運命を呪ったりもしたくなりますよ。(これって思わず過去を見てしまってなおさらロクなことになりませんよ)

この状態から抜け出るには・・・それは簡単。

自分で決断して結果を引き受けることに他なりません。

こうすることで未来に目が向きます。

もしこの決断が思わぬ結果になったとしても・・・

「わ、あの決断でこうなったか。どうしよう、こうしよう。」

「こうしよう」で新たな決断が必要になり、そして未来を向いています。

決断しないで過去に囚われるより100倍良いのです。

ヒケツとしては、「深刻にならないこと」。です。

そして、自分が自分のリーダーになるより他にありませんから。そのリーダーを放棄したら誰が責任を負ってくれるでしょう?

明日が良い日でありますように。