アメジスト・冷静にやり過ごそう/ペンタクルの王子/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年2月23日 アメジスト・冷静にやり過ごそう/ペンタクルの王子/リバース

少しばかり要注意なカードです。

慢心があるとチャンスを失います。

また、世間体とか見栄のために本心でことに当たれなかったりで重要な人物を失ったりするかもしれません。

そのプライドは本当に自分の幸せのためになっているか?そこをよく考えて行動するべしです。

また、分析力や持久力がイマイチな今日はハイリスクな目標に手を出さないこと。

いつものことながら、この種の日にはルーチンワークや掃除などを行ってやり過ごすのは方法。ちょっと我慢して生産性を大きく落とさず現状維持できればラッキーといったスタンスも時には大事です。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「落ち着きと自分を見つめるシビアな目」を得ること。とにかく冷静になろうということですね。ことによっては過去に対するゲームを始めてしまいそうになるところを、客観的な目で現時点を見つめることです。

過去のゲームを戦わないために

ここのところのコラムではゲームと人生について触れてきましたが、今回は一旦その締めくくりとします。

人はいつも何らかのゲーム状態を欲していますが、責任のない状態を望む人には自然にゲームが少ない状態になります。例えば何らかの原因で引きこもっている人がそうなりやすいです。これでは確かにゲームできません。責任も負えません。

そのような人は過去に戦ったゲームをまた始めてしまうことを書きましたが、その「過去のゲーム」について補足します。

ゲームと書けば何か遊びとして軽々しいように聞こえますが、その実態は精神と肉体のサバイバルに他なりません。自分自身の生存を賭けたゲームです。

その人が過去に何かゲームをしていて、大敗を期したとしましょう。例えば大失恋などですね。その人は現時点においてまた新しい恋愛を始めれば良いのですが、そうはせずに「過去の恋愛」と戦います。これがすなわち「過去に戦ったゲーム」をまた戦うという意味です。

過去のゲームを戦う人は、くよくよと後悔します。「あの時こうしていたら、ああしていたら・・・」ね、過去のゲームを戦っているでしょ。

これはまだ自覚的ですが、もう無意識に戦うことがほとんででしょう。理由も気付かぬままに嫌いな何か・・・そんなことが過去の負けゲームの中に潜んでいたります。

さて、その人をとにかく現時点で「ヒマ」にしてしまうと過去のゲームを始めやすいのです。ですから現時点において忙しく新しいゲームを始めるべきなのです。

さて、特に人を過去から現時点に連れてくる方法としてオススメなのが目の前にある物体を直接に扱う作業です。

今回のカードのように「なんとか1日をやり過ごそう」というとき、いつも「掃除などして・・・」と書いていますよね。それってすなわち目の前にある物体を直接扱う作業に他なりません。(だから書いているのですよ)

感情のレベルが下がると、何せ「過去のゲーム」を戦いやすくなります。そうしない秘訣は、とにかく現時点で忙しくしていること、これに尽きます。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・スタートせよ!/愚者

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年2月22日 ソーダライト・スタートせよ!/愚者

面白いカードが出ました。

実はこのページでは「愚者」は表/裏ともに例外的によく出てます。可能性が無限大にあるといった意味から筆者としては好きなカードです。

カードとしては「とにかくスタートせよ」と言っているようですよ。

考えても悩んでもどうにもならないことがあるなら、新天地を目指して旅立とうではありませんか。現状に留まることが最大のリスクということもありますから。

想像によって「自分が生み出した不安」に心が奪われないように。もっと自由に楽しいことで心をいっぱいにすると良い日になるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「想像による不安を作らない」こと。不安感・恐怖心などを取り除き、精神的な混乱状態を安定させます。と同時に冷静な思考回路と判断力を強化し、今やるべき事にだけ神経を集中し、力を注ぐように促してくれるストーンです。

愚者のカードに思うこと

愚者のカードのデザインは、男が楽しそうに飛び跳ねて進むその足元が、実は崖っぷちといったように描かれていますよね。

これは確かに「愚か者」に見えます。崖っぷちなのに気づかないままなのですから。

しかしながらその崖っぷちは、そこにあることを知らないで通過してしまえば何でもありません。

そこに崖があることは、第三者にはわかりますが本人にはわからないですよね。それに実際問題として、身の回りにあることの状況を100%知ることは不可能です。

これは前回までのコラムで書きました「ゲーム」に関連することです。身の回りにあることを100%把握できているということは、ゲームの相手の手の内を100%理解しているということと同義です。

こうなりますとアカシックレコードに記録されているかもしれない未来の予言と同じく、消化試合としてのゲームと変わらないことになります。

まったく何のハプニングもないゲームをし続けることができるでしょうか?それはきっとつまらないことでしょう。実質的にそれはすでにゲームではありません。

実際のところ、愚者のように危険に気づかず通過していることは山ほどあるでしょうし、その危険にはまりこむことだって有り得ます。

しかしながらそれがゲームです。

崖から落ちてそのまま死ぬかもしれませんが、ゲームの勝者も時間が経てば必ず死にます。最終的には崖から落ちるのと結果は同じで、各自のアカシックレコードの最後には「そして死にました」と確実に書かれていますよ。

そしてことによっては崖から命からがらはい上がり、崖登りが平気になるという人もいるかもしれません。私なら、そこの崖の危険性を人に教えることをビジネスにするかもしれませんね。

そうして愚者のカードは「新しいゲームをスタートせよ」そう告げているように思うのです。

明日が良い日でありますように。

カーネリアン・さらに磨きをかけよう/ペンタクルの3

カーネリアン
カーネリアン(Carnelian)

2017年2月21日 カーネリアン・さらに磨きをかけよう/ペンタクルの3

おお、良いカードが出ていますよ。昨日の延長っぽくもあり。

とにかく、今回も問題は解消されつつあるようです。そしてあなた自身の才能とか経済面、将来にわたるビジネスについて良い評価を受けることになりそうですよ。

もしも、自分がこれまでしてきたことが良い結果につながっているのだということを信じられないのなら、そんな考えはバッサリ捨ててくださいね。

今回の流れは当分続きそうなのです。今の技術にさらに磨きをかけてください。そうしてさらなるレベルアップを望みましょう。

心に引っかかっていた案件はとても良い方向へ流れます。このハッピーを継続させるためには自分が成長するようにスタートを切ることですよ!

このようなときにオススメのパワーストーンはカーネリアン

カーネリアンに求めるのは「正しい評価をもらう。やる気・活力の補充」。持つ人の「やる気を高め」失敗してもくじけずに「何度でもトライ」する勇気・気力・忍耐力を与えてくれるストーンです。と物足りなさを感じている人に対しては「方向性」を示してくれます。このあたりのこと意味辞典では触れられていませんね。

ゲームと人生

アカシックレコード(昨日の解説を参照のこと)に未来に起こることが確定事項として記録されているなら、どんなゲームでもその結果が決まっているということです。

例えば将棋を始めたとします。しかしアカシックレコード上ではもう勝敗は決しているということです。

しかしあなたは行きがかり上、この将棋で決着がつくまで「消化試合」をする以外にありません。それは未来に起こるとされる結果を知るためにだけです。どんなに頑張っても、それは消化試合なのです。

上の話では将棋の例えを使いましたが、人生のすべてに関してそれは「消化試合」以外の何物でもなくなります。

朝起きて歯を磨くこと、結婚して子供をもうけ育てること、そんなとはみんな消化試合ということになります。

これでは人生が楽しいわけがないですね。

「未来を知りたい」という願望は、どうやら感情のレベルの低い状態での考えにすぎないと思えてなりません。その原動力は「不安」です。

もちろん、未来に対してある程度の「備え」をしておくということは論理的にあり得るでしょう。そしてその「備え」というのは、能動的に未来を作るということに他なりません。「これだけ用意しておけば、最悪なことにはならないだろう」です。

そして、未来が確定していると考えるなら、現在行うべきゲームが非常に少ない、いえ、ほぼない、ということも言えます。(そのような人にとって全てのゲームは消化試合ですから)

人は、現時点においてゲームがなくなると、過去のゲームに取り組むようになります。(実のところ、人は常にゲームを欲しています)

過去のゲームを戦うとは、勝敗が決している終わったゲームをまた改めて戦っている状態かもです。これはひと口に言って「過去に囚われている状態」です。

周りの人をよく観察してみましょう。現時点のゲームに忙しい人は過去に囚われている余裕はありません。現時点がヒマな人ほど過去のゲームを戦います。

どうやら、人は現時点において自分自身がゲームを作り出す能力を必要としています。

難しいようですがそれは簡単。

「よし、何々をするぞ!」こう思えば良いだけです。

そして「何々するぞ」の「何々」の部分はもうなんでも構いません。自分でゲームを作ります。

明日が良い日でありますように。

ペリドット・問題は消えるはず/ワンドの3/リバース

ペリドット(Peridot)
ペリドット(Peridot)

2017年2月20日 ペリドット・問題は消えるはず/ワンドの3/リバース

逆位置に出ていますがまずまずのカードです。

問題になっていたことが消え去る兆候。

ところが目の前に広がる世界に「!?」と一抹の不安を覚えるかも。

「自分は間違っていたんだろうか?」そう思ってしまっても、無理もないことです。

しかし自分がやってきたことをよく振り返ると、その不安は「自分への信頼」に変わっていくはず。このとき自分だけでなく、仲間も同時に信頼することが大切。そうすれば必ずや事態は好転します。

そして少し時間を置いて、自分は正しかったのだと気づときがくるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはペリドット

ペリドットに求めるのは「自分への信頼」。この根本原理として「マイナス思考」を治すことがあります。もし、心に不安の芽を見つけた時は、この石を「左手」で軽く握り締め、目を閉じてください。あなたの心の中にある「マイナスエネルギー」を払い、明るい方向へ導いてくれます。

時間の正体その2

今回のコラムも「時間」についての考察です。

さて、皆さんは「アカシックレコード」ということをどこかで目にしているのではないでしょうか。以下に簡単に説明しておきます。

以下Wikipediaから冒頭の引用です=============
元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念。
=====================================
そして未来に関しては以下の通りの解説があります。
=====================================
未来の情報も含まれるとする場合、あらかじめ運命が決まっているという宿命論、予言が行えるとする場合は決定論となる。
===============================以上引用

アカシックレコードはオカルトっぽい分野で語られる場合、未来に関する情報までが含まれていることになりますが、筆者の思いとしては「未来」に関しては懐疑的です。

もしも「未来の記録」の存在を肯定してしまうと、このコラムで何度も書いてきた「受け身」としての生き方しか存在しえないことになります。また、前回のコラムで書きましたところの時間とはそもそもが便宜上のことであって、あくまでも人の「考え」に過ぎないことという解釈から外れることになります。

また、未来が確定しているとしてもそれを誰にも証明しようがありませんので「未来の記述」それ自体が存在するとしても全く意味を持ちません。何が起ころうと「それが運命だったのだ」といえばそれで終わりです。

しかし、多くの人は「未来のこと」を知りたがります。しかしそれを知ることで、人生の中に「ゲーム」がなくなることがわかるでしょうか?

人生の中にゲームが少ないと、人は「過去のゲーム」を戦ってしまう傾向にあります。予想ができてしまう未来を多く持っている人はこれが強く出やすいです。

ちょっと話がややこしくなってきましたか?

明日のコラムでは「人生のゲーム」について少し掘り下げてみます。

明日が良い日でありますように。

スモーキークオーツ・過去も未来も気にしない/ワンドの9

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

2017年2月17日 スモーキークオーツ・過去も未来も気にしない/ワンドの9

すでにやることはやって、今現在結果待ちの状況かもしれません。

これまでにミスはなかったかなどとハラハラしているかもです。しかしながら心配は無用です。うまくいった状態だけを思い描いてください。

それと、緊張状態で心が疲れ気味ではありませんか?

少し心を緩める方が良い運気の波に乗りやすくなりますよ。悪い結果を想像して自爆しないように。

待っている結果はもうすぐ手に入りそうですから。

このようなときにオススメのパワーストーンはスモーキークオーツ

スモーキークオーツに求めるのは「悪い想像を止める」こと。スモーキークオーツは「安眠の石」として使うことが多いのですが、これはそもそもがしっかりと問題を見て打つべき手は打つ、そして結果を待つということから起こるリラックスと関係があります。そして未来に起こることに対して受けて立つというスタンスですね。悪い想像が入り込む隙はなくなるでしょう。

時間の正体

「過去に縛られる」「未来を憂う」などなど、人間は時間を中心に様々に思考し、感情を動かします。

ところで、過去とか未来という、時間とはいったい何か?昔から多くの学者が考えているようですが、その正体に確定的な結論はないようです。だって「時間」というものが本当に存在するかどうかさえ疑わしいのです。

本当には存在しないかもしれない何かについて、その正体などわかりません。

ただ、現状の最有力な説として「時間は人間が考えた便宜上のもの」であってその実態は存在しない、ということのようです。あくまでも「考え」であって「便宜上」のことなんですよね。

筆者自身はその説が正しいと思っています。

もう少し解説しますと、例えば「過去」は実際には存在しない。ということがあります。しかし、人は「過去」を振り返ることをしますよね。昨日とか、一年前とか、自分が幼かった頃とか・・・

しかしながら、この「過去」はその人の記憶の中にしか存在しません。こうなると、SFの中に出てくるようにタイムトラベルで過去に戻るということはできないということになります。ちょっとつまらないですね。

同様に未来も、それはその人が思い描くことによってしか表現されません。それも人の考え以上のことでしかありません。

すると、実際にあるのは「現在」だけ、ということになりそうです。過去も未来も単に考えなのです。

ところが、人は人生において大いに「受け身」として時間という概念を与えられます。それはカレンダーであったり、時計であったりです。

「今日は何日?」「今何時?」「あと何分?」これら全部受け身ですよね。時間は全て与えられた状態でこの地球上で育ちます。

そこで、大きな提案ですが、自己決定として「時間」を作ってみてください。

これってとっつきにくいおすすめですが、時間に追われるか、自分が時間を追いかけていけるかの大きな分かれ目になることがらです。

「時間を作ってください」

「わかった、やりましょう」とあなたが言えたとき、時間に追いかけられることはなくなるでしょう。本当ですよ。

ところで、今度のカード「ワンドの9」ですが、要するに過去や未来を気にしてはいけないということですよ。気にしようにも、過去も未来も本当はどこにもありませんから。

それらはみんな単に「考え」の中にしかないのですから。スモーキークオーツで安眠してしまいましょう。

明日が良い日でありますように。

ブルーカルセドニー・ある意味チャンス/死神

2017年2月16日 ブルーカルセドニー・ある意味チャンス/死神

なんとしたことか、今度は死神のカード。

一見は不吉に思えるかもしれませんが、心配には及びません。もしかすると、昨日のカード「世界」に通じるところもあるように思えます。

とにかく大きな転換を迎えなければなりません。

「まんまこれを続けていても、もうどうにもならないよ・・・」

と自分で気づいていながらズルズルとそれを続けていることはありませんか?

すでにわかっているのに、どうにもならないことを続けて消耗してはなりません。

何かを捨てるのは、それがどうしようもないことであっても辛いかもしれません。しかし前に進むにはそれを捨てることが必要なことがあります。

心の片隅で重荷になっているものを手放すときがきたようです。

古いものにしがみつかず、自分の意思で「もういいや」と決めるとすんなりとリセットが起こります。そしてその後には幸福の兆し。

ここで心機一転することが好機を得る最善のアクションとなります。
本当にある意味チャンスなのですよ!

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーカルセドニー(意味辞典に未記載)。

ブルーカルセドニーに求めるのは「執着心を捨てること」。物事に対しての「許容範囲」のレベルを最大値まで引き上げる作用を持つストーンです。その作用は「自他」を問わず発揮されます。極端に相対するモノまでも受け止められる能力は大きければ、大きいほど、その身に吸収できるモノが無限に増えてきます。

スタート・チェンジ・ストップ

「わかっているけど変えられない、止められない」確かに人生にはこれが多いです。

今回のカードはチェンジやストップをして、そして改めてスタートせよと告げています。

何かをスタートすること、その状態を変化させること、そしてそれをストップさせること。これらは「理解の三角形」と同じように、人が生きる上でかなり重要な要素です。

「スタート・チェンジ・ストップ」とはすなわち「コントロール」に他なりません。

あたなが自分でコントロールしなければ、誰かや環境があなたをコントロールします。

もちろん、自分の意思で「コントロールを受け入れることを自己決定する」という能力も必要です。が、そのためには自分が「自分をも含めて何かをコントロールできる」ということが前提です。

「何かをコントロールする」これは実のところ、「それに対して責任を負える」ことに他なりません。

そして実際のところ、責任を負いたくない度合いに応じて、誰かや環境に自分がコントロールされる、という構造になっています。

あたりを見渡して「責任を負いたくない人」を探してみてください。

その人たちの特徴として「不平不満」が多く「何々は誰かのせい」と言っていることがよくあるでしょう。

そんな人にはなりたくありませんね。

明日が良い日でありますように。

サンストーン・ほとんど最高の日/世界

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

2017年2月15日 サンストーン・ほとんど最高の日/世界

うわっ!これはカードの中でも最上級に良いですね!

なんとしたことか!昨日とは180度違います。
ね、悪いことがあれば良いこともあるでしょ。

もう邪魔ものは消え去ります。あなたが目的に向かう気持をみなぎらせることができますよ。

遠慮は要りません。思いっきり理想を描いてください。今日の決意が後々に世界を変えるかもというくらいの勢いでいて構いません。滅多にないチャンスです。

さて、今日は「望んでいるもの」が限りなく実現化に近づく日。

ですから、間違っても「マイナス」なことを考えてはいけません。本当に望んでいることだけを思い切り想像してください。

このようなときにオススメのパワーストーンはサンストーン

サンストーンに求めるのは「前向きな思考力」。主人が持つ「眠れる才能」を引き出し、あらゆる物事を「勝利」へと導いていくストーンです。分厚い常識などに抑圧された感情を解放し、豊かな想像力と行動力を呼び起こします。考え方も前向きになり、精神的にも強くなります。

理想的な世界のために

本日のカードは「思い切り理想を描ける」ということですよ。

長い人生の中で、そんなことはいつの間にか忘れてしまっていないでしょうか。

大人たちは「現実を見ろ」と言ってはそれがまるで正しいことのようにあなたをたしなめてきたかもしれません。

ここで筆者は断言しますが、人はいつでも理想を思い描く権利があります。そして元々なんでもできたはずです。

ところで、自分の理想と世界の理想は同時に考えられた時に初めて実現することを知りましょう。

これが意味するところは「生存の多重円」そのものです。

生存の多重円(生存の包含関係)

良い世界の中でなければ、そこにいる個人は理想的に暮らせるはずがありませんし、そうでなければその生存は続けられません。生存の多重円が意味するのはそこです。

ひとつの例を示しましょう。

最近は「ブラック企業」という言葉をよく目にします。これは会社というグループの存続のために「個人」の生存を省みていないという状況です。理想とは程遠い状態です。その会社に勤める人が、その会社を盛り立てようと頑張ることができるでしょうか。たとえ自分は虐げられていなかったとしても、そのような会社でまともに働く気はしないでしょう。

これってシンプルに、その会社の社長の「間違った理想」のためにそうなっています。会社さえ良ければ、そして自分さえ良ければ社員の幸福など顧みないということです。

これでは生存の多重円の働きに反し、その結果として長い目で見ればグループの存続はかないません。

生存の多重円と、理想との関係は以上の通りです。間違った理想は必ず破滅を招きます。

自分の理想を実現するために、家族は、グループは、世界やそこに住む人たちや動物たちに悪影響はないか?良い影響を生み出せるのか?これをよく考えましょう。

そうしようと思うなら、政治や世界情勢や自然環境に無関心でいられるはずはありません。

明日が良い日でありますように。