ルチルクオーツ・やる気をしぼり出せ!/愚者/リバース

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

2017年5月30日 ルチルクオーツ・やる気をしぼり出せ!/愚者/リバース

ううむ、昨日とはうって変わって「やる気なし」な状態。どうしたものでしょう。

やりたいことがあるのにそれに真剣に取り組めない態度がないでしょうか?

「何々がこうであったらうまく行くのになぁ」と言う感覚でいる限りは自分で道を切り開くことはできません。

自分以外のことにきっかけを求めているのは無責任な状態ですよ。

また、このことは自分を信頼しきれていないことを表している部分でもあるでしょう。

「自信が持てるまで」と待っていたら何もできないまま終わります。

しっかりと現実を見て自分で決断し、ゴールを決めて動くこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはルチルクオーツ

ルチルクオーツに求めるのは「気力を高めること」。物事を始める前に、考えてばかりで、なかなか行動に移せない人や重い腰があがらない人は、この石を「左手」に乗せて見つめてください。余計な不安感などを取り除き、身体を動かす気力を与えてくれます。持久力・行動力もアップしてきます。

お金が貯まる貯金体質について

昨日とは真逆なカードが出ています。これってもしやまだ新月の影響下にある不安定さでしょうか?

それから、昨日のカードでは「休みも大切」とありましたから、今回のカードは「休み用」という意味にでも取っておきましょうか。

さて、このコラムではあまり触れたことがなかったお金の話題をひとつ。題材はおなじみのサイト、ライフハッカーより。

お金が貯まる? 「貯金体質」に自分を変える方法

なるほど、まあこれまにもよくあるお金を貯めるための「お説教」のような記事ではあります。

しかし「確かにそうだ」と思える一説がありました。

私たちは、「欲しい」を「必要」にすり替えることが上手です。

そうです。本当は単に欲しいものを「必要」にすり替えて買い物をしています。

記事の中には回避策が書かれていますが、私的にはもうひとつの考え方を持ています。

それは・・・

今欲しいと思っている「これ」って昨日も今日もなかった物。それじゃあ「これ」が明日手に入ったとして自分は本当に幸せになるのか?

これをマジに考えてみることです。昨日や今日において必要なかった物は、きっと明日も必要ありません。

「欲しい」と「必要」はそもそも関係がありません。

あたりを見回して、それを手に入れて本当に幸せになった物体は何でしょうか?

あらゆる物を買ってきて今日に至りますが、それで自分が幸せになった物体というのはごく限られた物だけになりはしないでしょうか。

それと、究極的には人の幸せと物質は全く関係がありません。

むしろ物質ばかりに目が行くと罠にはまりますよ。

明日が良い日でありますように。

ローズクオーツ・休んでひらめく/ワンドの王

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

2017年5月29日 ローズクオーツ・休んでひらめく/ワンドの王

さてさて、新しい週の始まりにふさわしい感じのカードかもです。

今あなたは理想に向かって邁進しているときかもしれません。ビジネスや研究、学習の分野での成功を願って努力をしている最中かもです。

今やろうと思っていることは、たとえ一人も理解者がいなかったとしても継続するべし。

理解者がいないことから孤独を感じることもあるでしょうが、それは誰も歩んだことがない道をあなたが切り開こうとしている証拠でもあるのです。

それはなかなか厳しい道であり、それでも寝食を忘れて取組んでいるかもしれませんね。

ただし健康には留意して上手に休みを取り入れよう。その方が結果的に良いアイディアが浮かびそうですよ。ひらめきはいつもリラックスしているときに現れるのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはローズクオーツ

ローズクオーツに求めるのは「オン/オフの切り替え」。このローズクオーツには「適度なリラックス効果」が備わっていますので、適度な鋭敏さと、適度な緩慢とを上手く使い分けるサポートをしてくれると思います。バリバリ働くあなたには、必要なパートナーだと思いますよ。

エンパスを考えてみる

「エンパス」とは、かいつまんで書きますと他人の感情をまるで自分のことのように体感してしまう、非常に共感力の強い人のこと。

へえ、それなら「人の心がわかって便利だなあ」と思われるかもしれませんが、そう単純に喜べる話ではありません。様々な害もありますよ。(もしかしたら害のほうが大きいかも)、というところでカラパイアに以下の記事が。

共感力が人並み外れ、常に他人の感情が流れ込んでくる。「エンパス」が負の感情にはまり込んでしまった時のサバイバルガイド

いやー、これは「毒気に当たった後」の話ですよ。私としては最初に「共感しない」のが最重要と思えます。

そして、実はそもそもが「共感」でなく単なる勘違いによる思い込み、そして自分の過去が単に反応しているというケースのほうが圧倒的に多いと思えてなりません。

そうです、エンパスは「共感」でなく単に「反応的」と思えてなりません。そして感情を取り違えて理解されてもこっちが迷惑ですよ。

ま、それでも「エンパス」と言われる性質があるとして、なぜそうなるのかという問いの究極的な答えは・・・・

その人が自分に対して無責任であるから

「え?そんなのひどいなあ」と思われたでしょうか?

いえいえ、共感してはいけないことに共感するからいけないのです。気に入らないことを受け取って離さないからまずいのです。

じゃあこの無責任状態から少しでも抜け出せる方法はあるのか?

あります。自分がエンパスだと思える人は試してみてください。

相手から感情が飛んできたと思ったら、まずはその状態を「客観視」します。どっぷりはまり混む前にしてくださいよ。はまり込んだら「反応」が始まってしまいますから。

客観視できる構えが即座にできるだけでかなりマシなはず。そういうクセをつけてみてください。(入門編としてはこれくらいでしょうか)

少しでもそれができれば、自分に対しても相手に対しても責任ある行動がとりやすいはず。

実はこの話、多岐にわたって沢山のことを書かねばならない分野になります。過去のコラムの中にもそのネタが散りばめられていると思います。

明日が良い日でありますように。

アメトリン・直感を信頼しよう/女教皇

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

2017年5月26日 アメトリン・直感を信頼しよう/女教皇

今回もどちらかといえばアドバイス色の強いカード。

端的に言って直感を信じるべし・・・なのですが、それは客観視できての上でのこと。

ですから「何となく思ったこと」が正解なのですが、第三者の目を持って事実を正面から見てみよう。そうすれば思わぬ突破口が開きます。

それはこれまで全く気づかなかかったように見えるかもしれませんし、これに相対することで自分自身の成長につながります。

何か問題に取り組みながら、「本当はこうじゃないか?」と思っていたなら、その思いが正解だと思ってください。今の直感力は間違いではないようです。

今現在が思い通りに進んでいないようでも、いずれは正しい道に進むことになるようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメトリン

アメトリンに求めるのは「心の許容量」。意外な局面に遭遇したとき揺れる感情を瞬時に理性で安定させ、いつも通りの自分で過ごせるように支持してくれます。その働き方の要点は、相反するものに対する心のキャパシティを大きくし、どんなことでもありのまま受け止められるようになるということですね。

直感と論理

今回のカードは「直感を信頼しよう」ですね。

ところで、日常的には「直感」と「論理」が対比されることがあります。

直感と論理は相容れない感じがありますよね。直感は「理屈抜きにこう思う」という場合に使い、一方「直感に頼るばかりでなく論理的になろう」ということもあります。

こうしてみると「直感」と「論理」はまるで相対するような意味を持つように見えますが、実際のところはこれら両者があってこそ成り立っています。

アインシュタインの有名な研究、相対性理論というのがありますが、氏はまず直感的に「これは何かある!」と感じたに違いありません。そしてそれを証明するために論理を組み立てます。

まず先にあるのが直感、そして後に来るのが論理、こういう構造をしています。ですからどちらが大事とかではなく、両方が伴っていることがほとんででしょう。

そして、直感は必ず論理よりも先にあるのは確か。そしてお互いの違いを補いあうように働いています。

そして論理の構築を細かく見れば、その中には小さな直感がちりばめられているように見えます。

筆者的には「直感」は魂の仕事、「論理」は脳の仕事と思います。(脳の仕事とは記憶と計算)

明日が良い日でありますように。

レナイト・選択の自由/ペンタクルの2

2017年5月25日 プレナイト・選択の自由/ペンタクルの2

昨日に引き続き、良し悪しで語るよりアドバイス色の強いカードです。

現状に満足していようという気持ちが強くなっている時期のようです。

もっとも、他に何かしたいことがあるのかもしれませんが、今できていることをさらに発展させるべきではないかとも思っているかも。

実際には様々な可能性があるにせよ、現状をよりよくする方向で進むことを取るようですが、自分の価値に気づいてそれを存分に発展させることが吉。

いくつもある可能性の中から自分で選んでいく日。リスクは最小限に、少しでも今より良い未来を引き寄せるべくじっくり考えてください。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「正しい選択」。思考回路を明瞭にし、自分の願望達成のために「必要な情報」だけを選び出す能力を強化してくれるストーンです。「真実を見抜く目」を養うサポートもしてくれるので「何が正しくて、何が違うのか?」を知るための手助けになるでしょう。

何かを選択すること

人生というのはとにかく選択の連続ですよね。

もちろん、ルーチンワークとして選択肢がなく機械的にこなしていける部分もありますが、それと同じくらいに選択を迫られます。

今日の晩御飯は何にするか?というだけで選択肢の山です。

自炊にするか、外食するか、どちらにしても何を食べるか、予算はどうか、栄養はどうかetc 選択肢の山です。

その選択肢はある意味として「自由」をもたらしているように見えます。資本主義経済はこの自由が極大化する方向に成長しているように見えます。

しかしながら先に挙げた「今日の晩御飯」の例にあるよに、多すぎる選択肢に圧倒されることもあります。このことは選択肢による「組みわせ爆発」と言います。これはある意味、自由に束縛されているような状況です。

そして、自由に選択できるように見えても実際にはマーケティング※に乗せされて結果的に「何かを選ばされている」という現実があります。また、お金を湯水のごとくに使える人以外にとっては予算的にも最初から束縛されていますよね。

さてさて、それでもとにかく選択の自由はあります。

そこで肝心なのは「選択の結果について後悔しないこと」です。

「後悔」などということは、本当に全く何の役にも立ちません。

このコラムで何度となく書いていることではありますが、現在だけを見ていれば良いのです。(後悔というのは過去を見ている格好の例)

未来を見ようとすると、そこには先に書きました「組み合わせ爆発」が発生します。

これを極論すれば、今この瞬間から自分が死ぬまでのスパンで物事を考えなければならなくなります。こんなことはスーパーコンピューターでも計算不能な組み合わせですよね。

「見るのは今現在だけ」これはかなり良い秘訣です。騙されたと思って試してみてください。

「過去と未来は見ないこと」

不思議なことにこれだけで「明るい未来」が訪れますよ。

=====

※マーケティング
マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。Wikipediaより

=====

明日が良い日でありますように。

アンバー・こだわりを捨てよう/ワンドの4/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年5月24日 アンバー・こだわりを捨てよう/ワンドの4/リバース

このカードもアドバイス色が強いです。

ここのところの問題解決に向かうのに丁度良い具合ではないでしょうか。

成功のカギは逆転の発想。

特にヒントになることは「周囲のアドバイス」。

これまでのやり方にこだわるのを止めてみましょう。現在の考えに固着しないことで突破口が開けるはず。

ですので、自分自身の考え以外のところに問題解決のヒントが転がっているのです。

また、自分の考えにこだわるなら、コミュニケーション不全に陥っていることもありえますよ。

ここは周囲のとのコミュニケーションを回復し、調和をもたらすことが最善のようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を理解すること」。他人からの言葉や外からの情報を正しく受信しにくい人にお勧めのストーンです。他人の言葉や外からの情報を正しく受け止めたい時は、この石を「左手」に軽く握りしめながら「今聞いた言葉や話を繰り返し反すう」してください。それらを正しく受け止める事が可能になりますよ。(このあたりのこと、意味辞典ではあまり触れられていませんね)

コミュニケーションを回復しよう・手放すこと

ほらほら、昨日に続き「手放すこと」に関するカードが出ています。

こだわりを捨てる=手放すこと

でしょ。

しかし、どんなつまらない不要なものでもなかなか手放せないという人は少なくありません。部屋中が物だらけでゴミ屋敷化する人は「手放すことができない」わけです。

なぜ手放すことができないかと言えば、「自分は持てる」という感覚を忘れているからです。

ですから手放すことができるようになるには「自分は持てる」という感覚をリハビリする必要があるのは確か。

これまで何度も書いてきた「所有性の回復」です。

そのリハビリのためにお伝えできる範囲のこととしては「モックアップ」の練習を積むことです。

以下にその手順を示します。

  1. 何か好きな物をモックアップ(頭の中でその映像を描く)します。
  2. それができたら同じ物をもう一つ。
  3. またもう一つ。
  4. さらにもう一つ。
  5. まだまだもう一つ。
  6. 20か30くらい同じ物をモックアップしてください。
  7. それができたらそれらをひとまとめにして丸めます。
  8. そうしたらそれを窓の外に投げ出してください。

できましたか?できるようになるまで1-8を何度でも繰り返します。

次にコミュニケーションを回復させます。

  1. 目の前に何がありますか?
  2. その物に、あなたに対して「こんにちは」と言わせてください。
    (頭の中で想像してください)
  3. その物が「こんにちは」と言ったら、あなたはそれに対して「OK」と返事してください。

スムースにできますか?

これを嫌になるまで何度も繰り返してください。そしてバカバカしくなって、そして笑えてきたら終了です。

明日が良い日でありますように。

ブルーカルセドニー・夢を温存しておく/魔術師/リバース

2017年5月23日 ブルーカルセドニー・夢を温存しておく/魔術師/リバース

ううむ、昨日の延長上にあるようなカードです。

良し悪しで言うよりもアドバス色が強いと思いましょう。

組み立てた予定がうまく行かなくなってヤキモキしていることはないでしょうか?

やり方、タイミング、何が悪いのかは別にして、とにかくその目標からは遠くにいるようです。

ここは、今現在とらわれていることを一旦は手放すことです。そうしてから多角的に事態を見直してください。

行きづまり感解消のカギは「リセット」。

これは中止ではなくて「仕切り直し」「見直し」の意味ととらえてください。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーカルセドニー(意味辞典に未記載)。

ブルーカルセドニーに求めるのは「執着心を手放すこと」。物事に対しての「許容範囲」のレベルを最大値まで引き上げる作用を持つストーン。極端に相対するモノまでも受け止められる能力は大きければ、大きいほど、その身に吸収できるモノが無限に増えてきます。物事に対する「執着心」を取り除く作用にも優れているので、自分と他人とを比べる事がなくなってきます。

執着すること・手放すこと

何かに執着しないということは結構難しいです。

人が何かに執着する理由の一つとして「人は問題が好き」ということがあります。

何事にも執着しないということは、その周りには何も問題が起きないということです。

それではなぜ人は問題が好きなのか?

それは人生にはゲームが必要だからです。ゲームというのは何かと勝敗を争っている状態で、問題の解決がゲームそのものです。

ただ単に今まさに「生存している」ということが、実は「生存というゲーム」の勝者であることは確かです。

しかし人が生存できることが確実ならば、それ以上のゲームを欲します。

(もちろん、生存するために今まさに戦っている人もいますよ)

とにかく、人はゲームを欲します。

そのためには問題を作ります。どんなゲームでも、そのゲームがないよりはマシなのです。

ですから、どんな問題であろうがそれがないよりはマシなのです。ですから、問題がなくなると、人は自ら問題を作り出します。

例え話としては、どう見ても順風満帆で売り上げが伸びている会社があるとして、そのままやっていれば良いところを社長が問題を作り出します。どんな方面に問題を作るかはわかりませんが、とにかく問題を作り出します。

これを人は知らず知らずにしてしまうことが多いのです。

より良い生存へ向かうための問題であれば良いのですが、人が作り出す問題はそうとばかりは言えません。「ないよりはマシ」なのでどんな下らない問題でも作り出します。

さて、ここで「執着」について見ると、これは問題に違いないでしょう。それが問題でないならば、それは「執着」とは呼ばれないでしょう。

執着とは、多くの場合は作られた問題である可能性が非常に高いです。何もないよりよほどマシなので作られます。

しかしながら、多くのケースでは自分で作ったその問題に押しつぶされそうになっているようです。

執着は自分で作った問題に他なりません。自分で作った問題に押しつぶされるなんてバカなことですよね。

ちょっと信じられないかもしれませんが、その執着によってかなり辛いめにあっている人が少なくありませんよ。

自分で作ったのですから、その気になれば手放すこともできるのです。

まあしかし、手放すのが不得意な人が多いのも確か。誰も「手放すな」と強制していないのに手放せないのですよね。(この話続くかもです)

明日が良い日でありますように。

シトリン・夢を温存しておく/カップの7

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

2017年5月22日 シトリン・夢を温存しておく/カップの7

ある程度の欲求不満を抱えた状態かもしれません。

様々な希望があるにはあるのですが、それを現実のものとできるのか?バカなことを考えているだけではないのかと疑ってみたり・・・

しかし、今はこの夢を大切に温存しましょう。はかないことだと切って捨てることはないのです。

「そんなことができるわけないよ」とあなたをバカにする人はほおっておいてよし。

あなたの夢は今後の重要な原動力になる可能性があります。想像力やインスピレーションが沸き立ちやすい時期でもありますから、出てきたアイディアはメモしておくのが吉。

夢の架け橋を信じる心。「必ずゴールにたどり着く」というイメージを大切に。

このようなときにオススメのパワーストーンはシトリン

シトリンに求めるのは「自分への信頼感」。主人に「自信・勇気・明るさ」を与えてくれるストーンです。自分を表現することが苦手な人は、いつも身につけていましょう。心が明るく、軽くなり誰とでも楽しいコミュニケーションがとれるようになります。挫折しそうなときは、この石を「左手」に乗せ、見つめてください。荒れた神経を鎮め、落ち着きと判断力を取り戻させてくれます。

砂漠の国に氷山

ぎょっとするような計画があります。

カラパイアの記事より

すごアラブ。水不足解消の為、南極から氷山を引っ張ってくるという壮大な計画が来年スタート(アラブ首長国連邦)

いやーこれはまずいでしょう。南極の氷山を移動させたり、それを溶かしてしまったりしてはどんな気候変動が待ち構えているか想像できません。いえ、多分さらに温暖化が進むはず。

この温暖化は、単に気温が上がるだけでなく、かつてはなかったような気候変動をもたらすのは間違いなし。

このコラムで何度も出てくる「生存の多重円」で語っているように、人類や生物界全体のことを考えていないと、円の中心にいる自分自身が生きられません。

生存の多重円(生存の包含関係)

正直書けば、あの多重円にはまだ上があって、自然界全体やこの宇宙をも含む円があるんですよ。ここまでくると哲学的になりすぎるので簡易版として書いてきましたけど。

あらゆる文明の滅亡は、この多重円の性質を見るとほとんど解明できますよ。

というところで、アラブ首長国連邦のこの計画は、計画段階で中止になって欲しいなあ。

まあ、環境保護団体が黙ってはいないと思いますが。

あの国はお金持ちなので他の方法でなんとかなると思うのですけどね。

明日が良い日でありますように。