パワーストーンの意味と効果を知る

意味と効果
トップページ / パワーストーン意味辞典 /Q&A一覧 / スタッフ / 特定商取引に関する表示 
もくじ
 コンセプト
 ハウツーシリーズ
 Q&A
 カタログページ
 あなたのカート
 お客様専用ページ
 ブログの紹介

感情の気風を押さえるサポート

ランパラロゴ
No,12-7完売しました

No3画像

 

●セレさん制作メモ

このペンダントは、感情の起伏が激しい人や、怒りっぽい人にお勧めです。

誰だって虫の居場所が良い時と、悪い時がありますが、平均して「いつもイライラしている」などの心当たりがあったり、気分の浮き沈みが激しいと自覚のある人は、ぜひ愛用してください。

月のパワーを秘めた石「ムーンストーン」ですから、月が象徴する「女性」「感情」「感性」など、精神面に影響する分野をコントロールするパワーに優れています。

ゆれ動く感情のせいで「自分を見失っている人」は、横になりこのペンダントを「眉間」に当ててください。

自分は何をどうしたくて心が乱れたのか?何を見たり聞いたりして心が揺れたのか?を思い起こさせてくれます。

心が乱れた原因が判明すれば、後はどうすればその事が解決出来るのかを考えるだけですよね。

敵を倒すには、まず「敵の正体」を知らなくてはね。
心を安定させるには、まず安定を保てなくなった原因を探りましょう。

またこのペンダントは、恋人たちを応援するパワーも持っています。

恋人との絆をより深くしたい人や、遠くはなれた恋人の心をつなぎ止めておく事も得意です。

●セレさんの秘伝

では、ここで「恋人との絆を深める儀式」をひとつ教えましょう。
この儀式には、このペンダントトップが「2個」必要になります。

この秘伝を行うには月のパワーが必要です。

恋人との絆を深めるパワーを充填するには、新しい月が生まれてから、満月を迎えるまでの日数(およそ30日)が必要ですから、出来るだけ早い目に準備しておきましょう。

■新月or満月の日を探そう

まず、インターネットや新聞で「新月」「満月」の日を調べてください。

新月(生まれたばかりの月)の夜、窓辺に立ち、2個のペンダントを「左手」に乗せてから、そっと「胸元」に押し当ててください。

愛しい相手の顔を想い描きながら、楽しかったデート、会話の事だけを思い出してください。

決して、悲しかった事やケンカした事なんか考えないでくださいね。

時間は最低でもストーンたちにあたなの「体温」が伝わり、温かくなるまで続けてください。

そして、あなたが相手を思う愛しいという気持ちで心の中を一杯にしてください。

この時に、感極まって涙が流れてくる人がいますが、涙はそのままにしておいて儀式を続けてください。

愛してるという気持ちは「胸」に宿りますから、ストーンにあなたのぬくもりを伝えるのと同時に「愛しい気持ち」も送り込みましょう。

自分の気持ちが納得した時点で儀式を終えてください。

そのペンダントトップの一つは、自分で愛用し、ひとつは「相手に贈って」ください。

相手がそのペンダントトップを愛用している限り、あなたの気持ちは伝わり続けます。
(贈る相手によっては、ストラップに加工しても良いですよ)

※ クラッククリスタルは他のストーンのサポートの役目を負っています。

パワーストーンペンダントランパラ12-6

パワーストーンペンダントランパラ12-6-2

■ストーン他のスペック■

ムーンストーン 6mm 4個
ラピスラズリ 6mm 1個
クラッククリスタル 6mm 4個
ランプビーズ 1個
ロンデル 1個
チェコガラスビーズ  

本体縦横:約30×18mm チェーン:約40cm

※ランプビーズ部は円筒でなく、平たい形となっています。

ランパラNo,12-7
完売しました