タグ別アーカイブ: ソーダライト

2017年8月4日 ソーダライト・正しさをごり押ししない/正義

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年8月4日 ソーダライト・正しさをごり押ししない/正義

8月4日は「論理的な思考」にのみ基づいて行動するべき日。

ちょっとばかり注意なアドバイスありとしましょう。

もしかしたらあなたは公平さが保たれていない状態に対して義憤に駆られているかもしれません。

しかし、自分が正しいと思うことを他に無理強いすることがないように要注意です。

心の叫び、感情の爆発はセーブしましょう。

バランスが大切な日ですから公平な判断を重視してください。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「公平な立場で考える力」。あなたの感情や憶測を入れずに、他人に対していつも理性的に振舞えるようにサポートしてくれるストーンです。人と向かい会った時や、恐怖心や不安感などで言葉が上手く出ない時には、このストーンでアゴの下から胸元まで軽く撫で下ろしてみましょう。

正しいことの難しさ

何が正しく何が間違っているかを判断するのはかなり難しいことですよね。

それでも単純なところでは「自分がされて嫌なことは人にもしない」ということがあります。非常にシンプルで初歩的な部分ですね。わからないときにはこの原則に戻るというのは悪い考えではないでしょう。

それから善悪の判断について大いに関係するのが教養かもしれません。

そして最終的には人の自由と尊厳を守ること目的にすることが行き着くところの課題なようには思えます。実際に、社会悪のほとんどが、人の自由と尊厳をないがしろにしているわけです。

そして、このコラムでは何度となく触れていますが、悪いことをした後には、その罪の正当化が現れます。

例えば「いじめられる方にもそれなりな責任がある」といいう具合にです。そしてその正当化を盾に過去の罪を軽くしながら新しい罪を重ねるわけですね。

正当化を声高に叫ぶ者は、先に罪を犯している。これは法則です。

そして新しく罪を犯してそれをまた正当化します。

これを「罪と動機の螺旋悪循環」と呼びます。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・挑戦の覚悟を/戦車

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年6月12日 ソーダライト・挑戦の覚悟/戦車

うわっ!週の初めとして十分に挑戦的なカードが出ました。

これまでに抱いてきた夢に挑戦する日。

やりたいことがあるのに、あれやこれやとできない理由を挙げて躊躇するのはもう終わりにしましょう。

自信のなさを嘆くより、小さなチャンスでもモノにする!という覚悟を持ってください。

想像による不安に負けず、立ち向かうべし。

そもそもが簡単にできることなら何も挑戦など必要ないのです。困難があるからそれは「挑戦」と呼ぶのです。

このカードは「自分に負けるな、突き進め」と言っていますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「恐怖心の克服」。不安感・恐怖心などを取り除き、精神的な混乱状態を安定させます。と同時に冷静な思考回路と判断力を強化し、今やるべき事にだけ神経を集中し、力を注ぐように促してくれるストーンです。

恐怖と反応の再考

人が恐怖を感じるというのは、かなりのケースで反応的です。例えば「ヘビ」を見てぎょっとして警戒する、といったことは典型例ですね。

それから、過日このコラムで書きました「ゴキブリ」に対する反応です。

ゴキブリに対して恐怖を感じるのはあくまでもナンセンスなことではありますが、恐怖は基本的に自分の身の危険に関して起こる感情でしょう。

そして恐怖の中に「反応」と論理的な場合との二種類があるようです。

前述の「ヘビ」に関してはまあ「反応的」。一方、例えば飛行機に搭乗していてエンジンから出火したとしましょう。この場合はまあ「論理的」な恐怖ですね。そして同じ飛行機の例として、とにかく飛行機に乗るのは怖い、と思う人もいるでしょう。こちらは「反応」です。ヘビ出現の恐怖に似ています。とにかくヘビはイヤ、というのと同じ種類になります。

ここで、論理的な恐怖を感じる場合、元が論理ですから考え方を変えるだけで恐怖を克服することが可能な場合があります。

逆に意外に手強そうに思われるのが反応タイプの恐怖でしょう。ヘビが怖いとか、ゴキブリが嫌いとか、飛行機に乗りたくないというのは論理を超えてしまっています。まるでDNAが持っていそうな根源的な性質といった感じさえします。

さてところが、非常に非常識なことを書かいてしまいますが「反応タイプの恐怖」についても、実はこれを克服することは可能です。

きっと見たことがある人がいらっしゃると思いますが、例えば「ヘビ恐怖症」を催眠術で抑えるといったことができます。(たとえ一時的にでもですが)

ただしここで決して催眠術を推奨しているのはありません。(実際に存在する現象として書いているだけですので。)

催眠術で「自分を騙せる」のであれば、どこかにコントロール可能なメカニズムがある、ということになります。

さて、細かいことを書いているとボリュームが増えすぎますので、結論を書いて終わろうと思います。

「どうしようもないと思っている反応的恐怖心も、実際にはコントロール可能」

そしてそれは催眠術など使う必要はありません。

逆に、きっちりと目が覚めた状態でいることによって反応はしなくなります。

反応的な恐怖を克服できないと言って嘆くことはりません。こんなとき、ソーダライトは確かに役に立ちますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月11日 最終更新日:2017年6月11日

ソーダライト・挑戦のときがきた!/戦車

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年4月26日 ソーダライト・挑戦のときがきた!/戦車

うわっ!明るい未来の予感!
追い風が吹いています。

昨日の「審判」から繋がっている感じがありますよね。

まさに、挑戦するときが来ています。ここでちゅうちょしてはなりません。やりたかったことにすぐに取りかかるべし!

このカードは「とにかく困難を乗り越えろ!」と言っています。

「しかし、でも・・・」といった想像によるブレーキを乗り越えチャレンジ精神を全開に!

今日は積極的に行動を。どんなチャンスも見逃してはなりません!

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「想像による不安を乗り越えること」。ソーダライトの働きを更に書けば、冷静さを与え、思考能力を強化し、好奇心を刺激し「なぜ?、なんだろう?」と様々なものに興味を持たせ、自ら学んでいくように促すことになります。

2分間で人生を変える技

本日のカードは「戦車」。これが象徴するのは「とにかくすぐやる」です。

さて、あるページの記事に「人生が激変する「2分ルール」とは? 先延ばしグセや心理的不安も完全克服!」というのがありました。

要約しますと、まずは今身の回りを見渡して「2分でできることはとにかくすぐに手をつける」ということです。2分でできることですから、まあこれはすべて簡単なことですよね。

返信できるメールに返信
必要な電話の連絡
デスク周りのちょっとした掃除
etc.

2分でできることですからまあそんなレベルです。これは心理的な負担がほとんどありません。手をつけてさえしまえばなんとかなるようなことばかりです。

そしてこの「2分でできるリスト」をどんどん増やすということです。

それでは2分以上かかる作業はどうするのか?

答えは簡単でその作業を2分単位に区切るのです。

実際のところ、自分が手をつけられないようなことというのは、その案件がすぐにわ終わらない大きなことなんです。しかしなが2分のステップに区切ってみるとほとんどができることばかり。

これの応用としては「読書習慣をつけよう」と思ったらなら、すぐに2分間は読書してみる、ということです。

なかなか良いアイディア、考え方だと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月25日 最終更新日:2017年4月25日

ソーダライト・スタートせよ!/愚者

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年2月22日 ソーダライト・スタートせよ!/愚者

面白いカードが出ました。

実はこのページでは「愚者」は表/裏ともに例外的によく出てます。可能性が無限大にあるといった意味から筆者としては好きなカードです。

カードとしては「とにかくスタートせよ」と言っているようですよ。

考えても悩んでもどうにもならないことがあるなら、新天地を目指して旅立とうではありませんか。現状に留まることが最大のリスクということもありますから。

想像によって「自分が生み出した不安」に心が奪われないように。もっと自由に楽しいことで心をいっぱいにすると良い日になるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「想像による不安を作らない」こと。不安感・恐怖心などを取り除き、精神的な混乱状態を安定させます。と同時に冷静な思考回路と判断力を強化し、今やるべき事にだけ神経を集中し、力を注ぐように促してくれるストーンです。

愚者のカードに思うこと

愚者のカードのデザインは、男が楽しそうに飛び跳ねて進むその足元が、実は崖っぷちといったように描かれていますよね。

これは確かに「愚か者」に見えます。崖っぷちなのに気づかないままなのですから。

しかしながらその崖っぷちは、そこにあることを知らないで通過してしまえば何でもありません。

そこに崖があることは、第三者にはわかりますが本人にはわからないですよね。それに実際問題として、身の回りにあることの状況を100%知ることは不可能です。

これは前回までのコラムで書きました「ゲーム」に関連することです。身の回りにあることを100%把握できているということは、ゲームの相手の手の内を100%理解しているということと同義です。

こうなりますとアカシックレコードに記録されているかもしれない未来の予言と同じく、消化試合としてのゲームと変わらないことになります。

まったく何のハプニングもないゲームをし続けることができるでしょうか?それはきっとつまらないことでしょう。実質的にそれはすでにゲームではありません。

実際のところ、愚者のように危険に気づかず通過していることは山ほどあるでしょうし、その危険にはまりこむことだって有り得ます。

しかしながらそれがゲームです。

崖から落ちてそのまま死ぬかもしれませんが、ゲームの勝者も時間が経てば必ず死にます。最終的には崖から落ちるのと結果は同じで、各自のアカシックレコードの最後には「そして死にました」と確実に書かれていますよ。

そしてことによっては崖から命からがらはい上がり、崖登りが平気になるという人もいるかもしれません。私なら、そこの崖の危険性を人に教えることをビジネスにするかもしれませんね。

そうして愚者のカードは「新しいゲームをスタートせよ」そう告げているように思うのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月21日 最終更新日:2017年2月21日

ソーダライト・気分を立て直そう/ペンタクルの3/リバース

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2016年12月12日 ソーダライト・気分を立て直そう/ペンタクルの3/リバース

さて、新しい一週間のスタートです。

今回のカード、少しばかり要注意で始まります。

注意すべきは外の世界のことでなく自分自身の考え方ですから、これならいかようにも変えていけると思います。

さて、ペンタクルの3の裏返しが意味するところは「否定的な態度」や「不満」。

自分自身の可能性さえ否定的になり、前向きな態度で物事に取り組めていない状況ではないですか。

前向きでないがために自分の能力を出し切れていないこともあるでしょう。

否定的な考えでいると、あらゆることがうまく行きません。特に自分を否定してはいけません。具合の悪いことに見切りをつけるのは時に必要でしょうが、自分を過小評価しないように。

ここで気分を立て直しましょう。あたなが立ち向かうなら、物事を改めて軌道に乗せることができますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「悪い想像」からの脱出。不安感・恐怖心などを取り除き、精神的な混乱状態を安定させます。と同時に冷静な思考回路と判断力を強化し、今やるべき事にだけ神経を集中し、力を注ぐように促してくれるストーンです。

やっぱり習慣が人と人生を作る

今回のカードも前回に続き、ちょっとした要注意ものですが、しかし考えてみれば当たり前のことなんですよね。

運命というよりも、「そういうことをしていたら、ろくな結果にはなりませんよ」という当たり前の話です。

ところで、多くの人が体験していると思いますが、何かに取り組んでも、挫折してしまうことがあります。

挫折とは、すなわち失敗でなく、とにかくそれを止めてしまうことだと思います。止めてしまわなければ挫折ではありません。

そこで、自分が取り組もうとしていることは、それを完全に習慣化してしまうのがコツ。

習慣なので「それをする」ための前提条件はありません。

「とにかくする」以外には何も考えないという状態を作りましょう。むしろ、習慣化できなければその取り組みは中途半端に終わる可能性大ですよ。

例えば、朝起きて顔を洗い、歯を磨くというのはもう無条件な習慣でしょう。自分が取り組みたいことをこれくらいの習慣にしてしまえば、その持続性は何らかの形を持ってきます。

習慣ですから挫折もへったくれもありません。物理的な諸事情でそれができない日が1日あったとしても、次の日にはすぐに元に戻ってその習慣を続けることができるでしょう。

そして習慣というのは単に行動としてのことだけでなく「考え方」といった分野にも存在します。(実際のところ、行動というのはそもそもが考えを元にしているわけですが)

例えば「昨日のことをクヨクヨ考えるより今のことを考えよう」とか、「悪いことでなく良いことを想像しよう」というのもその一つでしょうう。

習慣が人生を作ります。人生を作りたければその為の習慣を作りましょう。
習慣化が「行き当たりばったり」なことを防いでくれますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年12月12日 最終更新日:2016年12月12日

ソーダライト・どうにかやり過ごそう/ワンドの9/リバース

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2016年9月27日 ソーダライト・どうにかやり過ごそう/ワンドの9/リバース

ううむ、久々に単刀直入に悪いカードです。

これはもうお休みパターン。無難にルーチンワークをこなして難なきを得ましょう。

「こりゃまずな」と思っていたことが現実になったり、予想もしない妨害が入ったりがありえます。また「これは完璧だ」と思っていたようなことでもあと一歩で頓挫という暗示。

このようなときは手も足もで出ない感が漂うでしょうが、これも人生。誰の人生でもあることなんです。

この際ですから反省すべきは反省し、取り入れられる意見や常識に耳を傾けるということも必要でしょう。

とりあえず、何が起ころうと心穏やかにしていましょう。このページで気持ちが座ってしまえば、怖いものなしでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトは情緒安定には助けになるストーン。ことを悪い方へと考えがちになる悪循環から救ってくれるでしょう。また自分で勝手に作った不安などの解消にも。

まずい状態に対処する

今回のように救いようのないカードが出たときには、もう大人しく普通に仕事を進めて耐えることにしましょう。できるだけミスのないように気をつけて、まあ80点も取れていたら良しとしましょう。

これって別にカードと関係なく、体調が優れないときとかも同じです。とにかく仕上げてしまわねばならない仕事など、よほどのアクシデントが起こっていなければ、とりあえず歩みを止めずになんとか過ごしてしまうのです。

それから、楽観的になることがかなりな秘訣です。それから良い意味で「居直る」ことも時として必要でしょう。

誰もがいつも絶好調なわけではありません。ときには調子が良くなこともあるのです。

とまあ、こう書かれては身も蓋もありませんよね。少しは理屈っぽいことも書いておきましょう。

まずい状態=問題について

問題が問題として持続しているなら、そこには「嘘」が含まれています。嘘が含まれていないものは持続しません。

ただし、ここで「嘘」というのは、いわゆる「嘘つき」の「嘘」も含まれますが、もう少し普通に言えば「誰かがそれをありのままには見ていない」ということに近いでしょうか。(でもこれを端的に言えば「嘘」です)

実際、「ありのままに見られているもの」は持続しないのです。

この例としてちょっと視点を大きくして社会の問題に目を向けてみましょう。

持続している「社会問題」はたくさんありますよね。これらの問題というのは、実のところ「ありのままに見られていない」ことから持続しているのです。もちろん、報道の仕方とかによって真実を知ることができないために「ありのままに見られない」という状態もありえます。(これだと解決しようという運動も広がるわけがありません)

これって個人の問題でも同じなんですよ。

本当に、本当に、その問題をありのままに見ることができると、その問題というのはあっという間に解消、消滅してしまいます。ことによっては瞬間的に消えてなくなるほどです。

これを個人の例で説明します。ある嘘をついている状態というのは「ありのままに見ないで」真実を捻じ曲げている状態ですよね。これって胸のつかえになって悶々としてしまいます。そしてある日、とうとう嘘を打ち明けます(自分自身についていた嘘も含めますよ)。または嘘が単にバレてしまいます。そしてあなたはその嘘を認めたとしましょう。(真実をありのままに見て、それを認めた。)

そうすると一期に胸のつかえが取れてしまうということがあります。この嘘の打ち明けによって責任を取るべきことが増えるでしょうが、その方がよほど魂が清々していることでしょう。悶々とするよりも責任を取るために奔走している方がよほど楽なのです。相手にとって小さなことなら案外簡単に許してくれたりとか、先方は全く気にしていいないとかってのもありますよ。

問題が持続するその理由=どこかに嘘がある

です。これが「問題が持続する原理」です。

これは問題の大小に関わりません。社会問題でも同じ仕組みです。ありのままに見たくない、またはわかっていながら嘘をついている人がいるのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年9月26日 最終更新日:2016年9月26日

ソーダライト・正義よりも大切なこと/正義

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2016年6月2日 ソーダライト・正義よりも大切なこと/正義

良し悪しの何か、というタイプのカードではありませんね。

ただまあ、ちょっとアドバイスです。「正義」というのは簡単ではありませんよね。

注意する点があるとすれば、正義を振りかざしても何も良いことは起こらないだろうということです。

正義が通らない苛立ちがあったり、自分が正義だと言い張ることでことを通そうとしていたりすると、何のための正義かわかりません。

頭に血がのぼることがあったとしても、そんなときは深呼吸しましょう。「すべて私が正しい」という一方的な物差しで判断してはいけません。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトは感情に流されない冷静な思考を助けます。これはひとえに情緒の混乱を治めることができるというこのストーンの特徴です。また、物事を悪い方へ考えるということの対策にもなりますから、判断を誤りにくくしてくれるのですね。

正義と価値、そして魂とかのこと

まあ、正義というのはだいたいが難しいもんです。

何が正しいかなんてサッパリわかりません。

道徳教育と関係もあり、宗教上の教えも関係したりで話はかなりややこしいでしょう。

そしてその道徳と言っても結構早いサイクルで変化し、宗教上の教えでも長い間には様々に、そして時の権力者に都合よく解釈されたりしてきたでしょう。

それというのも、時代によって人の思う「価値基準」が異なりますからねえ。

それでもとりあえず、価値ということに左右されずに言えることがあるとすれば、筆者の場合は過去にも書いたこれを挙げます。

生存の包含関係
生存の包含系(多重円)

「自分がよりサバイバル(生存性を高める)しようとするとき、他者やその環境にできる限り害を及ぼさない手段を取る。」

個人レベルで考えたときは、もうこれに尽きます。

ところで、価値の話が出たところで、昨日の、魂とか前世とか輪廻と絡めて話をしてみます。(全体としてとりとめもないことを書きますが)

もしも、魂というのがあって輪廻転生で次々に肉体を得るとしましょう。

そのとき、魂と肉体のどちらに価値を置くべきか?・・・

肉体は滅びるけれど、魂はずーっとあり続けることを見れば、魂のほうが「エライ」ということになるでしょうか。

魂にとって肉体はこの世における「船」か「自動車」みたいな乗り物、ということになりますよね。で、魂は船長やら運転手です。そりゃまあ乗り物よりも船長やら運転手のほうが大事でしょう。

もう少し抽象的にすれば「魂 vs 物体」です。

物体をもう少し詳しく書けばエネルギーが凝縮した物です。

で、この世における「魂」は物体やらエネルギーを恐ろしく渇望しているようです。

ね、例えば魂は自分自身の肉体に価値を見出して、それを維持することを渇望します。

そこで何も確証のないことではありますが、いわゆる幽霊のことを少し。

この「幽霊」というのがいたとして、目撃談としては「人の形」をしていることが多いですよね。

死んで魂の状態であるとすれば、何も「人の形」をしている必要はありません。

ところが普通の「魂」は、肉体が生きているときにその中に入って、そしてその肉体を価値のあるものだと信じ込んでいます。(普通、そうです)

で、その肉体が死んだ後、魂が抜けますが、あまりに肉体の価値に依存し続けていたがために、魂それ自体の形として「肉体(人の形)」を装うことになります。言い方を変えると、魂のその人は、自ずと肉体をモックアップしてしまうのです。(まあ、幽霊の目撃者の方がモックアップしていることもありか)

で、その魂さんが、その「場所」とかというまたこれも物質的なことに価値を見出し過ぎれば、その場所に「自縛」することになりますね。これっていわゆる地縛霊です。「お人形」に憑く魂もいるようですけど・・・

ね、こうして見ますと、人が価値を置くものという判断一つがあらぬ結果を招きそうですよ。だいたいが、物質的な何かに価値を置く限り、まあ厳しいものが待っています。

ところで、もし今回の人生を閉じたとしても(死んだとしても)、次の人生が待っている、としたら少し気が楽になりませんか?それに、死ぬ瞬間にそんなにジタバタしないでも良さげ。

しかし、そうだとしたら、次の人生ではもっとマシな生き方をするために、今もっと勉強しておく必要がありでしょうか?ありでしょうね。

明日が良いに日なりますように。

公開日:2016年6月1日 最終更新日:2016年6月1日