タグ別アーカイブ: ユーディアライト

ユーディアライト・自分の声を聞く/ペンタクルの4

2017年4月13日 ユーディアライト・自分の声を聞く/ペンタクルの4

今回のカードは良し悪しよりもアドバイス重視です。

守りに入っている感じがありますね。ということはすなわちそこそこな成功と安定を得ている状態を表しているようです。

また、現在がそうでなくとも近い将来には地位や経済的なこととして順調に推移することは間違いないようです。

ところが、今の「それなりに安定した状態」に一石を投じるような冒険話が舞い込むことも。これをどうするべきか考えあぐねることになるかも。

そして実際には安定欲しさに発展を妨げていることがるかもしれませんよ。

「永遠なる安定」はありません。今は心の声に従うのがベストのようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはユーディアライト(意味辞典に未記載)。

ユーディアライトに求めるのは「心の声を聞くこと」。とても力強いエネルギーを持つクリスタルの一種です。自分が何者であるかを自分で肯定させ、その自信を支えてくれるストーンでもあります。自信、それはすなわち自分の声を聞けることです。

映画「ヒア・アフター」について

ここのところ重い話題が多いのでちょっと息抜きを。

Amazonのプライム会員だと無料で見られる映画がたくさんありますよね。

そんな中で昨日は「ヒア・アフター」という映画を見ました。

非常に静かな進行で語られるのですが、その内容は臨死体験した人、そして臨死体験後に死者とコミュニケーションできるようになった人が主人公です。

死者とコミュニケーションできる、というのは日本で言えば「イタコ」です。

しかし主人公の彼はこの能力を使うことについて否定的になります。この能力があると、一般社会では非常に「生きづらい」ということがあるようです。

それでも彼の才能を頼りに依頼者が訪れます・・・・

映画の内容はこのへんにしておきましょう。

ところで、肉親や親しい人が亡くなった後、残ったひとたちは、亡くなった人ともう一度話をしたいと思うことが多いようです。

ところで、死んだ人が何かを語ったとしてもですよ、もうそれは「超無責任」で何でも言えます。聞いた方も「死んだひとの戯言」ですから、これも超無責任で構いません。お互いに何の制約も受けないのです。涙をボロボロこぼしながら聞いたとしても、お互いが無責任でいられます。

いやー、だったらお互いに、死ぬ前に十分にコミュニケーションをとるべきなんだと思いますよ。(しかし生きているうちには責任が伴いますが)

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月12日 最終更新日:2017年4月12日

ユーディアライト・辛かった思い出を手放すとき

2015年3月6日 ユーディアライト・辛かった思い出を手放すとき/ソードの9

過去と決別しましょう。

悩みの根源は実のところ過去に大きな原因があることがほとんどです。

同じように、将来への不安が頭をよぎったとしたら、それも実は過去に原因があることがほとんどです。

過去の時間にひっかかっていては現在の時間を無駄に消費してしまいますよ。

ここではリセットをしましょう。

今お勧めのパワーストーンはユーディアライト(意味辞典に未記載)。ユーディアライトは「縁切り石」としての働きに優れています。今、過去の出来事と縁を切るのです。

辛かった感情を手放すときです。その思いを経験値に変えて今後に活かしましょう。そのためにはしっかりと現実を見ることも大切です。

また同時にありのままの自分を認めることを手伝ってくれますから、自分がコンプレックスの塊のようだと思っている人には特にお勧めですね。

なぜ過去にとらわれるのか?

トラウマという言葉があります。「心的外傷」と訳されていますね。

今の世の中はこのトラウマという言葉が日常会話で使われるほどに厳しいのかもしれません。

過去に辛い目に遭ったという事実に関しては気の毒としか言いようがありませんが、実のところ同じ目に遭っても深刻にならずに済む人とそうでない人がいるのは不思議なものです。

それらの人の違いを見ると、深刻にならずに済む人は過去を手放すのが上手のようです。

それと、過去を手放すことが簡単にできる人というのは断捨離も簡単にできるようですね。使いもしない物を溜め込むのが好きな人は、とにかく思い出までも捨てることができません。

思い出は記憶ですから、この記憶を現実問題として消し去ることはできませんが、違う形に整理することはできます。

ある出来事があったとしましょう。それの見方を変えることで同じ出来事でも異なる感覚で捉え直すことができます。ことによっては過去が変わってしまうほどにです。

過去を捨てられない人は、何かの見方を変えられないか、または捨て去ることがとにかく勿体無いと感じているようです。

そして捨てられない人は、改めてそれを得ることがきるという自信がなく、それを捨てられないでいるようですね。それがたとえ全く役に立たない代物どころか自分の足を引っ張る物でもです。

捨てましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年3月5日 最終更新日:2015年3月5日