ムーンストーン・選択のときが来た/恋人たち

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

2017年7月7日 ムーンストーン・選択のときが来た/恋人たち

まずまずでしょう。

とにかく選択のときが来ているのは確かなようです。

選び取ることに少々の不安があったとしても恐れる必要はありません。自分の気持ちを大切にしてください。

「正しい選択=本心が望むこと」を忘れないで。

このようなときにオススメのパワーストーンはムーンストーン

ムーンストーンに求めるのは「自分の本心を知ること」。様々な働きを持っていて応用範囲の広いストーンですね。その中でも「自分に向き合う」という性質について取り上げました。自分と向き合うのは、ことによっては動揺する部分がありますが、ムーンストーンは癒し系としての働きでそれをカバーする部分がありますね。このあたりのこと意味辞典では触れていません。

選択という作業

とにかく人生は選択の連続でできています。

選択とは、すなわち「決定」ですよね。

自分で決定することは、すなわちそれが「責任」ということになります。

人は責任を負いたくないとき、決定を他の誰かにゆだねるわけです。

そして、後から「不平」をいうわけです。

自分で決定した人は、結果的にそれがまずい状態になったとしても「不平」をいうことはありません。同じ不幸な状態にいるとしても、明らかに「自分で決定した」人の方が幸福度が高そうです。

これは身の回りで普通に観察されることです。不平不満が多い人の言動を観察してみてください。決定を人にゆだねるという場面が多いですよ。

自分の選択として責任を負える範囲が広いほど、コントロールできる範囲が広がります。

逆に、選択を他に委ねて責任回避するほどに「コントロールされる」ことになります。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年7月6日 最終更新日:2017年7月6日