グレームーンストーン・まだ大逆転劇の中/運命の輪

2017年4月20日 グレームーンストーン・まだ大逆転劇/運命の輪

わっ!おとといと同じカード!

回れ回れ!運命の輪!

前回の出現ではまだ不足だったのでしょうか。またはこの変化を知らせるために念を押すようなことなのでしょうか。

運命の輪は黙っていても確実に回転し続けます。時間は止まりません。

とにかくこのカードが出ているとき、これまで苦難の中にいた人にとっては大きな吉兆です。人生の逆転劇が起ころうとしていますよ。

そして今までに順風満帆だった人は、将来に対しての備えを怠らないこと。今まで順調に来た分、トラブルへの耐性や処し方の知識が不足していることが考えられます。今現在が不自由ない環境ならば、今のうちに様々な分野で経験値を積んでおきましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグレームーンストーン(意味辞典に未記載)。

グレームーンストーンに求めるのは「本心との対話」。基本的に普通のムーンストーンと同様な働きをしますが、グレームーンストーンはその作用をさらに強くしたと思って差し支えありません。これから新しい計画を立てるとき、過去のしがらみを取り去って自分自身が本当にしたいことに焦点を当てるのが大切です。自分の本心を知るときには役立つパワーストーンと言えます。

時間と精神についての考察

運命の輪は周り続けます。家にじっとしていれば何も変化がないと思えるかもしれませんが、人は肉体的にどんどん年をとり、そして自分が何もしていなくても周りがどんどん変化してしまいます。

ところで、人間を魂または精神と言われる部分と、肉体とを別に考えるとしましょう。

精神というのは年をとるのでしょうか?

年齢を重ねると、費やした時間に比例して「経験値」は積みかさなりますよね。それはあくまでも記憶であって、精神それ自体とは違うでしょう。

それでも一般論として「精神年齢」という言い方をします。「精神の年齢」のことを意味してはいないでしょう。大雑把に言えばその人が「若者風か年寄り風か」のある程度の尺度以外の意味はなさげです。(もともとは心理学用語で定義は別にあります)

そこで筆者が思うのは、精神は年をとらないけれど心が年をとるのではないか、ということです。

心ってその働きの目的は肉体と精神の間にあってある程度の情報を取り持つような感じに思えます。

で、私の感覚の中では精神は年をとらず、よって時間感覚はありません。普通に言えば「時間という概念」を持っていません。

「時間」を持っているのは肉体であって、心もそちらに加担しているようです。

そして肉体は年をとり、心がそれを嘆き、そしてそれを精神に伝え、精神は年をとった気分になる・・という仕組みです。(実際には精神は不変です)

そしてさらに言えば、もともと時間などなく、肉体がこの空間に存在し移動する時に必要な「便宜上の尺度」であるに過ぎないのです。

もう一度書きますが、精神は時間の概念を知りません。

これを知るために以下の実験をしましょう。

「赤い車をモックアップしてください」

できる人は瞬時にモックアップできています。かかる時間はゼロです。精神の活動に時間は全く入り込みません。

そして今度は質問。この宇宙で、時間ゼロでできることをモックアップ以外に探し出せますか?

今回はとりとめなく、ややこしい話を書きました。たまには良いでしょう。

お知らせ

セレニティアスは4月20日(木)-21日(金)の二日間、お休みをいただきます。

よって今週、このページの更新は本日が最後となります。

次回の更新は4月23日(日)の午後10時以降となります。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年4月19日 最終更新日:2017年4月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です