ガーネット・可能性の扉/ペンタクルの王子

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年3月10日 ガーネット・可能性の扉/ペンタクルの王子

うひゃひゃっ!また良いカード。そして少しのアドバイスといった感じ。

今年に入ってから不思議に良いカードが多いですね。

さてペンタクルの王子は様々な「可能性の扉」が目の前に!という暗示。

なたは今、将来のためのビジョンを描いている最中かもしれません。そんな気力が充実する時期が到来します。

また、暗礁に乗り上げていた案件も思わぬ助っ人の登場で改善に向かいそう。あなたを助ける専門家が出てきそうですよ。

しかし日々の努力の積み重ねを怠らず、常に準備をしておくことが大切。これによってさらに可能性の扉が開きます。

それから、物事を柔軟にとらえましょう。無意味なこだわりは捨てることです。そうする方が恵みを得られる率が高まりますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「努力するための持久力」を得ること。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

努力を怠るな・・・というけれど

今回のカードも、そしてそこで選ばれたストーンも、いわゆる「努力系」の大切さを語っています。

しかしこのコラムでは、努力よりもっと上の感覚について何度か書いてきましたね。「努力は質量、エネルギー、空間、時間に関する事柄」であって精神はその外側にあるということです。

さて、しかしこの宇宙で生きている限りは最終的には何らかの努力は必要です。単に歩くのだって重力に抵抗する努力です。

でもここでのお話はそういう物理的な何かよりも「つとめ」として何かをやり通すといったことを取り上げましょう。

いやしかし、これが自分で決めても三日坊主。「決める」のは考えや精神ですから、それは努力よりも上。なのになぁ〜という感じですね。

そこで、毎日続けたい何かがある時、これを習慣化してしまう以外にはありません。(これは前にも書いたなあ)

これこそが、信じられない「根性論」のようですが、とにかく「うむを言わずにそれをする」以外にはなさそうです。うまく習慣化してしまえばそれはもう根性や努力など不要ですよ。まあ、いわば朝のハミガキみたいなものです。

そして「決めたことが実行できない」というのは、「考えを変える」という考えをした時に起こることですよね。本当はこれをしなきゃいけないけど、今日だけさぼろう、と考えを変えたわけです。

ねえ、人は努力よりも考えが優先なんです。

ならば、考えをちゃんとしていれば、様々なことが習慣化できるはず・・・なんだけどなあ。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年3月9日 最終更新日:2017年3月9日