シトリン・気力充実のチャンス/ソードの騎士

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

2017年4月19日 シトリン・気力充実のチャンス/ソードの騎士

おわっ!これは勇ましいカードが出ています。

なんだかここのところ、カードにお尻を叩かれている感じがしますね。

やる気満々になっている最中ではないですか?または何か難問があってそれを突破しようと奮い立っているとか。

このカードが巡っているということは、ある意味チャンスです。挑戦することを楽しみと捉えられるだけの高揚感が得られる時期ですよ。

気力、体力、集中力が高い志を総動員。ゴールを目指して全力投球!

とにかく「自分を信じる」ことが成功のカギ。

このようなときにオススメのパワーストーンはシトリン

シトリンに求めるのは「自信」。自分への自信と自尊心を高め、自分を貶めるような(卑下するような)または自分を犠牲にしがちな考え方の癖を改善する事をサポートするストーンです。誰かに拒否・批判される事に対する恐怖心を和らげ、少しずつ耐性をつけさせ、素直に自分を表現していけるように働きかけます。

勉強の方法を勉強しよう

おなじみライフハッカーより興味深い記事です。

優れた効果が証明された「自分を相手に議論する学習法」

ひと口に言って課題に取り組むときにはその内容について一人で「脳内議論」をすることだそうです。

ま、これを少し具体的に書きますと・・・

「A+B=Cである」ということを学習するとき、一人二役で脳内議論するなら以下のような感じでしょうか。

「A+B=Cってなんでそんなことになるんだよ」
「よく見てみなよ、だってこれがAでこれがBとする、それをいっしょにしたらどうなる?ね、Cになるだろ。な、いつもCじゃないか。他のものになるか?」

こんな具合でしょう。

これって一人芝居ですね。子供のとき多くの人が体験したのではないでしょうか。誰かに何かを教えているシーンを一人二役で演じている感じ。

それから、この学習法を自動的にやれる人もいると思います。そんな人の中では勝手に一人二役の芝居が始まります。

「A+B=Cだって?ん?なんでそうなるかなあ・・それはだから・・」

多分こんな感じに理解しようとしているでしょう。

これはさておき、学習についてさらに重要なことを記しておきます。このコラムではもう取り上げていますが復習です。

意味を知らない単語を読み飛ばさない

これ最重要ポイントです。

ある文章を読んでいて、それが理解できないとき、文章全体がわからないのではなく、実はたった一つの意味を知らない単語か、意味を間違って覚えてしまっている単語がその文章に混ざっています。これを見つけて解決してください。

ちなみに、どうしても苦手な科目があるとすれば、そこに意味を理解していない単語がたった一つあったがために、それ以降の学習がストップしてしまったということが多いのです。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年4月18日 最終更新日:2017年4月18日