カテゴリー別アーカイブ: 恋愛系パワーストーン

恋愛系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。単に彼、彼女を作ったり付き合いがうまく行くということにとどまらず、本質的に魅力的になれるようなパワーストーンが重要です。

ローズクオーツ・起因に立って行動して吉/カップの騎士

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

2016年10月25日 ローズクオーツ・起因に立って行動して吉/カップの騎士

お、これは良いカード。

すべてのことが順調に進行する日。

取り組んでいることに更に力を注げば大きな成功は間違いなし!

自分自身から起因に立って行動をすることで一見は難しく見えることでも突破していけます。これまで育ててきたことが刈り取りの時期を迎えているようです。

金銭面でも希望が持てるようです。現在進行中の仕事や新しい企画には積極的に動いてエネルギーを注いでください。ステップアップしたボジションが得られる可能性もあります。

また、人間関係でも自分自身から動くことで様々な好転が見られるでしょう。これまでまずかった関係修復、新しい人との交流、そして恋愛であれば告白するのもタイミングですよ。

そして重要なのは、愛情を持って自分から与えようとする姿勢。人間関係を良くしようと思うなら、愛情を持って自分から歩みよりましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはローズクオーツ

与える愛情であればそれはもうローズクオーツの仕事。「愛するという心を育む」ですね。多くの解説は不要でしょう。

たまには石の話も

今回は非常に良いカードだったので手放しで喜んでいる感じですね。たまにはこれも良いでしょう。

このコラムでは主に精神面でのことを扱い、それを実は石の力も借りて良い方に実現するために書かれています。石にかけるべき願いの根本をどのように見るか、これは大切なことです。

でもときにはもっとくだけたお話も。

さて、石はそれが地球の営みから生まれた関係からか、人工的な場所よりも自然豊かな所が好きなようです。

筆者はたまに所用やレジャーで郊外の自然がたくさんあるところに行くのですが、そこに綺麗な川があったら手持ちの石を水に浸すことをしています。ただし、かなり綺麗な水の川でなければいけませんよ。となると、そんな川はかなり山の奥だったりしますが。

で、ある日お守りのようにポケットに持っていた小さなクリスタルポイントを川の水に浸してみました。石はこれをかなり喜びます。ある意味では浄化になっているようですよ。

そうして自分自身は綺麗な空気を満喫し、川の流れの音に耳をすませながら伸びをしてみたり。

そしてふと、水に浸したクリスタルを取ろうとすると、もうどこにあるのかわかりません。

水と同化して見えなくなっているのです!
一瞬、しまった!と思いました。

少なくとも目で見ても探せず、手探りしてみますがなかなか出てきません。もっとしつこく、川の小砂利と共にいっしょくたにすくってみることを繰り返せば探し出せたでしょうが・・・

しかしこのとき、なんとなくですが、そのクリスタルはもう自然に返してやろうという気持ちが湧いてきました。

「無理に探さなくても、元あった自然の一部に返してやろう」

そのクリスタルはまだまだ元気を持っているようでしたが、いやいや、自分が持っているよりも、自然の一部でいる方がそもそもは自然な状態なのです。

さてさて、ストーンを綺麗な川の水につけてやれば浄化になりますが、クリスタルの場合は要注意です。必ずネットかザルのような物を用意し、それに入れてから水に浸しましょう。さもないと本当に、水中で見えなくなりますよ。

それから、思いますにストーンというのは元々は物欲の対象にしてはいけないような気もしているのです。それは大地にあったものですから、誰のものでもありません。(まあ、採集と加工、流通の対価としての金銭支払いは仕方ないとしましょう)

そうそう、セレニティアス製品でメンテナンスのためにお客様の手元からセレニティアスに戻ってきた石達。役目を終えたストーン達は定期的に山の上の綺麗な川に返しています。

あなたが持っていたストーンも、今は自然に帰って、そしてまた長い年月、人が生まれて死ぬその何倍もの年月を大地と共に暮らしていくことでしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月25日 最終更新日:2016年10月25日

ムーンストーン・自分自身に答えを求める/女教皇

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

2016年10月24日 ムーンストーン・自分自身に答えを求める/女教皇

まずまずのカードでしょう。

解決したい問題があるなら、ある意味チャンスです。

もしも今現在、迷いがあるとすれば、その解決を直感の中に求めることができます。

世の中の常識や普通に理解できる経験の中から答えを探すのが難しいとしても、実は自分自身の中に、すで答えを持っているということもあるのです。

ただ、難しさがあるとすれば、正直に自分自身と向かい合うこと。事実をありのままに受け止め、そして客観的に事態を見る目が大切です。

心の声に耳をすませよう。

問題解決のヒントは既に知っているはず。事実はしっかり受け止め、不必要に疑ったりおびえたりしないこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはムーンストーン

ムーンストーンは端的に、自分と対話するためのストーンとして取り上げます。そして直観力を強化する作用もありますから、論理を超えた答えを知りたいとき、このストーンの助けを借りると良いですよ。このあたりのこと、意味辞典では触れていませんね。

直感の前に思うこと

最終的には直感で物事を判断したり、実行するしかないときが確かにあります。

実はそうは言っても、その思考や行動は過去からの積み重ねとして選択されている場合も多いです。

今回のカードでは、既に答えを知っている自分の心と向き合おうと言っていますが、しかしその前に、現実の状態をしっかり見ることが大切だとも言っています。

現実の状態をしっかり見ることがなければ、その解決方法が直感であろうが経験値によるものであろうが大間違いしてしまいますよね。何せ出題されている問題を読み違っているわけですから。

ですから、直感であろうがなんであろうが、答えを求めるにはまず「問題をよく読みなさい」ということに尽きます。

さて、このコラムで最近何度も書いていますが「問題はどこかに嘘があるから持続している」ということ。これを思い出してください。

あなた自身がその問題を見るときに、事実をねじ曲げているのではどうしようもありません。少なくとも自分自身は何の歪曲もなしにその問題を見てみましょう。

それでもなおかつ、その問題が持続しているのであれば、それにまつわる誰か、またはグループがその問題に嘘を含ませるか、または状態をねじ曲げて見ています(ねじ曲げて見ることそれ自体が嘘の根本)。これは確実です。

あなたが見たことと違うことを証言している誰かは、きっとそこに嘘を持っています。何度も書きますが、これは嘘をつこうと思ってついる嘘ではなく「事実をねじ曲げて見てしまっている」という状態だと思ってください。(自分の都合のよいように見たいのが人情でしょう)

ここで、例として世界的に複雑な「問題」に触れておきます。

「地球温暖化」

これが事実であるか、そうでないか、実は温暖化対策の前にそのことが争われています。

本当に地球が温暖化しているのかそうでないのか、事実はどちらかのはずですが、今のところは決着がついていません。ですから「実際には温暖化などしていないからその対策など不要だ」という意見もあります。また、温暖化しているとしても、それは人間が工業化で排出した二酸化炭素が原因ではない、という説もあります。

この問題は、発端になっている科学者たちの間でも意見が割れています。

科学者といえば、客観的に物事を見るのが得意は人たちのはずですが、事実はそうでないようです。

彼らは、データは取りますが、その評価はまったくを持って恣意的に適用します。ここには非常に嘘が入りやすいのです。そうでなければ化学物質による健康被害などもっと防げたはずでしょう。

これは自然科学ではまだましで、社会科学となると、特に経済学分野など、ほとんど誰の役にも立たないほどです。(経済学の偉い人には申し訳ありません)

これらの学問は、真に問題を解決できないがために、どれだけ進歩しても人類を幸福には導いていないように思えてなりません。

まずは、直感に従う前に、その直感を適用したい対象物をしっかりとありのままに見ようではありませんか。でないと、間違いますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月23日 最終更新日:2016年10月23日

ロードナイト・フローに注意/女帝/リバース

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2016年4月18 ロードナイト・フローに注意/女帝/リバース

ふう、今回はちょっと要注意なカード。

まさに、豊かさの裏返しにある状態と言えます。

何かの不足状態、期待に反して得られない。または与えすぎによって自分の方が枯れているとか、与えすぎによって相手の方が台無しになっている。そんな暗示があります。

また、期待が全く叶えられない状態も。(これは愛情系も含みます)

このような日、まずは自己反省をしてみる必要大。

今、自分が与えているものが適量かどうか考えよう。どちらかと言えば、与えすぎ傾向あり。

内面の状態が自分の周囲に反映されやすい日です。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト

ロードナイトは「愛情問題」系としてよく使うストーンです。今回はまず、自分の内面に焦点を当てるために取り上げました。まずは自分のことを大切にすることからスタートし、自分自身が何を欲し、そして相手に対して何をしてきたのかを自覚することが先決です。

起因と受け身・フローの話

4月14日から16日にかけ、熊本県で発生した地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

早速ですが、今回のカードで話題のひとつは「与える」に関することです。

往々にして「与える」というのはよく考えないと悪い結果に結びつくことがあります。

もちろんですが、地震被災地への必要な物資の供給は万難を排して行われるべきです。

■与えること

まず「与える」ということはすなわち、相手を「受け身」にさせることです。
「受け身になる」ということは感情のレベルが下がる状態です。

与え過ぎによって自力でサバイバルできない人を作ることは簡単です。彼は受け身でしか生きていけなくなるからです。

ただ、これは「助けてはいけない」という意味ではありません。

また、「助けてください」と自ら言っている人はまさしくその人自身が「起因」であって受け身ではありません。感情のレベルは高いです。

■追従

「追従」(ついしょう)とは端的にいって「人にこびへつらうこと」ですね。ことによると「与える」ということの意味としてはこれが含まれることがあります。プレゼントを与えることでこびへつらうわけです。また、同時に自分が「受け身になりたい」という意思表明でもあります。追従は感情のレベルとして「恐れ」の下、「同情」の上程度でしかありません。

■フローの問題

フローとはすなわち「流れ」のことです。

「与える」というとは、流れとしてはあなたから外に向かっています。

流れ出て、流れ出て、そして流れ出ていく一方ではあなたの方が枯渇してしまいます。

しかし人は出ていくことと入れることのバランスを保とうと、どこかで帳尻を合わせる必要が出てきます。

与える一方で枯渇しないように、何かを取り入れる必要があるのですが、このときに不合理でロクでもないものを呼び込むという状態が出現します。

これは要注意です。

明日が良い日になりますように。

公開日:2016年4月17日 最終更新日:2016年4月17日

ラビットジェード・今日の出会いを大切に

ラビットジェード(Rabbit-jade)
ラビットジェード(Rabbit-jade)

2015年3月12日 ラビットジェード・今日の出会いを大切に/カップの2

運命的な出会いの日。その人を大切にしましょう。

おお!今回は久しぶりに良いカード。

良い出会いがありますよ。これは男女の愛情関係だけでなく、人間関係全般としてビジネスやプロジェクトのパートナーも含みます。

また、新しい出会いだけでなく今までの人間関係の中からより良い関係が生まれることも含まれます。

さらに、今まで良くなかった関係が良い方向に改善することも。

今までに妥協がなかったことから孤独を味わっていた人にも、良い伴侶が出現する可能性大。

このようなときにはラビットジェードをお勧めしましょう。このパワーストーンはいわゆる縁結びが得意。自己中心的でなく、相手に愛情を注げるようにしましょう。

望んでいることにエネルギーを傾けよう

本日は非常に良いカードなのでそちらについては書く事がありませんね。

そこで月並みではありますが、「時間の使い方」に関して「あ、そう言えばそうだね」と思う話をひとつ。

心配事というのはだいたい過去にとらわれている結果なのですが、そんなことに時間をを費やしていてよい理由などありません。望んでいないことにではなく、望んていることの方に時間を使うのが生存的でしょう。

時間の使い方を大きく二つに分け、望んでいることに使うのか、望んでもいない心配事に使うのか?これをちょっと考えてみませんか?

エネルギーの向きとバランスについて気をつけよう

次に、時間の使い方と関係するエネルギーの流れの向きとバランスについて記しておきます。

時間を消費するということは、その一定時間の間にエネルギーの行き来があるということです。もしもエネルギーの行き来がないのであれば、それはある意味「無時間」といえますから。

さて、一定時間「テレビを見る」「本を読む」「何かを食べる」「人の話を聞く」「音楽を聴く」ということをしたとします。

次は一定時間「レポートまとめる」「誰かに話す」「料理を作る」「楽器の演奏をする」ということをしたとしましょう。

これらは前者と後者で何が違うでしょうか?確かに違いますのでちょっと考えてみてください。同じ時間の使い方でも前者と後者はエネルギーの使われ方が全く逆になります。

さて、そこでこの前者と後者、大切なのはバランスです。ここにアンバランスが生じるとある種のストレスが溜まるようですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年3月11日 最終更新日:2015年3月11日

ホワイトオパール・現状を変えるカギは自分の中に

オパール(Opal)
オパール(Opal)

2015年3月3日 ホワイトオパール・現状を変えるカギは自分の中に/ソードの8

答えは自分が持っていたのです。
力を解き放ちチャレンジしてみましょう。

どうにもならない現実の前に打ちひしがれてはいませんか?

今回のカード、ソードの8は厳しい現実を打開できることを暗示しています。そのためには、自分自身が押さえ込んでいた自分の力を発揮することが必須。常識にとらわれて「それは不可能だ」と決めつけていないでしょうか?

面倒なこと、嫌なことを放っておいてはいけません。このカードはあなたの目の前に立ちはだかる現実を打開するチャンスなのです。

現状を変えるカギは「自分の中」。自分を信じ、心の声を聞いてみよう。どうするべきかは自分が知っています。

このようなときにお勧めのパワーストーンはホワイトオパール。もともとはキュービットストーンと言われていますが、アーチストが好んで使うように、自己の才能を発揮するための働きを持っています。自分の声を聴くにはもってこいですよ。

自分の声を聞く

自分自身の声を聞くというのもコミュニケーションの一種です。何かの問題をしっかりと見る、というのもコミュニケーションです。

さて、コミュニケーションはあらゆる場面に出てきますが、これがしっかりできる条件として、自分自身が「現時点に存在する」ということが必要です。

何々?自分自身が現時点にいないことがあるのか?と不思議に思われるかも知れません。逆に現時点にいないことのたとえとして「気もそぞろ」という状態があるのをご存知ですよね。

何かのために「気もそぞろ」になっている人というのは、今やっている手元の簡単な作業がおぼつかい状態になっています。「現時点にいない」というのはたとえて言えばこのような状態です。考えられないようなうっかりミス、勘違いが多く、またつまらないことでオーバーに驚いたりします。

人が現時点にいないのは過去か未来にとらわれすぎている状態です。

あなたは「現時点」にいますか?

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年3月2日 最終更新日:2015年3月2日

ロードナイトで人への優しさを

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2014年12月15日ロードナイトで人への優しさを/カップの2

ここ数日間、良いカードがで続けていますが今日もまた。

そして今回のカードはズバリ愛情系。ここ数日間にはなかった傾向ですね。運命的な出会い、また現在恋愛が進行中の人はそれが成就する暗示です。でもこれは他者への愛情があってこそ。これをわかる日がきています。人への接し方を丁寧に、愛と優しさを持って接してください。

このようなときにお勧めするパワーストーンはロードナイト。このストーンの働きのポイントは「より良い愛のカタチ」の実現を助ける役目を持っていること。愛情は押し付けるものでないし、時にはNoと言えることも大切です。本当の愛情とはどういうことか、これを機会に考えてみるのも良いでしょう。

それでもとりあえず、愛情系の願望は成就される暗示が出ていますね。

助けることは難しい

誰かを愛するということは、相手がより良い状態で生存できるように手助けすることが含まれるでしょう。ただ単に「愛している」というだけではなんらの意味も持ちません。

しかしながら、自分や他のレベルの生存性を大きく損ないながら愛する相手だけの生存を助けても全体としては自滅の道を歩みます。

極端な例ですが、コンビニ強盗をして得たお金を愛する人に与えてもダメだということは誰にもわかりますよね。

ところで、人が精神的な傷になりやすいことに「何か助けることを失敗する」ということが挙げられます。これは意外に大きな後悔の念を残すようです。そして「助ける」といっても誰かを救助するとかいうことでなく、亡くなった親に対して「もっと親孝行すべきだった」といった種類のことが含まれます。この種の後悔は枚挙にいとまがありません。

そしての後悔が生む現象として、助けるべき対象が亡くなったとき、その亡くなった人の性格を自分が引き継いでしまうということです。言うなれば「人生連続体」です。これで一体何をしたいのかと言えば、亡くなった人を「自分の中で生きながらえさせること」。そういうメカニズムが働きます。

これは自身の人格ではありません。あとからついてきた余計なものですから要注意です。周囲を見回して、誰かが亡くなった周囲でこのようなことが起きていないか観察してみてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2014年12月14日 最終更新日:2014年12月14日

エンジェライトで思いを伝えよう

エンジェライト(Angelite)
エンジェライト(Angelite)

2014年11月10日エンジェライトで思いを伝えよう/カップの10リバース

対人関係や家庭内でうまく行かないことがあり、かなり疲れてしまっていないでしょうか?一生懸命にやっていることに誰も気づいてくれず、そのせいで関係が壊れたりでストレスが溜まっていませんか?

しかしここは踏ん張りどころで現実から逃げずに対応することによって良い方向へ転じる暗示ですよ。

そこでお勧めのパワーストーンはエンジェライトエンジェライトは相手に自分の思いを正確に届けることについてはピカイチの作用を持っています。対人関係改善とか、家庭内でのコミュニケーションを正常化するにはもっていこいでしょう。しかし使い方の難しい点として、嘘やマイナスの感情までもが相手に伝わってしまうこと。本当に相手のことを嘘偽りなく思っていないことには使えないストーンということになります。

エンジェライトに嘘はつけない

エンジェライトの働きには「より深い自分とのコンタクト」ということがあります。これが意味するところは自分が気づかない自分のことを知るということなのですが、これは意外に簡単ではありません。なぜなら、まず最初に「自分は何者であるか」この基準点がなければ「より深い自分」などというものはどれがそうなのかわからないことになります。

さて、実はこの「自分は何者であるか」これがわからないというケースが少なくありません。

なぜかといえば、全く意味なくなんの足しにもなっていない「教育」によって作られた人格を自分自身であると長きにわたって錯覚させられていることが多いからです。肩書きや学歴、職業はあなた自身ではありません。親が言っていた「こんな人になりなさい」という「こんな人」もあなたでなく「親の希望」以外の何者でもありません。

それから不思議に思われるかもしれませんが、その肉体ですら自分自身と言い切れるでしょうか?

エンジェライトを使うことをきかっけに「自分自身とは何か」を深く問いかけてみるのも良いでしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2014年11月9日 最終更新日:2014年11月9日