カテゴリー別アーカイブ: 愛情系パワーストーン

ロードナイト・実りを受け取れる兆し/女帝

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2017年5月2日 ロードナイト・実りを受け取れる兆し/女帝

良いです。このカードは豊かさの象徴ですね。

昨日の「お疲れ」が挽回される感じでしょうか。

これまでに蒔いた種が実を結ぼうとしていますよ。数々の挫折や苦労があったかもしれませんが、それらがすべて報われる兆しです。

自分の内にあったものが物質的になって表面に現れることを意味しています。

そして優しさ、いたわり、愛情を持って人に接すると「大きな豊かさ」が還ってくる日でもあります。

こんな風に行動できるあなたは周囲の人から「大切な存在」として認識されるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト

ロードナイトに求めるのは「愛の表現」。他人に対してどのように振舞う事が、自分のためであり、相手のためになるのかをいつも考えさせてくれます。円満な人間関係のためには、時には「NO」と言う事も必要だとこの石は問いかけてきます。

次回の更新は連休と土日を挟んで5月7日(日)の午後10時以降になります。

ストーンの撮影という難しさ

今回はちょっと今まで書かなかったような話題を振ってみます。

セレニティアスが始まって以来、もうかなりな数のストーンを撮影してきました。

撮影総数でもうだいぶ前に万は突破しています。だいたい一作品で10カット以上は撮影するでしょうか。

ストーンの撮影は他の小物と違って肉眼で見た時とカメラで撮影した時の差が大きいのが特徴です。それで、どんな撮影でも最終的に肉眼で見た状態に近いことを目的にしています。

そうして試行錯誤を繰り返し、だいたいは万能に使えるライティングなどが決まってくるのですが、とにかく差が出るのがカメラそのものによる違いですね。

これはカメラ個々の性能というよりも、そのカメラが生まれつき持っている特性の中で良いと思えるところを引き出し、悪いと思えることをセーブする「撮影方法」を確立するということに腐心します。

ですから、高性能なカメラさえあれば美しい画像が撮れるというわけではありません。ワンランクアップした良い画像を撮ろうと、手持ちのカメラより高級なカメラを導入したとしても、単にそれだけでより良い画像が撮れることはまずありません。

新しいカメラを使い始めると、また一からそのカメラの特性を飲み込むまで試行錯誤が始まります。

ちなみに、現在出回ってるスマホのカメラはかなり良い画像が撮れます。しかしながらストーン撮影で背景が黒や白のモノトーンの場合はかなり苦しいことになります。とは言ってもコンデジを使えば簡単に良い画像が撮れるというわけでもありません。それはそれで苦しみますよ。

もしも今スマホでの撮影に限界を感じてコンデジを買おうとしているなら、少し踏みとどまってスマホでの撮影をもっと研究した方が良いかもしれませんよ。ライティングはかなり試行錯誤してみてください。

また、今持っているコンデジの性能に限界を感じているとしても、まだまだ研究の余地があるかもしれません。なにせ高性能なカメラがあれば勝手に良い画像が撮れる訳ではないのです。本当に使い方の方が出来上がりを大きく左右しますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月1日 最終更新日:2017年5月1日

グリーントルマリン・過信に注意/ワンドの女王/リバース

2017年4月24日 グリーントルマリン・過信に注意/ワンドの女王/リバース

久々にシンプルに要注意カードです。が、心がけで災難を回避しましょう。

そのまま進むと思っていたことが予期せぬトラブルに見舞われたり、頼りにしていた人間関係がダメになるといった暗示。

これはもともと過信であったり策に溺れることが原因になりそうです。

もしも思い当たるフシがあるなら十分に気をつけてください。また、嫉妬や根拠のない疑いを持つことも大きなマイナスに。

周囲の人への感謝、いたわりの心を欠くと足元をすくわれます。

自我、勝気を少しセーブして気配りを心がけよう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーントルマリン(意味辞典に未記載)。

グレームーンストーンに求めるのは「いたわりと愛情の心」。グリーントルマリンは慈愛の心を豊かにしてくれるストーンですね。この流れで得たことを人々に分け与えることを念頭に置いてください。誰にもでも公平に愛情を注ぐことが大切です。

子供にお手伝いをさせる意味

少しだけお休みをいただいていました。お久しぶりです!

さて、休み明けに面白い記事を見つけました。おなじみライフハッカーより・・

「お手伝いをする子ども」のほうが、大人になって成功する

というお話。

私自身はこれは当然だと思っています。

まず、人が生まれると「慣れない身体」をなんとか使うことから始めます。物質宇宙という空間で目の前にある何かに対処することを強いられます。これって要するに「サバイバルを強要されている」という状態です。

そして家事というのは根本的なサバイバイルに他なりません。どんなことだろうが誰かが家事をしているからそこで暮らしている人が生き延びられるわけですから。

子供に家の手伝いをさせるのは、まさにサバイバルの訓練に他なりません。目の前の物体に向き合い、直面し、問題を解決するトレーニングです。

これには手で行う作業がついて回ります。これはスマホやPCのゲームと違い「実態を伴ったゲーム」です。

家事は全て実態を伴う物質的な空間で行う実態を持った作業なのです。

何かを手で持つ。その感触、重さ、それが硬いのか柔らかいのか、危険か安全か?彼がこの空間で自由を得るにはこのあたりの感覚がトレーニングされることが望ましいです。もちろん空間認知力も高まります。

彼(彼女)が作業するとき、その空間は彼のものです。よって彼は空間的な所有という概念を得ることもできます。少なくとも、その作業中はそこが彼の居場所です。だからその家には彼の居場所があります。

幼い頃から家の手伝いをするのはほとんど良いことばかりです。

まあ、件の記事にあるように、子供にその仕事を任せても全体の仕事が減ることはないという可能性もありますけれど。

でもこれは単なる家事ではありません。彼に対しての非常に理にかなった教育だと思います。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月23日 最終更新日:2017年4月23日

ロードナイト・恵みを受け取る/ソードの6

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2017年3月30日 ロードナイト・恵みを受け取る/ソードの6

おお、これはかなり良いカード!行動してきた物事が具現化する日。

これまでに様々に右往左往、苦労の連続だったとしても恵みを受け取れることになったようですよ。

心配事は吹っ飛んでしまい、爽快な日が訪れそうです。

また、これを機に自分の幸福を周りに分け与えようとするのは非常に良いこと。すでにそれをしようとしているかもしれませんね。

そして新しくプロジェクトを始めるのも良いたタイミングです。

新たにやりたい事があるなら今日がスタートのチャンス。助けを求める人がいるならどんどん手を貸してあげましょう。

それが巡り巡って大きな幸運になって帰ってくるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト。
http://serenitius.com/imi/index.php?ロードナイト

ロードナイトに求めるのは「正しい愛情表現」。人を助けようとするときに役立つ働きを持っています。他人に心を開いて付き合えない人や、人見知りなどで社交的になれない人にお勧めのストーンです。人前に出る時や、自分の思いを相手に伝えたい時などは、このストーンを「左手」に軽く握り締めてください。不安感や恐怖心から心が解放され、あなたの気持ちを素直に行動に移せるようになり、あなたが望んだ関係を築けるようになります。

正当化から解放されるには

先回のコラムでは「罪を犯す前に必ず混乱がある」ことを書きました。今回は「罪を犯した後にすること」を書いてこの話題の最後としましょう。

何度も犯してしまう罪は正当化の積み重ねによります。誰もが「自分は正しかったのだ」と思いたいわけです。これにしっかりはまりこむともう罪を罪とも思わなくなります。何せ自分が正しいわけですから。ことによっては居直るという形になるかもしれません。

これは実のところ非常に苦しい状態になります。罪によって実際には自分の生存が危うくなっているのはその人の本心ではわかっているのです。

これから抜け出す方法はひとつだけ。

その罪を犯した最初の場面をしっかりと思い出すことです。正当化によって似たような罪を重ねるわけですが、そのきっかけになった最初の罪の場面を思い出すことです。

そこには必ず「混乱」があります。

それはいつ、どこで、どのような場面であったか、明確に思い描けることが必要です。

ここで多くの場合また「正当化」が始まるかもしれませんが、それはその場面についてまだまだ「正直に見ていない」可能性が高いです。

ですから「ことの良し悪し」以前に、とにかく「何が起こっていたのか」を見ることが必要です。そうすれば必ずや「混乱」を発見できるでしょう。

さて、そこで「混乱」を発見できたらかなり気分が楽になっているはずです。(これは重要なポイントです)

これができれば「正当化」が入り込む余地がかなり少なくなっているはずです。もしもまだ正当化しようとする重苦しい気分があれば、まだまだ起こった事実を捻じ曲げて見ようとしている可能性が高いです。

さて、罪の直前の「混乱」が起こった時、そこでその人はその混乱を治めるために何らかの行動をしたでしょう。その行動が結果的に罪になったわけです。(または何もしなかったことが結果的に罪になったかもです)

ならば、全体としてより「ましな」状況たり得るにはどうすればよかったかを考えてみます。絶対的な正しい行動を探す必要はなく、より「ましな」行動を探します。

これができると気分はかなり良いと思いますよ。そしてその人は自発的に何らかの「償い」をしようと思えるかもしれません。

この償いは刑法上の服役とかとは全く異なります。この償いは生存の多重円全体を見て、それらの生存(サバイバル)を助けるための何かをしようという行動になることでしょう。

さて、罪を犯した人に刑法上でいう「罰」を与えても何の解決にもならないことはお分かりと思います。そして再犯率も低くはありません。なぜなら「罰」では正当化を抑えることはできないからです。

最後に、自分が罪を犯していると思って(正当化しているかもしれません)、その苦しみから解放されたいのなら、最初の「混乱」を探し出し、その場面を明確にして、取りうるべき最善の行動を探してみてください。楽になりますよ。もしも少しも楽にならない場合には、まだ何か正当化が働いている可能性が。

また、これらの「罪」ですが、いわゆる犯罪よりももっと広い意味で使っています。

例えば、困っている誰かを助けるべきときに助けられなかったことについて、その人自身が罪だと思っているならそれは罪になります。

そのときのの「混乱」を探し当ててみたら、その出来事について後悔することなく「なーんだ、あれは罪じゃないよね」と思うこともありえますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月29日 最終更新日:2017年3月29日

マンガンカルサイト・愛情を注ごう/カップの騎士

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年2月9日 マンガンカルサイト・愛情を注ごう/カップの騎士

うわ、昨日と同じ!要点をまとめます。

  • 物事はうまく行く
  • 積極的な態度が吉
  • 本音でぶつかれば相手の心は動く
  • 周囲に愛情を注ぐこと←これ大事

さてさて、愛情ということがキーワードになっていますが、これって「理解の三角形」の構成要件です。

理解の三角形

この愛情というのは、人や生き物に対してだけではありません、理解が必要なことすべてに対して必須です。もちろん、自分に対しても必要ですよ。でないと自分を理解することができません。

ねえ、普通に考えても嫌いな何かを理解することなどできないのです。

しかしこの理解の三角形を応用すれば、嫌いなものでも理解できるチャンスがあります。例えばとにかくコミュニケーションをとること。

第一印象として苦手な人がいたとしても、話してみると良い人で友達になる、ということはいくらでもあるでしょう。これって「理解の三角形」の働きそのものです。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「人に愛を送る能力」。人間関係でおこる「もめごと」などを安定させ、調和へと導き、円満な人間関係を保ちます。他人からの「愛情」というエネルギーを感じられる体質へと変化し、自分もまた他人に「愛情」というエネルギーを与える事ができるようになります。

《雑談》 精神の決定が・・・

まずは突然ですがプラシーボ効果(偽薬効果)について

偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある。(ウィキペデアより)

ところがさらに「これは偽薬ですよ」と言っても本当の薬と同じ効果が出る例があることがわかっています。

そして、本物の薬を処方して、それを偽薬だというと、本物の薬なのに効果が落ちるという報告もあります。

さらに不思議なことには、薬でなくて「手術」に関しても同じことが観察されるそうです。何もしていないのに「手術した」と患者に伝えるとまるで本当に手術したように治る例があるというのです。

不思議なことですが、これはもしかすると人間の本質が現れている例のようにも見えます。

肉体は精神が「決定」したように「なる」ということかもしれません。

偽薬とわかっているのにそれが効く、という例では、この被験者は「偽の薬でもそれが本物のように効くことがあるらしい」ということを知っていたのではないでしょうか?だから自分にもこの偽薬が効くべきだ、と「決定」しているわけです。

そして逆のパターンも考えられます。自分にはどんな薬も効かないだろうと決定していると、きっとそのようになるでしょう。

で、この「決定」というのは普通に心が決めている「決定」とはちょっと違うと思ってくださいね。言葉の意味の決定を頭の中でつぶやいただけでは決定にはなりませんよ。

さらに、精神が決定するものは自分自身の肉体だけではないでしょう。この宇宙にあるあらゆる物事が「決定」によって作られているようですよ。

ところで、この決定にはエネルギーは必要ありません。努力も必要ありません。エネルギーとか努力ということはまだまだ感情のレベルの中にありますが、決定は感情を突き抜けた先にあります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月8日 最終更新日:2017年2月8日

ロードナイト・愛情を注ごう/カップの騎士

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2017年2月8日 ロードナイト・愛情を注ごう/カップの騎士

良いカードです。そしてアドバイス少し。

様々なことが順調にはかどることを暗示しています。

そのために今日は「積極的な姿勢」が成功のカギ。

ただし、その行動はきっちりと正しくやりおおせてくださいね。そうすればかなり困難と思われたことでも成功するでしょう。経済的にも期待が持て、昇進なども可能になるでしょう。

本音でぶつかれば心は通い合います。まずは人に何かをしてあげましょう。そうすれば巡り巡って大きな幸せとなって帰ってきます。

周りの人々に愛情を注いでください。自分自身の少々の怒りや悲しみは愛情で包み込み、そして人々の怒りや悲しみの癒やしてあげましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト

ロードナイトに求めるのは「心と行動の一致」そして「思いをきちんと伝えること」。このストーンは基本的には愛情系のことによく使います。不安・恐怖心から心を解き放ってくれるので、自由なあなたでいることが出来るようになります。この石を持っていると「心と行動が一緒」になりますので、自分がとった態度に後悔することが少なくなりますよ。

あまり楽しい話ではないですが

できるだけ楽しく過ごしたいのですが、しかし環境にある脅威に対しては防御することも大切。

そこでこのコラムでは昨日もあなたの夢を砕く人に関して書きましたし、感情のレベルとして「秘めた敵意」にいる人は見分けにくくロクでもないことをしているので気をつけるべしと書き続けています。

感情のレベル 参考資料

そして最近、おなじみカラパイアの記事で参考になるものを見つけました。

わざと誤った情報を流し人を混乱に陥れる心理的攻撃「ガスライティング」を仕掛けるひとが使う11の方法

ここに描かれている「悪人」はすなわち、感情のレベルで言えば「秘めた敵意」にいる人がまさにすることです。

ところで、なぜ「秘めた敵意」にいる人はこうして他人を陥れるのでしょうか?

その答えは簡単、この感情のレベルの一つ上は「怒り」そして一つ下は「恐怖」ですよね。

「怒り」は外見的にまだわかりやすいのでそれを秘めることは難しいのです。そしてその人が落ちたくないのは「恐怖」。その人は「恐怖」を原動力にして「秘めた敵意」にいるのです。その人はいつも、他人によって自分の生存が脅かされるのではないかとヒヤヒヤしていますよ。意地悪なくせにその実態は怖がりなのです。

厳しいようですが、この感情にいる人はなかなか助けられません。その下の「恐怖」そのものとか、上の「怒り」にいる人の方がよほど対処しやすいのです。

カラパイアの記事を参考に、あなたがこの種の人に振り回されないように気をつけましょう。

そのために最も良い方法は、あなたが感情のレベルとしてもっともっと上の方のかけ離れたところにいることです。そうなると、「秘めた敵意」の人はあなたに出だしできなくなります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月7日 最終更新日:2017年2月7日

ローズクオーツ・不要な関係をリセット/カップの3/リバース

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

2017年1月23日 ローズクオーツ・不要な関係をリセット/カップの3/リバース

久々にちょっと注意のカードですね。まあ、たまにはあるでしょう。

オンとオフのバランスに要注意。それに愛情関連や性への溺れから自分自身を失っているような状況を表しています。

こられは環境を変えるなり、とにかくあらゆる形でリセットすることが求められます。

「心の乱れ」がアンバランスのサインだと思ってください。心をざわつかせることから遠ざかり、この状態が改善するように動きましょう。早めのケアがカギですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはローズクオーツ

ここでは特に色が薄いタイプのローズクオーツが良いですね。そしてそのローズクオーツに求められるのは「オン/オフのメリハリをつけてくれること」。まず肉体的には新陳代謝のアップがあり、これによって心身の状態を良く保ちます。愛情系としては癒し作業が入りますね。

人間関係のリセット

人生の問題の多くは、自分自身以外の問題はほとんど人間関係によって起こっています。

人間関係の中では、ことによっては関係を絶ってしまった方が良い人もいるのですが、実際には自分自身の一存ではなかなかそうは行かなという場合も多いです。

ある人と一緒にいると、自分自身の調子が悪くなるということがないでしょうか?

その「ある人」に心当たりがありませんか?その人と会っていると、心身ともに不調をきたすという例がありませんか?

これはよく観察してみてください。自分ではなかなか気づかないこともあるのです。

その「ある人」はあなたに対して抑圧的であることがあります。これは分かりやすい例ですよね。他に分かりにくい例としては感情のレベルとして「内に秘めた敵意」にいる人です。

参考ページ:感情のレベル

「内に秘めた敵意」にいる人は、表面的にはあなたの味方です。しかし実際には裏では人を裏切っています。

経験を積むと、自分を抑圧してるのは誰か、そして「内に秘めた敵意」にいる人は誰かがわかるようになってきます。これらの人はあなたを無理にコントロールしようとします。そして彼らの言動であなたは動揺させられることがわかります。

あなたに起こった良いことを、この人たちはズタズタにしたいと思っています。それがあからさまであるか、秘密裏にであるかは相手のタイプによるでしょう。

これらの人々との関係を持たないのが最善ですが、現実にはそれができないことも多いでしょう。何せ、自分の親とか子供がそれであるという場合もあるのです。

もしも自分の親や仕事上での上司がこれに当たるなら、そこで争うことは得策ではありません。

まず第一段階として「自分はこの人と一緒にいると調子が悪い」ということを理解することです。

次の段階として、相手の行動を読むことです。「あ、これは私を抑圧したいと思っている」その瞬間を理解してください。

そうすることによって「あなた自身が落ち込む」ということから少しはマシな状態で居られるでしょう。

まずは不調の正体を知ることが大切です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月22日 最終更新日:2017年1月22日

ロードナイト・実りがやってきた!/女帝

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2016年11月30日 ロードナイト・実りがやってきた!/女帝

うん、これは良いカードですね。

昨日は「当分は続く」という良い兆候でしたので、それにあやかりたいものです。

さて、今回は「女帝」。

実りの象徴です。かつてまいていた種が実っている様子を表します。

もうだめだと思っても諦めずに続けてきたことが報われるときがやってきているようですよ。そして特に物質的には恵まれる様子を表しています。

しかしそれは内面が表面化するのであって、なんでもかんでも物質的な豊かさがあれば良いということではありません。

そして誰に対しても優しい母のような気持ちで接するのが吉!

愛情を人々に与えるほどに自分の元にも「大きなギフト」が帰ってきますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト

ロードナイトは「愛情表現」が上手になるのに役立ちます。誰か、何かに愛情を注ぐことに苦手意識がある人がいるでしょう。愛情を持っているのは確かなのに、どうして良いのかわからないということがありませんか?そんな人には特におすすめです。素直になって愛情表現できるようになりますよ。(このあたり、意味辞典には触れられていません)

エネルギー依存から抜けてみよう(その2)

昨日のコラムではこの宇宙におけるエネルギーの性質についてそのひとコマを書きました。

そして表題の通り、そのエネルギー依存から抜けてみようというのが最終目標です。

一般的に人の暮らしはエネルギー抜きには語れなくなっていて、なんでもかんでもがエネルギーの行使による結果だと「錯覚」するようにできています。

ところが、人間の精神活動はエネルギーが必要でないことを書きました。

そしてもうひとつ大切なことは、人はエネルギーを生み出すことができるということです。

「え、外のエネルギーに頼らずに自分でエネルギーを生むの?」

そう不思議に思えるでしょう。しかしこれは事実です。

どうやってそれを行うかといえば、簡単!

エネギーをモック・アップするのです。これは冗談でなく本当ですよ。

そしてここでも錯覚や間違いを直しましょう。

普通は、「エネルギーは外部から得る以外に持つことはできない」と思っていますがそうではありません。自分で創れます。

そして、作ることができてそれを行使することもできます。エネルギーを使うことは怖いことではありません。

エネルギーは自分の外から持ってこなければならない、と思うことも、エネルギーを使うことは悪い(怖い)ことと思うのも、両方ともにエネルギー依存の状態です。後者の「依存」は、とにかくエネルギーというのは何かすをる原動力になるということを認めているから「依存」になります。

ここでエネルギーの行使が悪いことと感じてしまう人について注釈をしておきます。

例えばどんな人かといえば「何かに対して影響力を与える」ということに躊躇(ちゅうしょ)してしまうタイプです。必要以上に大人しかったり、引っ込み思案であったりする場合ですね。

しかしながら、精神的な存在である人間は、そのエネルギー以前に「考える能力」を持っています。これは明らかにエネルギーの上位にあります。これが昨日書きましたモック・アップの能力もそのひとつです。

さて、表題にあります「エネルギー依存から抜ける」の意味は、エネルギーからのコントロールから抜け出そうという意味です。

この宇宙はエネルギーによるコントロールが最上位にあるように錯覚することがほとんどですが、いいえそうではありません。その上にあなたの思考があります。学校で習った自然科学全般では、エネルギー主体にものを教わるためにそのように錯覚しても無理もないでしょうが。

何かをなそうとするとき、それに先立つのはあなたの考え、モック・アップであり、決してエネルギーが先にあるのではありません。

ですから、突然飛躍して見えるかもしれませんが、パワーストーンに願いをかけるときにはエネルギーをコントロールする方面よりも上位にあることを選ぶのが正攻法です。精神面を高めれば、エネルギーは自ずとコントロールされえます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年11月29日 最終更新日:2016年11月29日